Naozo さん プロフィール

  •  
Naozoさん: アジアの路地から
ハンドル名Naozo さん
ブログタイトルアジアの路地から
ブログURLhttp://asianalley.exblog.jp/
サイト紹介文カメラ片手に海外をのんびり歩いています。 現在はタイがメインです。
自由文訪問ありがとうございます。
海外を散歩しながら気の向くままに写真撮影しています。
感想など、ご自由にコメントしてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2007/03/11 17:23

Naozo さんのブログ記事

  • 結婚の扉を開ける君へ
  • 昨日、タイ人女性と結婚する為に日本からひとりの若者がやってきました。空港へ出迎えに行き、久しぶりの再会をした彼はとても良い顔をしていて嬉しかったですね。再会の乾杯は美味かったなぁ。沁みる味だったよ!オッサンの拙ブログを見てくれている君にこの言葉を贈ります。受取ってください。結婚の扉を開ける君へ扉の向こうには多くのことが待ち受けているだろう国... [続きを読む]
  • 海へ行きたい
  • 雨季に入ったバンコク。しかし、天気のいい日は陽射しが強く、直射日光の下では肌がじりじりする。仕事の昼休みに外で噴水を見たりすると、そのまま飛び込みたい衝動に駆られる。家族を連れて海辺に行き、のんびり過ごしたいが連休なし。我慢の日々なのである…嗚呼。…と考えていたらこの言葉が頭に浮かんだ。『運命(さだめ)じゃ』 by錯乱坊(チェリー)、うる星やつら(古過... [続きを読む]
  • Rainy season
  • 先月から雨季に入ったバンコク。毎年それが11月初め頃まで続きます。豪雨のときは交通渋滞は酷いわ洪水になるわ、さらに怪我の後遺症が疼くわで憂鬱になったりもしますけど、雨の音や匂いを感じるのは好きなオッサンです(笑)<撮影地>タイ バンコク雨の降る夜にこの曲を聴きながら、ひとりで飲むのも好きですね♪ [続きを読む]
  • Seaside
  • 踊りに行こうよ 青い海のもとへ・・・でっかい太陽が 恋の女神なのさ・・・海辺に行ってザ・タイガースの曲を聴き、のんびりビールを飲むのもいいなぁ。しかし、今の気分で潮騒と潮の香りを感じながら聴きたいのはこの曲。<撮影地>タイ パタヤ [続きを読む]
  • Love is tremendous #5
  • 「ごく普通のふたりは ごく普通の恋をし ごく普通の結婚をしましたでもただ一つ、違っていたのは・・・奥様は異国のひとだったのです」*世代の違う方には何のこっちゃでしょうが、奥様は魔女のナレーションを思い浮かべて読んでください。Yours is the sweetest smile, I have ever seen.Come what may, I will... [続きを読む]
  • 少し遅れの結婚記念日
  • 先日は結婚記念日でしたが、残業で予定変更したのは記事にしました。→過去記事はこちらからその代わりと言っては何ですが、本日はショッピングセンターで買い物を済ませてから家族で食事に行きました。久しぶりの日本食レストラン。タイ人経営なので日本と全く同じ味を求めるのは無理ですが、妻子が美味しいと笑顔で食べるのをそばで見るだけで幸せです。父ちゃんがこれよりも... [続きを読む]
  • 旅に出たい!
  • 旅する夢を何度も見ますが、今はひたすら我慢です(笑)写真は10代の私でございます。短足だなぁ、はは。この当時からしばらくの間はものすごいアンバランスな身体で、ウエストのサイズに合わせるとジーンズは足が入らず、大きなサイズでも尻が収まらず、ジャケットなどの上着は肩幅に合わせると腕が動かせずに袖が破れそうになり、自分に合う服を探すのが大変でした。(笑)... [続きを読む]
  • 勿体ねぇー!
  • 最近ではなく、数年前のことですが・・・運転中に隣車線から爆音が響き、何気なく見ると若い兄ちゃんの運転するこの車がドカーンって感じで走りすぎていったところまではいいんですけど、500m先で路肩に突っ込んで大破しているのを見たときに思わず叫んだ言葉勿体ねぇーーーーー!!この国は関税が高いので日本円にすると何千万円になるのかわからない高級車が一瞬にして廃車状... [続きを読む]
  • お気に入りの呑み処
  • チャオプラヤーからの心地良い風を感じるお気に入りの場所。ここで飲むビールは美味いんだな。前回、前々回の記事はこの呑み処からの風景です。先日は結婚記念日だったので仕事を早めに片付けて家族で食事と思っていたんですが、余計な業務が増えて全員帰った後も一人オフィスに残って残業でした。しかも外は雷雨。帰宅が遅く食事に行けず・・・嗚呼。(涙〜&笑)... [続きを読む]
  • 前回の記事の写真を撮影した日、まだ雨が上がらぬときに振り返るとこんな虹が出ていた。虹を見るとこの曲を聴きたい気分ですね♪<撮影地>タイ バンコク   [続きを読む]
  • 雨上がり
  • 雨季に入ったバンコク。連日雨が降っています。私の好きなシトシトと柔らかく降る温かさを感じる雨ではなく、雷を伴いどかーんと降ります。まあ、毎年のことのなのでそれは置いておいて、全身の怪我の後遺症が疼きまくって大変です。こんなときは湯船にゆっくり浸かったり、温泉に行って温まると症状が和らぐんですが、そんなものは無いので耐えるだけです。交通事故が原因で... [続きを読む]
  • 出家式の手伝い
  • 土曜の仕事を早く終わらせる為にいつものように朝一番早く出勤し、スーパーマンと化して帰宅。そのまま着替えもせずに車を運転して妻の実家へ帰省しました。我夫婦の結婚式の手伝いをしてくれた方のお孫さんの出家でしたが、いやー、疲れました。楽しかったのでマイペンライですね。到着した日の夕方、午後7時近いから夜といった方がいいのかなな?通っている笑顔の素敵な... [続きを読む]
  • 帰省
  • 先月に続き、週末は妻の実家へ帰省します。我夫婦の結婚式の手伝いをしてくれた方のお孫さんが出家するので、1泊2日で手伝いに行くのですが、出発までにフル回転で仕事しないといかーん! タイ人男性が出家するのは重要なことだぞ!!こんなときは無視され続けている有給を取らせてくれてもいいんでないかーい?オッサンの心の叫びです(笑)Nikon F3 + Nikk... [続きを読む]
  • Sunwhite
  • Sunwhiteとはオーストラリア産のお米です。旅をしていたときも暮らしていたときも、現地ではこの米ばかり食べていました。まあ、美味しいからなんですが。で、この写真はその米袋を洗って干しているところです(笑)何に使うのかって? バイクツーリング用の防水バッグ代わりにするんですよ。アウトドアショップなどでわざわざ買ってこなくてもこれで十分。当時はオースト... [続きを読む]
  • 美笛峠
  • この日の朝に洞爺湖を出発して支笏湖へ向かった。当時はトンネルの工事中でしたが、完成後はここは旧道になり、走る人はほとんどいないんじゃないかな。熊出没地帯の看板が何ヶ所もあり、ガードレールなんてもんはない下りを慎重に走ったのは良い思い出のひとつです。→この日にキャンプした過去記事こちらこの旅の後も自転車とバイクで日本を旅し、長年の夢を叶えるためにひとりで... [続きを読む]
  • LENSPEN
  • よく使います。先月、妻の実家に帰省したときも馴染みの食堂のテーブルで使いましたが、この横にはビールが置いてあったりします。飲みながらレンズクリーニングも気分よし♪(笑)<撮影地>タイ スパンブリー [続きを読む]
  • 次回の木登り飲み屋で
  • 日本はGWで連休の方も多いと思いますが、私には関係ないので毎日お仕事です。働けど、収入増えず暇なし。はは。前回の記事に書きましたが、今年は木登り飲み屋にまだ顔を出していないので、そのうち挨拶しに行く予定。居心地の良い店で、ご主人が笑顔の素敵なとても良い人なんですよね。この飲み屋ではいつもビール大瓶と氷、料理を一品頼み、氷入りのキンキンに冷えたビール... [続きを読む]
  • 木登り飲み屋のある路地
  • 木登り飲み屋はこの路地の中にある。過去記事にも書きましたが、何故木登り飲み屋なのかというとここでは酔っ払いが本当に木に登るからなのです。急ぎ足では気付かずに通り過ぎてしまう場所にありますが、まったり飲み食いして過ごせるお気に入りの店。今年はまだ顔を出していないので、そのうち挨拶しに行く予定。本日の更新はこの店に行きたいとご連絡してくれた... [続きを読む]
  • 帰省すると・・・
  • 日本はGWですね。海外旅行に行く人たち、帰省する人たち、いろいろあると思いますが、私には関係ないことなので仕事です(涙―&笑)妻の実家がある小さな町に帰省する度、バンコクとは明らかに違う時の流れにほっとします。そこでは日本人は私一人ですが、妻の同級生や知り合いが多いのはもちろん、結婚式を妻の実家で挙げたので顔を覚えていてくれる人達が多く、「いつ来た... [続きを読む]
  • ジュース屋
  • 気温40度の中を歩いていたので喉が渇き、途中にあったジュース屋へ寄る。パイナップルとライムをミックスしたものを頼んでゴクゴクやったら最高の気分。どんな種類があるのか確認していたら、ブルーハワイジュースってものがあった。これが美味いのかは次回の帰省の楽しみにしておこう。ここバンコクは今が一年で一番暑い時期。今日の気温は約40℃。今後は42〜43℃... [続きを読む]
  • 息子と乾杯!
  • ふたりの息子たち、上は私のことを日本語でお父さん、下はパパと呼びます。本日は上の息子のことをほんの少し。時の経つのは早いもので、小学生までは一緒に寝床を並べて寝ていたのがついこの前のような気がしますが、彼も22歳。→10年前の息子はこちらから今はひとりの大人の男として接しています。親子で酒を飲みながら話ができるような年齢になったので、妻の実家へ帰省した... [続きを読む]
  • 散歩道
  • 妻の実家がある小さな町はとても長閑なところで日本人は私ひとりだけです。というより、異国の人をめったに見かけないところですね。そんな町のこの道を散歩しながら市場へ行って買い物をするのは至福のひととき。帰省中に40℃を超える気温の中でそれを楽しんでいたら妻の家族に心配されたので、その後は義弟に125ccのスクーターを借り、妻を後ろに乗せて何度も買い物へ行きました。... [続きを読む]