記述師 さん プロフィール

  •  
記述師さん: 記述師文庫堂
ハンドル名記述師 さん
ブログタイトル記述師文庫堂
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kijutsushi/
サイト紹介文出版社で営業をしています。読了本を順次掲載中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2007/03/18 16:55

記述師 さんのブログ記事

  • 本棚計画。ver.2015
  • さて、本棚もいよいよ棚板が足りなくなってまいりました!!蔵書はたぶん2000冊強。たいした数じゃありませんが、読了本を著者五十音順に並べているので、読み終わってその辺にうっちゃってる本も棚にいれなきゃいけませんし。そんなわけで久々に棚板を買いにいくぞ!!これ以上棚板を足すと、確実に届かなくなる(というか棚に本を入れることもできなくなる)ので、いよいよはしごが必要です。【スーパーラダー3.8メートル】 伸縮自 [続きを読む]
  • 読了本ストッカー:『腹鼓記』井上ひさし/新潮文庫
  • 腹鼓記 (新潮文庫) [文庫]井上 ひさし新潮社1988-062015/5/25読了。「はらつづみき」ではなく「ふつこき」です。ここで四国狸の勢力図について短い講釈をさしはさめば、赤岩将監はこの時期、阿波狸の頭目であった。伊予狸の王は犬神家から出る。そして讃岐狸の総大将は屋島の綜芸種智院大学の学長禿狸であった。なぜか土佐には狸がおらぬ。これは四国史最大の謎であるイメージとしては完全に時代版『平成狸合戦ぽんぽこ』。もう頭 [続きを読む]
  • 読了本ストッカー:『大盗禅師』司馬遼太郎/文春文庫
  • 大盗禅師 (文春文庫) [文庫]司馬 遼太郎文藝春秋2003-02-012015/5/20読了。読んでも読んでも、お姫様が海から流れ着かないので、訝しい気持ちで読んでいたのですが……どうやら『韃靼疾風録』と勘違いしてたな……と途中で気づく(笑)。読んでいて、読者としての自分の立ち位置がわからなくて不安になる作品です。登場人物たちの関係性が(いい意味で)ふらついてるためです……。主人公の浦安千八は浪人として登場するのですが、天 [続きを読む]