QLife さん プロフィール

  •  
QLifeさん: QLife 健康・医療の記事
ハンドル名QLife さん
ブログタイトルQLife 健康・医療の記事
ブログURLhttp://www.qlife.jp/square
サイト紹介文QLife編集部が健康と医療に関わる様々な「ヘルスケアニュース」を発信します。
自由文・特集
気になる病気のあれこれを解説いたします。
http://www.qlife.jp/square/category/feature

・マンガで読む病院イイ話
医院に寄せられた患者さんの声を漫画でご紹介いたします。
http://www.qlife.jp/square/category/manga

その他にも健康にまつわる情報が盛りだくさん!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供434回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2007/03/23 12:50

QLife さんのブログ記事

  • 脳梗塞の発生部位に新たな血管を導く“スポンジ”を開発
  • 化学と生物学の手法を組み合わせて作製画像はリリースより 脳梗塞は、脳の血管が詰まることで血液の供給が遮断され、神経細胞の「ニューロン」が壊れる疾患です。ニューロンは神経回路を形成して機能を発揮しますが、例えば、手足の運動を制御する神経回路を構成するニューロンが壊れると、その回路が破綻し、手足に運動障害が起こります。このようにして失われた脳の機能は、自然治癒ではほとんど回復しません。 しかし、近年の [続きを読む]
  • あさりチャウダー
  •  パソコンやスマホで目が疲れた…そんな方はぜひ食生活で予防してみませんか? 疲れ目は、近くのものをじっと見たり、ピンと調整など目を酷使することで、目の神経が緊張し続けるため生じます。肩こりや片頭痛などの原因にもなりますので、早めに対策をすることがポイントです! 疲れ目に効果的な栄養素は、4つあります。1つはビタミンA。網膜で光の明暗を感じ取るロドプシンを構成しているのがビタミンAとたんぱく質です。目の [続きを読む]
  • うな丼
  •  パソコンやスマホで目が疲れた…そんな方はぜひ食生活で予防してみませんか? 疲れ目は、近くのものをじっと見たり、ピンと調整など目を酷使することで、目の神経が緊張し続けるため生じます。肩こりや片頭痛などの原因にもなりますので、早めに対策をすることがポイントです! 疲れ目に効果的な栄養素は、4つあります。1つはビタミンA。網膜で光の明暗を感じ取るロドプシンを構成しているのがビタミンAとたんぱく質です。目の [続きを読む]
  • 薬の使用期限、半数が「気にしていない」と回答
  • 塗り薬の方がより“無頓着”に画像はリリースより 冷蔵庫に残ってしまった食べ物。食べる前に、賞味期限や消費期限を確認するという方は多いのではないでしょうか。一方で、同じく口に入れるものとして、薬がありますが、薬の「使用期限」を気にしている人はどの程度いるのでしょう? 大鵬薬品工業株式会社が20〜50代の男女500人にインターネットを通して調査したところ、半数が薬の使用期限を気にしていないことがわかりました [続きを読む]
  • アナフィラキシーの症状を抑える分子を発見
  • マスト細胞から産生される「プロスタグランジンD2」画像はリリースより 食物アレルギーやハチに刺されたときに起こる「アナフィラキシーショック」。短時間で全身に症状が出る強烈なアレルギー反応で、食物が原因の場合、発症後30分ほどで心停止に至ると報告されています。症状は、皮膚、粘膜、呼吸器などの臓器に現れ、血圧低下や意識障害を引き起こし、重篤なケースでは死亡することもあります。 このようなアレルギー反応に関 [続きを読む]
  • ポークビーンズ
  •  パソコンやスマホで目が疲れた…そんな方はぜひ食生活で予防してみませんか? 疲れ目は、近くのものをじっと見たり、ピンと調整など目を酷使することで、目の神経が緊張し続けるため生じます。肩こりや片頭痛などの原因にもなりますので、早めに対策をすることがポイントです! 疲れ目に効果的な栄養素は、4つあります。1つはビタミンA。網膜で光の明暗を感じ取るロドプシンを構成しているのがビタミンAとたんぱく質です。目の [続きを読む]
  • レバにら炒め
  •  パソコンやスマホで目が疲れた…そんな方はぜひ食生活で予防してみませんか? 疲れ目は、近くのものをじっと見たり、ピンと調整など目を酷使することで、目の神経が緊張し続けるため生じます。肩こりや片頭痛などの原因にもなりますので、早めに対策をすることがポイントです! 疲れ目に効果的な栄養素は、4つあります。1つはビタミンA。網膜で光の明暗を感じ取るロドプシンを構成しているのがビタミンAとたんぱく質です。目の [続きを読む]
  • 脂肪酸のバランス制御で、2型糖尿病の発症を抑制
  • 脂肪酸伸長酵素「Elovl6」の着目画像はリリースより 遺伝的な体質に加えて、肥満や運動不足などの生活習慣の乱れが原因となる「2型糖尿病」。その発症に、脂肪酸伸長酵素「Elovl6」を介した脂肪酸バランスの変化が関与していることを、筑波大学医学医療系の研究グループが発見しました。 国内の糖尿病患者の大半は2型糖尿病とされており、割合は1型糖尿病が約5%、2型糖尿病は約95%といわれています。2型の発症には、血糖値を調 [続きを読む]
  • 身近な病気の対処法、薬を使う?使わない?
  • この1年でかかった病気、トップは「風邪」 5月5日といえば「こどもの日」ですが、それ以外にも、さまざまな記念日になっています。そのひとつに「薬の日」があります。西暦611年のこの日、推古天皇が薬草を採取する薬狩りを催したことから、この日を「薬日」とした故事にちなんだもので、全国医薬品小売商業組合連合会が30年前に制定しました。 薬の日に向けて、株式会社アイスタットでは、「薬に関する実態調査」を実施。20歳以 [続きを読む]
  • 不妊治療、妊娠した女性の約9割が仕事との両立にストレス
  • 不妊治療経験がある女性を対象に「不妊治療と仕事」に関する調査を実施画像はリリースより 結婚後、夫婦生活を営んでいても、なかなか子どもを授からない「不妊症」。全国各地にある不妊専門相談センターへの相談件数は、平成9年度は1,891件でしたが、同24年度は2万1,452件と年々増えています。もはや、不妊症は夫婦間の問題に止まらず、少子化を食い止めるために取り組むべき、社会的な重要課題ともいえるでしょう。 日本生殖医 [続きを読む]
  • 豚肉の梅風味蒸し
  •  パソコンやスマホで目が疲れた…そんな方はぜひ食生活で予防してみませんか? 疲れ目は、近くのものをじっと見たり、ピンと調整など目を酷使することで、目の神経が緊張し続けるため生じます。肩こりや片頭痛などの原因にもなりますので、早めに対策をすることがポイントです! 疲れ目に効果的な栄養素は、4つあります。1つはビタミンA。網膜で光の明暗を感じ取るロドプシンを構成しているのがビタミンAとたんぱく質です。目の [続きを読む]
  • まぐろのソテー
  •  パソコンやスマホで目が疲れた…そんな方はぜひ食生活で予防してみませんか? 疲れ目は、近くのものをじっと見たり、ピンと調整など目を酷使することで、目の神経が緊張し続けるため生じます。肩こりや片頭痛などの原因にもなりますので、早めに対策をすることがポイントです! 疲れ目に効果的な栄養素は、4つあります。1つはビタミンA。網膜で光の明暗を感じ取るロドプシンを構成しているのがビタミンAとたんぱく質です。目の [続きを読む]
  • うつ病治療の新メカニズム発見、“難治性うつ”への効果期待
  • 約10人に1人が経験するといわれる“うつ病” 一生のうち、およそ10人に1人が経験するといわれるうつ病。気分の落ち込みや意欲の低下、睡眠障害など、さまざまな症状がある精神疾患で、患者さんや家族にとって、先が見えないトンネルに入っているような辛い病気です。死にたい気持ちになる「自殺念慮」から、自殺につながる危険もあり、うつ病がもたらす社会的損失は計り知れないものになっています。 現在の治療では、「選択的セ [続きを読む]
  • 「あなたの息、大丈夫?」口臭に関する調査結果を発表
  • 男性の口臭が気になる女性は約9割! スギ花粉やインフルエンザの流行のピークも過ぎ、口元を覆うマスクを外す人が増えるこの時期、気を配りたいのが口臭エチケットです。株式会社プラネットが口臭ケアをテーマにアンケートを実施(男女4,099人が回答)した結果、7割から8割の人たちが、自分についても他人についても口臭を気にしていることがわかりました。 性別でみると、男性は同性、女性は異性の口臭が気になると答えており、 [続きを読む]
  • 第209話 漢方薬のスペシャリスト
  • 医療崩壊が問題になる中、それでも昼夜懸命に命と向き合う医師や看護師がいる。QLifeに届いた多くの感謝の手紙(口コミ)の中から、いくつか紹介しましょう。※このマンガはQLifeに投稿頂いた口コミにヒントを得て描かれたものです。人物描写等は実際と異なることがあります。■ お寄せ頂いた口コミ以前、区の検診で某クリニックへ行きました。検査の結果は軽い貧血くらいで「特に異常はありません。」と言われましたが「とても疲 [続きを読む]
  • 診断までに平均13.8年の難病・遺伝性血管性浮腫”HAE”とは?
  • 全身に腫れやむくみが生じ、死に至る可能性も広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 皮膚科学教授秀道広先生 顔やくちびる、消化器など、さまざまな場所に急な腫れやむくみ、激しい痛みが生じる遺伝性血管性浮腫(HAE)。のどが腫れると呼吸困難や窒息を起こし、死に至る危険もあります。日本の患者数は推定2,500人ですが、認知度が低いことなどから、未診断の患者も多く実際に治療を受けているのはわずか400人強です。難病指定され [続きを読む]
  • 花粉症、「完治しないこと」に患者の約8割が不満
  • 6割以上が患者歴10年以上 5月に入り、スギ花粉に悩まされている方々もようやくスッキリしてきたのではないでしょうか。日本気象協会のサイトによると、北海道を除いて花粉の飛散量は少なくなっており、今年のスギ花粉シーズンは終了…と思いたいところです。 花粉症に関しては、医療関係者や研究者、企業などがさまざまな研究や取り組みを行っていますが、実際にそれらの情報が患者さんに届き、理解されることも必要です。そこで [続きを読む]
  • 第217回 診断に特化し、早期発見と適切な治療につなげたい
  • 患者のこと、地域のことを第一に考えながら、独自の工夫で医療の最前線に取り組んでいる開業医の先生。そんな先生達の、診療現場、開業秘話、人生観、休日の過ごし方、夢などを、教えてもらいました。八王子乳腺クリニック 三坂武温院長研修医として経験を積みながら乳腺科を選択三坂武温院長(医院提供写真) 医師を目指したのは、父が産婦人科の開業医だったからだと思います。 医学部卒業後、まったく知る人のいない大都会の [続きを読む]
  • 男性に多いポックリ病、遺伝子異常で致死性不整脈の頻度が2倍
  • 突然死を招く危険もある疾患画像はリリースより 日本医科大学と国立循環器病研究センターによる合同研究グループは、心疾患「ポックリ病」の原因のひとつ、「ブルガダ症候群」について、特定の遺伝子に異常がある場合、約2倍の頻度で致死性不整脈が起きていたことを明らかにしました。 ポックリ病は、夜間に心臓発作を起こし、突然死に至るケースもある病気で、働き盛りの男性に多くみられます。その原因のひとつが、ブルガダ症 [続きを読む]
  • インフルエンザを“診断”できる新材料を開発
  • 従来の検査法には課題も画像はリリースより インフルエンザの流行は冬だけではなく、春になっても続いています。厚生労働省の発表によると、4月16日までの1週間に診断された患者数は全国で約22万人。全国各地の学校や保育園・幼稚園などで学級閉鎖や学年閉鎖も相次いでおり、4月21日現在、学級閉鎖は46か所、学年閉鎖は35か所、休校が3か所となっています。 感染拡大を阻止するには、早期診断による薬の処方が最も有効と考えられ [続きを読む]