QLife さん プロフィール

  •  
QLifeさん: QLife 健康・医療の記事
ハンドル名QLife さん
ブログタイトルQLife 健康・医療の記事
ブログURLhttp://www.qlife.jp/square
サイト紹介文QLife編集部が健康と医療に関わる様々な「ヘルスケアニュース」を発信します。
自由文・特集
気になる病気のあれこれを解説いたします。
http://www.qlife.jp/square/category/feature

・マンガで読む病院イイ話
医院に寄せられた患者さんの声を漫画でご紹介いたします。
http://www.qlife.jp/square/category/manga

その他にも健康にまつわる情報が盛りだくさん!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供427回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2007/03/23 12:50

QLife さんのブログ記事

  • 乳がんの影響で肝臓が肥大化する仕組みを解明
  • 遺伝子発現のリズムをかく乱画像はリリースより いまや2人に1人ががんに罹患するという時代。がん治療において細胞ががん化するメカニズムの解明が進むなど、治療の選択肢は増えつつあります。一方、がんはがん細胞に侵されていない正常な臓器にも影響を与えることも知られています。肝臓肥大もそのひとつですが、その仕組みはよくわかっていません。 このほど、マウスを使った実験で、乳がんが肝臓の遺伝子発現の“リズム”を乱 [続きを読む]
  • 紫外線から目を守る“UVカット”アイウェア その実力は?
  • 日本人が目に浴びる紫外線量は欧米人の約1.5〜2倍金沢医科大学 眼科学講座 教授 佐々木洋先生 新緑が眩しい季節を迎えましたが、目に見える“光”に加えて対策が必要なのが紫外線です。実際、わたしたちの身体が受ける紫外線(UV)の量はこれから夏に向け、ますます多くなっていきます。すでに日焼け止めや帽子など、お肌の対策に力を入れる方も多いでしょうが、目の紫外線対策も欠かせないことをご存知でしょうか。 「顔の彫り [続きを読む]
  • 春の肉豆腐
  •  「朝までぐっすり眠りたい!」寝る直前に考え事をしたり、気分が高揚した状態にある時には要注意ですよね。翌日大切な用事を控えている時は、安眠したいと誰しもが思うことです。 睡眠は生活と深く関係しています。寝る30分前には部屋の明かりを落として、静かに横になることが大切です。食後すぐに寝るのは体にも負担がかかり、健康的にも良くない為、食事は寝る3時間前には済ませることがおすすめです。 またぐっすり眠るこ [続きを読む]
  • ブロッコリーといり卵のあんかけ
  •  「朝までぐっすり眠りたい!」寝る直前に考え事をしたり、気分が高揚した状態にある時には要注意ですよね。翌日大切な用事を控えている時は、安眠したいと誰しもが思うことです。 睡眠は生活と深く関係しています。寝る30分前には部屋の明かりを落として、静かに横になることが大切です。食後すぐに寝るのは体にも負担がかかり、健康的にも良くない為、食事は寝る3時間前には済ませることがおすすめです。 またぐっすり眠るこ [続きを読む]
  • はまぐりのクリーム煮
  •  「朝までぐっすり眠りたい!」寝る直前に考え事をしたり、気分が高揚した状態にある時には要注意ですよね。翌日大切な用事を控えている時は、安眠したいと誰しもが思うことです。 睡眠は生活と深く関係しています。寝る30分前には部屋の明かりを落として、静かに横になることが大切です。食後すぐに寝るのは体にも負担がかかり、健康的にも良くない為、食事は寝る3時間前には済ませることがおすすめです。 またぐっすり眠るこ [続きを読む]
  • あじの焼きびたし
  •  「朝までぐっすり眠りたい!」寝る直前に考え事をしたり、気分が高揚した状態にある時には要注意ですよね。翌日大切な用事を控えている時は、安眠したいと誰しもが思うことです。 睡眠は生活と深く関係しています。寝る30分前には部屋の明かりを落として、静かに横になることが大切です。食後すぐに寝るのは体にも負担がかかり、健康的にも良くない為、食事は寝る3時間前には済ませることがおすすめです。 またぐっすり眠るこ [続きを読む]
  • 健康的に糖質コントロール「へるしごはん白米」2個セットを8名様に
  • 高アミロース米を100%使用、カロリー35%オフのヘルシーなごはん ダイエットやアンチエイジングの分野で注目されている「糖質コントロール」。主食である米飯(ごはん)などは糖質量が多く、食後の血糖値への影響が高いといわれます。しかし、ダイエットのためにごはんを食べないというような、極端な糖質制限は健康への弊害が懸念され、ごはん抜きの食生活は結局長続きせず、リバウンドしたりすることから、“糖質量を抑えたご [続きを読む]
  • 妊娠中の不安、妊婦の25%以上が医師に聞けず
  • 理由のトップは「医師が多忙そう」画像はリリースより 妊娠・出産は、女性にとって人生のビッグイベントのひとつ。特に、初めての妊娠となると、膨らんでゆくお腹に幸せを感じつつも、自分の体の変化に戸惑ったり、赤ちゃんがきちんと成長しているか心配したりと、不安になる妊婦さんは多いことでしょう。 そのようなとき、頼りたいのが妊婦健診などでお世話になる産婦人科の医師ですが、ベビカム株式会社が妊産婦234人に実施し [続きを読む]
  • 話題の抗がん剤「分子標的薬」に関する実態調査を楽天が実施
  • 肺がんや乳がんの患者さんの間で浸透画像はリリースより 1人当たりの医療費が年間3500万円という超高額の抗がん剤「オプジーボ」。膨らむ社会保障費を抑えるため、国が薬価を“半額”にしたことも話題になり、がん患者さん以外にも広く知られるきっかけとなりました。オプジーボは、がん細胞にある特定の物質のみをターゲットにする「分子標的薬」という種類の治療薬で、一部の皮膚がんや肺がんなどに使われています。 昨今、さ [続きを読む]
  • 第208話 上半身の湿疹
  • 医療崩壊が問題になる中、それでも昼夜懸命に命と向き合う医師や看護師がいる。QLifeに届いた多くの感謝の手紙(口コミ)の中から、いくつか紹介しましょう。※このマンガはQLifeに投稿頂いた口コミにヒントを得て描かれたものです。人物描写等は実際と異なることがあります。■ お寄せ頂いた口コミ数年前から顔を中心に上半身に湿疹が出て、皮膚科も数年通いました。どの皮膚科もステロイドの塗り薬のみの治療で一般的にはよくな [続きを読む]
  • 「年をとると早起きに」をデータで証明
  • 正月太りの“原因”も判明 ドコモ・ヘルスケア株式会社は、同社の健康プラットフォームに蓄積されたデータおよび自社製品のウェアラブル活動量計の利用者アンケートなどを集計・分析した「からだデータ白書2017」を公開しました。同社が制定した「体内時計の日(3月31日)」にちなんで毎年実施しています。 調査期間は、2016年1月1日〜12月31日までの1年間。運動・睡眠に関しては、活動量計を利用している20〜70代の男女2万7,895 [続きを読む]
  • 知っていますか?子育てと介護の「ダブルケア」
  • 認知度は1割弱と低め画像はリリースより 子育てと親(または義理の親)の介護を同時に行う「ダブルケア」。大学教授らが創り出した造語ですが、晩婚化と出産年齢の高齢化により、直面する人が増えています。働き盛りの年代に子育てと介護が加わることで、仕事や日常生活に大きな影響を及ぼすダブルケアの実態を探ります。 ソニー生命保険株式会社は、ダブルケアの“生みの親”である横浜国立大学の相馬直子准教授、英国ブリスト [続きを読む]
  • 力仕事だけではない!デスクワークに潜む腰痛リスク
  • デスクワークの9割以上が腰痛を経験画像はリリースより 日本人の約80%が、人生で一度は経験するといわれる「腰痛」。ギックリ腰のような急性のものから、痛みが続く慢性的なものまで症状はさまざまですが、いずれにしても日常生活への影響は大きく、厄介なものです。 株式会社ドリームでは、10〜70代の男女(男性493人、女性1,213人)を対象に「腰痛調査2017」を実施。腰痛と座っている時間や姿勢、職業や生活習慣などの関連性 [続きを読む]
  • デング出血熱の新治療法の可能性を示す発見
  • 重症例では死にいたるケースも 2014年夏に、約70年ぶりの国内感染が明らかとなった「デングウイルス」。発熱、頭痛などの症状があり、体中に発疹が広がる感染症です。当時は、感染場所とみられる東京都の代々木公園が一時閉鎖されるなど、大きなニュースとなりました。国立感染症研究所によると、デングウイルス感染症は、媒介する蚊が生息する熱帯・亜熱帯地域に多く、世界では年間約1億人がデング熱、約25万人が重症型の「デン [続きを読む]
  • AI技術で“音”から眠りの特徴を分析
  • 睡眠パターンをビジュアル化画像はリリースより スマートフォンなどの端末に録音された「いびき」や「歯ぎしり」といった睡眠関連音から、個人の睡眠パターンを機械学習でビジュアル化・評価するAI(人工知能)技術を、大阪大学産業科学研究所の福井健一准教授らの研究グループが開発しました。 従来、睡眠のパターンは専門的な施設や病院でなければ計測できず、不眠症治療の観点から、自宅でも簡単に計測できるシステムの開発が [続きを読む]
  • 第217回 明るく健やかに生きる女性の一生をサポートしたい
  • 患者のこと、地域のことを第一に考えながら、独自の工夫で医療の最前線に取り組んでいる開業医の先生。そんな先生達の、診療現場、開業秘話、人生観、休日の過ごし方、夢などを、教えてもらいました。青空レディースクリニック 金子透子院長その人が持つ「病気を治す力」を高めたい 「人と関わり、人の役に立つ仕事がしたい」と中学生のころから考えていました。母が看護師の資格を持っており、子どものころから「病気を治すのは [続きを読む]
  • アルツハイマー病発症に関わる“糖鎖”を発見
  • 特殊構造をもつ糖鎖に着目画像はリリースより アルツハイマー病の発症原因のひとつ「アミロイドβタンパク(Aβ)」の蓄積に関わる特殊構造をもつ糖鎖「シアル酸修飾ケラタン硫酸糖鎖」を、名古屋大学大学院の研究グループが発見しました。同時に、この糖鎖を合成する酵素も明らかになり、酵素の働きを阻害することによる新たな治療法の開発が期待されます。 アルツハイマー病患者の脳では、Aβが何らかの原因で重合して沈着しま [続きを読む]