馬渕裕嘉志 さん プロフィール

  •  
馬渕裕嘉志さん: しあわせデザイン研究所
ハンドル名馬渕裕嘉志 さん
ブログタイトルしあわせデザイン研究所
ブログURLhttp://livenet2.blog77.fc2.com/
サイト紹介文愛知・岐阜・三重で、マンション管理見直し・大規模修繕工事コンサルティングを行うマンション管理士です
自由文岐阜市生まれ。昭和60年、中部電力入社。平成12年、社内ベンチャー制度第1号として、家づくりコンサルティング会社を設立。平成19年に中電から離れ、独立資本でビジネスを開始。現在、マンション管理相談センターとして、住民目線に立った独自の手法で、マンション管理組合向けの管理品質・コスト改善、大規模修繕コンサルティングを手掛けている
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/03/25 22:32

馬渕裕嘉志 さんのブログ記事

  • 「しなの」車中に8時間!
  • 月1回、松本の顧問先マンションからの帰りは、朝7時の始発が通例です。今回、中央線が多治見辺りで豪雨・落雷にて、中津川駅の少し手前の「坂下」駅で、一旦ストップ。そこから、普通列車で中津川駅まで行けても、それ以降は、不通の模様。実は、13:30から、名古屋で、アポがあったのですが、仮に、中津川まで行って、なごやからの送迎の車を待っても、間に合わないと考え、とにかく、車中で待つことに。坂下駅からなら、およそ1 [続きを読む]
  • 松本での理事会は、熱い!
  • 毎月、松本市内の顧問先マンション(築11年目)の理事会に出席しています。役員任期は2年間で、今年は2年目。この春に管理会社の変更を行い、新管理会社の業務のモニタリングも含めて、毎月、タフな会議で、平均2時間半。昨夜は、19時から始まり、22時半!マンション内の集会室なので、時間を気にせずできると言う利点があり、議論が白熱すると時間があっという間に過ぎますね。このマンションでは、前管理会社の管理品質にかなり [続きを読む]
  • 改めて、スマートマンションの普及を誓う
  • このお盆期間に、「住まいとでんき」と言う専門誌から依頼されたスマートマンションに関する原稿を2本書き上げました。1本目は、「スマートマンションとは?−現状と今後の展望」これは、経済産業省の担当官が書かれる予定でしたが、異動があり、私に代わりに書いて欲しいと依頼があったもの。2本目は、「スマーとマンション認定制度」。これは、私が代表を務める「一般社団法人スマートマンション推進協議会が、経済産業省の認定 [続きを読む]
  • 毎年8月15日に想う
  • 8月15日は、先の大戦で日本が降伏した日です。この時期、沢山のテレビ番組や新聞等で、戦争を風化させないようにと特集が組まれます。戦争が人の命の奪い合いである点について、どれほど悲惨なものであるかは、誰も異論のないところでしょう。ただ、あの時代にはあの時代の価値観があり、未来は誰も見えない中で、決断が下され、それぞれ国や愛する人を守ろうと、命を懸けたと言う事実に対し、今の価値観で良いとか悪いとか評価す [続きを読む]
  • 今日は、スマートマンションの日!(2)
  • 昨日、ほぼ1日がかりで専門誌「住まいと電気」に寄稿するスマートマンションの原稿2本のうち、1本を仕上げました。元々の依頼は、「スマートマンション認定制度」の1本。途中で、経済産業省の担当官から頼まれ、「スマートマンショとは? 現状と展望」も書くことに。で、今朝、4時に起きて、改めて、1本目を読み返すと、どうもしっくりこない。で、全部書き直しています(笑)なので、今日も、「スマートマンションの日」【ブログ [続きを読む]
  • 今日は、スマートマンションの日!
  • 「スマートマンションの日」と言っても、そう言う記念日ではありません。一般社団法人スマートマンションの代表理事として、専門誌に寄稿することになっているのですが、7月末の締め切りをお盆明けまで待ってもらい、昨日から、その原稿執筆に取り組んでいて、本日は、ほぼそれにかかりきりなので、私の仕事として「スマートマンションの日」(笑)と、書いてみて、「○〇の日」と言うのは、祝祭日でなければ、勝手に決めてもいいん [続きを読む]
  • いよいよ東電が中電エリアに殴り込み?
  • 電力自由化では、新電力の動きが注目を浴びがちですが、従来の地域電力の戦いも激しさを増してきました。特に、東京電力管内は、切替率は6%台で、最も多い。この電力自由化は、携帯電話の自由化と比較されることもありますが、そちらは、「伸びる市場」に対し、電力は「成熟した市場」を奪い合う戦いです。従って、東電としては、切り替えられた分を自社エリアで取り戻すことは、相当難しいので、今度は、他の電力会社に攻勢をか [続きを読む]
  • 新管理開始前のキックオフミーティングとは?(2)
  • 昨日のブログで書いた新管理会社のキックオフミーティングの件。質問が二つありました。一つ目は、担当者の一言メッセージって、どんな感じですか?二つ目は、管理適正化コンサルティングで、管理会社が変わらないこともあるのですか?一つ目は、下記が実例です。これをマンションの掲示板に半年程度、貼ります。二つ目の答えは、「管理会社が変わらないこともあります。」そもそも、管理会社を変えることは、手段でも目的でもあり [続きを読む]
  • 新管理開始前のキックオフミーティングとは?
  • 「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.91■私の好きな言葉■ 未来を変えるのは、一人の本気からこんにちは。お盆に入りましたね。大手のメーカーや建設会社等は、今日から20日までの休みのところもあるようです。当社は、普段でも、定期の休みはないですし、お盆・GW・年末年始も、「会社が休み」と言うこともありません。365日、24時間動いている管理組合がクライアントなので、常にオンの状態ですし、 [続きを読む]
  • 猛暑の中、4件のアポ
  • 夏だから暑い!で、仕事も熱い!(笑)午前が春日井市で大規模修繕工事のタイルとシーリングの検査、午後から名古屋で新管理体制のためのキックオフミーティング。夕方から管理的差異化コンサルティング契約の打診をいただいている140戸規模のマンションの現地調査。そして、夜は、一宮で管理会社の変更引継理事会。お盆前の最高スピード状態で、良い感じの一日です【ブログ3691日連続更新中】(ただし、翌日に前日分を書くケース [続きを読む]
  • 台風が来る時の判断
  • 東海地方を台風が襲いました。マンション管理に関わる人にとっては、マンションの建物への被害や漏水など、心配です。また、その当日、翌日の各種アポイントも、緊急時は、キャンセルの可能性もあります。当社のようなコンサルティグの場合は、そう言うケースはあまりないのですが、顧問先の中には、大規模修繕工事中があったり、自主管理のマンションもあるので、やはり、SOSが来る場合もあります。また、自分は大丈夫でも、管 [続きを読む]
  • 高級マンションの大規模修繕、危機一髪!
  • 昨日は、名古屋でも相当に高級なマンションで、修繕委員会でした。ここは、一度は、東京に本社(名古屋に支店)がある大手設計事務所と大規模修繕工事の設計監理契約を結び、建物調査や入札まで実施し、工事費が出てました。ところが、その最低価格を出したのが、管理会社のグループ会社。しかも、高い感じがする。と言うことで、当社に相談があり、見積りを査定したところ、「当社が入札したら…」と言う価格より、2000万円以上高い [続きを読む]
  • ついに、MAKSニュースレターを創刊!
  • 「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.90■私の好きな言葉■ 最も速く走ったランナーが最も疲れないこんにちは。今年の目標の一つに掲げた「ニュースレターの発刊」が、ついに実現しました!このメルマガのタイトルを同じく、〜マンション管理組合とお住いの皆さまのための〜【しあわせデザイン通信】執筆者は、MAKSのコンサルタントをはじめとした各分野の専門家です。今回の内容は、次の通り■創刊のご挨 [続きを読む]
  • 忘れ物とは限らない…
  • 大規模修繕工事コンサルティングマンションでの話です。「ベランダに、工具が落ちていた」工事会社の担当者は、それを忘れものだと思い、報告した。住民は、音がしたので、ベランダを見たら、工具が落ちていた。つまり、上から落ちてきたもの。それで、「気を付けて欲しい」と、翌日、意見箱に投書した。で、忘れ物ではないと言うことが発覚した。ベランダに人がいたら、ケガにつながっていたかもしれません。工具を落として、足場 [続きを読む]
  • 「民泊」の管理規約改定の前に「専ら住宅」って何?
  • 顧問先のマンションで、次回総会で、管理規約改定を予定しています。そこで、理事会で、民泊禁止規定の話をするときに、「専ら住宅として使用する」と言う現管理規約の話から、違法シェアハウスなども含めて、展開しようとしたら、その時点で住民からの質問。「えっ?塾はダメなの?」(隣のマンションで、1階に塾をやっている)「事務所はダメなの?」(マンションの郵便受けに、会社事務所の名札がある)「甥っ子を下宿させてば [続きを読む]
  • 漏水問題は、相当に深刻…
  • 一昨日、メルマガで漏水調査をテーマに書いたところ、いつもより、沢山のコメントや質問を頂きました。この問題で苦労している組合が多いことがわかります。今年、MAKSの「マンション管理コンサルタント認定講座」を受講している一級建築士は、マンションの新築設計の経験豊富で、かつ、中古マンションリノベーションも多数手がけ、管理組合の建築顧問もしているので、「漏水問題」は、相当詳しいですから、この分野でも、彼と [続きを読む]
  • 築3年目のマンションで、管理適正化の勉強会
  • 岐阜県各務原市にある30戸程度の築3年目を迎えたマンションから、管理適正化診断を依頼されました。そのマンションのすぐ近くのマンションからの紹介です。このマンションの住む方が「清掃が良くないんだよねぇ」と同じ職場の人に話したら、「うちは、コンサルタントが入って、管理理が良くなって、コストが大きく下がったんだよ」と話が発展し、紹介いただいたものです。紹介元のマンションも、築5年目と新しいマンションでした [続きを読む]
  • 漏水調査で気を付けることとは?
  • 「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.89■私の好きな言葉■ 背中の大きな荷物は、「翼」だよ。、こんにちは。最近、3件連続して漏水調査をしました。即座に、原因が特定できたものもあれば、調査に工事を伴うため、調査計画書を作成すべきと判断したものもあります。当社は、これまでのマンションの建物調査や工事検査の経験を通じて、建物のどこが弱いのか、見当をつけることができます。そのノウハウを活か [続きを読む]
  • 機械式駐車場問題に悩む組合の勉強会の実施と参加者の感想
  • 今月初めに、「機械式駐車場問題解決セミナー」を開催したところ、約15名の参加があり、その参加者からリクエストを頂き、各務原市市内のあるマンション向けの勉強会を先日、開催しました。築10年程度の小規模マンションで、約2時間、熱心に聞いていただき、また、活発な質問や住民同士の議論もありました。管理組合が、その参加者に感想アンケートを取っていただき、その結果を送っていただきましたので、ご紹介。Q1:疑問や心配 [続きを読む]
  • 究極のリーダーシップ養成講座 最終講
  • 福島正伸先生による究極のリーダーシップ養成講座in名古屋の第2期が、今週をもって、終了しました。全部で5回。最終講義では、約25名の受講者が、一人2分で「自分が目指すリーダ―像」の決意表明をしたのですが、とにかく、素晴らしい!「良いことを言っている」と言う良さではありません。講座で学んだ「自立型人材」「メンター」「企業理念」と各自の生き方や理想とが、シンクロしているのです。聞いていて、ウルウルする場面も [続きを読む]
  • 宅配サービス・宅配ボックス 最新情報
  • 宅配サービスの再配達問題が、大きくクローズアップされてから、この問題を注視しています。以前、マンションにおける宅配ボックスの設置について、最近のマンションでは、郵便受けと一体になって、1戸に1台のタイプとか、宅配の事前配達お知らせ―ビス等の新しい流れもある点を取り上げました。更に、最近では、朝は、午前6時から9時まで、深夜は午後9時から午前0時の間に限り、宅配する会社も出てきています。その時間しか家にい [続きを読む]