馬渕裕嘉志 さん プロフィール

  •  
馬渕裕嘉志さん: しあわせデザイン研究所
ハンドル名馬渕裕嘉志 さん
ブログタイトルしあわせデザイン研究所
ブログURLhttp://livenet2.blog77.fc2.com/
サイト紹介文愛知・岐阜・三重で、マンション管理見直し・大規模修繕工事コンサルティングを行うマンション管理士です
自由文岐阜市生まれ。昭和60年、中部電力入社。平成12年、社内ベンチャー制度第1号として、家づくりコンサルティング会社を設立。平成19年に中電から離れ、独立資本でビジネスを開始。現在、マンション管理相談センターとして、住民目線に立った独自の手法で、マンション管理組合向けの管理品質・コスト改善、大規模修繕コンサルティングを手掛けている
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/03/25 22:32

馬渕裕嘉志 さんのブログ記事

  • 将来9800万円の赤字になる40戸のマンション?(1)
  • 「そんなマンションがあるんだ!」と驚かれる人も、多いと思います。新築時以来、一度も修繕積立金を値上げしたことがなく、築17年。大規模修繕工事は、まだです。理由は、お金が足りないから。ある日、管理会社から「大規模修繕工事の時期です」「2500万円足りません」「借りるためには、現在の修繕積立金を2倍にする必要があります」驚いた住民さんが、当社のセミナーを受講し、その後、コンサルティグ契約となり、長期修繕計画 [続きを読む]
  • 初めて自力で総会を運営したマンション
  • 「自力」と言うのは、「管理会社抜き」と言う意味ではありません。総会の出席受付や集計作業は、管理会社に任せますが、事業報告、決算説明、事業計画、予算説明など、理事が分担して説明すると言う意味です。決算書や予算書は、損益計算書と貸借対照表があるので、企業会計がわからないと、相当、抵抗感があります。質問されても答える自信がないので、「管理会社にやってもらいたい」と言う気持ちが出るのは、無理もありません。 [続きを読む]
  • 大規模修繕工事完了報告会
  • 今日、岐阜県大垣市の20戸×2棟のマンションで、大規模修繕工事の完了報告会を実施しました。このマンションは、2棟の団地型ではなく、各棟が独立しているのですが、隣接しており、完成した時期は全く同じで、建物の規模や仕様も同じことから、共同発注と言う形を取り、当社のコンサルティングの元、MACM方式で入札を行い、同じ工事会社に発注。1棟が単独で発注することに比べれば、色々な点で、割安になります。わかりやすいのは [続きを読む]
  • 一度も会わないで、大規模修繕工事のコンサル依頼?(2)
  • 一度もあったことがないのに、「顧問(コンサル)を探しているのだが…」ではなく、「大規模修繕工事のために、顧問(コンサル)を頼みたいのだが、どう手続きすれば?」と言う依頼を受けたマンションの話の続きです。「まずは、お会いして、どのようなリクエストなのかお聞きしましょう」とお伝えして、一週間後にお会いする約束。築22年目のマンションだと言うことは、ネット情報で入手。2回目の大規模修繕工事の時期としては、 [続きを読む]
  • 一度も会わないで、大規模修繕工事のコンサル依頼?(1)
  • 岐阜市長良川近くの20戸弱のマンションから、私の書籍の送付希望を頂き、メルマガ登録をしていただいたのが、今年の3月終わりでした。それから、2週間後に「顧問契約をしたいので、直接会いたい」と言う連絡が…。いきなりの申し出で、戸惑いました(笑)今まで、勉強会をしたり、見学会にお越しになって、かなりの期間が経ってから、「総会で、あなたとのコンサル契約が承認された」と言う例や、本を読まれて、直接、お会いして、 [続きを読む]
  • 「日本郵政」を装った詐欺メールにご注意!
  • 差出人は、「日本郵便株式会社」タイトルは、「EMS配達状況の確認 - 郵便局 - 日本郵政」本文が、からのお知らせ日本郵便株式会社配達員が注文番号 1797212482746710 の商品を配達するため電話で連絡を差し上げたのですが、つながりませんでした。従ってご注文の品はターミナルに返送されました。ご注文登録時に入力していただいた電話番号に誤りがあったことが分かりました。このメールに添付されている委託運送状を印刷して、最 [続きを読む]
  • 5月の実践研修は「タイルを知るための工場見学会&勉強会」
  • 一般社団法人マンション管理相談センター(MAKS)の認定コンサルタント向けに行う毎月の定例会の5月度は、「タイルを知るための工場見学会&勉強会」岐阜県多治見市にある加納製陶株式会社さんにお邪魔して、約2時間、みっちりと勉強しました。本社ショールームには、幾種類ものタイルが展示してあり、実物を間近で見ながらの研修は、記憶に刻まれますね! 大規模修繕工事においては、タイルの貼替は必須。コンサルタントとして [続きを読む]
  • ブログ3333日連続投稿達成
  • 今回の記事で、3333日連続投稿になりました。おめでたい数字です!で、もうすぐ連続10年だなあと思い、開始日を調べたら、2007年7月からでした。ん?となると、2017年6月で、連続10年。10年なら、365日×10年=3650日+うるう年が3回=3653日。3653-3333=320日?あれ、計算が合わない(笑)と言うことで、ホントなら、今回で、3607日。どこから、カウントを間違えています(笑)まあ、明日から、連続記録更新日は訂正するとして、「プ [続きを読む]
  • 大規模修繕工事見学会・セミナーのお知らせ
  • 「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.80■私の好きな言葉■ 偶然は努力の結果こんにちは。5月〜7月に、大規模修繕工事の見学会を2回。管理の見直し・大規模修繕工事成功セミナーを3回。そして、今回初めて、「機械式駐車場問題解決セミナー」を1回開催します。大規模修繕工事見学会は、春日井市の藤山台で開催。50戸で、第1回目の大規模修繕工事5月20日(土)13:00〜15:006月 4日(日) [続きを読む]
  • 活躍できるマンション管理コンサルタント養成塾初講
  • この講座は、日本№1のマンション管理コンサルタント集団を作るために、私の持つすべてのノウハウを一切隠さずに教える講座です。今回がその初講。そのノウハウの中で、マンション管理士としての専門的な知識やスキルは部分的なものです。それより、管理組合と言う非常に不思議な組織と人とを相手に、コンサルティングを行う「人間」としての姿勢・心の持ち方が重要です。しかし、これを「教える」と言うのは、簡単にはできません [続きを読む]
  • 顧問業務の繁忙が減らない理由
  • 5月6月は、定期総会の時期で、毎週、いくつかの顧問先マンションの総会があります。顧問契約の更新は、毎年、議案化されるケースと、解約の議案化がなされなければ、自動更新となるケースがあります。しかし、どちらにしても、1年間の顧問業務報告書と来期の事業計画案は、総会で発表します。顧問は毎月、理事会があるようなマンションならば、その理事会の議事録を辿れば、報告書のアウトラインは完成します。それがないと、メー [続きを読む]
  • 新築時の施工不良が見つかったら?
  • マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.79■私の好きな言葉■ 名案を探すより、できることを全部やる!__c0__さん、こんにちは。大規模修繕工事コンサルティングを依頼されると、「建物調査」業務が入ります。この調査は、大きく分けて、工事の設計のための調査と工事が始まってからの調査とがあります。前者では、図面と現状の照合、工事数量の調査、最適な工事仕様と材料選定が主。加えて、住民からの要望にどう [続きを読む]
  • 自宅マンションでも、監査
  • 自宅マンションの管理は、過去、2回の適正化コンサルティングを実施し、コストは相当下がり、品質は、相当上がっています。日常的な修繕提案も、一定金額以上は、私が査定しています。従って、一般的なマンションの管理費・修繕積立金と比べると、低コストでの運営ができています。今年は、輪番制で「監事」なので、今年は、その立場で、組合運営をチェックしています。一般的には、監事は、決算書と銀行預金残高の照合くらいしか [続きを読む]
  • アマゾンVSニトリの包装!
  • 通販で、アマゾンをよく使います。相当に小さな商品でも、40×30センチ四方角くらいの段ボール箱できますよね。あれって、もったいないと思いませんか?しかし、梱包する側に立てば、商品ごとに箱のサイズを選ぶのは大変なので、箱が大きいことによるロスより、一律の大きさにして、機械で全自動で梱包する方が、コストは安いだろうと言う基本思想になるのは理解できます。配送料も、一定の大きさ以下は、同じようなので、それも経 [続きを読む]
  • 2回目の大規模修繕工事のための建物調査のポイントは?(序論)
  • この週末は、GW最終日でしたが、築30年を超える名古屋市のマンションで大規模修繕工事前の建物劣化調査でした。第1回目の大規模修繕工事前の調査は、主に防水・塗装・下地の調査で、マンションごとの大きな違いはあまりないのですが、2回目となると、新築時の設計思想が相当古かったり、第1回目の大規模修繕工事も、工法や使用材料が古かったりするので、勝手が大きく異なります。もちろん、建物によっても、その違いの差は大きい [続きを読む]
  • ドリプラも凄いが、アイドルユニットって、思ったより凄い!
  • 昨日は、学生ドリプラ名古屋に参加。若い学生の純粋な夢を聞き、そのきっかけが、親への感謝の大切さに気付いたことなどのストーリーを聞いて、ウルウル。プレゼンターのプレゼン以外に、中京大学の書道部のパフォーマンスとか、名古屋どまつりに参加し、海外公演も行う学生のパフォーマンス集団とか、名古屋の「dela」というアイドルユニットのミニコンサートとか、「学生」「若さ」をキーワードに、イベントを盛り上げる工夫。  [続きを読む]
  • 学生の夢を聞きに行こう!
  • 5月6日は、学生が本気で夢を語るイベント「学生ドリームプランプレゼンテーション名古屋」の開催日です。午後1時から、ウインク愛知で開催。イベントの案内は、こちら。出場者は、次の通り。◎酒井英伸名古屋大学3年「学生団体やサークルが活動に専念できるサービスを提供する」 学生団体やサークルは運動であったり、イベントを開催したり”何か”のために活動している。どの団体にも、大抵しなければならない広報は本来活動し [続きを読む]
  • GW中の大仕事!
  • 本日も、会社で仕事をしています。GW中は、管理組合も、普通はお休みなので、この期間中に、コンサル先マンションの資料整理、新刊の執筆、活躍できるマンション管理士養成塾の第2期生用講義の準備、MAKSの事業企画等、じっくり腰を据えて、取り組むはずでしたが、多忙な私に気を遣ってくれる組合が、「この時期なら空いてますよね?」と会合を組んでいただいたり、突発的な問題が起きたりして、相当、「じっくり」以外の仕 [続きを読む]
  • 春日井市で大規模修繕工事見学会&勉強会開催
  • 当社の大規模修繕工事コンサルティングでは、そのマンション管理組合にお願いして、工事見学会を開催しています。その地域のマンションの皆さんへの啓蒙活動のためです。もちろん、弊社の活動をPRすると言う意味もあります。今回は、春日井市で初めての見学会。築15年目、約50戸のマンションで、下記の通り開催します。5月20日(土)13時〜15時6月4日(日)9時〜11時前半1時間が見学会、後半1時間が勉強会です。こちらがそのチ [続きを読む]
  • 大規模修繕工事のアフター保証が危ない!?
  • 「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.78■私の好きな言葉■ 苦境に挑む姿が、他人を育てるこんにちは。30戸の顧問先マンションで、知らぬ間に大規模修繕工事の2年目アフター点検が行われていたと言う出来ごとがありました。このマンションは、当社の管理適正化コンサルティングを受け、管理会社が変更になり、また、長年の懸案事項だった機械式駐車場の撤去を行い、組合財政が大きく改善。結果、修繕積立金 [続きを読む]
  • 管理費を地域への寄付金に使える?
  • 私の顧問先は、岐阜の中小規模マンションが多くあります。いわゆる地方都市ですから、地域との密着度も高いエリアもあり、子供会、地元の祭りも活発ですし、町内会も熱心な人がいます。町内会会費を管理費と一緒に口座引き落としにして、一括して払うと言うのは、当たり前の感覚です。それとは別に、子供会やお祭りへの寄付、赤十字や社会福祉協議会への寄付など、町内会の組長さんが集めると言う場面があります。マンションが、こ [続きを読む]
  • GW中の管理会社引継ぎ時の理事立会い
  • 今日は、松本市の顧問先マンションにて、新旧管理会社の引継ぎがあり、理事が立会いです。一番のポイントは、鍵・書類。形式上は、旧会社から、一旦、組合に返納され、組合から新会社に交付されます。しかし、実際には、新会社が管理を行うのに必要なものが揃っていないと、困るので、組合(理事)の立会の元で、新旧の引き継ぎを行ってもらう方が、確実ですし、合理的です。もちろん、それに至る前に、顧問として、引継ぎ中間チェ [続きを読む]
  • 管理業務仕様の適正化のポイント
  • 「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.77■私の好きな言葉■ どん底からドラマが始まるこんにちは。前回のメルマガで、「業務の縮小」や「品質ダウン」ではなく、「無駄や過剰の排除」と「適正化」によるコストダウンの実現について書いたら、その具体的な例を教えて欲しいと言うメールをいくつか頂きました。これを見つけることそのものが、コンサルタントの「プロの目」であり、管理委託業務仕様書の是正の勘 [続きを読む]
  • 東洋経済“悪質「不動産コンサル」の食い物になる人たち”
  • 東洋経済オンライン4月28日の記事に、悪質「不動産コンサル」の食い物になる人たち〜不当な「マージン」の慣習はいつまで続くのか〜と題する記事が掲載されました。それがこちら。この事実を少しでも多くの管理組合に知って欲しいと思います。ここでは、工事規模が数億円の大きいマンションの事例ですが、私が知っているのは、もっと小さなマンション。管理会社が不適切行為をしている事例も知っています。いつ、雑誌の取材が来ても、 [続きを読む]