ROOM335 さん プロフィール

  •  
ROOM335さん: ROOM335 素人写真館
ハンドル名ROOM335 さん
ブログタイトルROOM335 素人写真館
ブログURLhttp://c-saito.at.webry.info/
サイト紹介文横浜市内・近郊の公園で野鳥の写真を撮っています。 また、市内各所の写真を撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2007/03/27 16:19

ROOM335 さんのブログ記事

  • トラフズク
  • トラフズクを見に行ってきました。トラフズクは毎年ここに来ている様ですが、私は5年ぶりにここに来ました。合計で7羽いるとの事ですが、目視確認できたのは3羽でした。おそらくこの木のどこかで寝ているのでしょうね。。 [続きを読む]
  • コイカル
  • 県内西部の初めて行った公園で、コイカルが一羽イカルの群れに入っていました。撮影的には、遠目の竹藪の中で光も少なく草木が被りやすい厳しい場所でしたが、イカルの群れの中で識別する事は出来ました。 [続きを読む]
  • コハクチョウ
  • 水鳥の越冬地である房総の池に行ってみました。トモエガモが大きな群れで入っていると聞いていましたが、双眼鏡で池を隈なく探したつもりでしたが見つからず。他のカモ達は、もうそろそろ北帰行の時期ですが、まだ結構の数が残っていました。 [続きを読む]
  • ウミアイサ
  • 頭ボサボサのウミアイサをアップします。人間から見れば「朝起きた直後の寝癖髪」に見えますが、本人達にとっては立派な自慢の冠羽根なのです。♂♀ともに10数羽が居ましたが、殆どぷかぷかと波に揺られて寝ていました。 [続きを読む]
  • オオハム
  • 太平洋に開いた港に海鳥を探しに出かけて来ました。陸地の鳥ばかり撮っているので、正直、識別が難しいです。久々に図鑑を見ながらの観察になりました。まずはオオハムをアップします。ちょっとユーモラスで愛らしい表情を見せてくれました。 [続きを読む]
  • ハイイロチュウヒ
  • 写真の出来・不出来は別にして、今シーズンはラッキーな事に、ハイイロチュウヒと出会う機会が多いです。今回は、昨年さんざんお世話になった利根川下流域のポイントに出かけて見ました。実は今シーズンもこのポイントには数回行っていますが、今までは遭えず・撮れずでした。今回もあまり期待せずに他の鳥を見に行くついでに帰りに立ち寄りました。着いて30分が経過した15時過ぎ頃低空で近づいて来ました。カメラマンは私一人だけ [続きを読む]
  • カワセミ
  • 自宅から徒歩7分の公園の池に、最近カワセミが来るようになりました。この公園、もともとは池や小川等は無かったのですが、2年前位に大規模な改修が実施され複数の池とそれをつなぐ小川が出来ました。丘の上で他の川等の水源とつながっていないので、最初のころは魚も生息して居ませんでしたが、最近はメダカ大の小魚や小さいエビが見えます。直径10メーター強の円形の小さい池なので、カワセミとの距離もかなり近くなります。フ [続きを読む]
  • ハイイロチュウヒ
  • 前々回の在庫からアップです。前回のいまいちな画像よりも、いくらかマシですかね。ここのポイントでは、AF設定を「領域拡大」にした方が確率が高い様です。前回はゾーンAFで撮っていましたが、どれもピン甘でした。AIサーボのセッティングは下記で、前々回と前回では変えていません。①被写体追従特性:-2(一番粘る設定)②速度変化に対する追従性:+2(速度変化対応最大)③測距点乗り移り特性:+2(積極的な乗り移り)従 [続きを読む]
  • ハイイロチュウヒ
  • またまたハイイロチュウヒのポイントに出かけて来ました。ハイチュウ3羽のパフォーマンスは良く、比較的近めの間合いもあり、ファインダーではしっかりと捉えることが出来た実感もあり、私も揚々と塒に引き上げました。が、PCで確認すると殆どがピン甘、被写体ブレ?で使える絵が無い状況。。新しいAF設定を試したが完全に裏目に、さらに地表面からの陽炎による歪みと曇り空による光量不足等、課題と難しさを実感した結果でし [続きを読む]
  • ルリビタキ
  • 今シーズンは、色々な所で見ることが出来るルリビタキです。今回は県央地区で遇った個体です。かなり慣れている様で、すごく近くまで寄ってきます。三脚の傍に置いたザックに乗っかったりもしました。 [続きを読む]
  • ミコアイサ
  • 今日はミコアイサをアップします。前回別の場所で撮った時は、遥かかなたで豆粒状態でしたが、今回初めて行った公園では結構近くで撮れる状況でした。ロクヨンに高画素の5DⅣを付けて、天気もぴーかんでは無かったので、白トビもひどく成らずに目も出せた様です。風景等、鳥以外用に導入した5DⅣですが、猛禽などの飛びものでは無く連写をさほど必要としない鳥さんには、1DXⅡよりも良い感じで使えます。ただ、画素数も大き [続きを読む]
  • ハイイロチュウヒ
  • 昼間の時間帯でハイイロチュウヒを見る事が出来ました。ポイントも、塒付近では無い別の場所です。塒付近で待っている方が遭遇の確率が高いのですが、この時期は日没間際に戻って来ますので、シャッター速度とISO感度のトレードオフにぶち当たります。被写体ブレか、超高感度のザラザラ画像か、。やはり、明るい時間に撮れるに越した事は無いでしょう。。 [続きを読む]
  • ハチジョウツグミ
  • 近くの自然公園に、ハチジョウツグミが入っていると聞いて、出かけて来ました。桜の木を伐採した後の斜面に出ていましたが、草や長い茎が掛かってしまいいい感じで撮らせてくれません。カメラマンも50名程度来ていましたが、斜面を登って待ち構えている人、下の通路でひたすら待つ人に分かれて撮っていました。私は最初は下でウェイティングでしたが、中々条件が良くならないので担いで登りましたが、結果的に正解だったと思います [続きを読む]
  • アカハジロ
  • 今日はアカハジロをアップします。1994年時点で生息数が10000羽(世界で)以下との記述が、図鑑類に記されています。その事を認識の上改めて観察すると、大勢のカメラマンが集まるのも納得です。 [続きを読む]
  • クロジ
  • 県央地区で見かけたクロジをアップします。今までは比較的高度の高い場所で見てきましたが、ここはそんなに高い場所ではありません。今年一年、大きく「黒字」になる事を願って新年早々に見たかったのですが、まだ年の初盤ですのでご利益も期待できそうですね。。 [続きを読む]
  • 仲良しコンビ
  • ヘラサギとクロツラヘラサギのコンビが今年も姿を見せてくれています。ちょうど一年前も同じ場所でこのコンビを撮っていますので、1年間ずーっと一緒に行動していたのでしょうね。観察していると、どちらか一方がリーダーシップをとっている訳では無く、二羽の行動が完全に同期されていて対等なパートナーに見えます。この日は、1時間ほど出ていてくれましたので、かなりの枚数を撮ってしまいました。干潮の1時間前くらいから飛 [続きを読む]
  • ニシオジロビタキ
  • 下総の国のニシオジロビタキをアップします。まだ幼鳥の様ですが、前回見た時よりも胸の辺りが色着いて来た様にも感じますね。それにしても、かなりフレンドリーに人の傍に寄ってきます。写真を撮らなくても、近くに座って眺めているだけでも癒される感じですね。 [続きを読む]
  • ルリビタキ
  • 比較的綺麗な個体のルリビタキに遭えました。かなり近距離で撮る事が出来ましたので、羽毛を「マクロ的」に切り出して見ようかと。。最近犬に触れる機会があり、そのムクムクの感覚が、結構触り心地が良く、野鳥も触ってみたら気持ち良いのだろうか?と言うイケない願望と、その疑問解決への欲望がちょっと湧いてきてしまいました。。。 [続きを読む]
  • コミミズク
  • 先月の在庫からアップです。今シーズンは10個体以上入っている様で、強い風さえ吹かなけれな何とか出会うことが出来ます。風は飛行の障害になるので飛ばない、と理解していましたが、どうやら違う様です。ネズミ等の餌獲りは聴覚を頼りに行っているのですが、風の音がそれを邪魔するので、強風の日は餌が獲れないので草むらの中でじっとして体力温存をしているとの事です。 [続きを読む]