ガク爺 さん プロフィール

  •  
ガク爺さん: 集団「Emication」
ハンドル名ガク爺 さん
ブログタイトル集団「Emication」
ブログURLhttp://emication.dosugoi.net/
サイト紹介文ふるさとの自然,歴史,風俗,教育の話題,読書,生活の知恵,豆知識をお伝えします。
自由文楽しく学び,楽しく活動する,笑顔の集団「Emication」。
ふるさとの自然,歴史,風俗などお伝えします。読書や豆知識の発信もしていきます。
活動する人,行動する人,その応援と支援をする集団「Emication」。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2007/03/30 22:09

ガク爺 さんのブログ記事

  • 紹介しようか,どうしよう 『深爪式』(深爪・著)
  •  「暑い日になり…」と予報されていましたが,今朝は雨が降ってきそうな天気でした。日中も,ときどき薄日を感じる程度で,“夏の日”ではありませんでした。 今年は「今,梅雨だよね?」という天候だったので,今になって帳尻を合わせているようです。 それは困ります。やはり“夏は夏らしく”あってほしい。お天道様,お願いします。 図書室の書架に,目立つ装丁の本がありました。外観はピンク色,題字は金色の背景に浮かぶ [続きを読む]
  • “新聞”を読みながら
  •  朝,雨が降っていました。その後,雨は上がりましたが,雲の厚い“雨模様”の一日でした。 梅雨のような最近の天候です。 「すっきり晴れた夏の日」が恋しいです。 先日,読み残していた“みやざき中央新聞”を読んでいて,楽天の小林社長,経済コラムニストの大江氏の言葉が気になり,メモしました。○誰もが「それ無理でしょう」と言いそうな目標を常に設定しよう。○高い目標設定により「達成するためには何をすべきか」を [続きを読む]
  • 戦没者追悼式でした。
  •  午前中は“曇り”だと思っていましたが,朝,強めの雨が降っていました。 朝食前,当番となっている用意に出ましたが,その時は小雨となり,傘をささずに準備ができました。お天道様,ありがとうございます。 それにしても,「夏は何処へ行ったんだ」と叫びたい気分です。 明日も雨模様…。 今日は,「戦没者を追悼し平和を祈念する日」でした。 地区の遺族会役員とともに,愛知県戦没者追悼式に参列しました。 会場のウィ [続きを読む]
  • 「盆」
  •  “天気のよい日”だったのですが,日差しは強くなく,蒸し暑さのある一日でした。 盆の時期になり,さまざまな行事があります。 今日も「○○の放下は,行われていますか?」と尋ねられました。観光客も訪れる“有名な”ところもありますが,少し前まで各所で行われた盆行事の一つです。 昨年,「盆踊歌集」を紹介しました。唄えたり踊れたりする人は,高齢となり少なくなっています。 今の生活では“残る”暮らしがされてお [続きを読む]
  • 「先人の言葉」から
  •  天気のよい一日でした。 8月13日,迎え火を焚き,先祖の精霊を迎え,お盆(盂蘭盆会)となりました。 朝,お施餓鬼の用意をしに寺院に行きました。年に一度,この時に関係者(檀家?)が集まり供養をします。普段は気にしていない(忘れている?)ことに思いを馳せる頃です。 新旧の地域行事が行われる時期,親子で楽しんだり,手伝ったりできるとよいと思います。 新学習指導要領の“実践”を考え,準備が進められています [続きを読む]
  • 『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美・著)
  •  朝から雲の目立つ空で,「日差しが暑い」と思ったら,「強い雨が降って」という変わりやすい天候でした。 雨が降ったことで,蒸し暑さも増しました。 暑い一日でした。 「普段読まない作品を読んでみよう」と思って書架をながめていくと,芥川賞作家の川上弘美氏の「名」が目に留まりました。 『ぼくの死体をよろしくたのむ』(小学館・刊)を読むことにしました。 読み始めて,芥川賞受賞作『蛇を踏む』を思い出しました。 [続きを読む]
  • 山の日。「妖怪しりとり」
  •  雲の多い日で,ときおり小雨(霧雨)が降ってくる天候でした。 夕方に,県内で鉄道が運転を見合わせるような天候でしたが,当地はそこまでは降りませんでした。 今日は,国民の祝日の一つ「山の日」でした。「山に親しむ機会を得て,山の恩恵に感謝する」として設けられた新しい祝日です。 “山の日”制定への動きの中で,祝日のない6月,8月で検討が進み,候補となったのは8月12日でした。 ところが,8月12日は「日本航空12 [続きを読む]
  • 『焼き場に立つ少年』。
  •  暑い一日でした。 ネット記事を見ていたら,アメリカの写真家のニュースがありました。 従軍カメラマン 故ジョー・オダネル氏について書かれた『神様のファインダー 元米従軍カメラマンの遺産』が9日に出版されたとのことでした。 ジョー・オダネル氏は,左の写真を撮影したことで有名です。この写真について,終戦記念日(敗戦記念日)に話題にしようと思っていましたが,今日の記事にします。 この写真は,ジョー・オダネ [続きを読む]
  • 長崎原爆忌。古い「食」の話。
  •  気温の高い暑い日になりました。当地でも,日差しの下では暑いのですが,日陰で風を感じる場所は気持ちよく過ごせました。 高原の夏は,気持ちよい。 72年前の8月9日11時2分,長崎に原爆が投下されました。 72回目の「長崎原爆の日」,平和祈念式典で田上長崎市長は, 世界中のすべての人に呼びかけます。 最も怖いのは無関心なこと,そして忘れていくことです。戦争体験者や被爆者からの平和のバトンを途切れさせることな [続きを読む]
  • 『義務教育最後の夏休みに向けて』その2
  •  ゆっくり動く台風5号が日本各地に被害を出しながら北上をしています。 予報では深夜から朝まで“暴風”と“豪雨”と予報されていましたが,深夜のうちに静かになりました。 しかし,“台風一過”とはいかず小雨の降る朝でした。 昨日からの強風で,花壇と田(畑)の「奇跡のひまわり」が,倒れてしまいました。 すべてを元に戻すことはできませんが,日差しが戻ってきたら“元気”に太陽に向かって育っていくことでしょう。 [続きを読む]
  • 立秋。「義務教育最後の夏休みに向けて」(1990年)
  •  台風5号の動きが気になります。当地は朝から大雨警報が発令され,急に強い雨が降ったり,しばらく静かだったりと,“台風の接近”を感じる天候でした。 今日は,二十四節気の一つ「立秋」です。“秋”とは名ばかりで,これからが厳しい「残暑」が続き,一年で最も暑い時期です。 台風5号が被害を出さずに,恵みの雨だけを残して過ぎますように! 1990年,学級通信(中学3年)の記事『義務教育最後の夏休みに向けて』です。  [続きを読む]
  • 広島原爆忌。「♪ 一本の鉛筆」。
  •  今朝,青い夏の空でした。 あの日の朝も,青空が広がっていました。 『72年前の今日,8月6日8時15分,広島の空に「絶対悪」が放たれ,立ち昇ったきのこ雲の下で何が起こったかを思い浮かべてみませんか。鋭い閃光がピカーッと走り…』と,松井広島市長が平和宣言を語り始めました。 そして,子供達は, 原子爆弾が投下される前の広島には、美しい自然がありました。 大好きな人の優しい笑顔、温もりがありました。 一緒に [続きを読む]
  • 音楽,スポーツ,いろいろ…。
  •  台風5号の動きが気になります。奄美,九州,そして進路の先で,被害の出ないことを願うばかりです。 当地は,曇り空の一日でした。 先日,音楽プロデューサー 福嶋麻衣子氏を取り上げた番組がありました。 彼女の“仕事”には触れていたようですが,初めて福嶋氏を認識しました。 彼女が仕事に向かうのに,いくつかルール(?)としていることがあるといいます。○ 水曜日に予定を詰め込む 週のはじめはゆっくりスタート,週の [続きを読む]
  • 「期末終了 次に何をする」(1990年)
  •  台風5号の動きが気になりますが,今日の当地は晴れた夏の日でした。 台風の進路の予報円は大きく,どのように進むか定まりませんが,日本への影響は大きそうです。九州地方では先の大雨被害があったところでは,台風が避けてくれることを願っていると思います。 大型の台風5号(ノルー)ですが,日本に被害を出さず,恵みの雨だけを残して通過していくよう,お天道様,よろしくお願いします。 1990年7月,中学3年の学級通信に [続きを読む]
  • 『本質を見通す100の講義』(森博嗣・著)
  •  「強い日差しが…」という天気ではありませんでしたが,気温が高くなりました。 けれども,当地では気持ち良い風が吹き,過ごしやすい一日でした。 高原の爽やかな天候です。 食卓に,初物のゴーヤ(ツルレイシ)がありました。昨日採れたようですが,今日味わいました。 独特の”苦さ”は,それほど強くなく,しゃきしゃきした歯ごたえが,味わいを高めていました。 自然の恵みに感謝 書架で気になった『本質を見通す100 [続きを読む]
  • 「数式という列車が走る」
  •  今日も暑い日でした。 朝,久しぶりにSバスに乗って出かけました。車内には,職場体験に向かう中学生達が,緊張気味の表情で乗っていました。その他は3人でした。 過疎地域の“交通機関”はバスですが,「思い立ってすぐ」には乗れません。高齢者が運転免許証を手放すのは難しい。そのために…。 車内・車窓を眺めながら考えました。 今日は,三河教育研究会算数数学部夏季研修会(新城大会)があり,参加しました。 夏季研 [続きを読む]
  • 36度→28度。「神様ナイス!」
  •  暑い日になりました。 日差しによる暑さ,熱波のような風… 出先では,気温が37度を越していました。 帰宅の時,気温はまだ36度でした。移動していくと気温は下がりますが33度あたりまででした。 帰宅しても30度越えかとあきらめていましたが,作手高原に入ると30度を切り28度になりました。 当地としては“暑い”ですが,街の猛暑はありません。気持ちの良い高原の夏です。 毎年8月1日は内施餓鬼の日です。午前中,住職が [続きを読む]
  • 『ワープロと「感字」』(1990年)
  •  朝から暑く,会う人が「暑いですね。朝から死にそうです。」とあいさつしてくるような一日でした。 でも,当地では日陰は“気持ちよく”,“心地よい”風が吹いてきます。吹き出していた汗も,すっと引いていきます。 高原の夏です。気持ちよい一日でした。 夕食に,初物のミョウガ(茗荷)がありました。 季節を味わいました。美味しゅうございました。 午前中,市内の小学校長がやってきました。 作手地区の新しい施設「 [続きを読む]
  • 地区の美化活動でした
  •  強い日差しはありませんが,湿度の高い蒸し暑い日でした。 午前中,地区の美化活動でした。 地区のみなさんが参加して,地域の道路の草刈りを中心に行いました。水分補給と休憩をこまめにとって,熱中症に気をつけながら作業をしました。 みなさんの協力で,予定時間内に作業を終えることができました。 休憩のとき,いろいろと最近の話をお聞きしました。地区内に住んでいても普段はゆっくり話をする機会も少なく,貴重な話 [続きを読む]
  • 新城市平和祈念式典
  •  朝から天気のよい日で,暑い日でした。 午前中,第1回新城市平和祈念式典があり,後援する新城市遺族会の役員として参加しました。 昨年度までの戦没者追悼式を“新しい形”にかえて,第1回の“平和を祈念する場・時”としました。 会場の新城文化会館小ホールは満席で,立ち見で参加していただく状況となりました。 市民・遺族会員へは 戦争の犠牲となられた方々の御冥福をお祈りするとともに,悲惨な戦争の教訓を風化させ [続きを読む]
  • 「あなたは“サンゾク”ですか?」(1990年)
  •  「今日は晴れる!」と思っていましたが,朝は雲が多い空でした。 徐々に雲は薄くなりましたが,“晴れ”には,今一つでした。 花壇と畑(田)の「奇跡のひまわり」が咲いてきました。 花壇は大きな花が咲き,畑(田)は数が増えました。 満開(?)も間近です。 夕食に初物のシシトウがありました。その辛みを感じながら味わいました。 大地の恵みに感謝しました。 暑い一日でした。 1990年6月27日の学級通信(中学3年)に [続きを読む]
  • 『すばらしきかな人生-ふたたび友郎-』(北原雅紀・原作/若狭星・作画)
  •  今朝,“曇っている”空でした。しばらくすると雨が降ってきました。その後,日差しが出てくるのではと思える空に…。 今日も“不安定な天候”の一日でした。 今日,ある中学校の教頭先生とお会いしました。 1学期のようす,学校のようす,新城教育のようす…。 いろいろとお聞きしました。 「自分だったら…」の考えもお話しましたが,これからの参考になることがあれば幸いです。 ありがとうございました。 午後,中学 [続きを読む]
  • 「暑いときに」(1990年)
  •  今日も“不安定な天候”でした。出かけるとき,折り畳み傘を持って行きました。 日中,活動するときに使うことはなく助かりました。 午後,新城市には,大雨警報が発令されました。急な天候の変化です。 みなさん,大丈夫でしたか。 1990年6月22日の学級通信(中学3年)は,「この暑さはなんだ 今,梅雨なの?」の見出しがありました。 今日は,多少曇っていたせいか,昨日までとは少し違っていたが,それにしても暑い日が [続きを読む]
  • 土用丑の日。
  •  雲の多い日で,出先では雨に降られることもありました。 “不安定な天候”が続きます。 今日は,土用の“丑の日”です。 “土用丑の日”と聞くと,「鰻」が思い浮びます。 それが“古くからの風習”かというと,そうではなく,“有名な”販促コピーでした。 由来には諸説あるようですが,「平賀源内による発案」が定着(?)しているように思います。 江戸時代,うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを,平賀源内に相 [続きを読む]