みのわ さん プロフィール

  •  
みのわさん: フォトハウス in 福島
ハンドル名みのわ さん
ブログタイトルフォトハウス in 福島
ブログURLhttp://ogata215.exblog.jp/
サイト紹介文主に自然の美しさをデジタルカメラで撮る。
自由文冬でなければ撮れない写真をアップロードしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供250回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2007/03/31 17:20

みのわ さんのブログ記事

  • 仙台市青葉祭り「すずめ踊り」 広瀬通り
  • 5月21日撮影これで最後のすすずめ踊り祭りの写真の公開は終わりです。阿部かまぼこ店の山車とスズメ娘(さすがかまぼこ店、魚のたくさん入った漁網をつけています。山車そのものが漁船なのかも)(すずめ娘)七十七銀行の山車(裸のドラマーが乗っていたのはこの山車だけです。)私が出会った唯一小学生の祭連(立町小学校祭連)日専連仙台祭連    ※ 跳んだり跳ねたり、動きの激しい踊りでした。踊り子(すずめ)のみなさ [続きを読む]
  • 仙台市青葉祭り「すずめ踊り」 広瀬通り
  • 5月21日撮影これですすずめ踊り祭りの写真の公開は終わりです。阿部かまぼこ店の山車とスズメ娘(さすがかまぼこ店、魚のたくさん入った漁網をつけています。山車そのものが漁船なのかも)(すずめ娘)七十七銀行の山車(裸のドラマーが乗っていたのはこの山車だけです。)私が出会った唯一小学生の祭連(立町小学校祭連)日専連仙台祭連    ※ 跳んだり跳ねたり、動きの激しい踊りでした。踊り子(すずめ)のみなさん、祭 [続きを読む]
  • 仙台市中央通り 「仙台すずめ踊り流し」
  • 5月21日撮影(この日撮った画像を見直し良いと思ったものをアップロードします。)松島市からの祭連この少年スズメ、3回目の登場です。(実に動きがキビキビしていました。)山形県米沢市からの祭連介護施設「幸生会」祭連 ※ このお祭りに参加した方々は本当の踊りを楽しんでいるようです。参加者の笑顔が明るく輝いて見えました。何年か前に開かれた第一回「六魂祭」で見た山形  県の「花笠踊り」それから岩手県の「さ [続きを読む]
  • 仙台市内 青葉祭り 「スズメ踊りながし」中央通り
  • 5月21日撮影NECソリューション祭連のキビキビ踊る少年雀の連写です。(手持ち撮影ですのでピンボケや被写体ブレもありますがご容赦ください。)     ※ 踊り手の選択があって、次に背景を選び、仙台の繁華街ということもあって撮影が難しいところもありましたが、スナップ撮影にはとても参考になりまし       た。       次回はもっと上手に取りたいと思います。 [続きを読む]
  • 仙台市内 青葉祭り 「スズメ踊りながし」中央通り
  • 5月21日(毎年この時期に行われるスズメ踊り撮影してきました。)今年はじめてのスズメたち(車止め、10年前に発生したトラックの暴走対策のために設置されたのかな)このイケメンさん、2人のにこやかな美しきスズメ娘を従えてたくましく踊っていました。男の子スズメくんも元気よく踊っていました。女の子の踊りを撮りましたが、後ろの母スズメが華麗に踊っていました。母スズメが雛スズメをだっこして踊りませんでした。子スズメ [続きを読む]
  • 吾妻山「浄土平 → 姥ヶ原 → 酢ヶ平・鎌沼 → 浄土平」 トレッキング
  • 5月18日撮影鎌沼を後にして姥ヶ原へ谷地平(東吾妻)⇔ 酢ヶ平(鎌沼)⇔ 浄土平の三叉路(姥ヶ原も湿原ですが裸地化が一番進んでいるところです。)浄土平への下山路下山道から見た吾妻小富士(古い火口です)浄土平から小富士を見上げて(登山者がところどころに小さく見えます。)浄土平を後にして、スカイラインをしばらく進んで、猪苗代湖と磐梯山がセットで見えてきました。   ※ 吾妻山は子どものころから眺めて育った [続きを読む]
  • 吾妻山「浄土平 → 姥ヶ原 → 酢ヶ平・鎌沼 → 浄土平」トレッキング
  • 5月17日撮影山スキーを楽しんでいる人(前大巓の斜面)鎌    沼(沼の形が草刈り鎌に似ている)(足取り軽く私を追い抜いた登山者)ふと振り向くと、濃霧が避難小屋を覆っていました。   ※ 17日は前日と違って、暑くもなく寒くもなく登山には最適の日でした。青い空に薄く白い雲がぱっと広がったように浮かんでいました。     山スキーは大変ですね。リフトやゴンドラもないのでスキーを担いで上らなくてならないの [続きを読む]
  • 吾妻山「浄土平 → 姥ヶ原 → 酢ヶ平・鎌沼 → 浄土平」トレッキング
  • 5月17日撮影昨日(16日)予定していたトレッキングを今日やりました。コース:吾妻山「浄土平 → 姥ヶ原 → 酢ヶ平・鎌沼 → 浄土平」残雪を乗り越えて登山者が行く酢ヶ平到着酢ヶ平避難小屋酢ヶ平から前大巓(標高1,911m)を望むホシガラスとの出合い(木道を歩いていたら急にホシガラスの「ギャ ギャ」の声がしました。)酢ヶ平の風景湿原が復元しつつあります。   ※ 吾妻連峰には「〜平」という地名がほかにもありますが [続きを読む]
  • 福島市 「吾妻連峰 浄土平」
  • 5月16日撮影吾妻山「浄土平 → 姥ヶ原 → 酢ヶ平・鎌沼 → 一切経 → 浄土平」をトレッキングする予定でしたが風が強く取りやめ、クマガイソウの群生地に寄りました。浄土平から(吾妻小富士の登山路)大穴火口から噴出している火山ガス まだ残雪がある蓬莱山 土湯峠の水芭蕉福島市水原に群生する「クマガイソウ」   ※ 今日は登山断念しましたが、明日もまた行く予定です。 [続きを読む]
  • 福島県須賀川市 「須賀川ボタン園」
  • 5月8日撮影入    口園内で写生をする中学生(園内に散らばって一生懸命描いていました。)  ピンクのボタンの花ピンクのシャクナゲの花 ※  須賀川牡丹園は、今から240余年前の明和3年(1766年)、当時、須賀川で薬種商を営んでいた伊藤祐倫が牡丹の根を薬用にするため、苗木を摂津国     (現在の 兵庫県宝塚市)から持ち帰り栽培したのが始まりです。 昭和7年に国の名勝に指定された。  (須賀川ボタ [続きを読む]
  • 岩手県平泉 「中尊寺の春」
  • 4月24日撮影角館からの帰途、桜を撮りたくて中尊寺に寄りましたが、桜の木があまりありませんでした。参道入り口月 見 坂参道沿いの蕎麦屋(10年ほど前に来たとき、食べたざるそばがとてもおいしかったので、今回も期待していましたが、準備中でした。)不 動 堂弁 慶 堂参道沿いの展望台(左から右方向に流れるのが衣川・上方の大きな川は北上川)   ※ 「中尊寺の桜」というタイトルにしたかったんですが、境内に桜の [続きを読む]