町奉行 さん プロフィール

  •  
町奉行さん: 無職からの脱出成功!
ハンドル名町奉行 さん
ブログタイトル無職からの脱出成功!
ブログURLhttps://ameblo.jp/blog11874
サイト紹介文自営業を廃業し、孫の世話と老後に夢をかける60代の気ままなブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2007/04/06 20:59

町奉行 さんのブログ記事

  • 食欲の秋も危険が多い「
  •  9月になりなんでも美味しい秋になり楽しい食欲の季節。最近、食中毒のニュースが続いて報道されていますが、秋が夏よ特に、9月が最高だといいます。腸炎ビブリオ菌、ブドウ球菌そしてサルモネラ菌の順で多い発生に。ビブリオ菌は魚に原因で塩がすきで塩分のなかで発育する変わった菌と言われる。 [続きを読む]
  • 老化防止に効果的
  • 老化防止に役立つらしい 私もいつの間にか高齢者になってしまった。現在、少しでも長くいきたいと思う今日この頃。 日々毎朝、散歩てrいますが今年の夏の異常な暑さに最近さぼり気味で焦りを感じる昨今。ある本の記事でウオーキングより効果ありとの記事を発見する。 それは腕相撲である。家族で和気あいあいとできるし、コミニケーションもあって手や井出を使うので体の末端にある緊張筋せっみを興奮させて大脳に刺激を伝える [続きを読む]
  • 秀吉の病死は......
  • 1598年、秀吉死す。未だに話題の尽きない人物である。加藤清正が朝鮮征伐で獲ったの虎の塩漬けした肉を食べたのが原因らしい。家康は75歳で寿命が尽きたという。今は夏、特に食べ物に注意一番、最近は危険な昆虫、動物が巷において多いて増えたきがするね。 [続きを読む]
  • 老化現象が気になる。
  • しみとは、肝斑と書く。 幸い私には、シミ、ソバカスなどの老化現象もなさそう。英語では、liver spotと書くらしい。肝臓が悪くなって、皮膚の色が非常に悪くらるという。原因はアルコールの飲みすぎであるというが、私は飲めないし。 老化現象は年を取ればだれでもなる者と心配する気持ちがある。ソバカスは夏の紫外線も原因の一つだがこれは全くなさそうだ。 ビタミンCはジミ、ソバカスには効果だそうである。 [続きを読む]
  • 生涯詩人
  • 西ドイツ老作家は4歳のころから詩を書き始め、でなければ何にもなりたくないといった。85歳で人生の幕を閉じるが最後まで若い読者に手紙の返事を書き続けていたという。 学生時代は絶えず、ずる休みをそのことを「天才旅行」と称した天才であったらしい8月9日はヘッセの命日であったが、詩人にはとうとうなれなかったがノーべル賞は貰ったという。死の直前まで詩を書き続けていたという。 [続きを読む]
  • 花火大会今年の見物場所は
  •  去年までの??見物は旭川の会場が定位置だあったが、今年は知り合いのマンションに陣取り見物である。マンション8階にあり楽しみにしている。目前に岡山城の烏城が望める場所にあり、打ち上げられた??は烏城の横に見られる好位置で楽しめるらしい。実際、今回の見物はその通り食事しながらわあわあ孫たちと賑やかに過ごした。 確かに目前の迫力は感じられなかった、が・・ ・ [続きを読む]
  • へなちょこ
  • 黒色の粘土ことを、へなという。そしてちょこの事を、お猪口の事。黒色の粘土の事をお猪口は出来が悪いという意味で使われる。明治時代に生まれた言葉であって時代劇に登場したら間違いであるといわれる。私は、お猪口を使ってお酒を飲む機会はほとんどない。 [続きを読む]
  • 再婚の意味
  • 女性は離婚後、6か月間は再婚してはいけない。生まれてくる子供が、子供の父親が判断できない事による。相手が同じであれば問題はないと。 ソクラテスの人生とは一番大切なことは大切に生きることは単に生きる事そのことではなく、善く生きる事である。 離婚は熟慮の末に決断してほしいものであります、と希望します。 [続きを読む]
  • 痒い
  • 蚊などに刺されて夏はとくに痒い。今年は、とくに気になる痒さである。ヒアリ、ダニなどの報道により過敏により特に痒い気がする。 [続きを読む]
  • 笑うとどんな効果が
  • 笑う門にはなんとやら、・・・ 私は笑うのが苦手である。昔、よしもとの舞台を見る入場券を貰い、席の前列で楽しんでいると笑いが起こってる最中に難しい顔でいた私をなんとか笑わそうとしてる雰囲気を感じたがすぐに笑う体制になれず・・・・それ以来、いつでも笑おうとしているが、表情が笑っていない、硬さがあるようでなるべく前の方に座るのを避けている昨今である。 笑いの効果はストレスの」解消。笑うと若さが保てるとい [続きを読む]
  • 出かけていた。
  • 今日も暑い、あつい、あついい、みんなも我慢している。でも用事ある。いま帰ったところだ。 [続きを読む]
  • おとこの逃避か?・・・
  •                       玉突きとか、パチンコ、競馬とか、あるいは戦争を                     男たちが好むのはなぜだろうか?せいぜい女に理解できるなは、日常性からの逃避だという                          ことくらいである。と・・・・ 森瑤子の愛の美学のミッドナイトコールに発見する。              私はどれもそして戦争ゴッコも [続きを読む]
  • 読書は楽しい!
  • キンドルの電子書籍でいま三国志の赤壁の巻を読んでいる。孔明の秀でた行動に引き込まれ、10万本の矢の只獲り作戦に感心する。以前、テレビドラマで見ていたが、映像で見ていたが文字だけで過去を結びつけた。 最近吉川英治の作品の読書が増えている。江戸川乱歩も好みけ続いている。私は目が悪いので文字の大き目に設定して利用してる。 [続きを読む]
  • 血圧
  •  私は、脳梗塞で入院以来通院で治療中であるが、低血圧の人が長生きできそう。と思うが低くてもコレステロールの低い人は、頭に栄養がいかないのが理由と思われる。ボケになりやすいらしくこれが今の最大の心配事である。 [続きを読む]
  • 晴れの国健在なり
  • 天気予報は絶対雨である。妻が叔母の入院先に出かける寸前に晴れたっちや夕べ雨音確認。でも、良い天気。散歩も休みがちに。 夕べ降った気配あれど今はかんかん照りだ。雨ふらんが、散歩は控えねどと運動不足きみである。 、 [続きを読む]
  • 水族館に行きたいね
  • 夏の水族館は、夏には一度は行きたいね。最近はしばらくご無沙汰である。 くらげは大好きだ。大小いろいろで珍しい、のもいて興味深いねくらげの骨とは、ありえないこと。非常ぬ珍しいことのたとえに使われる。くらげムシ、クラゲダコというもある。掬いたる海月も重さありにけり。・・・・・・・金子奏久 [続きを読む]
  • ぼけ老人拒否。
  • 私も、後期高齢に到達して不思議な気分。 気分は若くてなんにでも興味がありながら体の自由がきかないのである。まだ年寄りの気分には程遠いと自分では思っているが他人はどんなに見ているか、見られてているかは気にしない。孫は気にしてないふう、無視されているのかは・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 適量の効果
  • ビールは成人病に役立つ。心臓がちょっと悪い。血圧がちょっと高いとか、その程度の成人病だという。 コレステロールを下げる効果があるという。」少量のアルコールにあるというが、私は酒が苦手だが舐める程度であり、私に適しているようだ。 [続きを読む]
  • 男って
  •   男ってものは年食った病気の母親の前では、両手をもぎ取られたあかんぼうと同じだからね え。 ・・・・・   森瑤子著の「渚のホテル」より 私の母はもういないが、そういうものなのかと思ったが、そんな事少しも思いも考えもしなかったよ! 94歳で亡くなって今は懐かしい思い出だよ!  [続きを読む]
  • 孫の進学
  • 小6の孫の進学は進学校の受験で合格。    昨日通学道の点検に近所の先輩とその母親と出かけ、思ったより楽だった。 そういって帰ってきた。 無事に通学を祈っているがひとまず安心だ。 [続きを読む]