三治 さん プロフィール

  •  
三治さん: 雑念の置場
ハンドル名三治 さん
ブログタイトル雑念の置場
ブログURLhttp://mimrasanji.blogspot.com
サイト紹介文日常生活の中で吐き出しきれないモヤモヤを、ぽつぽつと書き綴るブログです。
自由文某IT企業との論戦あり、青果担当としての経験談あり、環境問題やら旅行記やらサッカーやら野球やら。テーマの絞りようの無い「三治」という人間の全て。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 112日(平均0.3回/週) - 参加 2007/04/09 14:32

三治 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 野外の楽しみ
  • ブログを全く更新していなかった間に、私の趣味として加わったものとして、「野外で過ごすこと」がある。アウトドア、というと、何だか自分的に虫唾が走る。そんな、かっちょよいことがしたいのではないのである。ただ、野外で過ごす。なんとなく火を焚いて、料理したり、コーヒーを入れたり。なんとなく椅子に座ったりハンモックに揺られたりしながら、ぼんやりしたり。疲れない程度に、山の中をフラフラ散歩してみたり。ちっこい [続きを読む]
  • 正しい自分
  • この世には、普遍的な正義や倫理など存在しない。大学で、思想史を専攻していた私が、どうやらたどり着いた真実らしきものは、これだった。原罪、という概念がある。人は人として生きてきただけで罪を抱えている、という考え方だ。キリスト教、仏教、イスラム、ユダヤ、だいたいの宗教で共通してある考え方だ。罪の対義として、神がある、という発想のほうが、順序として近いのかもしれない。自己を省みることを突き詰めた結果、自 [続きを読む]
  • 民主主義という矛盾
  • 民主主義が、民主主義だったことは、今まで一度もないはずである。民主主義の施政者、今の日本であればアベさんが、何と言っているか、思い起こしてもらいたい。「民衆のために」「日本国民のために」、口癖のようにそう言っている。既に、嘘である。じゃあお前は国民じゃないのかよ、という話だ。民主主義で国民の熱狂的支持を受けた人々にとんでもない排他主義のエゴイストがなんと多いことか。ユリウス・カエサルの昔から、ヒト [続きを読む]
  • 復活の序章
  • ずいぶん長いこと、放置していた。実に6年と9ヶ月である。放置している間にコメントを下さった方(誰かはだいたい察していますが)、ありがとうございます。おかげさまで、相変わらず元気でやっています。放置している間に、ネットをとりまく環境も随分と様変わりした。TwitterやFacebook、Lineの普及で、SNSでの実名ネット環境がすっかり主流になった。iモード携帯しか持っていなかった2000年当時、オープンチャットでネットの世界 [続きを読む]
  • 過去の記事 …