Pin さん プロフィール

  •  
Pinさん: のよのよ in Zの悲劇?!
ハンドル名Pin さん
ブログタイトルのよのよ in Zの悲劇?!
ブログURLhttp://noyonoyo.blog98.fc2.com/
サイト紹介文 鳥全般、海外旅行、アニメ&漫画、ばんえい競馬…等々、色んな情報提供を目指します?!
自由文 特に鳥と海外旅行ネタは結構ニッチな情報を提供しており、恒常的なニーズが有る様です(^^ゞ 日常のふとした事でも、余所と違った視点で書く事を心掛けてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2007/04/10 10:34

Pin さんのブログ記事

  • リバプール(11)〜海商都市(3)〜
  • 【リバプール世界博物館】 *公式サイト *参考記事   大英自然史博物館展vs英国(1)〜始祖鳥編〜   大英自然史博物館展vs英国(2)〜ドードー編〜   大英自然史博物館展vs英国(3)〜オオウミガラス編〜 既に上の記事で述べてるので残りをサラッと。奇抜なリバプール博物館に比べると、こちらはヨーロッパの博物館でしばしば見かける風格の有る建物です。 ただここも中は結構広い上に時間の都合で全部観た訳では有 [続きを読む]
  • リバプール(10)〜海商都市(2)〜
  • 【リバプール博物館】 公式サイト 近くで見るとカメラに収まらない上にパースが狂ってる不思議なデザイン(笑)^^; 「リバプールについて学びたければここに来い」な博物館ですが、リバプール世界博物館と名前が紛らわしいのが困ったもんです ̄▽ ̄; (実際当初は別物とは知らなかった位だし) 展示とフロアマップでお解りの様に、内容は結構多岐に渡っている上に案外広いので、時間の都合も有り全部観た訳では有りません。  [続きを読む]
  • リバプール(9)〜海商都市(1)〜
  • 【アルバート・ドック付近】 バスの車内から見たセント・ジョージ・ホール。手前の修復中の建物に邪魔されてます ̄▽ ̄; こんな風格の有るカラオケ屋(正確にはカラオケ付のバー)は初めて見ましたよ。 リバプールは「海商都市」として世界遺産にも登録されています。 ビートルズと掛け持ちするなら日帰りで全部観るのは無理ですね。とは言え指定された6区域の内、アルバート・ドック、ピア・ヘッド、キャッスル・ストリート保 [続きを読む]
  • 大英自然史博物館展の余波
  •  世間では深海展が始まる頃ですが、私的には大英自然史博物館展終了1か月なのであります。(深海展は観に行く予定無)  先日昔のハーロック系の資料写真を撮っていたら、当時の落書き帳から絶滅鳥絵が出て来ましてな…。 描いたのは15歳位か? 正直当時の自分がこんなに鳥が下手とは思わんかったよT∇T; 絶滅鳥の体の大きさを対比した物ですが…ハイ、オオウミガラスとドードーのサイズを間違ってますね(笑)^^; オオウミ [続きを読む]
  • リバプール(8)〜ビートルズの聖地7<街中編5>〜
  • 【マシュー・ストリート】 漸くビートルズネタ最終回 ̄▽ ̄; マシュー・ストリートの位置。 実はGoogle Mapの表記は間違っていましてな…この通りはそんなに真っ直ぐではないのだよ。(水色で塗った部分が実際の通り) 僅か数100mの短い通りですが、ビートルズファンの足は止まり捲りと評判です。因みに地図の右側から入ったのでその順に紹介して行きます。 上記写真右手の青い部分はスペイン料理店の宣伝。スペイン向けの宣 [続きを読む]
  • 戦国のハーロック?
  •  現在パリで開催中のJapan EXPOにて『零世紀エメラルダス』なる新作映画の情報が解禁されてます。 製作(正しくは協力)ガイナックス、キャラデザ貞本義行さんと言う、それなんてエヴァ?と言うか色んな意味で意外過ぎる…。 しかも2020年:エメラルダス、2023年:ハーロック、2026年:メーテルの3部作だそうで。本当に実現したら期待大ですが、現時点では話半分と思ってもっと情報が出るまで評価は保留かなと。 松本作品に限り [続きを読む]
  • リバプール(5)〜ビートルズの聖地4<街中編2>〜
  • 【THE BEATLES STORY2】 キャヴァーン・クラブのビートルズの評判を聞きつけてやって来た、NEMSと言うレコード店の経営者・ブライアン・エプスタイン。 彼は当時不良っぽい恰好で歌っていたビートルズのイメージを払拭させマネージャーになった人です。 おおニッパー君の元ネタだ。 余談ですが少年サンデー連載中の『キング・オブ・アイドル』に出て来る、アイドル養成学校NEMSはここから採ったのでは。作者の若木民喜はビー [続きを読む]
  • リバプール〜ビートルズの聖地3<予告編>〜
  •  街中のビートルズ博物館・THE BEATLES STORYについて語るつもりでいたら、内容的にファンであるダンナの監修必至と判断したので、本人の余裕が有る時にチェックして貰いながら書く事にします。 因みにリバプールは「海商都市」の名に相応しく船が繋留するドックが多い所ですが、バス停からTHE BEATLES STORYに向かう途中の、イエロー・サブマリンみたいな黄色い潜水艦っぽい船は意識してるんでしょうねぇ。 潜水艦を模してるだ [続きを読む]
  • 次元航海34話感想
  •  今回結構話が動きました。但し今回もハーロックの出番無(笑)。 それにしても最近REDはネタが尽きたのかお風呂ポスターばかり出してますねぇ。 以前星矢の男性キャラで出したし(あれがお風呂ポスターの始まりだった様な??)ハーロックVer.が出てもおかしくないのでは?(笑) あ〜こう言う絵は耽美系の方が描くべきですねぇ。私が描いても面白くない ̄▽ ̄; 機械化兵が女言葉で話し始めたんで最初オカマかと思ってしまった^ [続きを読む]
  • オオウミガラスのぬいぐるみ…
  •  日本では入手不可能と思っていたHANSAのオオウミガラスのぬいぐるみをAmazonその他で発見。(実はAmazonでは2015/6/28から扱っていた^^;) ドードーは前からフツーに売ってたけど、オオウミガラスは海外のサイトでも載ってなかったりするから諦めてましたよ^^; …ところが何故か2種類有ると言う… ̄▽ ̄; Amazonの登録番号(ASIN)も違うから別物らしいです。  発売は同じ所の筈なのにこのクオリティの違いは何…? [続きを読む]
  • リバプール(3)〜ビートルズの聖地2<郊外編2>〜
  •  バス路線に面したジョンの家と違いポールの家は通りから一寸中に入った住宅街、しかも看板が目立たないので暫く近辺をうろつく羽目に…。 4世帯の長屋なのね。ここも中はツアーでないと入れません。 看板がな〜黒くて判り難いのよ ̄▽ ̄; 実はバス停Forthlin Roadのすぐ近くなんですけどね…。ここから86・86Aのバスでペニー・レイン(Penny Lane)に向かいます。…と言ってもペニー・レインは単なる通りの名で有り、最寄りの [続きを読む]
  • 流石呪いだ(笑)良く似てる
  •  先日終わったばかりの大英自然史博物館展の「呪いのアメジスト」は、展示が暗過ぎた事も有り中々ピントが合いませんでな〜。2回目(6/3)に撮り直してる時に、スタッフにフラッシュ炊いてると勘違いされて注意された位、撮り難かった…。(暗い所で距離を測る為に緑の光が点灯するのがフラッシュに見えたらしい) フツーに撮るとこんな風になっちゃうぜ。 …う〜ん…何処かで見た様な…? …あっ!!(笑) そうか呪いのアメジ [続きを読む]
  • 大英自然史博物館展閉幕
  •  遂に今日終わってしまったので適当でスマンが記念絵。丁寧に仕上げていたら何時出来るか判らんし、イギリス旅行記が全然進められんので^^; 参考資料として大昔の絵(元は便箋原稿)を引っ張り出してみる。描いたのH.5.9.19か…24年も前の絵にしてはあんまり違和感無いっすね。 このモアはジャイアントモアなんですが、展示されていたのはやや小型のパキルコスパキオルニス(エレファントモア)だったんで、上の絵では脚と嘴を [続きを読む]
  • 松本零士先生の絵が段々悲惨になる理由
  •  敢えて出典は控えますが某原画展用の新作がこんな絵らしく…。 パースがかかっているので修正。デッサンもさる事ながら人物の配置に遠近感無いですけど、それ以前にエメラルダスが際立って酷くて泣けて来ます。 ヤフオクで良く粗悪な偽色紙が出品されますが、悲しい事に「本物」ですら偽物に見えるのが現状…。 年齢的な物は仕方無いとしても、とても全盛期にこれを描いた人と同じには見えませんねTДT; あんまりにあんまり [続きを読む]
  • 次元航海6巻修正箇所比較
  •  今回まんだらけ限定版が届くのがかなり遅れたのと、大英自然史博物館展と重なった為、今更やるのもなぁ…と思いましたが、若干期待している方がいらっしゃる様なので予定通り書きましょう。後で自分が参考にするかも知れないし。 原作ハーロックが5巻で尽きた為、6巻以降はどうするか?と思ったらエメラルダスで来ましたか。 と言う事は9巻まではこの手を使える…筈ですが、2巻は『枯木賛歌』の絵で本編とは関係無いんですよね [続きを読む]
  • 続・大英自然史博物館展
  •  *これまでの纏め いよいよ閉幕まで1週間切りました。私は前述した様に6/3に行って来ましたが、初回(4/29)よりもかなり混雑してましたね。出来れば平日に行って写真撮り捲りたかったです。 今回はダンナも一緒(しかも昼から仕事)だった為、すっ飛ばした展示も少なく無かったです。 Twitterに大英自然史博物館展の見所と言う素晴らしい纏めが有るので、これから行くと言う方は事前に読まれる事をお勧めします。 混雑して [続きを読む]
  • オオウミガラスの命日2017
  •  これが載る頃、2回目の大英自然史博物館展を観てる…筈。 今年は本物が来日してますからな〜。 普段カラー絵はコミスタでペン入れ→Photoshopで仕上げと言う工程を経るのですが、やたら時間がかかるのでもっと短縮できない物かと思い、エアブラシのみで描いてみたのが上の絵。 (やや雑だが時間も無いしこのままUPしとく) レイヤーも下描き用に1枚追加するか否か程度でデーター的にも優しいし、暫くこの方法で描いてみよう [続きを読む]
  • 零コレ2017受賞!!
  •  受賞作品一覧 (2017なのに何故かURLは2016^^;) …と言う事でセクサロイドでオフィシャルサイト賞を戴きました。 毎回ハーロックは激戦区なので「寧ろ別作品の方が印象に残るだろう」と思ったら目論見通りでした('∇^d) ☆ オフィシャルサイト賞は松本先生の色紙以外のグッズが来るんでしたっけ?? (去年二代目が連覇した時は幻の美少年ポストカードを戴いていた。…が、後に本人がプレンティの時に私等の分も貰って来てく [続きを読む]
  • リバプール(1)〜世界初の鉄道〜
  •  リバプール・アンド・マンチェスター鉄道は1830年9月15日に世界で初めて鉄道が開通した区間です。 因みに去年はドイツで初めて鉄道が開通したニュルンベルクに行ってますが、翌年に世界初の鉄道の街に行く事になるとは思いませんでしたよ。 マンチェスター側の起点、旧リバプール・ロード駅は現在科学産業博物館になってますが、それについては後日詳細を語るとしてリバプール側の駅は今尚現役です。 ただ現在は南のウォリン [続きを読む]
  • マンチェスター&リバプール<プロローグ>
  •  大英自然史博物館展&ハーロック等々で手が回らない間に、マンチェスターでテロ事件が発生するとは…。    何か不謹慎な気がして今回の旅行記はパスしようかとも思いましたが、ダンナの提案で取り敢えずリバプールを先に紹介します。実際観光地としてはリバプールの方が余程充実してますからね。 但しいきなりリバプールに入るのも唐突なので、少々マンチェスターについて触れてから語る事にします。  マンチェスター空港 [続きを読む]
  • 次元航海33話感想
  •  ラフレシアとツーショットな表紙ですが今回は(も)ハーロックの出番無(苦笑)。 付録の松本先生のポスター…「新作イラスト」と言ってますが、クリアファイルBOOKの使い回しでしょーが!! ̄▽ ̄; 日付はきちんと直してある(RED発売日)姑息な仕様。 …と思ったらデスシャドウ号が追加されてますね。(何で先端が切れてるの?) 本来「描き下ろし」「新作」と言うのは「一から全く新しく作った物」を指す筈でしたが、近年拡 [続きを読む]