oo7 さん プロフィール

  •  
oo7さん: 酒井俊之のシネマラ攻略大図鑑
ハンドル名oo7 さん
ブログタイトル酒井俊之のシネマラ攻略大図鑑
ブログURLhttp://cinemara.blog2.fc2.com/
サイト紹介文ホームシアターで映画をハイビジョンで観る楽しみ!&いま話題のブルーレイディスク鑑賞レビューです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2007/04/13 13:27

oo7 さんのブログ記事

  • 砂塵を使ったエフェクト撮影、本番。
  • 砂塵を使ったエフェクト撮影、本番。天候には恵まれたが勘が冴えず、2時間で300テイクくらい撮るはめになった。イケそうだなと思えたのはそのうちの数枚といったところか。撮影用の砂は色・粒・質感の違うものを近くの公園でかき集めてブレンドしただけなので製作費は0円也。馬の首、前足はアプリを使ったVFXでブレの効果を出している。炎天下で暑いわ蚊には喰われるわ砂埃だらけになるわでくたくたですわ。 [続きを読む]
  • 砂塵のエフェクトでテスト撮影。
  • いまオモ写界←でトレンドになっている砂塵のエフェクトをだいたいマスターした。なかなか難しい。砂煙が多いとあざとくなるし少ないと判りづらい。早いシャッタースピードを必要とするので天候にも左右される。コツは“勘”と“運”。あとは小砂利と細かい砂の配合、それと一番大事なのは「なぜそこに砂塵が舞っているのか」という理由。芋粉を撮影に使ったという黒澤明作品も参考にしてみよう。次で本番って感じだ。 [続きを読む]
  • 『ブレードランナー 2049』最新予告編
  • いまオモ写界←でトレンドになっている砂塵のエフェクトをだいたいマスターした。なかなか難しい。砂煙が多いとあざとくなるし少ないと判りづらい。早いシャッタースピードを必要とするので天候にも左右される。コツは“勘”と“運”。あとは小砂利と細かい砂の配合、それと一番大事なのは「なぜそこに砂塵が舞っているのか」という理由。芋粉を撮影に使ったという黒澤明作品も参考にしてみよう。次で本番って感じだ。 [続きを読む]
  • 中古レコードで久々の掘り出しもの。
  • 中古レコードで久々の掘り出しもの。「世界の映画音楽 集英社版」「世界の映画音楽 小学館版」。同じタイトルだが別シリーズで1973年と1976年のリリース。いわゆる配本形式の映画音楽全集だったようだ。ミッシェル・ルグランの『シェルブールの雨傘』をはじめ、ジョルジュ・ドルリューの『軽蔑』『柔らかい肌』『ピアニストを撃て』、ジョン・ウィリアムズの『シンデレラ・リバティ』や『おしゃれ泥棒』といった渋いスコアがオリジ [続きを読む]
  • もろもろリペイント。
  • バンダイ謹製「浪人 ボバ・フェット」。コトブキヤ製のウェポンユニット“日本刀”のリペイントを完了。同梱の脇差と似たようなカラーリングで仕上げた。ボディとのバランスも悪くない。マクファーレントイズ製の馬のリペイント。スレーヴ1っぽい色分けにしようと当初は考えて、緑と赤系で鞍をメインに塗ったり消したりを繰り返したのだが、動物となるとどうもイメージがクリスマスっぽくなってしまうので最終的に暗緑色で纏めた。 [続きを読む]
  • 浪人 ボバ・フェット&「スリーピーホロウ 首なし騎士」
  • 「スリーピーホロウ 首なし騎士」BOXセットが到着。おおよそ12/1くらいのスケール感か。ディテールまでぎちぎちに造りこまれているわけではないが、映画のワンシーンをダイナミックな動きで再現しているのはいかにもマクファーレントイズ製らしい。ジオラマベースの活躍にも期待できる。バンダイ謹製「浪人 ボバ・フェット」&マクファーレントイズ製「スリーピーホロウ 首なし騎士」セット。馬に対して若干、ボバ侍が大き目の印象 [続きを読む]
  • LEDソードでマジックタイムにロケ撮影。
  • バンダイ謹製「浪人 ボバ・フェット」&コトブキヤ製LEDソード。日没後のマジックタイムに撮影してみた。ライトセーバーの光源として使われているミライト(LED付リチウム電池)の寿命はGreen ver.の場合だと約30時間。アイデア次第でいろいろ使える。コトブキヤ M.S.G モデリングサポートグッズLEDソード RED Ver. この製品の詳細を見る [続きを読む]