あがぴょん さん プロフィール

  •  
あがぴょんさん: The Greek Catsギリシャの猫
ハンドル名あがぴょん さん
ブログタイトルThe Greek Catsギリシャの猫
ブログURLhttp://agapi.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文やさしい気持ち…古代遺跡の猫、エーゲ海の猫、伝統の町並の中の猫に会えます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2007/04/14 10:16

あがぴょん さんのブログ記事

  • 白灰猫のモモジローおじちゃん
  • ボクはモモジロー。モモタローの弟。みんなはモモとかモモジと呼ぶ。さっきまでここでビーズが気持ち良さそうに昼寝してたんだよ。だからボクもなんかここで眠ってみようかなと試しているところ。  モモジローは風の塔の南に住んでいた。そこには奥さんと子供がいた。しかしそこの棲家は奥さんと子供に渡して、アクリポリスの北城壁下に移って来た。ここではみんなに打ち解けて、双頭のボスの助っ人をしていて、すべての猫ジョや [続きを読む]
  • 赤白猫のサイモン
  • ボクが食後まったりしていると赤白猫サイモンがやって来た。 ボクは今日は何度も食事をしているので、お腹いっぱいだよ。 サイモン・キモン・シモニーデイスは静かに食事する猫男子。   [続きを読む]
  • ルードヴィックという名前の猫少年
  • あがぴょんのあとをついて来たけど自宅に戻るには暑すぎる。 ボクの自宅はここから300メートル離れた古代の廃材置き場。 陽ざしも頭上に回って来たし、道路沿いは人間の冷やかされるし。 一段高いところに上がって見知らぬ猫たちと親睦会しようかな?  この猫の名前はルードヴィックというドイツ語呼び。ギリシャ語だとルドヴィコス。フランス語だとルイという。なんかもうこの猫は頭がいいので、自分の名前だとすぐ理解した。こ [続きを読む]
  • 黒猫のメモン伯父さんと姪のオリーブと甥のぺルセア
  • メモン伯父ちゃん、こんな所でのんびりしていたの? あらまっ、弟のぺルセアも来たの?やっぱ家族はホッとするね。 メモン伯父ちゃんはワタシタチの母カネリのオニイサンなのよ。 伯父ちゃんは今やすべての猫ジョと猫ダンシの父のようなヒト。  メモンことアガメムノンはボスなのだが、もうヒトリのボスのロレンチョーとは仲良し。そしてメモンはキジ猫オリーブと黒猫ぺルセアの伯父さんなのだ。ぺルセアは呼びかけで、正式名称は [続きを読む]
  • 猫のモーリスはちょっと見のよい猫オトコ
  • ボクはモーリス。すべての猫ジョたちのキラワレのマトなの。猫ジョたちを追い回してしまうので、猫ダンシからも仲間はずれ。 猫ジョたちはいつも黒猫メモンと黒白猫ロレンチョーと行動する。 ボクはメモンやロレンチョーと同年代だけど信頼がないのよ。  モーリスの存在は全猫ジョの結束強化と双頭のメモンとロレンチョーの男粋をあげるためのものである。  [続きを読む]
  • 今のところミケコという名前の猫
  • もう暑くて歩くのやめたのよ。ここでひっそり暑さに耐えてる。 ワタシは名前がついていないので、とりあえずはミケコね。 飲料水と何か食べ物を置いて行って!涼しくなったら食べるし。    ミケコのいるところはアクロポリスの城壁下のフェンス内。猫の聖域かもね。ミケコの名前はどうしようかな、、、。  [続きを読む]
  • 暑くて、熱くて、猫も大変。
  • 暑くて、暑くて、もうたいへんだわ。気温は体温を超える日多し。 ボクにそっくりの猫がいるけど、あれはネーチャンのママビターレ。炎天下では40度は軽く超えているので、観光客さん、ご苦労さん。    猫たちは樹木の陰の草むらにひっそりと動かない。もうゴハンもいらない。ただきれいな飲料水は必須。  [続きを読む]
  • ギリシャ陸ガメを愛する野良猫集団
  • おやっ、亀さんじゃないか? これから散歩に出かけるの?えっ、これ亀っていうの?なんか親しみやすいヒトみたいで素敵! 亀さん、散歩に行かないでよ、ここでくつろいでほしいなぁ。 赤白猫のテラちゃんのしっぽが亀さんの通行の邪魔みたい。亀さんて、歩くとゴソゴソとうるさいから、何事かと思うよ。 えっ、亀さん、来たの?オレタチも会いたっかたんだけどなぁ。 亀さん来たら、呼んでくれよ! 亀さんを見てるだけで和むんだ [続きを読む]
  • 将来のボスを狙う猫オトコのガーブとスピン
  • ボクは元飼猫のガーブ。将来のボスを目指して修行中なの。  双頭のメモンとロレンチョーに弟子入りしたけどライバルもいる。 そのライバルがボクの後ろで寝っ転がっているスピンという猫男。双頭が言うにはボクタチはジンボーがないから絶対無理なんだってさ。  まぁ、この2匹の猫男は自分より大きい猫に喧嘩は売るわ、猫ジョから嫌われるわ、無理無理無理、、、、。やっぱり無駄にけんかっ早いのとか゜、威張るヤツは無理。まだ [続きを読む]
  • フェンスから向こうはシャロン・シバちゃんのオウチ
  • シャロン・シバちゃんはゴハンを食べたので棲家に帰るところだ。でもやっぱり、アがぴょんとおしゃべりしようかなぁ、と思った。  フェンスの向こうアクロポリス遺跡の北城壁へ続く斜面である。この中にはおそらくギリシャ陸ガメも棲んでいたりする。陸ガメさんは結構歩くのが速い。ごそごそという音がする。シャロン・シバちゃんは一人暮らしの敬老にゃんこなので、陸ガメさんとも結構仲良し。  [続きを読む]
  • アクロポリスの斜面に住む猫シロコさん。
  • アクロポリスのフェンスの中から出てきたシロコ・アンゲルドーさん。 ヒトリ暮らしの一匹にゃんこだけど、気の合うトモダチはいる。トモダチは覆面顔のクーラ・クララン・メフィストである。 達者な顔を見るとお互いにホッとするようだ。人も猫も同じ。 あがぴょん、ワタシとクーラに魚缶をあけてちょうだいよ。  シロコと仲良しというわけでもないが、いつもつかず離れずの覆面猫クーラ・クララン・メフィスト。ほかに仲良しと言 [続きを読む]
  • ヒトリ猫になったシロコ・アンゲルドーさん。
  • シロコは野良猫の集団と暮らしていたけど、今はヒトリで行動。アクロポリス斜面からあがぴょんの姿が見えたから来たよ。この頃はゆっくりと食事をすることが好きになっちゃたわ。ヒトリで食事して水を飲む。そしてアクロポリスの斜面に戻る。  シロコは娘猫のミッキー・スクラフィーを探し回ってから、すっかりヒトリ暮らしに慣れてしまった。行くランス目を探してもいるわけがない。ミッキーは里親が見つかったので、そちらで幸 [続きを読む]
  • 暑さでウロウロを控えているにゃんこさん
  • 気温が30度は軽く超えるギリシャ。しかも砂漠のような渇き。 それで海水浴にも行って見たら、水温が体温より高くて、温泉みたい。 そんな中で毛皮を着たにゃんこさんは木陰で昼寝。うろうろしない。   木陰とか町中だと28度くらいかもしれないが、アクロポリスの上は屋根がないので、軽く40度は越える。炎天下の海岸も40度以上は軽くあって、海水はまるで誰かが沸かした様な篤さであった。  [続きを読む]
  • もっとも大きな黒い猫はメモンは白パンツ着用
  • ボクはこのあたりで最も大きな猫のアガメムノンことメモン。 そしてボクは心優しくてさ、荒っぽいことが嫌いなんだよ。 猫ジョや猫ムスメたちの安全のために仕方なくボスやってる。 食事が終わって、ゆっくりゴロゴロ。ああ至極のひととき。 メモンのボス仕事は猫集合のときから解散までのパートな感じ。    メモンは図体はでかいが心は小さな子供のように屈託がない。猫ムスメたちに「オジちゃん助けて!」と頼まれれば、不良 [続きを読む]
  • ボスのロレンチョーさんはヒトリでゆっくり。
  • ボクはロレンチョー。ボス役を数年もやらされてんの。 ゴハンの時間に無茶食いするワカゾー猫どもにはうんざり。猫たちが去ってから、ゆっくり、ゆっくり食べるのが楽しみ。   ロレンチョーは元飼猫で去勢済み。頭もよく、とても紳士である。野良猫になった時はユーリというボスがいたので、のんきにその保護下で生活していた。その後はユーリの従弟の赤猫トラちゃんがボスしていたが、なんか、どこかに消えた。人懐こく頭が良か [続きを読む]
  • 長老にゃんこ、シャロン・シバちゃん!
  • ここはアクロポリス遺跡のフェンスの中だよ。猫の安全地帯。 ぷは〜〜〜っ、、、やたら眠い今日この頃、暑くて動けないし。 それにワタシの名前も決まったよ。シャロン・シバっていうの。   いやぁ、昨日の話の続きなんだけど、なんかもう、すごいわ。あのコッカイギインのトヨンダ先生が、夢に出てきて、怒鳴られたり、オペラ風に歌いながら攻撃されたら怖い。なんかトラウマになりそう。あああああ、あの方はお顔のマッサージ [続きを読む]
  • 腰痛を心配してくれるスコペロスにミケちゃん。
  • 今日もいてくれたの?退屈を持て余してるから、ありがたいわぁ。 ホンデモッテ、最近は腰痛がひどいんだっってねぁ、かわいそう。 ちょっと立ち上がって、場所を少し移動。やれやれだわさ。 あの、日本のコッカイギインの豊んだ眉子先生の怒鳴りすごいにゃ。ちょっと早い更年期障害か、それとも人格障害かも?と思うよ。    なんかユーシューだと思う人が、おっそろしげな声で、わめき散らし、オペラフー嫌味を言う動画があって [続きを読む]
  • スコペロス島のミケちゃんに会いたい
  • ちわ〜〜〜っ!今日もアタシを訪ねてくれたなんて、うれしいわ。 もう、来る頃かにゃ〜って、待ってたんだよ、とりあえず。猫語が分かるヒトに会ったのは、何年ぶりだったかしら?  あらあら、興奮しすぎて、すれ違ってしまったわよ、アンタ! そっちの方に行くの?そっちにはアタシは行かないわ。ここまで。 猫の社会もいろいろで、そっから先は嫌いな猫たちがいるのよ。    猫の社会もいろいろだけど、人間社会もいろいろだわ [続きを読む]
  • スコペロス・タウンのミケコさんの品格
  • スコペロス島のホラのカストロにある住宅地にいた毛長のミケコさん。 籐椅子に座っていてなかなかの美しさと品格。飼猫のゆとりがある。 品格、わたくしはこの頃、品格という言葉を忘れて暮らしていた。 品格、これ人としての熟成ができてないと無理だけど、やってみる。 いろいろ生きていくには大変だけど、なんかもう、あの不法移民を見ていたら、無軌道ぶりに驚く。ヨーロッパが移民を受け入れのだから、もらって当たり前のク [続きを読む]
  • 母猫のママ・ビターレさん
  • ママ・ビターレとラテン風な名字呼んでいる母猫がいる。仔猫たちを従えてくるので、ゆっくりできるところで猫給食。 最近ママ・ビターレの仔猫たちが消えた。猫レスキューが連れて行った。 このあたりで仔猫を産む猫はいなくなったはずなので、ママ・ビターレさんはどこから流れてきたのか捨てられた猫だったのかもしれない。なんかもうレスキューを頼んだ猫しかいないので、仔猫が生まれると可愛いけど、あれ?と思ってしまう。な [続きを読む]
  • マジョリカ或いはマジョリナという名前の猫
  • ワタシにマジョリカとかマジョリナという名前が付いたの。生まれて初めて名前で呼ばれるんだけど、まだなじめない。 ワタシ、呼ばれたけど、ここ暑いから失礼させてもらうわ。ギリシャの灼熱の暑さなのでオリーブの木の下は無人化した。 なんかもう毎日灼熱で、にゃんこさん方も、ぼーっとしている。アクロポリスの北斜面の人が誰も行けないフェンス内を歩くときも、肩を落としてだらだらと歩いていた。  [続きを読む]
  • 赤猫のアモーレミオさんのため息
  • あのさ、ワタシがロレンチョーにチューしてみたのよ、ボスだし。 そしたらさ、ふんぎゃ〜っ!って怒ったの、いやな奴だわさ。あ〜あ。 赤猫のアモーレミオはショックだった。黒白猫のロレンチョーをボスと受け入れて、あいさつのチューをしたら怒られたのだった。もう一人のボスの黒猫アガメムノンことメモンはニコニコして、チュッとお返しする。まったくロレンチョーはヒトとして、ボスとして、イマイチだなぁとアモーレは思っ [続きを読む]
  • シーザーはギリシャ語ではケサラス
  • ボクの名前はケサラス。薄灰猫のオトコはみんなケサラスだよ。そういうふうにあがぴょんが決定したのでそう呼んでちょね。 薄灰色の猫オトコはケサラス、古代ローマのシーザーのこと。ケサラスを呼びかけはケサラ!そして濃灰色はネロ。もう灰色系はローマの皇帝の名前にしたい。黒の猫オトコはギリシャ神話の英雄。いろいろとなまえをつけるのがめんどい!  [続きを読む]