かじりん さん プロフィール

  •  
かじりんさん: エキスパートモード
ハンドル名かじりん さん
ブログタイトルエキスパートモード
ブログURLhttp://expertmode.blog25.fc2.com/
サイト紹介文ドメスティックな日記。4才おっとり娘と2才ちゃっかり息子とクールな嫁との愛情と哀愁。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2007/04/16 02:47

かじりん さんのブログ記事

  • 買い物しようと街まで。
  • 「パパ、西友に行こう」日曜日の昼下がり、娘・R(中一)に誘われた。「何しに?」「卒業お祝い!」お世話になった部活の先輩数人にお祝いの品を渡したいんだそうだ。文房具がいいという。なんか以前もこんなことがあったような。確か部活の先輩からもらった修学旅行のお土産のお返しを探しに新宿を歩き回り、えらい時間がかかった。またその再来か。しかし新宿ならまだしも西友ならRでもチャリですぐである。中一なのに未だに買い物に [続きを読む]
  • わたし、松葉。いつまでも松葉。
  • 僕と息子・タク(小5)でランニングしているコースは、ゴールが「トキワ荘跡地」であった。手塚治虫・藤子不二雄・石ノ森正太郎・赤塚不二夫といった昭和の代表的な漫画家達が住んでいたマンガの聖地・トキワ荘。藤子不二雄A先生の「まんが道」を読むとその頃の様子をうかがうことができる。現在、トキワ荘は現存しないが、「まんが道」で藤子先生たちがよくラーメンをうまそうに食べる食堂「松葉」は今でも営業している。お店の入口 [続きを読む]
  • この世界の片隅に。
  • かなり出遅れティアヌス感がすごいが、映画「この世界の片隅に」を観ようと思った。もう10年以上前になるだろうか、原作者である漫画家・こうの史代先生の作品が好きで、単行本を買い集めたりサイン会に行ったりしていたことがあった。しかしいつの間にか先生の作品をチェックすることを忘れてゆき、「この世界の片隅に」も「漫画アクション」に連載が始まった時に少し気になっただけでスルーしてしまっていた。改めてこうの先生原 [続きを読む]
  • 走る走る、俺たち。
  • オッサンになって太った僕は、二度ほど痩せようと試みたことがある。まず一度目は走ること。何年か前、ほぼ毎日5キロぐらいを目標にして走った。しかし右足の膝をやられて1ヶ月ぐらい痛みが残る羽目になりやめた。回復してからじゃあ今度は走るのは止めて歩くべ、とウォーキングを始めたのが二度目である。しかしこれも程なく飽きてしまった。もともと体を動かすことが大嫌いだし、ネット中毒だしで、ただひたすら歩き続けることに [続きを読む]
  • 宇都宮の遊郭跡・赤線跡・花街跡を歩く。
  • 宇都宮の遊郭跡と赤線跡と花街跡を訪れてみた。まずは遊郭。宇都宮の遊郭は旧宇都宮城内の南端、河原町にあった。『宇都宮商業地図(明治の宇都宮, 3)』より1894(明治27年)、これまで伝馬町(大通りとユニオン通りの間あたり)、池上町(オリオン通り裏のソープ街あたり)、材木町(伝馬町の西)にあった12軒の妓楼が移され、遊郭が形成された。亀の字のような区画の形だったので「亀廓」と呼ばれた。その入口の大門には「春入翠帷花有 [続きを読む]
  • 酔想学部。
  • うちにはタブレットがひとつある。光回線を引いたらオマケでもらった、やっすいやつである。家の中のWIFIに繋いでやって子供達にあげたところ、絶賛気に入ってしまったようで、しょっちゅうネット閲覧などに使うようになった。それから2年弱ぐらい経っただろうか。充電がうまく出来なくなってしまった、と子供達から言われた。充電ケーブルを取り替えてもダメなので本体側に問題があるようだ。しかし修理するとなると、結構なお値 [続きを読む]
  • シーモネーター2
  • 「日曜日はサンデー、月曜日と火曜日はなんだっけ」と、娘・R(中一)と息子・タク(小5)がカヤカヤとにぎやかに騒いでいた。タクはともかく中一のRが分からないのって結構やばいのではないか、と危惧した僕は、「月曜はマンデー、火曜日はチューズデーだよ」と教え、更に「サンデー、マンデー、チューズデー、さわってー、もんでー、チューしてーって覚えるんだぞ」必殺の覚え方を伝授したところ、タクからはダンゴムシを見るような [続きを読む]
  • オノボリー。
  • 12月30日に栃木の実家に帰っていた僕と息子・タク(11才)。翌日、大晦日に嫁と娘・R(13才)もやって来た。栃木に帰って来ると必ず食べに行く佐野ラーメンの店がある。美味しくてみんな大好きなのだ。毎年、大晦日は必ずその店のラーメンを食べて年越し蕎麦がわりにするので、今年もレッツラゴーしたところなんと休み。「じゃあ暖簾分けの店に行こう」ここで修行した人が独立して開いた店があり、ほぼ同じラーメンを食べられるという [続きを読む]
  • 千葉県松戸市「平潟遊郭」跡地を歩く。
  • 千葉県松戸は、陸路では水戸街道の松戸宿として、また、水路では江戸川水運の要所でもあることから栄えた。松戸宿から北西方向に10分ほど歩いたところにある平潟遊郭は(↑の地図左上、黄色く塗ったところが遊郭のメインストリート)、その旅人や水運関係者達のお世話をする飯盛女(夜のエロいお相手もした)を旅籠屋に置いたことがルーツであるようだ。松戸駅西口から流山街道を北上し、「かざね薬局」と「銚子商工信用組合」の間の道 [続きを読む]
  • 僕の帰郷な冒険。
  • 年末年始は栃木の実家で過ごす。今年は娘・R(13才)のお友達のお誕生日会があるということで、僕と息子・タク(11才)ふたりが先に行き、1日送れて嫁とRが追いかけることになった。朝、タクと電車に乗り、途中で立ち食い蕎麦で一緒に食べる。僕は旅の途中で息子と立ち食い蕎麦を食べるのが好きだ。「パパはかきあげそばだぞ」「ボクは月見うどんがいい!」「かきあげ食べるか?」「もちろん食べるよ」実家の最寄り駅に着いて母と弟が車 [続きを読む]
  • ドランクサンタ。
  • クリスマスイブの日なんだけれども。午前中は僕も嫁もぞれぞれ用があって外に出ていた。昼ごろお互い帰って来た。で、嫁は夕方まで仕事。僕は特にやることなくゴロゴロしていたら「年末にそんなにヒマそうにしているやつはいない!ガラス拭きとかなんか大掃除やれ!」ピッシャアアと嫁カミナリが落ちた。妻の雷だから文字通り稲妻。なんちて。よいことをしないとサンタじゃなくブラックサンタが来てしまう。ということで午後は窓拭 [続きを読む]
  • 慌てんぼうのサンタクロース。
  • 「ボクねえ、クリスマスプレゼントは『妖怪ウォッチ3 スキヤキ』がいいんだ!」息子・タク(11才)が騒いでいたので慌てた。やばい。クリスマスはもう来週なのに全然用意してなかった。娘・Rが産まれて13年、タクが生まれて11年、未だにサンタがプレゼントしてくれるという設定でずっとやってきている。その陰で苦労しているのはだいたい僕で、子供達が欲しいモノが人気過ぎて超品薄で、トイザらスや秋葉原のヨドバシカメラに夜明け前 [続きを読む]
  • Raw Like Sushi
  • 嫁が僕の誕生日祝いになんかご馳走してくれるとのこと。ありがたいことである。「何が食べたい?」と言うのでどうしよっかなー、やっぱご馳走といったらおっぱいかなーとか迷っていたら「お寿司!」息子・タク(11才)がすさかず答えた。そうなのだ。僕に決定権はない。僕の誕生日というのは名目で、実質上子供達が希望するご馳走を食べに行くイベントなのだ。タクは寿司大好きでお気に入りの回転寿司屋がある。別にそれでもよい。優し [続きを読む]
  • チャリが来た。
  • とある土曜日。嫁から「R(中一の娘)の新しい自転車を取りに行って欲しいの」と頼まれた。そういえばRも中学生だから、いつまでもちびっ子用のチャリではなく新しいのを買ってやらなければな、と話していたけどそれっきりだったのを反省した。話が右から左への僕とは違い、嫁はRと自転車屋に行って品定めをし、Rが気に入った自転車を取り寄せてもらった。それが今日届いているのだという。「わたし、今日仕事だからRと取りに行って [続きを読む]
  • 髪を切った息子に、違う人みたいと(言ってはいけない)
  • 息子・タク(11才)を「床屋に連れてってあげて」と嫁に言われた。いつも連れて行っているので毎度のことである。ただし嫁から釘を刺されたことがある。「髪を切ってもらった後に『もうちょっと切ってもらった方がいいんじゃない』とか言わないでね」このことであった。タクにはタクの美意識があり、短い髪型が嫌いなのである。カリアゲが嫌いだしおでこを出すのも嫌い。「たっくんって耳が大きいんだね」とクラスメイトに言われたこ [続きを読む]
  • ゆーかーり、おーいし♪
  • とある夜、子供達が寝ようとしていた頃。息子・タク(11才)が学校給食の献立表を見ていた。「えーと、明日は…ゆかりごはん!ヒヤアアアアア!」いきなり叫び出し、ドドドドバタンとトイレに駆け込んでしまった。「なんだありゃ」不思議に思うと「たっくんはね、ゆかりが嫌いなの」娘・R(13才)がニヤニヤ笑っていた。「ゆかり、ってふりかけのゆかりか」そういえば森川由加里っていたっけな…ショウミーショウミー…とどうでもいいこ [続きを読む]
  • ほってるはベイサイド♪
  • ディズニーシーで閉園時間まで遊びまくった後、ヒルトンホテルに泊まるつもりでいたら実は予約していたのはシェラトンだった。そんなドタバタの翌日。寝るのが遅かったため起きるのもかなりの遅めであった。「朝飯どうする?」「朝食バイキングあるけど…」寝坊してかなり出遅れティアヌス感があったので、バイキングは昼飯の楽しみにして、朝食は簡単なもので済ませることにした。ホテルの地下にコンビニみたいな売店があったので [続きを読む]
  • Cupitron 「 #キュピトロン鉄道999 で行く!静岡・大井川の旅」2016.10.23
  • Cupitronと行くバスツアー。ゴダイゴの名曲をカバーした「銀河鉄道999」にちなみ、本物のSLに乗りに行こう、というクラウドファンディング企画である。5万円、3万円、1万円のコースがあり、それぞれ特典が微妙に違う。参加者(出資者)は50名ほどだろうか。朝7時。新宿西口の某所に集合すると「おはようございまーす」場違いなくらい可愛い女の子3人が現れた…と思ったらメンバーだった。私服姿がかわいい。「では1万円の方からバス [続きを読む]