shinya☆sta さん プロフィール

  •  
shinya☆staさん: 大人のHIPHOP独り言
ハンドル名shinya☆sta さん
ブログタイトル大人のHIPHOP独り言
ブログURLhttp://blacknuts.exblog.jp
サイト紹介文サラリーマンのオッサン「HIPHOP」と思う事をつらつらと。。。HIPHOPとは?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2007/04/20 10:11

shinya☆sta さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • SCHOOL OF TEMPLE Part.8
  • いやですねぇ、こういう告知のときだけエントリーしちゃって・・・。でも、告知させて下さい。今年も参加させてもらいます。"SCHOOL OF TEMPLE Part.8"もう8回目になるのか・・・っていうことは、8年。第1回から参加させてもらってるボクとしましては、長かったような、短かったような・・・非常に、感慨深いです。Partyオーガナイザーのマイメン・元ちゃん aka Dopetouristと津和野の皆様には、毎回、楽しい時間を過ごさせてもら [続きを読む]
  • TO COME...
  • 「おとなしく」を漢字変換すると、「大人しく」。ふむ、なるほどね。もう諦めて"大人しく"なろう、と思う年末。この場合の"大人しく"は、"ジタバタしない"ってことね。縁があって転職して、役職に就いて"ジタバタ"やってきたきたけど、まぁ、毎日、仕事もプライベートも色々とあります。 毎日毎日、何とか慣れないなかで、対応や処理をしてきたけど、ふと「"ジタバタしても仕方がないや」とい気持ちが湧いてきて。なんか、「もぉ、 [続きを読む]
  • "Silence" Tour
  • 嗚呼、昨晩もよく呑んだ。忙しいぃぃ〜っーわりには、何だかんだ言って気のおけない仲間と、こうやって定期的に呑めたり、Deejayさせてもらったり、Live行ったり・・・と、今年に入って、職場が変わり、役職に就いちゃたりして、周りの環境がコロコロと変わっていく中、プライベートは、もう何年、いや、何十年、やってることが、全くと言って良いほど変わってないんだもんね。この駄Blogでも、こうやって同じ事ばっかり言ってます [続きを読む]
  • SCHOOL OF TEMPLE 2016
  • 告知が遅くなりましたが、今年も懲りずに参加させて頂きます。親鸞聖人バースデーパーティー otela de disco ”SCHOOL OF TEMPLE vol.7” タイムテーブル2016/6/4(sat)15:00〜15:45 dopetourist(津和野妙寿寺)15:45〜16:30 Nylonizm(alpha from 大津)16:30〜17:15 Shinya☆Sta(O.H.H from 大阪)17:15〜18:00 HiphatDiet(90's KYOTO underground partyの再現)18:00〜19:00 読経&法話19:00〜19:15 MC Glare(GRW from 加古川)19:15〜2 [続きを読む]
  • all of me
  • 最近、できるだけ休みの日には、レコード整理でもしながら、聴いていないレコードを聴くように心掛けています。楽しいです。"家族サービス"も大事だけど、たまには"自分サービス"も必要。買った後に放置しっぱなしのレコード達に針を落として、珈琲を(時には、アルコールを)飲みながら、ジャケットを手に取り、煙草に火を点ける。。。至福の時間。そして、レコードを整理しながら、「あれれ、これ、いつ買ったん?」「うわ、また [続きを読む]
  • Phife Dawg
  • 皆さんと同様、ボクにとっても「青春」だったPhife Dawg(Malik Isaac Taylor)が亡くなった、という事を知ったのは、何年か振りに風邪を引いて寝込んでしまった翌日だった。20歳前半の頃、ボクのHipHop熱を加速させてくれたことに間違えないA Tribe Called Quest。新婚旅行では、彼らのPV撮影場所を、さして興味がないであろう妻を引き連れて訪れたほど。ATCQと云えば、やはりQ氏の声やフロウに惹きつけられる、それは当時のボクも [続きを読む]
  • DJ RIGO 20th Anniversary
  • RIGO君、DJ20周年おめでとう。 DJに加えて、地元・加古川の音楽を中心としたカルチャーの発展の為に、尽力を尽くしてきた結果、加古川だけでなく、リゴ君の周りにいる人達を「楽しく」「幸せ」にしてきた20年だと思います。その約半分位の付き合いになるのかな、RIGO君とは。。。早いよねぇ。 加古川〜大阪と離れているけど、常に「一緒に」いる感覚というか、それは、言葉にしちゃうと気持ち悪いのだけど、どんなタイミングで逢 [続きを読む]
  • 過去の記事 …