dai さん プロフィール

  •  
daiさん: みくに文具 絶版プラモ満載!
ハンドル名dai さん
ブログタイトルみくに文具 絶版プラモ満載!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tagamedai
サイト紹介文模型屋+文房具屋の息子だったので、 その思い出と共に大好きな絶版プラモデルを紹介します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/04/26 11:07

dai さんのブログ記事

  • アオシマのモグネチュードン(初版)
  • リアルに今の日本には、怖い怪獣ですね〜。「地震怪獣 モグネチュードン」の初版箱です。当時価格は350円。私は、「カッコいい箱絵の方」と呼んでます。アオシマのスペクトルマンプラモデルシリーズを紹介をしようと、準備している画像の一つです。50円シリーズもレアな物あるし、他初版ゼンマイもなかなか出ないし、一緒にスーパーマンシリーズも紹介しなきゃいけないような気もするし(>。<)ということで、のんびり仕込んで [続きを読む]
  • マクロスプラモデル紹介本
  • 発売当時、本屋で立ち読みをして、買うか買わぬか音頭をした一冊です。今だ、どこがタイトルなのか理解していませんが、「モデルアート10月号増刊 ダブルアール・メカニクス03」で合ってますでしょうか?発行はモデルアート社です。定価税込で1890円。2013年10月20日発行。ほぼマクロスプラモデル特集なのですが、私が欲しかった理由は、4ページぎっしりと絶版マクロスプラモが紹介されていて、リスト的な資料として価値高し!と [続きを読む]
  • テントウムシのプラモデル
  • 時間があったので、ジャンクプラモデルを整理しました。前から気になってた、ゼンマイ走行のテントウムシのプラモデル。今井科学が初版(1967年)で、その後バンダイに引き取られて商品になってます。有名な昆虫シリーズの1つです。ん〜〜。今日、あらためて観ましたけど、可愛くない。 昆虫のかわいらしさが無いんですよね。どこかパーツが足りないのかな?と思ってましたが、パーツがとれた形跡は無し。矢印の赤い凸突起みたいな [続きを読む]
  • マルサン ジュピター2号(小) 入手
  • 念願のマルサン(マルザン)「ジュピター2号(小)」を入手できました(^^)箱の側面含め、焼けや退色もほぼなく、まずまずな状態です。箱側面、ジュピター2号写真下に「ゼンマイで回転、直進します。」との記述があるので、初期箱ではありませんね。 初期箱は、この文字がありません。「怪獣とメカと可愛いの」ブログさんの所で、「記述無し」画像が観れま〜す。コチラ↓https://blogs.yahoo.co.jp/maruyan10/14267403.htmlや [続きを読む]
  • ゼンマイ・マジンガーZの流用プラモ
  • ゼンマイ・マジンガーZの元ネタプラモデルのリキシーボーイです。「リキシ(力士)ボーイ」ではなく、「リキシーボーイ」です(^^;)口があいているのは、ゼンマイで走行しながら火花を噴くためです。タイムボックスさんのところに在庫あります(今日現在)。バンダイ博士の率いる「ロボット軍団」として、1970年初期にバンダイがシリーズ化していた中の1台です。他ロボットは旧今井やコグレの金型流用品でしたが、このリキシー [続きを読む]
  • チビッコ グレートマジンガー完成品
  • マジンガーZのプラモデル紹介したいなと、過去画像を覘いていたら、全然忘れてた画像発見。チビッコ グレートマジンガーです。まずは、画像だけ公開しておきます〜。そういえば、カッコいい電動マジンガーZの写真が無いので、撮りたいな〜。ゼンマイ マジンガーZの過去記事はコチラ↓●「ゼンマイ マジンガーZ&グレートマジンガー」その1  過去記事はコチラです。↓ ↓http://blogs.yahoo.co.jp/tagamedai/68292451.htmlその [続きを読む]
  • ユニパズルパチ物?マットアロー1号
  • 少し前に、気になる逸品に出会いましたので、ご報告しておきます。ブルマァクのユニパズル「マットアロー1号」です。※画像はその時の出品物です。ユニパズルシリーズは、たまにホーク1号を見るぐらいで、どれも激レアです。ジャンボフェニックスなんて、見たことないレベルです。マットアロー1号も市場では見たことなかったと思います。この出品物も高額即決出品でしたが、「おお〜〜、珍しい〜〜!!もっとホントは高いんじゃな [続きを読む]
  • まんだらけでお買い物(^^)
  • 昨日、中野で1時間ぐらい時間があいたので、中野ブロードウェイを一周(^^)大物では、前に紹介した電動ブースカ(美品)が、まだ在庫してました。で、カグヤです(>。<!)  カグヤに行くと、つい、見とれてしまうこの3点。欲しい〜〜〜。目を引く新しい所では、こんなお買い得な感じの物を発見。マーク社のかいけつタマゴンの再販物。そして、ダグラムコーナーに目を向けると、いきなりの衝撃。前から在庫してたのに、自分 [続きを読む]
  • 1/72ダグラム  メカニカルワールドリスト
  • 前回、時間の都合で紹介できなかった、「紹介しておかないと気持ち悪い〜〜〜モヤモヤ案件」を紹介しておきます(^^;)まずは、各種の箱サイズを紹介していませんでしたので、前回記事に追加しておきました。そして、ダグラムプラモデルと言えば、各種個別に入っている、色見本というか、改造見本というか、組立書とは別刷りの大河原邦男によるかっこいい「MECHANICAL WORLD」チラシですよね!!私的には、これ観たさに、コレク [続きを読む]
  • 日本 昭和ウルトラマングッズ大全
  • 方々では、すでに話題になっていますが、みくに文具でも紹介しておきます。「日本昭和ウルトラマングッズ大全」辰巳出版(1500円+税)表紙からは、いつものように、「Q、マン、セブン」までのグッズ紹介本と思いがちですが、レオまで紹介されているのが嬉しいところです。以前「ぬぬぬ、問題あり!」と紹介した、「日本懐かしプラモデル大全」のシリーズ本です。過去記事はコチラ↓https://blogs.yahoo.co.jp/tagamedai/69250130. [続きを読む]
  • タカラの1/72ダグラムシリーズ全31種
  • やっと撮影も済み、まとまりましたので、タカラの1/72「ダグラム」シリーズを全31種紹介します。絶版プラモデル情報局でも紹介しましたが、やはり人気のダグラム!!リスト参照には重宝すると思いますので、こちらでも紹介しておきます。絶版プラモデル情報局はコチラ↓http://www.timebox.jp/〜タカラ 太陽の牙ダグラム 1/72シリーズ〜●「No.1 ダグラム」品番No.440001-0・500、発売日1981年12月、当時500円。箱サイズは約25. [続きを読む]
  • 週刊実話「ザ・タブー」に怪奇プラモデル!
  • 発売中の週刊実話「ザ・タブー」にて、「昭和トラウマ 怪奇画報」特集にて、怪奇プラモデルが紹介されていましたので、ご紹介しておきます。書店orコンビニで探してみて下さい(^^)●濃い内容の週刊実話さんの不定期プラモネタ連載の過去記事はコチラ↓↓「絶版プラモを作ろう!! 日東編」↓↓http://blogs.yahoo.co.jp/tagamedai/68085776.html「ロボット同窓会!」↓↓http://blogs.yahoo.co.jp/tagamedai/67101826.html「絶 [続きを読む]
  • マルサン電動 ウルトラマン放出情報!!
  •   ★★★★★★★★ 必見 ★★★★★★★★      久しぶりの、放出情報です!!マルサンの電動プラモデル、「ウルトラマン」を手放したい方がいますので、ご興味ある方、この機会にいかがでしょうか?〜〜先方からの情報です〜〜(状態)「組済み」本体+リモコンのみ。10年ぐらい前に譲って頂いたものだそうです。希望金額は30万円。大切にしていただける方には、大幅値引きもOKとのことです。ご興味ある方は、みくに文 [続きを読む]
  • ダグラム「大河原邦男ボックスアートコレクション」
  • タカラが発売した「太陽の牙 ダグラム」「大河原邦男ボックスアートコレクション」です。絶版プラモデル情報局で紹介しましたが、こちらでも紹介しておきます。絶版プラモデル情報局はコチラ↓http://www.timebox.jp/「大河原邦男ボックスアートコレクション」は、従来商品をそのままに、新規デカールのみを追加し、パッケージを新装した。といった仕様になっています。「大河原邦男ボックスアートコレクション」パッケージには、 [続きを読む]
  • タカラ ダグラムシリーズの初版と再版の見分け方
  • タカラ、1/72太陽の牙ダグラムシリーズ、初版と再版の見分け方です。知ってる方には当たり前ですが、一応、紹介しておきます。再販は、側面にバーコードがあったり、側面デザインが大幅に違うなど、現物を眺めれば分かり易いのですが、正面画像では、パッと見は初版と思ってしまいます。1/72のブッシュマンです。違い分かりますか?ここを見れば一発です。再販には、必ず赤色の「TAKARA」文字が入っています。パッと見は同じでも、 [続きを読む]
  • タカラ 1/72 ダグラムシリーズコンプ画像
  • タカラ、1/72太陽の牙ダグラムシリーズです。これでコンプです(のはず)箱の大きさの関係で、発売順には並べていません。シリーズのNo1〜25までが標準商品。そして、大河原邦男ボックスアートコレクションNoが1〜6となっています。ガンプラ以外で、登場ロボットが全種キット化されたのは、このダグラムシリーズのみと言われています(真相は未確認)。当時、主役のダグラム登場まで10話ぐらい待たされるとアニメ雑誌に書かれてい [続きを読む]
  • 1/72 テキーラガンナー箱前状態
  • タカラのダグラムシリーズ、1/72「テキーラガンナー」箱前状態物です。1982年発売なので、すでに35年前のプラモデルです。感覚で言うと、ついこの間の感じがします(^^;)スマートフォン表示だと気が付かないぞ!みくに文具ブログの最新情報はコチラ↓http://blogs.yahoo.co.jp/tagamedai/10303629.htmlにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ(文字を )https://ping.blogmura.comhttps://blog.with2.net/li [続きを読む]
  • 最近の大量放出?発掘??とダグラム
  • ここ1か月ぐらい?前からネットショップ、オークションなど、各方面で良く見かける絶版プラモデルがあり、気になってましたので情報流しておきます。まず、この3種。アオシマの惑星メカニロボット。発売は1978年。安かったし、好き系の箱絵でしたので確保しておきました。3種セットで良く見かけます。銀河大戦のロボット「トント」のパチってことで良いんですよね?(^^;)そのうち飽きたら、作ってもいいかなと。私は送料込み3 [続きを読む]
  • 日東科学の一角大王
  • そういえば、「一角大王」も写真あったなとゴソゴソ。写真的には70点かな(^^;)日東科学の「一角大王」。1968年発売の当時50円で、さらに「激レア度」高しです。こちらは再販されていません。造形的に、もう少し彫が深くてもいいかな?と感じます。完品は紙製の腰巻があるようです。右の「ぬっぺっぽう」をグイっと倒すと、「一角大王」がビヨ〜ンと飛び上がります。箱裏の組立図にも「ビヨ〜ン」と書いてあります(笑)この日 [続きを読む]
  • 日東科学の油すまし
  • 良い感じの写真が撮れましたので、おすそ分けです。日東科学の「油すまし」。1968年発売の当時50円で激レア品です。油すましは再販されてますが、写真の物は初版です。興味なかったんで、再販も所有してないんですけど、イメージしていたよりも、結構大きいんですね。タイムボックスさんの入荷品です。(完成品のみです〜。箱無いですよ〜)スマートフォン表示だと気が付かないぞ!みくに文具ブログの最新情報はコチラ↓http://blo [続きを読む]
  • 赤胴鈴之助のプラモデル
  • 絶版プラモデル情報局で「赤胴鈴之助」のプラモデルを紹介しましたので、情報提供お願い含め、こちらでも紹介しておきます。絶版プラモデル情報局はコチラです↓http://www.timebox.jp/★★★情報ありましたら、よろしくお願いいたします!★★★(その1)所有のアオシマのゼンマイ歩行「赤胴鈴之助」が、どこのダンボールに入っているのか、全然記憶がなく見つけられませんでした。その昔、おもちゃ屋の倉庫で見つけたものだった [続きを読む]
  • 電動ブースカ 美品売ってました〜。
  • 近くに行ったので、中野ブロードウェイ小走りに覘いてきました。組済みのトドラ、ゴメスが売れたからか?(^^;)同じ場所に、電動ブースカの結構な未組美品が出ておりました。お値段40万円。 お高い感じしますが、この状態ならば、納得かもしれません。因みに、箱中は確認しておりませんです。このブースカが売れれば、さらに何か出てくるのか楽しみです。カグヤの斜め前のお店。私の大好きなお店です。「マルザンのウルトラセ [続きを読む]
  • 埋もれた逸品
  • 少し前のヤフオクの画像です。マルサン50円シリーズの駄菓子屋台紙売りです。落札者評価が35532と、めちゃ数が多いので、代行業者の落札。代行業者の場合は、ほとんどが海外からの参戦ですので、きっと海外のウルトラマン好きのコレクターさんではないかと。約3万円という落札は、予想の数倍での終了でした。言われれば、出にくい所ではありますが、私などは駄菓子屋台紙ということで、評価は下にみてしまう傾向があります。で、同 [続きを読む]
  • 銀座のゴジラ像
  • ブログ更新、ちょっとご無沙汰でした。やっとこさ、東京フォーラムでのイベントお手伝いが無事終わりました。ホールAに行ったのは、たしかワープの新作発表会以来だなと。相当むかし。久しぶりの銀座を歩いたので、ゴジラ像にも会いに行こうと、記念に写真撮ってきました。何年ぶりかに見に行ったら、ここら周辺は未来建物に囲まれて、別世界になっておりました(^^;)マリオン前も、相当に変化していたし、近未来そのものだな [続きを読む]