creative-conduct さん プロフィール

  •  
creative-conductさん: 音楽教育しょうもないネタ集&つぶやき
ハンドル名creative-conduct さん
ブログタイトル音楽教育しょうもないネタ集&つぶやき
ブログURLhttp://ameblo.jp/creative-conduct
サイト紹介文知的障害養護学校高等部での音楽教育実践を元にネタいろいろ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2007/04/29 10:54

creative-conduct さんのブログ記事

  • Nコン四国大会
  • きのう、おとといと、NHK全国学校音楽コンクール四国ブロック大会が、松山市で行われました。 徳島県代表は、小中高6校そろって奨励賞、惨敗です。 去年銅賞を獲得して歓声を上げた城西中学は、今年は残念でした。 期待の名西高校は、やはり上位に行けませんでした。 なかなか四国の壁は厚いようです。 [続きを読む]
  • 第33回徳島市立高校定期演奏会
  • 平成12年3月28日、徳島市文化センターで、第33回の市高定期演奏会を開催しました。 第Ⅰ部は管弦楽で、グノー作曲「ファウストの舞踊音楽より」、ケテルビー作曲「ペルシャの市場にて」。 第Ⅱ部は合唱で、新実徳英作曲「鳥が」「卒業」ばら・きく・なずな」、コントラバスの谷本君の伴奏入りで「上を向いて歩こう」「トルコ・マーチ」、そしてディズニーの曲から5曲を演奏しました。 第Ⅲ部は管弦楽で、「スターウ [続きを読む]
  • 第19回近畿高校総合文化祭器楽管弦楽部門・合唱部門
  • 平成11年11月7日、鳴門市文化会館で、第19回近畿高校総合文化祭器楽管弦楽部門と合唱部門が開かれました。 講師としてお呼びしたのは、堀俊輔先生。合唱にもオーケストラにも堪能な先生でした。 この日の目玉は、県下合同オーケストラと合同合唱で、堀先生の公開レッスンを受ける、というものでした。 曲目は、團伊玖磨作曲「筑後川」より「河口」です。 客席も含めた大合唱で、大いに盛り上がりました。 [続きを読む]
  • 第19回近畿高校総合文化祭開幕式典
  • 平成11年11月6日、近畿高校総合文化祭開幕式典が、アスティとくしまで開かれました。 これまでに何度も会合を重ね、合同練習を繰り返してきました。 ステージ上に、県下合同合唱団。ステージ下には、新居先生指揮する県下合同吹奏楽団と私が指揮する県下合同管弦楽団が、左右に並びました。 管弦楽団は、国歌伴奏、大会テーマ曲「心を一つにして」、軽騎兵序曲、芥川也寸志作曲「阿波踊り」、などを演奏しました。& [続きを読む]
  • 川人ホルン購入
  • 平成11年4月から、徳島市立高校音楽室の真下の空き教室が、第2音楽室として使えるようになりました。 楽器庫兼コントラバス練習室として、大変便利になりました。 4月20日、前年に亡くなられた川人昭夫先生のご遺族からいただいたお金でホルンを購入しました。 [続きを読む]
  • 第32回徳島市立高校定期演奏会
  • 平成11年3月26日、市高の第32回定期演奏会を開催しました。 この年は、文化センターが改修中で、郷土文化会館を使いました。 ステージが狭いため、OBの出演者を制限したりしました。 第Ⅰ部は管弦楽で、ワーグナー作曲の「ローエングリンより第3幕への前奏曲」、ボロディン作曲の「ダッタン人の踊り」を演奏しました。 第Ⅱ部は合唱で、「宮崎駿映画音楽集より」、「このまま君だけを奪い去りたい」、「 [続きを読む]
  • 中四国ボーカルアンサンブルの祭典
  • 平成11年1月31日、県の主催で「中四国ボーカルアンサンブルの祭典」が、郷土文化会館で開かれました。 中国四国各地から、高校一般の合唱アンサンブルが集まりました。 徳島市立高校合唱部は、「クシコスの郵便馬車」、「森の狩人アレン」、上迫敦史君のソロで「このまま君だけを奪い去りたい」、そして「とくしまの気持ち」を歌いました。 「とくしまの気持ち」は、「野菜の気持ち」の替え歌で、お面や振り付け付 [続きを読む]
  • 階段で練習
  • 今日は、甲子園で鳴門高校が明徳義塾に負けてしまい、少し重い気分で市高合唱部へ行きました。 少しデッドな響きの音楽室で発声をした後、階段で歌ってみました。 とてもよく響き、別の合唱団になった気分でした。 いろいろな場所で歌ってみることが大切ですね。 [続きを読む]
  • 2nd Violn 壊滅
  • 平成10年度の徳島市立高校オーケストラ部の1年生は、何かとゴタゴタが多い学年でした。特にバイオリンは、9月に大勢辞め、1月には残っていた二人も辞めてしまいました。これで、2nd Violin は、壊滅ということになってしまいました。コンサートマスターの木内さん以下、2年生がどれほど心を痛めたことでしょう。定期演奏会は、OBの力を得て乗り切りました。新年度になったときに、ビオラの二人をバイオリンにトレードしました。平 [続きを読む]
  • 近藤惠子先生
  • 去る6月25日に行われた、徳島カンタートの模様をビデオで見ました。この催しは、その年のNHKコンクールの課題曲を中心に、県外から合唱指揮者をお招きしてのセミナーと発表会です。今年の講師先生は、愛知県立岡崎高校の近藤惠子先生です。私は、ずっと以前から、岡崎高校と近藤先生の大ファンです。 [続きを読む]
  • 鳴門高校2回戦突破
  • 鳴門高校は、甲子園で、春の王者智辯学園を下し、5対2で勝ちました。つい先ほど、校歌を聴きました。この鳴門の校歌ほど、甲子園にふさわしい歌はないと思います。森脇監督、おめでとう。ここまで来たら、優勝目指して頑張ってほしいと思います。 [続きを読む]
  • 「君が代」が遅い
  • リオ・オリンピックから、国旗掲揚の時の「君が代」の演奏音源が変わったそうです。そのテンポがえらく遅いのです。一曲が何秒から何秒の間という、IOCの指示らしいのです。内村航平選手などは、「歌いにくい」と言っていました。東京五輪でも、この音源を使うと、JOCは言っているそうですが、私は、歌いやすい店舗にしてほしいと思います。 [続きを読む]
  • 市高合唱部
  • 今日は、徳島市立高校合唱部を訪れてみました。新校舎になって、新しい音楽室で私が振るのは、初めてです。本番は15人出るそうですが、ほとんどのメンバーがオーケストラ部からの助っ人で、オーケストラの練習もしながらですから、大変です。発声の初歩から教えなければいけないので、なかなかです。お盆休みなどを考えると、もう日がないというのが実情です。 [続きを読む]
  • 川人昭夫先生逝去のこと
  • 平成10年12月7日月曜日、期末考査中だった私は、2時過ぎに学校を出て、恩師川人昭夫先生が入院している徳島大学病院に向かいました。病室前についた途端、ストレッチャーと泣き崩れる家族に出会いました。「たった今、亡くなった」それから、あちこちに連絡を取りました。その日の晩は、弟さんの指揮で、愛息大地君がオーボエを吹く、室内楽の演奏会が郷土文化会館でありました。父や兄が亡くなっても、演奏する姿に、感慨をおぼえ [続きを読む]
  • 第18回近畿高校総合文化祭大阪大会
  • 平成10年11月28日、徳島市立高校オーケストラ部は、第18回近畿高校総合文化祭に出場するため、大阪に向かって出発しました。この日の午後は、大阪市中心部で半日自由行動でした。宿泊は、堺市でした。翌11月29日、器楽・管弦楽部門の開かれる、大阪府立夕陽ヶ丘高校ヴィオーラホールへ向かいました。ところが、宿舎に予備のヴァイオリンを忘れてきたことに気付き、演奏の間に東急観光八尾さんが電車を乗り継ぎ、わざわざ取りに行っ [続きを読む]
  • 第17回徳島県高文祭音楽会
  • 平成10年11月8日、徳島県郷土文化会館で、第17回県高校総合文化祭音楽会が開かれました。徳島市立高校合唱部は、城北高校、城ノ内高校と合同演奏で、佐藤真作曲「行こうふたたび」、東海林修作曲「怪獣のバラード」を演奏しました。「怪獣のバラード」の伴奏は、病床にあった川人昭夫先生に代わり城北高校に赴任していた、市高OBの大島明美 ( 旧姓伊藤 ) 先生です。市高オーケストラは、ワーグナー作曲「ローエングリンより第3幕へ [続きを読む]
  • 近畿高文祭テーマソング
  • 平成10年9月12日、翌年に開かれる第19回近畿高校総合文化祭徳島大会のテーマソングを、徳島市立高校校内で録音しました。3年生のオーケストラ部員、中藤美奈子さんの作曲で、「心をひとつにして」です。その曲が、最優秀賞となり、大会テーマ曲に決定しました。11月3日、第17回徳島県高校総合文化祭開幕式典で表彰されました。その後、石川透先生のすばらしいオーケストレーションができあがり、平成11年秋の本番を飾りました。 [続きを読む]
  • 合奏コンクール徳島県大会
  • 今日、合奏コンクール徳島県大会が鳴門市文化会館であり、先ほど帰ってきました。このコンクール、正式名称は、「平成28年度 徳島県学校音楽祭 ( 器楽合奏の部 )  徳島県学校合奏コンクール 日本学校合奏コンクール2016全国大会 ( グランドコンテスト徳島県予選 )  」といいます。全国大会へ即通ずる新しい形になって5年目です。高校の部を聴きました。わずか5日前に吹奏楽コンクールを終えたばかりの、吹奏楽と器楽の両方に出 [続きを読む]
  • 日を間違えた!
  • 今日は、合奏コンクール県大会の日だと信じていました。いつも、吹奏楽コンクールの翌日だからです。昼から、車を走らせて鳴門市文化会館へ向かいました。行ってみると、誰もいません。場所を間違えたと思いました。ここでなければ、あわぎんホールか。いや、NHK合唱コンクールが今年から徳島文理大学むらさきホールになったのだから、合奏コンクールもむらさきホールに違いない。そう思って、車を反転、徳島文理大学に向かいまし [続きを読む]