山川世界 さん プロフィール

  •  
山川世界さん: 金鷲の夢(頼むぞナッシー)
ハンドル名山川世界 さん
ブログタイトル金鷲の夢(頼むぞナッシー)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamakawa930/
サイト紹介文東北に舞い降りた一羽の金鷲が、その鋭く研いだ爪で狙った獲物をわしづかみ。 天下を獲るぞイーグルス!
自由文「藤田を出すような球団に未練はない!」
40年以上の腐れ縁を絶ちきり、イーグルスを応援し始めた2013年、いきなり歓喜の日本一を味わう。
典型的な書斎派で、雰囲気よりもプレーのディテールにこだわりを持ち、感性と理論のハイブリッド分析を得意とするが、時々かやらかすので『取り扱い注意』である。
俺様口調の断定的な文体が『2ちゃんねる』あたりでは大人気で、現在も『アンチ山川』は絶賛増殖中とのこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2007/04/30 22:23

山川世界 さんのブログ記事

  • ウィラーのバックスクリーン弾でようやく決着
  • 日ハム1ー2楽天試合はペゲーロのセカンド頭上を襲うライナーがそのままスタンドインするという、驚愕の17号で始まったが、茂木を欠く打線は繋がりなくチャンスで1本が出ない。扶養家族のうちは伸び伸び打席に立っていた三好も、ショートの屋台骨を背負う立場になった途端、中身のない打撃であっという間に阿部に替えられる始末。四月、五月とよく打っていた打線も、六月は軒並み打率を落としており、防御率5点台と不振に苦し [続きを読む]
  • 安樂、四本柱入りの投球できず
  • 日ハム7ー3楽天先発の安樂は球威なく、投球術で何とかかわそうとしたが、勝利投手の権利を目の前にマウンドから引きずり降ろされ、今季初勝利とはならなかった。高梨か安樂かの選択だったのだが、1点差ではどちらを選んでも勝てなかった可能性が高く、六回までのリリーフに人材がいない今は、打線がもう少し援護してやりたいところ。ウィラー、アマダー、岡島、三好の四人がタコを喰らって、3点はよく獲ったほうだが、藤田を外 [続きを読む]
  • 爪痕を残すか三好
  • 茂木と藤田が左打ちのため、左投手が先発の時にはチャンスがある三好。今のところ右も左も高打率を残しているが、西田が登録抹消されたことで、茂木の復帰までの間、ほぼ毎試合三好がスタメンでショートを守ることになる。三好としては茂木以上の成績を残して、一気のレギュラー獲りを目指しているだろうし、ファンもそうなれば嬉しい限りだが、相手は並の選手ではないため、首脳陣が茂木に「焦らずしっかり治して欲しい」と思うく [続きを読む]
  • 明日からリーグ戦が再開
  • 明日からリーグ戦が再開される。前半戦で投打のポイントとなっていた、茂木と森原を欠いた状態で戦うことを強いられる楽天。茂木の診断結果は「右肘滑車肘頭骨骨挫傷」という聞き慣れないもの。二週間程度での復帰を見込んでいるとのことだが、腰痛の治療が長引いているオリックスの吉田同様、自らのパワーによって破壊された故障のようだから厄介な気がする。蓄積疲労で抹消された森原は二軍でも打ち込まれたようで、これも少し時 [続きを読む]
  • 地方開催は本当に求められているのか?
  • 宮城以外の県にも楽天ファンを増やそうと、熱心に地方球場での試合を組んでいるが、山形での試合など球場のキャパの半分しか入らないありさま。調べると山形と仙台は新幹線で一時間程度の距離である。ライブで観たいファンは直接コボパークに行くし、試合を観たいだけならCSで充分。結局、仙台の楽天ファンが山形に遠征しているだけのような気がするのだが、どうなのか。巨人ファンが大半で、新幹線も格安航空もCSもない時代な [続きを読む]
  • どうなるリスタート
  • 茂木が登録抹消になった。30日の復帰を目指すということだから、手術で今季絶望などという目の前真っ暗な結果ではなかったことが何よりである。となるとつい先日まで四割打者だった三好に、まとまった出場機会が与えられることになる。外の球を引っ張る三好のバッティングは、本来、打率が期待できるタイプではないので、今の成績がデキ過ぎであることは間違いないのだろうが、思った以上にスイングスピードを上げてきており、今 [続きを読む]
  • 超美技の藤田が岸の5勝目をアシスト
  • 阪神0ー1楽天前日の勝利で交流戦五割以上が確定した楽天。この日は岸を先発に立てて連勝を狙ったが、抑え気味に立ち上がった初回に高山、上本の連打で、いきなり無死一二塁のピンチを迎えてしまう。しかしここからが岸の真骨頂だ。三番の中谷をアウトローに沈むチェンジアップで三振に仕留めると、続く福留、原口を三邪飛、三ゴロに討ち取って得点を許さない。三回にも一死二塁と得点圏に走者を背負うが、ここも中谷、福留を連続 [続きを読む]
  • ウィラーが足で勝利をもぎ取る
  • 阪神2ー8楽天今、最も安定していて頼りになる美馬が先発し、0ー2と先行した時点でかなり勝つ確率は高いと思ったが、ピーク時ほどの状態ではなかったのか、四回に連打を許して同点にされてしまう。しかし逆転は許さないのはさすがで、ギリギリのところを凌いで、今季いまだ防御率ゼロの福山に繋いでくれた。勝負を分けたのは八回、四球で出塁したウィラーが、無警戒のマテオから奪った今季6個目の盗塁である。先日のヤクルト戦 [続きを読む]
  • 藤平が大人のピッチングで5回2失点デビュー
  • 阪神4ー2楽天期待のドラ1ルーキー藤平がデビューしたが、お疲れモードの野手は捨て試合メンバーで援護できず、白星をつけてやることはできなかった。立ち上がりはコントロール重視の抑えた投球で、甘く入った球を長打にされたが、徐々に力を入れたストレートを投げ始めると、真ん中付近でも打者を圧し込む威力があり、クイック、フィールディング、牽制などのマウンドさばきはは、すでにプロレベル。変化球の精度はイマイチだっ [続きを読む]
  • 則本が自滅で記録も勝利も「しおしおのパー」
  • ヤクルト6ー2楽天四回まで三人ずつで片付け、三振も順調に積み重ねていた則本が、五回、先頭の雄平に初ヒットを許してから3イニング連続失点で無念の降板。則本が一番恐れていたのは、今、12球団最弱のヤクルトに敗れながら、世界新記録などと大げさに騒ぎたてられることで、連続ふた桁奪三振などチームの勝利に貢献しない記録じゃないか、と思われることだったはず。ある意味「チームの勝ち敗けなど知ったことか」と嘯けるほ [続きを読む]
  • 安樂、6回3失点で無難な復帰戦
  • ヤクルト3ー2楽天安樂は6回を投げて3失点。内訳は雄平にアウトローをうまく打たれたタイムリーと、グリーンのテキサスとホームラン。まだ本来の球威ではないから、厳しい球を捌かれたという感じだが、悪い時にもそれなりの投球ができる制球力は見せてくれた。打線はチャンスで打球が野手の正面をつく不運もあり、四球連発で隙を見せていた由規を七回まで投げさせてしまった。安樂が崩れて打線の援護で勝つよりも、敗けがついて [続きを読む]
  • ヤクルト1本目ごちそうさまでした
  • ヤクルト3ー12楽天レフト左へのタイムリーを放ったペゲーロが、坂口の緩慢な打球処理の隙をついて二塁を陥れると、さらに今江の打席で石川が二塁を振り向きもせず投げる様子を見て、ウィラーの初球に三盗を敢行。これに動揺した石川は、死球を与えたウィラーにワイルドピッチで二進を許し無死二三塁とすると、島内凡退のあとの松井稼頭央にチェンジアップを右中間に運ばれて、あっという間の3失点。セリーグには外国人がこれほ [続きを読む]
  • ヤクルト戦を展望する
  • 交流戦も残り2カード。まずは先日のロッテ戦で連敗を10で止めたヤクルトが相手である。狭い本拠地を利した打撃のチームが、クリンナップの川端、バレンティン、畠山を故障離脱で欠き、四番に昨年、パリーグの最下位チームをクビになった大松尚逸を抜擢しなければならないのだから苦しい。セリーグでも勝率三割台が妥当な戦力のチームが、強いパリーグ相手に10連敗を喫してしまうのは、気の毒だが想定の範囲内と言わざるを得な [続きを読む]
  • やらかしハーマンが赤面勝利
  • 楽天4ー3広島ハーバード大卒の秀才ハーマンは、身近なところに見本とするリリーバーを発見した。防御率0.32と圧巻の成績を残す松井裕樹である。日本のアストロボーイを分析した結果、彼はある結論にたどり着いた。決してコントロールが悪いわけではないのに、かなりの確率で先頭打者を四球で歩かせている。今更言うまでもないが、先頭打者を四球で出せば失点する確率は劇的に上がる。にもかかわらず、松井裕樹の失点はここま [続きを読む]
  • 小さな大投手が仁王立ち
  • 楽天2ー1広島則本が勝てば美馬も勝つ。急成長した相手四番の鈴木誠也にこそ、外一杯のスライダーをリーチで運ばれ先制されたが、その後はたとえヒットを打たれてもホームに還さない、安定感抜群のピッチングで打線の援護を待つ。試合を振り出しに戻したのは、この日七番に入ったアマダー。五回、大好きな外の高目を引っ張ると、打球は左中間のスタンドへ。同点となる貴重な第7号ソロ弾となった。制球よく連打を許さない野村から [続きを読む]
  • 代役エースの戸村が炎上
  • 楽天3ー12広島“いつもの”緊急登板で代役エースの戸村が出てきたが、ロングリリーフから中二日では球威戻らず、二回三回と滅多打ちで、あとは泥縄式の継投で12失点。限られた勝ち継投をやりくり算段ここまでやってきたが、突然、四人目以降の先発投手が消えてしまった。安樂、藤平という予備ロケットの発射準備が整う前の投壊は、やや予想外ではあったが、今までが順調すぎただけで、今季最初の試練がようやく訪れたという感 [続きを読む]
  • 連敗阻止の則本これぞエースだ
  • 楽天8ー2横浜エース則本が打線の援護に応え完投勝ち。自身の連続ふた桁奪三振記録も継続し、チームの連敗を3で止めた。当たりが止まっていた茂木が、先頭打者ホームランを含む2発をライトスタンドに放り込み、則本を援護するとペゲーロにも13号弾が飛び出して打線に火をつけた。絶好調のウィラーがフェンス直撃の2ベースを含む3安打で、打率を.284まで上げてきた。片やずっと我慢の起用で覚醒を待ち続けてきたアマダー [続きを読む]
  • ところてん4つで3連敗
  • 楽天6ー10横浜前回の西武戦は足立の特殊なリードで好投した森だったが、捕手が嶋に替わると途端に腕が振れなくなって四球病が再発。藤田の2点タイムリーエラーもあったので、初回の6点は仕方ないにしても、味方が2点獲って追い上げ態勢に入った直後の三回に、さらに2失点してしまったのが致命的。この日は6ー8と2点差に詰め寄ったあと、森原までが押し出し連発と、『上手の手から水が漏れる』試合になった。このところ茂 [続きを読む]
  • 辛島またも背信投球で試合を潰す
  • 楽天1ー9横浜先発の辛島は球威コントロールともになく2回3失点で降板。先発を引っ張る梨田監督が2回0/3でアッサリ替えてしまうのだから、立ち直りの気配がまったく感じられなったということ。週一でしか登板しない先発が、二度続けて5回も保たずに降板するようでは困るのだが、安楽は調整が遅れているようだし、藤平はまだ時期尚早のため、替わりにローテに入る投手は今のところ見当たらない。先発が援護の必要な辛島で、 [続きを読む]
  • 藤田とアマダーがカギになるか
  • 今日から山形でのDeNA戦。初戦の先発はともにサウスポーの辛島と濱口が予定されている。前回の登板では援護をもらうたびに吐き出す最悪のピッチングで、勝ち投手の権利を二番手の戸村に譲ってしまった辛島。岸で落としたあとのこの試合でも、だらしない投球をするようならチームも嫌なムードになるし、続々と追加される先発ローテ候補に、その座を明け渡してしまうことになる。秋田では六回途中2失点とまずまずの内容だったので、 [続きを読む]
  • 不覚!中日に今季初の完封敗け
  • 中日2ー0楽天今季初の完封敗けで、セリーグBクラスの中日にまさかの敗け越し。左対策として投入した今江、松井稼頭央がノーヒットと機能しなかったこともあるが、一二回のチャンスを併殺で潰し、ジョーダンを調子に乗せてしまったのが敗因といえば敗因。三タテした巨人より下位の中日に、先発に岸を立てて敗けるはずがないという油断が、ファンには少なからずあったので、チーム内にも「まあ勝てるっしょ」という緩みがあったの [続きを読む]
  • 美馬威風堂々
  • 中日1ー5楽天安定感抜群の美馬が先発ということで、アマダーはベンチで藤田を二塁に入れるオーダーでのスタート。楽天は三回、岡島の左中間への2ベースで先制。今の美馬には1点でも充分な援護と言えたが、六回、疲れが見えた中日先発の柳から銀次、藤田のタイムリーなどで3点を追加して0ー4として勝負あり。昨年、肘の具合が良くなってからの美馬は、ストレートの球威が上がったことで、曲がりすぎていたカーブやシュートが [続きを読む]
  • 不思議な試合
  • 中日3ー6楽天小笠原を打ちあぐねた楽天と古川を打ちあぐねた中日が、六回まで謎の投手戦を繰り広げたが、捕手を伊志嶺に替えた途端5失点。戸村と菅原とで4つのワンバウンドを大きく弾き、走者を進塁させる草野球で、配球なんてあったもんじゃないから狙い打ちにされている。細川の離脱がキッカケとはいえ、今更成長など期待できない31歳の捕手が、なぜここまで重用されるのかサッパリ解らない。重いバットを振り回し、当たれ [続きを読む]
  • ドクターKの称号は野茂から則本へ
  • 楽天3ー2巨人巨人のルーキーの好投で、あわや敗け試合での記録達成という締まらない内容になりかけたが、ここまで梨田監督の我慢の起用でクビが繋がった感のある、アマダーの恩返し2ランで同点とし、岡島の執念の逆転タイムリー3ベースでチームは5連勝。則本もリーグトップの7勝目となり、価値ある記録達成となった。結果としてホームランになるペゲーロと違い、アマダーは天性のホームラン打者だから、角度がつき始めたらし [続きを読む]
  • もう敗ける気がしなくなってきた
  • 楽天6ー0巨人表向きは左の吉川対策だが、出ずっぱりの茂木、島内、岡島を休ませることが目的でもある「言わば敗けてもいい試合」。しかし今の楽天は、セリーグ相手ならハンデ戦でも圧倒してしまうほど充実している。開幕から我慢して使い続けてきたウィラーは、手がつけられないほど打ち始め、もっと我慢しながら使ってきたアマダーまでいつ爆発するかわからない余熱状態。ペゲーロは場外弾連発でセリーグの首位打者であるマギー [続きを読む]