山川世界 さん プロフィール

  •  
山川世界さん: 金鷲の夢(頼むぞナッシー)
ハンドル名山川世界 さん
ブログタイトル金鷲の夢(頼むぞナッシー)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamakawa930/
サイト紹介文東北に舞い降りた一羽の金鷲が、その鋭く研いだ爪で狙った獲物をわしづかみ。 天下を獲るぞイーグルス!
自由文「藤田を出すような球団に未練はない!」
40年以上の腐れ縁を絶ちきり、イーグルスを応援し始めた2013年、いきなり歓喜の日本一を味わう。
典型的な書斎派で、雰囲気よりもプレーのディテールにこだわりを持ち、感性と理論のハイブリッド分析を得意とするが、時々かやらかすので『取り扱い注意』である。
俺様口調の断定的な文体が『2ちゃんねる』あたりでは大人気で、現在も『アンチ山川』は絶賛増殖中とのこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2007/04/30 22:23

山川世界 さんのブログ記事

  • 則本が勝って野茂に並ぶ
  • オリックス1ー4楽天先日の京セラドーム大阪はスッカスカの1万5千人で、おまけに鳴り物禁止なんてやらかしたものだから、ファームの試合のような緩んだ雰囲気の中、ドブおやじの汚いヤジばかりが聞こえる最悪の環境。この日の試合も、雨天中止が危ぶまれたという事情があったにせよ、首位楽天との対戦でも1万人しか入らないオリックスの不人気ぶりは筋金入りで、それが選手の士気にも影響しているのか、五月はまだ3勝しかして [続きを読む]
  • 助っ人パワーで天敵金子を粉砕
  • オリックス6ー10楽天またカード初戦を落としてから巻き返すパターンかと思いきや、ウィラーの二打席連続弾でペースを握ると、五回にはペゲーロの3ランと岡島の満塁の走者を一掃する3ベースで、あっという間に金子から8点を奪った。先発の辛島は、主砲の2発でもらった2点をあっさり吐き出すなど決していいデキではなかったが、低調なオリックス打線に助けられ七回2失点で5勝目。残り2回で8点リードだから、“今日は勝ち [続きを読む]
  • すべてを台無しにしたあの1球
  • ロッテ3−2楽天三本柱の内の二枚を先発させての敗け越しは確かに痛いのだが、楽天はすでに優勝に向けたリスクマネジメントを発動しており、戦力浪費を覚悟してでも目先の1勝を拾いたいチームとは、次元の違うゲームプランで戦っていることは理解しておきたい。この日のミッションは、岸に八回まで投げてもらい、できれば大差で松井裕樹を含めた勝ちパターンのリリーフに完全休養日を与えること。茂木の先頭打者アーチと藤田のタ [続きを読む]
  • また出たルーキー、今度は田中だ
  • ロッテ0ー2楽天十二回表もすでに二死走者なし。嶋がアウトになれば、勝利の可能性がなくなるというまさに土壇場で、楽天はこの日スタメンを外れていたアマダーを代打に送る。しかしロッテベンチは、次がルーキーの田中ということで、当然ながらアマダーを敬遠して田中で勝負。これが裏目に出た。この日の田中は、左打席で3三振のあと初ヒットを放ち、この回、プロ入り初の右打席でフルカウントからブンと振ったら、逆風お構いな [続きを読む]
  • シブい敗けかた
  • ロッテ4ー3楽天“勝てない捕手”伊志嶺を出した時点で勝敗はほぼ決まっていたが、島内のヒットから代走、盗塁、ワイルドピッチで三進した田中が、藤田の当たり損ねの一ゴロで生還し、同点にした場面は新しい得点パターンの発見で、見応えがあった。茂木、アマダー、銀次が完璧に抑えられたことで、打線が分断し涌井を打ち崩すことができず、貧打のロッテが勝てる展開にしてしまったのが敗因だろう。しかしたとえ1点差と言えども [続きを読む]
  • パリーグ6球団のここまで
  • 当初、“安樂、塩見など故障者の復帰までは五割で”と皮算用していたが、ロッテやハムがつまずく中、安定感抜群の戦いぶりで貯金16という数字を叩き出した。昨年は軒並み不振に苦しんだ中堅の銀次や、藤田、今江などのベテランが開幕から好調なところに加えて、茂木の急成長とペゲーロの確変が重なったもんだから、勝ちながらウィラーとアマダーの状態が上がってくるのを待てたのが大きい。お家騒動で野球どころではないロッテと [続きを読む]
  • 打線爆発で秋田に続き盛岡でも勝利
  • 楽天15ー6日ハム前回、則本の完璧な投球をアシストした足立をあえて外し、嶋にスタメンマスクを託したが完全に裏目に出た。いい形を崩してエースが初回から5失点だから、普通はこれで終わり。しかしこの日は違った。二回、銀次、島内で作った無死一二塁のチャンスで藤田が追撃のタイムリーを放つと、茂木、ペゲーロ、ウィラー、アマダー、そして再び銀次が、日ハム先発の加藤をつるべ打ちにして、あっと言う間に6ー5とひっく [続きを読む]
  • ジンクスを吹き飛ばす主砲の一発
  • 楽天6ー4日ハムウィラーの逆転3ランでペースを握った楽天が、一時は1点差まで迫られるものの再逆転は許さず2連勝。貯金は今季最多の15となり、オリックスに敗れたソフトバンクとのゲーム差を3.5と拡げた。先発の辛島は立ち上がりに、足を絡めた攻撃で1点を失ったが、二回以降は左打者へのスライダーが冴えて2安打無失点に抑える好投。六回一死から、また西川の盗塁から2点目を奪われて福山の救援を仰いだが、5回1/3 [続きを読む]
  • モギー8号ダーン!
  • ソフトバンク2ー9楽天どこから動員したのか拉致したのか知らないが、ヤフードームには三万あまりの女性ファンが駆けつけ、とある国のマスゲームかと思わせるような異様なムードの中、パリーグの貯金を独占する2チームの首位決戦は始まった。目下最強の敵であるソフトバンクの連勝を止め、初の同一カード連敗を阻止したのはやはり岸だった。この日の岸はストレートの伸び、コントロールともに移籍後最高のデキで、強打ソフトバン [続きを読む]
  • 美しい馬が暴れ馬にやられる
  • ソフトバンク3−2楽天中田に六回一死までノーヒットという、まさかの展開。中田は四球連発でノックアウトを喰らった次の試合で、目の覚めるようなピッチングをする投手で通称『暴れ馬』。不運にもデキのいい中田に当たってしまったようだ。立ち直った美馬もよく踏ん張り打線も1点差まで迫ったが、勝負どころでの1本が出ず惜敗。故障から復帰した嶋が久々のスタメンマスク。嶋について梨田監督は「バントもスクイズもしっかりで [続きを読む]
  • いざ首位決戦へ
  • 楽天の主砲でありムードメーカーでもあるウィラーの状態が上がってきて、自信喪失寸前だったアマダーもホームラン量産体勢に入ってきた。一時、調子を落としていたペゲーロも復調気味で、かかとを痛めていた茂木も問題なくプレーできている。比較的おとなしい選手が多い楽天で、自身が不調でもチームを盛り上げ続けてきたウィラーが打ち始めると、楽天打線は勢いが出る。対するソフトバンクのムードメーカーは熱男こと松田。こちら [続きを読む]
  • 今度はウィラーが初回にドン!
  • 楽天4ー1ロッテ開幕から打ちまくっていた下位打線が、ここのところ揃って打てなくなっており、3外人プラスワンに走者を置いての一発を期待するしかないか?と思っていたら、チーム全体でまだ失点がないという初回を釜田が凌ぐと、ようやく不振脱出の兆しが見え始めたウィラーが、左翼ポールを直撃する3ランホームラン。四回には前夜、スタンリッジから復活の満塁弾を放ったアマダーが、バックスクリーンに突き刺す弾丸ライナー [続きを読む]
  • エース復権、省エネ完封で則本が4勝目
  • 楽天5ー0ロッテ則本がわずか100球での完封勝ちで、美馬に並ぶチームトップの4勝目をマークした。左足の真上に全体重が乗る理想的なフォームで、いつものようにシュート回転することなく投げ込んだ球はMAX156。まさに唸りを上げるストレートで、これならメジャーでも充分通用すると思わせる投球だった。フォークを少なめにして、ストレートとスライダー主体の配球でムダ球を省いた足立のリードも光った。嶋の冗長なリー [続きを読む]
  • 球神は辛島に微笑まず
  • 楽天4ー6ロッテ四番打者がおらずチーム打率は一割台。お手上げとなった監督が球団に緊急補強を要請するほど、泥沼状態のロッテが半ばヤケクソでぶつけてきたチェンに6回ゼロ封を許し、カード初戦を落とした楽天。“死に馬に蹴られる”とはまさにこのことで、首位を走る楽天にとっては痛い敗戦となった。この日球審の山路は、高低がかなりワイドで両サイドが極端に狭い判定。これにいい意味でハマったのがチェンで、真ん中めがけ [続きを読む]
  • 采配の差で勝つ
  • 西武2ー3楽天 かつて本拠地だったメットライフドームで、初めて古巣西武相手に投げることになった岸が先発。藤田のように運命のいたずらで敵となった選手にはファンも概ね温かいが、たとえ地元への恩返しとはいえ、世話になった球団を自ら捨てて移籍した選手には、愛憎相半ばする感情のブーイングが飛ばされるもの。ブルペンでは口汚ないヤジも浴びせられたらしいが、いざマウンドに登ると、好調なチームを応援する楽天ファンの [続きを読む]
  • 新打線が一発回答、20安打の爆勝
  • 西武2ー10楽天腰痛気味のペゲーロを守備の負担から解放するタイミングで、アマダーをスタメンから外した途端、新打線が大爆発。初回から長打連発で野上をKO。先発の美馬は1球も投げないうちから、いきなら5点の援護をもらった。足立の球数少なく長いイニングを投げさせるリードと美馬のテンポのいいピッチングが相乗効果を発揮したのか、打線は西武の繰り出す中継ぎをことごとく打ち込み、猛打賞5人の大量20得点。残った [続きを読む]
  • 菊池に手も足も出ず
  • 西武7ー1楽天三回までは菊池との投手戦を繰り広げていた釜田だが、四回、中村に2ランを浴びてからは下位打線にも連打を許して4失点。この日の菊池は球威、制球ともに抜群で、ほぼこの時点で勝負あり。銀次のタイムリーで完封敗けこそ逃れたが、わずか3安打ではどうしようもない。特に酷かったのはアマダーで、ストレートはすべて、ミットに収まってから振っているように見える、いわゆる『着払い』。調子うんぬんと言うよりも [続きを読む]
  • まさかの勝ち越しで貯金は今季最多の12に
  • 楽天2ー1オリックス前回どこが良いのか解らないまま、3回1/3で4失点KOされた古川がまたもや先発。森も戸村もデキが悪いと試合をぶち壊してしまうタイプだから、「ある程度まとまった古川が期待されているのか?」と首をひねったが、捕手に下妻を使ってきたことで監督の意図が理解できた。完全な捨てゲームである。先発投手がどこかで抜くように、永いシーズン上手に捨てゲームを作ることが重要なのだが、立ち見チケットま [続きを読む]
  • 辛島の仇をエースの則本が討つ
  • 楽天1ー4オリックスTー岡田と中島に一発を浴びた辛島が、さらに不運な内野安打で武田に出塁を許したが、伊藤光を平凡なライトフライに討ち取り3アウトチェンジと思いきや、薄暮で打球を見失ったペゲーロがバンザイをしてしまう守備のミスが飛び出して、ムダで手痛い3点目を失った。梨田監督にTー岡田への(インコースのスライダー)配球を批判された足立だが、あとの打席で外の球を有効に使うための布石だから、配球としては問 [続きを読む]
  • いよいよ首位決戦
  • オリックスとの決戦を前に、痺れるような投手戦を制し、3連敗さえしなければ首位陥落はない形で今日を迎えた楽天。昨年は再幕ダッシュを決めながら、終盤の大逆転敗けを機にズルズルと失速したが、今年は西武最終戦と、ソフトバンクの初戦に敗れて連敗したものの、その後、4連勝と倍返しにしてみせた。打線は開幕時ほどの勢いは無くなったが、コンスタントにふた桁安打をマークしているので、四球や失策などを絡めれば、そこそこ [続きを読む]
  • 精密機械のような岸の投球にウットリ
  • 日ハム1ー2楽天代役の開幕投手に指名された美馬が無傷の3連勝を飾り、前回のプレイボール直前の登板回避では、戸村が今季初勝利をマークするなど、今や代役投手の生みの親となった岸が先発。マラソンランナーのような華奢な身体から、糸を引くような惚れ惚れするストレートを低めに決めるピッチングは、まさにエースの投球で、7回を不運なテキサスヒット2本で失った1点のみに抑えた。二番手で登板した森原も、江川と黒田をミ [続きを読む]
  • 絶対的守護神が打たれてハムにサヨナラ敗け
  • 日ハム3ー2楽天同点の九回裏、今季ここまで無失点の松井裕樹が、田中賢介に真ん中に入ったスライダーをライト前に打ち返されてサヨナラ敗け。幸せの黄色いハンカチをモチーフにしたという、どう見てもふなっしーにしか見えないユニフォームの、弱そうな日ハムに2連戦の初戦を獲られるという屈辱的な試合となった。先発の美馬は、この日も7回2失点と先発として充分な役目を果たしたが、前回の完投勝ちの疲労を考慮されたのか、 [続きを読む]
  • 西武に5戦全勝のオリックスが首位楽天に牙をむく
  • オリックスと西武の3連戦は、オリックスが全て1点差で制して楽天への挑戦権を獲得した。現状、楽天とのゲーム差はわずか1.5。ということは開幕3連戦でひとつでも勝っていれば、今頃オリックスが首位だったことになる。「ウチが弱いんじゃなくて楽天が強い」と福良監督が言った力関係は、今やかなり縮まっていると考えた方がいいだろう。ロメロはケガで欠場しているが、好調なT-岡田と小谷野に宮崎が加わって、打線はコンスタ [続きを読む]
  • オリックス戦が楽しみだ
  • 楽天11ー7ロッテ八回までは現状の戦力差を感じさせる内容だったが、九回、高梨、小山で6失点し、最終的には打撃戦のスコアになった。勝ちを譲るわけにはいかないが、完膚なきまでに叩き潰してしまうと、ロッテが次に戦う西武を利することにもなりかねないので、自信回復してもらった上で刺客として送り込んだような形になった。則本が7回1失点で今季2勝目。美馬と辛島が3連勝スタートする中、エースがいつまでも連勝ストッ [続きを読む]
  • 嶋が攻守で貢献し3連勝、無敵の楽天は早くも貯金10に到達
  • 楽天4ー2ロッテ深刻な貧打に苦しんでいるロッテが、左対策と称して右打者を並べてきたが、結局、辛島が手こずっていたのは左の岡田と鈴木。伊東監督はやりくり上手の名監督だが、左が先発だと条件反射的に右を並べてしまうのは他球団の監督と同じで、チェンジアップが有効な右打者の方が攻めやすい辛島は大いに助かっている。辛島はまともな打線が組めないロッテに「これは楽勝」と思ったのか、舐めたような投球をしたところを大 [続きを読む]