山川世界 さん プロフィール

  •  
山川世界さん: 金鷲の夢(頼むぞナッシー)
ハンドル名山川世界 さん
ブログタイトル金鷲の夢(頼むぞナッシー)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamakawa930/
サイト紹介文東北に舞い降りた一羽の金鷲が、その鋭く研いだ爪で狙った獲物をわしづかみ。 天下を獲るぞイーグルス!
自由文「藤田を出すような球団に未練はない!」
40年以上の腐れ縁を絶ちきり、イーグルスを応援し始めた2013年、いきなり歓喜の日本一を味わう。
典型的な書斎派で、雰囲気よりもプレーのディテールにこだわりを持ち、感性と理論のハイブリッド分析を得意とするが、時々かやらかすので『取り扱い注意』である。
俺様口調の断定的な文体が『2ちゃんねる』あたりでは大人気で、現在も『アンチ山川』は絶賛増殖中とのこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2007/04/30 22:23

山川世界 さんのブログ記事

  • 開幕直前に有望選手が次々と離脱
  • 安樂が大腿二頭筋の損傷で開幕絶望。足立とアマダーがインフルエンザのため、これも万全の体調で開幕を迎えることができなくなった。ともに昨年から大きく飛躍することが期待された選手だけに、チームとしてはいきなり試練を与えられたことになる。特にふた桁勝利確実と睨んでいた安樂の離脱は痛い。これにより成長過程に入った森に先発ローテのチャンスが生まれ、結果として先発陣の充実が計れるのなら、チームとして価値ある回り [続きを読む]
  • プエルトリコの快進撃を支えたのは
  • プエルトリコ4ー3オランダ現役メジャーリーガーを揃えたプエルトリコが、タイブレークの末、オランダを振り切り、7戦全勝で決勝進出を決めた。オランダはNPBで活躍するバンデンバークが先発したが、3回5失点の日本戦同様、立ち上がりから制球が定まらず、2回3失点で降板した。状態が悪いのか格上のメジャーリーガーを前に怯んだのかは解らないが、ソフトバンクで向かうところ敵なしの連勝を記録した姿はどこにもなかった [続きを読む]
  • 皮肉にもプロの仕事をしたのはアマだーのみ
  • 西武3ー2楽天今江を一塁に回し、銀次を二塁に入れる超攻撃打線を組んだものの、相手先発の多和田に5回2/3で10安打を浴びせながら、得点はアマダーの犠飛2本で奪った2点のみと機能しなかった。オープン戦はこの試合を含めて残り5試合。仕上げの段階に入っている時期だけに、12安打を放ったことよりも2点しか獲れなかった結果が問題である。一番から三番までが5安打、七番から九番までが5安打を放ったが、五番の島内と [続きを読む]
  • 開幕ローテ5番目の席は激戦に
  • ロッテ2ー0楽天美馬が4回、森が3回を投げてともに無失点ピッチング。どうやらこの二人が先発ローテの5番目を争っているようで、同じ条件のもとで比べて、開幕までに結論を出すようだ。美馬は昨年あたりから古傷の肘の状態が良くなったようで、球速と変化球のキレが増したことで、投球内容が安定してきた。美馬としては充分に合格点で、経験・実績も上位なのだが、梨田監督は開幕ローテ入りに関して、「他の投手の状態も確認し [続きを読む]
  • ヤクルトに快勝、これで勢いに乗り一気に開幕へ!
  • ヤクルト0ー7楽天WBCに山田とバレンティンを持っていかれているヤクルトは、いわば飛車・角抜きの打線。そんなチームに全力で投げて抑えても、自身の状態把握には繋がらないと思ったのか、この日の安樂は、明らかに力をセーブして流すピッチングだった。制球もあまり良くなかったため、6回で109球を要する苦しい内容だったが、要所では点を与えず踏ん張ってみせた。高卒3年目にしてすでに老獪な投球術を身につけた安樂に [続きを読む]
  • アマ・ペゲ期待できるのはどっち?
  • 遅ればせながら一軍合流を果たしたペゲーロ。昨年の後半から51試合に出場し、.279厘10本塁打という成績だった。3割超の試合数で10本だから、フル出場すれば30本くらいは打つ計算になるが、ウィラーの二年目のように“間違いなく活躍する”とは残念だが言い切れない。一昨年のウィラーはこれくらいの試合を消化した頃から打ち始め、見事残留を勝ち取ったのだが、これは他球団の研究より、自身の慣れが上回った結果であ [続きを読む]
  • 7回0封の岸は開幕に向けて万全の仕上がり
  • 楽天2ー0広島開幕投手に指名されている岸が先発し、7回無失点の投球を見せた。本人も「ケガさえしなければ大丈夫」と手応えを感じているようだし、オープン戦もあと1回は登板機会があるだろうから、開幕に向けて完璧に仕上げてくるだろう。オープン戦も残り7試合。いまだノーヒットの枡田を筆頭に調子の上がらないメンバーも、そろそろ結果を出してくれないと、勝つためには完封が必要な今の状態のまま、開幕を迎えることはで [続きを読む]
  • 中川3点タイムリーで必死のアピール
  • 楽天4ー1広島釜田は5回1失点とまずまずの内容で、開幕ローテを確実にした。打線は相変わらず湿りっぱなしだが、右の本格派四枚が順調にきているので、開幕から大きくつまずくことはなさそうだ。お役御免になったウィラーの代役で四番に入った中川が、満塁の走者を一掃するタイムリー2ベースを放った。オープン戦二度の打席でいずれも長打を放ち、4打点と結果を出しているが、池山チーフコーチの「ウィラーはサードかDH」と [続きを読む]
  • 辛島KO、打線は昏睡状態か?
  • 楽天2ー9広島先発の辛島が5回6失点と盛大に打たれて、開幕ローテ争いから完全に脱落。テンポが悪く、好投しても援護点をもらえないタイプだから、一時は期待された投手だが、ここ最近は毎年こんな感じで、ほぼ期待値はゼロにまで落ちたと言える。打線はこの日も沈黙で、代打でホームランを放った中川も失点に繋がるトンネルをやらかして、バットで挙げたポイントをグラブで失う始末。今江も銀次も好調な今季は、昨季ほどチャン [続きを読む]
  • 細川効果で森が5回0封
  • 楽天2ー0日ハム完封リレーで日ハムを降した楽天がオープン戦初勝利。主力不在の日ハムとはいえ、先発の森は内野安打2本のみに抑える上々の内容で、開幕先発ローテ入りを再アピールした。昨年まで腰の脇から手首まで見えるほど深く引いていた左手が、ボールが半分ほど覗く程度になったことで制球難が修正され、スライダーをカット的な投げ方にすることでストライクが獲れる変化球を得た。これは細川のアドバイスとのことで、さす [続きを読む]
  • 安樂5回をほぼ完璧
  • 日ハム3ー2楽天安樂は5回を投げて、森山に浴びた3ランの3失点のみの完璧な内容。敗け投手になりながら「完璧」と表現したのは、打たれたインハイのストレートとほぼ同じ球を、1打席目にライトポール際ギリギリの大ファールにされており、それが実に巧く肘を抜いたバッティングだったため、足立が敢えて同じところを攻めて、ある意味“打たせた”疑いが強いからだ。森山がハムの激しいレギュラー争いを抜け出し実戦で対戦した [続きを読む]
  • 楽天の二軍は機能していないのか
  • 投打ともにスロー調整の楽天だが、オープン戦から全開必至の若手まで仕上がっていないのか、目立った働きをしているのは菅原、森原、高梨などルーキー投手ばかり。銀次、枡田が出てきて以降、育成を経て一軍に定着した野手が見当たらないのは、素材自体に問題があるのか、デーブのようなトンデモコーチを野放しにしていたツケなのか。楽天のレギュラー野手は、二塁と三塁が移籍組の藤田と今江で、捕手(足立)、遊撃(茂木)、右翼 [続きを読む]
  • 岸はじっくり調整もチームは4連敗
  • 楽天4ー7ヤクルト岸が先発するも、結果は4回3失点と今ひとつだったが、それでも「前回登板(2回3失点)よりは良かった」と順調をアピールした。開幕まであと2〜3度は登板機会があるだろうから、その中で徐々に調子を上げてくるだろう。二番手で投げた美馬が3回1失点とまずまずの内容。先発五枚目の先発枠はまだ空席なので、今のところ暫定五位でローテ候補に名乗りを上げた形と言えそうだ。打線はようやく二桁安打を放っ [続きを読む]
  • 釜田は5回をゼロ封で順調な仕上がり
  • 楽天4ー4ヤクルト 3点のリードで終盤を迎えたが、茂木、阿部のタイムリーエラーで同点にされてゲームセット。先発の釜田は順調に仕上がっているようで、5回3安打無失点と結果を出した。岸、則本、釜田、安樂の先発四枚がしっかりすれば、あとはその時の状態がいい投手を入れ替えながら回していけるので、スタートダッシュを決めて、ペナントレースを有利に運ぶためにも、この右の4本柱が順調に調整できているのは、一安心とい [続きを読む]
  • 打の新戦力は現れず
  • 楽天2ー5ロッテ銀次を二塁に回して枡田を一塁に入れる超攻撃的オーダーで臨んだものの、依然打線は機能せずロッテに完敗。藤田が離脱した際の二塁手候補として銀次が起用されるということは、三好の成長が窺えなかったということで、内野のユーティリティは阿部だけで充分ということである。打線の調子はひと月くらいで上がり下がりするので、開幕する頃には皆揃って打ち始めるはずだが、あまり偏り過ぎるのもベンチとしては頭が [続きを読む]
  • WBC初出場のイスラエルが韓国を撃破
  • 韓国1ー2イスラエルWBC1次ラウンドで、韓国が初出場のイスラエルに敗れるという番狂わせがあった。韓国攻撃陣がもたもたしている間に1ー1のまま終盤を迎え、八回から登板したJ・ゼイドに3イニングを1安打に封じられたことが敗因。対日本戦では異常なまでの執着心を見せる韓国も、兵役免除がなくなったことでモチベーションが下がり、代表選手の選出にさえ苦慮しているようだ。決勝点を奪われたイム・チャンヨン(元ヤク [続きを読む]
  • ハーマンは課題残すも小山はまずまず
  • 楽天0ー6DeNAこの日の注目は巨人から移籍の小山と新外国人のハーマン。小山は2回を投げて、当たっているDeNA打線に3安打を浴びるもなんとか無失点で凌ぎ、まずまずの内容。先発、救援で使えるとの前評判だったが、ほぼストレートとフォークだけの配球から今のところ短いイニングの方が適性がありそうだ。1回を4失点のハーマンはまだまだといったところ。腕のしなりを使わない砲丸投げのようなフォームだから、制球力 [続きを読む]
  • もうひとりの森(原)が主役(森)を喰う
  • 楽天3ー9DeNAいよいよオープン戦が始まり、開幕まであとひと月となってきた。この時期は開幕戦を一軍で迎えられるかどうか、当落線上にいる選手の一次試験の意味合いが強い。先発の森は六回半ばまで投げて5失点。いきなり内田のタイムリーエラーで足を引っ張られたものの、その後も立ち直る気配がなく評価を下げた。トップを作れないあの欠陥フォームでは、恐らくいつまで経っても制球が安定することはないだろうから、プロ [続きを読む]
  • オコエ見切られる
  • キャンプでの緩慢な動きを見た梨田監督は、「肉体改造」と伝えられていたオコエの体重増が、単なるデブだったことに激怒。オマケにオフに古傷のケアをせず、ナイジェリアやハワイへ遊びに出かけた結果、長期離脱を余儀なくされる手術にまでおよんだ事に対し梨田監督は、「野球をナメている!」と激怒し、「今後は二軍で結果を出さなければ起用しない」と突き放した。梨田監督は日ハム時代、態度が悪い中田翔を二軍で塩漬けにした逸 [続きを読む]
  • 聖域なき競争で二強に割って入るか
  • まずはお詫びから。6人制家族さん、名無しさん、鯨沈没さん、愛知の楽天オヤジさん、年初に頂いたコメントの公開およびレスが大幅に遅れ、申し訳ありませんでした。スマホの機種変によるメール受信の不調(いまだ未解決)が原因とはいえ、一度くらいはコメント管理ページをチェックしておくべきでした。オコエの故障離脱は残念だが、急成長した肉体に技術が追いつくための期間と考えれば、案外今後の野球人生にとってはプラスに働 [続きを読む]
  • 1017年の楽天はこんな感じ
  • 新年明けましておめでとうございます。本年も昨年同様よろしくお願いします。いきなり正月からスマートフォンが充電不能になるなど、波乱の予兆が漂ってしまいましたが、ブロガーのお正月である開幕に向けて徐々に仕上げていきます。どうやら新戦力もあらかた出揃ったようなので、戦力分析をふまえ、来季(2017年)の楽天がどの程度の順位になりそうなのかを予想してみたい。まず投手陣は、則本、岸という15勝クラスが二枚で [続きを読む]
  • 放たれた矢は陽岱鋼をスルーして小山にブスリ
  • フジの「HIRO'S」で陽岱鋼について訊かれた星野副会長が、「楽天は台湾でものすごく商売をしているので(本社スジとしては)欲しい」とはぐらかしていたので、「あまり本気じゃないな」と感じていたら、ここに来て巨人が陽の獲得レースに参戦し、それと同時並行的に小山と柿澤のトレードが決まった。「星野氏が出張ってきたら厳しい」と様子見を決め込んでいた巨人に、「陽はおたくに譲るから小山をもらえないか」と持ちかけた [続きを読む]
  • V戦士のマギーが巨人へ
  • 巨人が元楽天のケーシー・マギーを獲得。昨年のオフなら楽天も調査に動いていただろうが、一、三塁手の候補が、銀次、アマダー、中川、今江、ウィラーと名前が上がる今ではポジションがなく、その動向を傍観するのみとなった。しかし障害のある長男のためにも、最先端医療が受けられる東京で、恩師の田代コーチもいる巨人は、マギーにとって最もいい環境と言えるので、箱庭ドームを味方にして、楽天時には達成できなかった30本塁 [続きを読む]
  • サブちゃんが大幅アップを勝ち取る
  • 福山が一気に3000万円アップの、7500万円で契約を更改した。入団二年目のオフにDeNAから戦力外通告を受け、楽天に拾われた男が、馬車馬のように投げ続けた結果、中継ぎ投手としては一流とも言える年俸にまで上り詰めたことになる。今季は明らかな勤続疲労で、球威、制球ともにイマイチだったが、それでも防御率は2.71だから、走者を出しながらもギリギリのところで踏ん張ってみせたということだ。伊志嶺を未だに捕手と [続きを読む]
  • これでいいのか新人王
  • パ・リーグの新人王は日ハムの高梨に決まった。おそらく貯金8個の二桁勝利を、「優勝に貢献した」と評価したのだろうが、投手の勝利数は打者の打点同様、チーム力に影響を受けやすい成績である。規定投球回数143回に対し、わずか109回2/3で二桁勝利を挙げることができたのはチームが強かったからであり、果たして楽天でこの成績を挙げることができたのか? と問われれば、多くの野球ファンは首をひねるだろう。異なるチームやポ [続きを読む]