山川世界 さん プロフィール

  •  
山川世界さん: 金鷲の夢(頼むぞナッシー)
ハンドル名山川世界 さん
ブログタイトル金鷲の夢(頼むぞナッシー)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamakawa930/
サイト紹介文東北に舞い降りた一羽の金鷲が、その鋭く研いだ爪で狙った獲物をわしづかみ。 天下を獲るぞイーグルス!
自由文「藤田を出すような球団に未練はない!」
40年以上の腐れ縁を絶ちきり、イーグルスを応援し始めた2013年、いきなり歓喜の日本一を味わう。
典型的な書斎派で、雰囲気よりもプレーのディテールにこだわりを持ち、感性と理論のハイブリッド分析を得意とするが、時々かやらかすので『取り扱い注意』である。
俺様口調の断定的な文体が『2ちゃんねる』あたりでは大人気で、現在も『アンチ山川』は絶賛増殖中とのこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2007/04/30 22:23

山川世界 さんのブログ記事

  • コラレスショックを引き起こした犯人は誰だ!
  • 楽天1―4ソフトバンク録画とはいえフル視聴が可能な日曜日の試合だったが、予約を忘れたため情報はプロ野球ニュースの映像のみ。結果としてはここ数戦のゲーム展開を上書きするような試合内容で見るべきものはなかった。2四球と敵失で1点をもらい、なお一死満塁となった一回裏に同点にすらできず、そのままずるずると6連敗へ。ファンブログでは「これでもう優勝の目は消えた」というコメントが大勢を占め、その原因として挙げ [続きを読む]
  • 打線沈黙またもやゼロ行進で5連敗
  • 楽天0ー2ソフトバンク先発の則本はストレートは走っていたものの逆球が多く、三回には抜けたストレートを明石に大根切りでタイムリーにされ、六回には足立のサインに首を振って投げたフォークが落ちずに松田にレフト前に弾き返された。追い込まれて変化球対応の打者に半速球を投げてしまうあたり、嶋とのコンビでついた、力づくで三振を狙う悪癖で、足立ならおそらく一番対応の難しいインコースへのストレートを要求していたよう [続きを読む]
  • 歯を食いしばれ!
  • 楽天1ー4ソフトバンク先発の岸は初回にアッサリ先制されると、アマダーのソロが出て1ー2と追い上げムードになった直後に追加点を許すなどらしくない投球。一二番を解体して島内、茂木の新打線を組んだが散発3安打ではどうしようもない。ここまで故障なく来た選手たちは、連戦続きで疲れが出ているし、復帰したメンバーはまだ本調子にない。楽天は疲れた主力に代わる控えが限られているので、今は故障から復帰したメンバーの復 [続きを読む]
  • とにかく今は我慢の時
  • 西武3ー0楽天前回、菊池からホームランを放った細川が先発マスクを被ったが、そうそう毎度々打てるはずもなく3タコ。150以上のストレートは打てないアマダーを外し、ストレートに強い枡田を一塁に入れたが機能せず。外野でストレートに強い聖澤は明らかな夏バテで下降気味。やむなく菊池からヒットを打っている松井稼頭央を起用したが、本来、一定以上の速い球は打てないのでチャンスで凡退。オコエも速い球はダメで、結局、 [続きを読む]
  • 理想の打線はまだ機能せず
  • 前日は大人の都合により捨て試合になってしまったが、この日は美馬を先発に立てて敗けられないゲームだったが、森が戻ってきてさらに厚みを増した西武打線に前半で5失点の完敗。3戦目の先発が苦手の菊池のため、前回から対西武戦6連敗がチラついてきた。二回表に山川のトンネルでチャンスをもらったが、島内が併殺に倒れて無得点。その裏に永江の難しい打球が、選りに選って動きの悪いアマダーのところに転がり、美馬の一塁カバ [続きを読む]
  • とんだ食わせ者だったコラレス
  • 西武17ー8楽天誰もがまさかと思ったコラレスが、果たしてどんなピッチングをするのかと関心を持って見守った初回。球が見やすいアーム式で、ストレートはシュート回転するため球速表示ほどの威力はなく、変化球もキレがない。おまけに球審が面倒臭くなってボール球をストライクコールするほどのノーコンと、目も当てられない内容。わずかな期待も粉々になる独り相撲で、2回5失点と話しにならないデビューだった。30球団ある [続きを読む]
  • 他力首位を守れるかコラレス
  • オリックス2ー4楽天いきなり先頭の茂木がアウトローをレフト線ギリギリに入る2ベースで出塁すると、銀次の二ゴロで三進し、ウィラーの詰まった犠飛で生還と、楽天があっさり先制する。しかし三回裏、嶋がスタメンマスクの時にはクリンナップ扱いしてもいいほど打ちまくっている伊藤光に、辛島が同点ソロをレフトスタンドに叩き込まれてしまう。次もまた嶋のリードを読みきっている安達で、こらもジャストミートされたように見え [続きを読む]
  • 足立なら防御率0.69の別人14号
  • オリックス0ー7楽天この日はなんだかんだ言っても足立に尽きる。今季、足立は則本と3度バッテリーを組み3戦全勝。5月3日のオリックス戦が8回0/3を2失点、5月10日 の対ロッテ戦では9回完封、そして今回も9回完封と、足立とコンビを組んだ則本は都合26イニングを投げて、ここまでたったの2失点である。球数もイニング平均13も行っておらず、ここまで誰一人中継ぎの助けを借りていない。嶋の回りくどいリードとフ [続きを読む]
  • 岸がまさかの6失点の大乱調
  • オリックス8ー4楽天岸が押し出しの四球を与えるシーンは想像できなかったが、そろそろ開幕からの疲れが出る頃かもしれないので、故障回避のためにローテを一回飛ばしてもいいかもしれない。茂木が復帰後初めて守備についたが、まだ全力で投げることはできないようで、一塁への送球もムリせずワンバウンドさせている。しかし厳しい場面で思わず力一杯投げてしまうことは充分考えられるので、再発させてしまわないかが心配。クルー [続きを読む]
  • 銀次が値千「金」の働き
  • 楽天4ー3日ハム先日、来季も現役続行を希望した松井稼頭央が、同点ホームランを含むマルチヒットで「まだ行ける」ことをアピール。茂木敬遠で燃えた銀次が同点タイムリーと試合を決めるサヨナラヒットを放ち、ダテに得点圏打率の部門でトップを争っていないことを証明した。オコエが進塁打に送りバントと、チームの勝利に貢献する働きをし、11回裏にはサヨナラのお膳立てをする2ベースを放ち存在感を示した。安樂は結局オープ [続きを読む]
  • ゴロGO憤死に救われ辛勝
  • 楽天6ー5日ハム先日のロッテ戦では加藤翔の先頭打者ホームランで失った1点を帳消しにする、お返しの先頭打者ホームランを放った茂木が、この日も早大の先輩である有原の初球をライトスタンドに叩き込む15号弾。復帰後の茂木はまだまだ確実性に欠ける状態だが、強いスイングは健在で、やはり相手投手にとっては怖い存在と言えそうだ。オコエの盗塁失敗で二死走者なしとなってから、銀次が四球を選ぶと島内がレフト前ヒットで続 [続きを読む]
  • 棚から首位が落ちてきた
  • 楽天が台風の影響で試合を流す中、ソフトバンクと西武が揃って大量失点で敗れたため、棚ぼたで首位が転がり込んできた。楽天はこれでまた終盤の日程が厳しくなったわけだが、藤田、ペゲーロ、松井裕樹の復帰が近づき、ベストメンバーで戦える試合が増えたとも言える。ライバルが休んでいる間に少しでも引き離しておきたかった工藤監督は、大量失点の投手陣に怒り心頭。「今日は各担当コーチに聞いてくれ! バッティングは頑張った [続きを読む]
  • 敗けて勝った楽天
  • 楽天1−3ロッテ試合はロッテ先発の二木にひねられた楽天が痛い敗北を喫したが、もうひとつの戦いである楽天スカウトと河北新報との目利き勝負は楽天の圧勝に終わった。星野副会長の「逃げは打たない」と言うコメントを、「田中正義の指名争いに参戦する」と勝手に決めつけ、藤平の一位指名という結果に、「高校生指名に逃げた消極姿勢」と批判した河北新報の浦響子さんの完全な敗北である。星野副会長のコメントはもちろん、藤平 [続きを読む]
  • 親方の張り手二発で涌井をKO
  • 楽天8−5ロッテピークを過ぎた感のあった美馬が、加藤に先頭打者ホームランを打たれた時には、「また終盤までリードを許す苦しい展開になるのか」と思ったが、その裏、茂木が先頭打者アーチのお返しをしてくたおかげで、美馬は二回、三回と得点圏に走者を背負いながらも粘ることができた。すると三回裏、2ベースの島内を置きアマダーがショートオーバー?のホームラン。真ん中とはいえ、ボール気味の低めに投げた涌井にとっては [続きを読む]
  • 岸の踏ん張りに応える逆転サヨナラ
  • 楽天3−2ロッテ最後は激しい雨の中、内が制球を乱してくれたお陰でチャンスが拡がり、聖澤の犠飛で同点。「恨みっこなしの同点になったし、こりゃ降雨コールドだわ」と思っていたら、専守防衛の阿部が前進守備を敷いていたライトの頭上を越すサヨナラタイムリーを放ち、すんでのところで4連敗を免れた。西武がソフトバンクをも打ち破って、なんと球団史上59年ぶりという13連勝を飾った。おかげで首位ソフトバンクとの差は再 [続きを読む]
  • ちょっと相手が悪すぎた
  • 西武8−1楽天たまたま打った聖澤の2安打と細川のホームラン以外は完璧に抑えられて完敗。初の同一カード3連敗を喫して、いよいよリーグ優勝に向けた正念場を迎えつつある。この日は左には右というパブロフ起用を打破し、二軍で好調な枡田を二番に入れるなど、それなりの工夫はしてみたものの、相手が悪く完敗。吉田尚が復帰後しばらくして不振に陥り、メンバーの揃ったはずのオリックスが勝てなかったように、楽天も茂木がここ [続きを読む]
  • 可燃性エース燃え尽きる
  • 西武7−4楽天ワイルドピッチで2失点と、つまらない点の獲られ方で簡単に先制点を吐き出した則本。非力な打者にさえ高めのストレートを引っ張られ、ニセモノにおかわりを許す情けないピッチングでエースがKOされてしまった。開幕から踏ん張ってきた先発陣がここにきて崩壊。打線も復帰した茂木、緊急補強のクルーズが機能せず、単発のホームラン3本と犠飛で4点獲るのがやっとと反発力がない。復帰を急いだ茂木はまだ本来の状 [続きを読む]
  • 終わってみれば完敗で良かったか
  • 西武8ー0楽天六回裏、辛島のフィルダースチョイスで満塁になり、替わって登板した菅原が予想通り押し出し四球で4点目を与えると、簡単な1-2-3の併殺を本塁に悪送球して万事休す。結局、打線も3安打で何もできずに完封されてしまった。あとは青山と復帰した森原のデキをチェクするのみ。青山は相変わらずのフルカウントピッチで、良いのか悪いのか微妙。四球、四球、ど真ん中で簡単に失点することはなくなったようだが、打者 [続きを読む]
  • 独自路線を歩むハム、楽天のお手本はあの球団か
  • 日ハムを三タテにしたソフトバンクが4連勝(貯金30)として、試合のなかった楽天(貯金29)を再び貯金の数で上回った。ソフトバンクは残り試合の多い楽天が、ラストスパートをかけて勝ち続けた場合を想定して、ゲーム差をつけた首位でシーズンを終えたいと考えているようで、リリーフを惜しみなくつぎ込み1戦必勝態勢で戦っている。日ハムは1億円プレーヤーで、32歳と中堅の域にさしかかってきた谷元を中日に放出。メジャ [続きを読む]
  • あとひとりからの逆転勝利!
  • オリックス3ー4楽天主力打者の離脱で得点力が落ちているだけに、先発が踏ん張ってもらいたいところだったが、岸、塩見、美馬に続き釜田までが結果を出せず。元々ギクシャクしたフォームで制球の安定しないタイプだが、この日はカウントを悪くして、ストライクをとりに行ったところを狙い打たれた。リリーフ陣に負担をかける3回0/3での降板は先発失格で、次の登板機会があるかどうか微妙になってきた。何度も手術した肘のことも [続きを読む]
  • 打線に反発力なくお得意様のオリックスに連敗
  • オリックス5ー2楽天アマダーの2点タイムリーを阻止した安達のスーパーキャッチは、攻撃力の落ちている今の楽天にとってはかなり堪えるプレーだった。先発の美馬はピークを過ぎたようで、球威、制球ともにイマイチで、ここまで8勝をマークしている自信で何とか粘ったものの、六回に捕まって高梨にマウンドを譲る。嶋が久々のマルチヒットで上位に繋いだが、三番までがノーヒットではどうしようもない。この試合、収穫があるとし [続きを読む]
  • 捨てたら打ったチグハグな連敗
  • オリックス11ー5楽天タイミングの悪いことに、戸村が試合を壊して主力をお役御免にした途端反撃し始めて、2点差ならと思わせたところで金刃が息の根を止めてくれた。青山はともかく金刃は見るべき球がなく、右も左も滅多打ち状態。もともと一年よければ二年悪いタイプだから、年齢的にもう一度いい年があるのかどうか微妙なところ。嶋は過剰評価されているので批判の対象になっているだけだが、伊志嶺は座って捕るだけの捕手っ [続きを読む]
  • 悪夢、守護神まで消えた
  • 楽天1ー5ソフトバンクなんとなく敗けてしまったような気がしたのは、試合前に発表された守護神の離脱がチーム全体にショックを与えたからだろうか。おまけにようやく状態の上がってきた今江までが骨折ということで、一気に野戦病院化してきた楽天。今江はともかく松井裕樹の代わりなどどこを探してもいないわけで、ボークで崩れる不安のあるハーマンにクローザーは荷が重そうだし、とりあえずサブちゃんでなんとか乗り切るしかな [続きを読む]
  • ねこだましが決まりソフトバンクは目が点に
  • 楽天4ー1ソフトバンクネックレスを引きちぎってからの則本は凄かった。「もう長いイニング投げられなくてもいい」という感じで、完全にリミッターを外して力で圧しまくった。この気迫にウィラーが応え、同点弾で援護すると今江のラッキーなヒットで勝ち越し。そして絶好調のアマダーのソロと巨人から瞬間移動してきたクルーズまでが追い打ちのタイムリーを放ち、点差以上の一方的な楽天の勝利で4連勝。主軸の内川を故障で欠いて [続きを読む]
  • 肩透かしの雨天中止
  • 唯一、生で試合が観られる火曜日に、首位攻防戦があるということで、観戦準備を整えていたら早々に中止。予報が悪いと満員にはならないので、ムリしてまでやらなかったのだろうが、これだけ試合消化率が悪いと、九月に10連戦クラスの過密日程が登場するので、主力を休ませながら使う楽天としては、ベストメンバーで戦えない試合が増えてしまう。これで連敗しても首位を守ることができるのだが、三タテで一気に引き離すことができ [続きを読む]