micarosu さん プロフィール

  •  
micarosuさん: マイナー時々メジャーな音楽
ハンドル名micarosu さん
ブログタイトルマイナー時々メジャーな音楽
ブログURLhttp://micarosu.seesaa.net/
サイト紹介文ここではあまり有名でない曲にスポットを当てつつ、時には有名曲まで様々なおすすめ曲を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2007/05/01 15:51

micarosu さんのブログ記事

  • 「Reset」 牧野由依
  • 今回は牧野由依さんの「Reset」を紹介します。TVアニメ「サクラダリセット」OPテーマ。始まりは印象的なピアノの音色。そこには迷いや葛藤、焦燥感のようなものを感じさせる。でも聴き進めていくうちに、少しずつキラキラとした希望を感じさせる音色が重なりあい、サビの伸びやかで広がりのある歌声が全てを許すように開放感と安心感を与えてくれるのがなんとも心地良い。またほぼ全編に渡ってコーラスが入っているのが興味深い。 [続きを読む]
  • 「TRANCE」 BOYS END SWING GRIL
  • 今回はBOYS END SWING GIRLの「TRANCE」を紹介します。BOYS END SWING GIRLの2ndミニアルバム。良い歌だな。それが彼らの曲を最初に聴いたときの感想だ。当たり前の言葉に見えるかもしれないが、良い"曲"というより良い"歌"と表したくなる点に彼らの良さが詰まっているのではないかと思う。特にリード曲でもある「旅人」が素晴らしかった。どことなく陰を感じながら歩いて行くようなイントロから、静かに奏でられるギターと歌。歩 [続きを読む]
  • 「TRULY TRULY DO」 佐藤嘉風
  • 今回は佐藤嘉風さんの「TRULY TRULY DO」を紹介します。佐藤嘉風さんの8枚目のフルアルバム。♪もう一度 もう一度 もう一度 光を探して「オレンジ色の夕焼け」のサビのこのフレーズを聴いたとき、すごい熱量を感じた。佐藤嘉風はこれまでも繊細で優しいメロディと歌声を紡いできていたが、今作は今までに無い何かがあるかもしれない。そう思いながら聴き進めてみたら、本当にその通りだった。いや、それ以上だったかもしれない。「 [続きを読む]
  • 「小さな石の強い意志」 大竹創作
  • 今回は大竹創作さんの「小さな石の強い意志」を紹介します。乙三.のボーカル大竹創作さんの1stソロアルバム。乙三.というと「火曜日」や「横浜ミックスナッツ」のような華やかでノリが良く、更に高い演奏力で聴く人を魅了するイメージが強い。でも今回の大竹さんのソロアルバムを聴くとその感じは全くなく、乙三.ではあまりやったこなかったもっと等身大で人の内面に訴えかけるような曲を聴かせてくれる。中でも印象的なのは言葉の [続きを読む]
  • 「ノームの世界」 ピロカルピン
  • 今回はピロカルピンの「ノームの世界」を紹介します。ピロカルピンの8枚目のオリジナルアルバム。音の深みと鮮やかさ。それを強く感じる。鮮やかさという点においては「グローインググローイン」を挙げたい。ピロカルピンの曲は少し陰のあるものが多いが、この曲は成長しようと歩んで行く姿を爽やかな疾走感で楽しませてくれる。メロディの耳馴染みやすさはもちろんだが、なんといってもサビで歌われる「♪グローイング グローイン [続きを読む]
  • 「Stella」 パレードパレード
  • 今回はパレードパレードの「Stella」を紹介します。パレードパレードの2ndシングル。踊りだしそうなリズム。気持ちを高揚させるサウンド。これだけでお洒落な音楽という言葉を使いたくなってしまう。でもこの曲の魅力はこれだけでは無い。なんと言ってもメロディの秀逸さだ。恐らく一度聴けば忘れないというくらい耳に馴染むメロディ。言い換えると、この流れならこの音が来て欲しいという聴き手の想いを汲み取ったかのように期待 [続きを読む]
  • 「さしすせそズ2」 さしすせそズ
  • 今回はさしすせそズの「さしすせそズ2」を紹介します。さしすせそズの2ndミニアルバム。キャッチーなメロディ。格好良く聴かせる演奏とアレンジ力。それでいて歌詞では遊び心溢れる言葉選びをしているので、なんだかクセになってしまう。「O.P.P.」はまさにその代表格で、こんな良いメロディにこんな歌詞を乗せてしまうなんてと思わず突っ込んでしまいそうになるが、そのセンスこそが彼らの魅力でもある。(ちなみに、「O.P.P.」と [続きを読む]
  • 「岳南電車」 DATSUN320
  • 今回はDATSUN320の「岳南電車」を紹介します。DATSUN320の2ndシングル。3rdミニアルバム「空心彩 〜空に心を彩れば〜」から約5年半。活動再開後初となるシングルがこの「岳南電車」だ。静岡県富士市内を走る岳南電車をモチーフにしていることもあり、田子の浦や富士の言葉だけでなく、工場の隙間を走り抜ける様子を描くなど、電車からの景色が鮮やかに目に浮かんでくる。それは詩によるものだけでなく、ゆったりとしたリズムと心地 [続きを読む]
  • 「HAPPY PARTY TRAIN」 Aqours
  • 今回はAqoursの「HAPPY PARTY TRAIN」を紹介します。Aqoursの3rdシングル。「HAPPY PARTY TRAIN」。タイトルからは煌びやかで楽しい雰囲気を想像するのだが、曲の始まりのピアノには意外にも少しの切なさを含んでいる。何か新しいことを始めるときに湧き上がるワクワクした気持ち。それと同時に、知らない世界に踏み込もうとするすることに感じる不安。表向きは華やかなのだが、その裏で不安の部分が音色となって2番のサビ後の間奏 [続きを読む]
  • 「デフォルメの青写真」 空想委員会
  • 今回は空想委員会の「デフォルメの青写真」を紹介します。空想委員会の3rdフルアルバム。前作「ダウトの行進」がとんでもない名盤だった。これを超える作品にはなかなか出会わないと思ったのだが、まさかこんなにも早くそれをも超える名盤に出会えるとは。既出曲「私が雪を待つ理由」、「ビジョン」、「色恋狂詩曲」はもちろんどれも素晴らしかったのだが、今作では特にアルバム曲の秀逸さに注目して欲しい。中でも岡田さん作曲の [続きを読む]
  • 「恋占」 結花乃
  • 今回は結花乃さんの「恋占」を紹介します。結花乃さんの2ndミニアルバム。前作「花一匁」の落ち着いた雰囲気とは違い、全体を通して色合いが感じられるようになったのが今回のミニアルバム。始まりの「恋占」はとても印象的で、華やかでキラキラしたキャッチーさは、聴いた瞬間から良いなと思わせてくれる。今作はまた一味違うなと感じたのも束の間、「cocoa」で描く真っ直ぐな想いとそれを紡ぐ繊細なメロディに酔いしれさせ、カバ [続きを読む]
  • 「露天」 おつかれーず
  • 今回はおつかれーずの「露天」を紹介します。おつかれーずの4thアルバム。何かが始まる気がした。それは一曲目「憧憬列車」のうつらうつらした夜の静けさを聴いたときから。その予感が正しかったことにはすぐ気づくことになる。二曲目「海蛍」を聴いた瞬間に。一瞬聴くと音色と言葉で爽やかな印象を残すのだが、聴き進めると歌声の奥に隠された熱意とも言える感情がひしひしと伝わってくる。耳馴染みが良いメロディでこんな情熱の [続きを読む]
  • 「二百年目の恋」 碧井愛莉
  • 今回は碧井愛莉さんの「二百年目の恋」を紹介します。碧井愛莉さんの2ndシングル。背景に見える名曲「鈴音-RinNe-」の存在。続編的作品と銘打ったり、メロディを踏襲していこともあり、「鈴音-RinNe-」の楽曲の存在を強く感じるのだが、聴くと雰囲気が異なっていることに気づくだろう。それは歌詞によるものが一番大きい。「鈴音-RinNe-」は寂しさがそのまま切なさを表していたのに対し、今作は孤独な想いとそこから進もうとする希 [続きを読む]
  • 「カーテン・ナイツ」 Lee&Small Mountains
  • 今回はLee&Small Mountainsの「カーテン・ナイツ」を紹介します。Lee&Small Mountainsのデビューフルアルバム。思わず踊りだしてしまいそうなリズムとグルーブ感。お洒落で軽快な音色。そして、素朴ながら芯のある歌声。それらが織り成す音楽が凝縮されたアルバムがこの「カーテン・ナイツ」だ。「Teleport City」や「Power」は最たるもので、特に聴き込んだりすること無く、聴いた瞬間からその音楽の持つ力に惚れこんでしまうだろ [続きを読む]
  • 「カーテン・ナイツ」 Lee&Small Mountains
  • 今回はLee&Small Mountainsの「カーテン・ナイツ」を紹介します。Lee&Small Mountainsのデビューフルアルバム。思わず踊りだしてしまいそうなリズムとグルーブ感。お洒落で軽快な音色。そして、素朴ながら芯のある歌声。それらが織り成す音楽が凝縮されたアルバムがこの「カーテン・ナイツ」だ。「Teleport City」や「Power」は最たるもので、特に聴き込んだりすること無く、聴いた瞬間からその音楽の持つ力に惚れこんでしまうだろ [続きを読む]
  • 「火曜11時45分」 パンパンの塔
  • 今回はパンパンの塔の「火曜11時45分」を紹介します。パンパンの塔の4thミニアルバム。「火曜日のサスペンス」のとんでもない存在感。サスペンス的な怪しさを醸し出すイントロだけでも虜にならざるを得ないわけだが、意味深な言葉を繰り出すメロから短い1番のサビへの展開、アコギの心地良い存在感、最後のサビ前のミステリーな雰囲気から、最後のサビで更に畳み掛ける展開など、楽曲構成そのものに何が繰り出されるかわからない [続きを読む]
  • 「ノスタルジー」 モノクロパンダ
  • 今回はモノクロパンダの「ノスタルジー」を紹介します。モノクロパンダ初の全国流通盤となる1stアルバム。全体を通して漂う陰。でも何故か耳に馴染んでしまうという不思議な魅力を持ったバンド、モノクロパンダ。その魅力が最も分かるのが「ツキノクニ」だろう。イントロの爽やかな印象から明るい曲を想像させておきながら、歌い出しから意味深な陰を感じさせる。その世界観だけでも酔いしれてしまうのだが、この陰を持ちながら最 [続きを読む]
  • 「20170118」 TEDDY
  • 今回はTEDDYの「20170118」を紹介します。TEDDYの1stミニアルバム。ミニアルバムの中で唯一MVが公開されている「アンブレラ」。この曲を聴いた瞬間から惹きこまれてしまった。優しいメロディと音色が印象的なのだが、最後のほうでは少し声を張って歌うなど、静かな情熱のようなものも感じられる楽曲。聴かせるバンド。この楽曲からそのイメージが強くあったのだが、ミニアルバムを聴いて良い意味で裏切られた。再生を始めていきな [続きを読む]
  • 「灯火」 ウルトラタワー
  • 今回はウルトラタワーの「灯火」を紹介します。ウルトラタワーの3rdミニアルバム。音楽に心を動かされたことはあるだろうか?例えば圧倒的な熱さであったり、実体験の悲しさであったり、明確な説得力を持つものには出会ったことがあるのではないかと思う。この「灯火」というアルバムはそれらとはまた一味違い、じわじわと心を揺さぶることで、最終的に感情が高まっていくような熱さを秘めた一枚になっている。まず「ファンファー [続きを読む]