micarosu さん プロフィール

  •  
micarosuさん: マイナー時々メジャーな音楽
ハンドル名micarosu さん
ブログタイトルマイナー時々メジャーな音楽
ブログURLhttp://micarosu.seesaa.net/
サイト紹介文ここではあまり有名でない曲にスポットを当てつつ、時には有名曲まで様々なおすすめ曲を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2007/05/01 15:51

micarosu さんのブログ記事

  • 「luna」 homme
  • 今回はhommeの「luna」を紹介します。hommeのミニアルバム。全体を通して感じるのは陰と影。夜空に浮かぶ星や月といった情景や、人の奥の見えない感情など、様々な形で陰と陰が描かれている。サウンド面を見てみると、アコギの音色がメインで構成されており、歌詞で描かれる陰と影が音色からも伝わってくるのが印象的だ。特にしみじみと聴かせる「Days」と「帰り道と満月」は音とメロディだけでなく、その空気感まで愛おしく感じさ [続きを読む]
  • 「涙。」 安野希世乃
  • 今回は安野希世乃さんの「涙。」を紹介します。安野希世乃さんの1stミニアルバム。透明感のある綺麗な歌声。アニメ『異世界食堂』のエンディングテーマである「ちいさなひとつぶ」を聴いたとき、それを感じた。さかいゆうさん作曲による流麗なメロディもこの歌声の良さを引き出すには申し分なく、一度でも聴けばその歌声に虜になってしまうことだろう。それと同時に、この歌声ならばバラードがとても良く合うのではないかとも感じ [続きを読む]
  • 「いただきへの、はじまり」 結花乃
  • 今回は結花乃さんの「いただきへの、はじまり」を紹介します。富士市ブランドメッセージソング。結花乃さんの地元である静岡県富士市の公式ブランドメッセージソングとして製作されたこの曲。富士市の景色を描いた詩がとても印象的で、聴いていると自然と情景が目に浮かんでくる。駿河湾の広い海、製紙工場の煙に岳南鉄道の赤い電車に、そびえ立つ富士山。そんな街としての魅力もさることながら、その街に住む人が温かく支えてくれ [続きを読む]
  • 「ひとりの世界」 Anna
  • 今回はAnnaさんの「ひとりの世界」を紹介します。Annaさんのデビューシングル。張り詰めた空気の中に響く声。寂しげで切ない感情を奥に抱えつつも、どこか凛として芯のあるその声は、真っ直ぐに聴き手の心に響く。そしてその言葉が届いたとき、その想いの深さと強さがしみじみ伝わってくるだろう。ひとりで生きる世界の辛さと寂しさ、それでも光を信じようとする想いが。これは彼女の歌声が持つ大きな力。単純な歌の上手さではなく [続きを読む]
  • 「cue」 SAKANAMON
  • 今回はSAKANAMONの「cue」を紹介します。SAKANAMONの4thミニアルバム。本当にSAKANAMONなのか。「テヲフル」を聴いてしまったら、そう思わずにはいられない。繊細な旋律を奏でながら、丁寧に歌い上げる言葉。徐々に想いとともに音が重なり、最後のサビで全ての想いを弾き出すように熱く歌い上げる姿は、今までの印象を大きく変えつつ、純粋にその熱量の高さにグッと来てしまうだろう。この名曲の中で特に印象に残っているフレーズ [続きを読む]
  • 「アノアタリ2」 アノアタリ
  • 今回はアノアタリの「アノアタリ2」を紹介します。本当に良い曲というのは始まりの一音を聴いただけで心を掴まれる。「夜の鳥」という曲はまさにそれだった。夜の不穏な空気と焦燥感が生み出す独特の緊迫感。迷いや悩みを抱えながらある姿をここで示しながら、サビでそれらを払拭していくように飛びぬけていく歌とメロディ。その破壊力は想像以上で、一度聴いたら忘れることができない。また、最後のサビでは感情が今まで以上に強 [続きを読む]
  • 「街」 吉田山田
  • 今回は吉田山田の「街」を紹介します。吉田山田の12thシングル。歌いだしから響く"街"という言葉。力強く、感情を強く押し出したようなその言葉の迫力に驚かされた。吉田山田というと「日々」のような染みる楽曲やキャッチーな楽曲のイメージが強かったが、今作の「街」は上記の通り歌い出しから感情を強く押し出しているだけでなく、全体を通してロック調でクールに駆け抜けていく疾走感が印象的で、良い意味で彼らのイメージを打 [続きを読む]
  • 「Reset」 牧野由依
  • 今回は牧野由依さんの「Reset」を紹介します。TVアニメ「サクラダリセット」OPテーマ。始まりは印象的なピアノの音色。そこには迷いや葛藤、焦燥感のようなものを感じさせる。でも聴き進めていくうちに、少しずつキラキラとした希望を感じさせる音色が重なりあい、サビの伸びやかで広がりのある歌声が全てを許すように開放感と安心感を与えてくれるのがなんとも心地良い。またほぼ全編に渡ってコーラスが入っているのが興味深い。 [続きを読む]
  • 「TRANCE」 BOYS END SWING GRIL
  • 今回はBOYS END SWING GIRLの「TRANCE」を紹介します。BOYS END SWING GIRLの2ndミニアルバム。良い歌だな。それが彼らの曲を最初に聴いたときの感想だ。当たり前の言葉に見えるかもしれないが、良い"曲"というより良い"歌"と表したくなる点に彼らの良さが詰まっているのではないかと思う。特にリード曲でもある「旅人」が素晴らしかった。どことなく陰を感じながら歩いて行くようなイントロから、静かに奏でられるギターと歌。歩 [続きを読む]
  • 「TRULY TRULY DO」 佐藤嘉風
  • 今回は佐藤嘉風さんの「TRULY TRULY DO」を紹介します。佐藤嘉風さんの8枚目のフルアルバム。♪もう一度 もう一度 もう一度 光を探して「オレンジ色の夕焼け」のサビのこのフレーズを聴いたとき、すごい熱量を感じた。佐藤嘉風はこれまでも繊細で優しいメロディと歌声を紡いできていたが、今作は今までに無い何かがあるかもしれない。そう思いながら聴き進めてみたら、本当にその通りだった。いや、それ以上だったかもしれない。「 [続きを読む]
  • 「小さな石の強い意志」 大竹創作
  • 今回は大竹創作さんの「小さな石の強い意志」を紹介します。乙三.のボーカル大竹創作さんの1stソロアルバム。乙三.というと「火曜日」や「横浜ミックスナッツ」のような華やかでノリが良く、更に高い演奏力で聴く人を魅了するイメージが強い。でも今回の大竹さんのソロアルバムを聴くとその感じは全くなく、乙三.ではあまりやったこなかったもっと等身大で人の内面に訴えかけるような曲を聴かせてくれる。中でも印象的なのは言葉の [続きを読む]
  • 「ノームの世界」 ピロカルピン
  • 今回はピロカルピンの「ノームの世界」を紹介します。ピロカルピンの8枚目のオリジナルアルバム。音の深みと鮮やかさ。それを強く感じる。鮮やかさという点においては「グローインググローイン」を挙げたい。ピロカルピンの曲は少し陰のあるものが多いが、この曲は成長しようと歩んで行く姿を爽やかな疾走感で楽しませてくれる。メロディの耳馴染みやすさはもちろんだが、なんといってもサビで歌われる「♪グローイング グローイン [続きを読む]
  • 「Stella」 パレードパレード
  • 今回はパレードパレードの「Stella」を紹介します。パレードパレードの2ndシングル。踊りだしそうなリズム。気持ちを高揚させるサウンド。これだけでお洒落な音楽という言葉を使いたくなってしまう。でもこの曲の魅力はこれだけでは無い。なんと言ってもメロディの秀逸さだ。恐らく一度聴けば忘れないというくらい耳に馴染むメロディ。言い換えると、この流れならこの音が来て欲しいという聴き手の想いを汲み取ったかのように期待 [続きを読む]
  • 「さしすせそズ2」 さしすせそズ
  • 今回はさしすせそズの「さしすせそズ2」を紹介します。さしすせそズの2ndミニアルバム。キャッチーなメロディ。格好良く聴かせる演奏とアレンジ力。それでいて歌詞では遊び心溢れる言葉選びをしているので、なんだかクセになってしまう。「O.P.P.」はまさにその代表格で、こんな良いメロディにこんな歌詞を乗せてしまうなんてと思わず突っ込んでしまいそうになるが、そのセンスこそが彼らの魅力でもある。(ちなみに、「O.P.P.」と [続きを読む]
  • 「岳南電車」 DATSUN320
  • 今回はDATSUN320の「岳南電車」を紹介します。DATSUN320の2ndシングル。3rdミニアルバム「空心彩 〜空に心を彩れば〜」から約5年半。活動再開後初となるシングルがこの「岳南電車」だ。静岡県富士市内を走る岳南電車をモチーフにしていることもあり、田子の浦や富士の言葉だけでなく、工場の隙間を走り抜ける様子を描くなど、電車からの景色が鮮やかに目に浮かんでくる。それは詩によるものだけでなく、ゆったりとしたリズムと心地 [続きを読む]
  • 「HAPPY PARTY TRAIN」 Aqours
  • 今回はAqoursの「HAPPY PARTY TRAIN」を紹介します。Aqoursの3rdシングル。「HAPPY PARTY TRAIN」。タイトルからは煌びやかで楽しい雰囲気を想像するのだが、曲の始まりのピアノには意外にも少しの切なさを含んでいる。何か新しいことを始めるときに湧き上がるワクワクした気持ち。それと同時に、知らない世界に踏み込もうとするすることに感じる不安。表向きは華やかなのだが、その裏で不安の部分が音色となって2番のサビ後の間奏 [続きを読む]
  • 「デフォルメの青写真」 空想委員会
  • 今回は空想委員会の「デフォルメの青写真」を紹介します。空想委員会の3rdフルアルバム。前作「ダウトの行進」がとんでもない名盤だった。これを超える作品にはなかなか出会わないと思ったのだが、まさかこんなにも早くそれをも超える名盤に出会えるとは。既出曲「私が雪を待つ理由」、「ビジョン」、「色恋狂詩曲」はもちろんどれも素晴らしかったのだが、今作では特にアルバム曲の秀逸さに注目して欲しい。中でも岡田さん作曲の [続きを読む]
  • 「恋占」 結花乃
  • 今回は結花乃さんの「恋占」を紹介します。結花乃さんの2ndミニアルバム。前作「花一匁」の落ち着いた雰囲気とは違い、全体を通して色合いが感じられるようになったのが今回のミニアルバム。始まりの「恋占」はとても印象的で、華やかでキラキラしたキャッチーさは、聴いた瞬間から良いなと思わせてくれる。今作はまた一味違うなと感じたのも束の間、「cocoa」で描く真っ直ぐな想いとそれを紡ぐ繊細なメロディに酔いしれさせ、カバ [続きを読む]