micarosu さん プロフィール

  •  
micarosuさん: マイナー時々メジャーな音楽
ハンドル名micarosu さん
ブログタイトルマイナー時々メジャーな音楽
ブログURLhttp://micarosu.seesaa.net/
サイト紹介文ここではあまり有名でない曲にスポットを当てつつ、時には有名曲まで様々なおすすめ曲を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2007/05/01 15:51

micarosu さんのブログ記事

  • 「二百年目の恋」 碧井愛莉
  • 今回は碧井愛莉さんの「二百年目の恋」を紹介します。碧井愛莉さんの2ndシングル。背景に見える名曲「鈴音-RinNe-」の存在。続編的作品と銘打ったり、メロディを踏襲していこともあり、「鈴音-RinNe-」の楽曲の存在を強く感じるのだが、聴くと雰囲気が異なっていることに気づくだろう。それは歌詞によるものが一番大きい。「鈴音-RinNe-」は寂しさがそのまま切なさを表していたのに対し、今作は孤独な想いとそこから進もうとする希 [続きを読む]
  • 「カーテン・ナイツ」 Lee&Small Mountains
  • 今回はLee&Small Mountainsの「カーテン・ナイツ」を紹介します。Lee&Small Mountainsのデビューフルアルバム。思わず踊りだしてしまいそうなリズムとグルーブ感。お洒落で軽快な音色。そして、素朴ながら芯のある歌声。それらが織り成す音楽が凝縮されたアルバムがこの「カーテン・ナイツ」だ。「Teleport City」や「Power」は最たるもので、特に聴き込んだりすること無く、聴いた瞬間からその音楽の持つ力に惚れこんでしまうだろ [続きを読む]
  • 「カーテン・ナイツ」 Lee&Small Mountains
  • 今回はLee&Small Mountainsの「カーテン・ナイツ」を紹介します。Lee&Small Mountainsのデビューフルアルバム。思わず踊りだしてしまいそうなリズムとグルーブ感。お洒落で軽快な音色。そして、素朴ながら芯のある歌声。それらが織り成す音楽が凝縮されたアルバムがこの「カーテン・ナイツ」だ。「Teleport City」や「Power」は最たるもので、特に聴き込んだりすること無く、聴いた瞬間からその音楽の持つ力に惚れこんでしまうだろ [続きを読む]
  • 「火曜11時45分」 パンパンの塔
  • 今回はパンパンの塔の「火曜11時45分」を紹介します。パンパンの塔の4thミニアルバム。「火曜日のサスペンス」のとんでもない存在感。サスペンス的な怪しさを醸し出すイントロだけでも虜にならざるを得ないわけだが、意味深な言葉を繰り出すメロから短い1番のサビへの展開、アコギの心地良い存在感、最後のサビ前のミステリーな雰囲気から、最後のサビで更に畳み掛ける展開など、楽曲構成そのものに何が繰り出されるかわからない [続きを読む]
  • 「ノスタルジー」 モノクロパンダ
  • 今回はモノクロパンダの「ノスタルジー」を紹介します。モノクロパンダ初の全国流通盤となる1stアルバム。全体を通して漂う陰。でも何故か耳に馴染んでしまうという不思議な魅力を持ったバンド、モノクロパンダ。その魅力が最も分かるのが「ツキノクニ」だろう。イントロの爽やかな印象から明るい曲を想像させておきながら、歌い出しから意味深な陰を感じさせる。その世界観だけでも酔いしれてしまうのだが、この陰を持ちながら最 [続きを読む]
  • 「20170118」 TEDDY
  • 今回はTEDDYの「20170118」を紹介します。TEDDYの1stミニアルバム。ミニアルバムの中で唯一MVが公開されている「アンブレラ」。この曲を聴いた瞬間から惹きこまれてしまった。優しいメロディと音色が印象的なのだが、最後のほうでは少し声を張って歌うなど、静かな情熱のようなものも感じられる楽曲。聴かせるバンド。この楽曲からそのイメージが強くあったのだが、ミニアルバムを聴いて良い意味で裏切られた。再生を始めていきな [続きを読む]
  • 「灯火」 ウルトラタワー
  • 今回はウルトラタワーの「灯火」を紹介します。ウルトラタワーの3rdミニアルバム。音楽に心を動かされたことはあるだろうか?例えば圧倒的な熱さであったり、実体験の悲しさであったり、明確な説得力を持つものには出会ったことがあるのではないかと思う。この「灯火」というアルバムはそれらとはまた一味違い、じわじわと心を揺さぶることで、最終的に感情が高まっていくような熱さを秘めた一枚になっている。まず「ファンファー [続きを読む]
  • 「snow traveler」 Qaijff
  • 今回はQaijffの「snow traveler」を紹介します。Qaijffの1stEP。ピアノの音色の余韻が作る凛とした空気感。そこに広がるのは冬の情景。冬の寒さと重なるような心を描いた切ない歌詞と音色は絶妙に折り重なり、聴き手の感情を揺さぶっていく。そしてそれはサビで最高に弾ける。これを聴かされたら、もう何も言えない。これだけ完成されたメロディと音色と展開はなかなかないだろうというくらい素晴らしい。「snow travler」はそれく [続きを読む]
  • 「パトスとエートス」 Brian the Sun
  • 今回はBrian the Sunの「パトスとエートス」を紹介します。Brian the Sunのメジャー1stアルバム。変わった。彼らはメジャーに来てから変わったと思う。と書くといかにも悪いような感じにも見えるが、逆である。良い方向にだ。アルバムは始まりの「Impromptu」から驚かされっぱなしだ。本当にBrian the Sunなのかというほど、重く渋い空気を漂わせた一曲。もちろん違いに驚いたということもあるが、それ以上にこの楽曲の完成度の高 [続きを読む]
  • 「美しい日/全部」 SUPER BEAVER
  • 今回はSUPER BEAVERの「美しい日/全部」を紹介します。2017年第一弾シングル。幸せとはなんだろうか?その問いに答えを出すのは難しい。でも、この「美しい日」では一つの答えを導き出している。幸せは気づくものであると。その言葉にものすごい力を感じずにはいられない。"僕は人に生かされて 人と生きている"という歌詞があるのだが、彼らはこれまで多くの人と出会いながら、歌う意味を真摯に見つめ続けてきたと思う。その日々 [続きを読む]
  • 「逆鱗マニア」 日食なつこ
  • 今回は日食なつこさんの「逆鱗マニア」を紹介します。日食なつこさんの4thミニアルバム。存在感を放つピアノの音色と歌声。それは始まりの「ログマロープ」から感じずにはいられない。独特なリズムとメロディが印象的な曲なのだが、そこに攻撃的で存在感の強いピアノの音色とそれに融和するように響く歌声が加わることで、力強くも心地良く聴かせる。強気で独特な視点から描かれる言葉がこの楽曲の存在感に拍車をかけているのも面 [続きを読む]
  • 「孤独なユメ」 まり子
  • 今回はまり子さんの「孤独なユメ」を紹介します。まり子さんの2ndフルアルバム。キーボードメインのアコースティックなサウンド。普通ならそれらは優しい印象を与えると思うが、ここでは少し違う。感情の起伏、主に陰や闇の感情が繊細に奏でられている。もちろんその世界を形成する最たるものは歌詞だ。一曲目の「タイムカプセル」からその片鱗が見え、素直になれなかった子供の頃の悩みや葛藤が描かれていて、聴いていると胸をし [続きを読む]
  • 「ありがとうの時間」 久保ユリカ
  • 今回は久保ユリカさんの「ありがとうの時間」を紹介します。久保ユリカさんの3rdシングル。"ありがとう"という言葉の優しさと温かさ。それを自然と感じさせてくれる。1st、2ndシングルはどちらかと言えば明るい印象を与えるものであったが、今回の3rdシングルはそれらと一線を画す楽曲となっている。作詞作曲を担当しているのはスムルースの徳田憲司さん。編曲もスムルースが担当していることもあり、イントロからスムルースらしい [続きを読む]
  • 2016年お気に入りまとめ
  • 明けましておめでとうございます。今年も変わらず週一の更新を続けていこうと思いますので、よろしくお願いします。(毎年変わりませんが)さて、年末から続けていた企画の最後です。「2016年お気に入りまとめ」として、昨日までのランキングを一覧にまとめましたので、よろしければご覧ください。ではランキングをどうぞ。 [続きを読む]
  • 「エミリー」 図鑑
  • 今回は図鑑の「エミリー」を紹介します。図鑑の4thアルバム。「エミリー」という素晴らしい楽曲の存在。シンプルなメロディと進行。軽快な音色が演出する爽やかさ。でも歌詞には、大切な人を失って気づいた悲しみと後悔が描かれている。綴られた言葉だけを見ると悲しくなってしまうのだが、音色の優しさと温かさがその悲しみを受け止めつつ、前へ前へと押し出してくれるような楽曲になっている。このバランスが非常に心地良く、聴 [続きを読む]
  • 「アスナロウ」 Aqua Timez
  • 今回はAqua Timezの「アスナロウ」を紹介します。Aqua Timezの7thアルバム。「12月のひまわり」のシングルを聴いたとき、いつもと違う感じがした。Aqua Timezの集大成とも言える様なバラードナンバーだったのだが、それと同時にいつも以上に音色と言葉が響いてくることに気づいたのだ。Aqua TImezが大きく進化しようとしている。そう感じた思いがそのまま表れたのが今作「アスナロウ」だ。一曲目の「アスナロウ」からもう既に飛び [続きを読む]
  • 「さしすせそズ」 さしすせそズ
  • 今回はさしすせそズの「さしすせそズ」を紹介します。さしすせそズの1stミニアルバム。メロディと言葉がとにかく耳に残る。キャッチーという言葉がしっくりくるのだが、彼らの魅力をその言葉だけで語ってしまうのはちょっともったいない。例えば「終電ノーサンキュー」。イントロのギターの音色が格好良いのだが、それ以上に印象的なのは言葉の響き方。聴いているとこのメロディにはこの言葉響きが欲しいという思いが湧いてくるの [続きを読む]