防衛省OB太田述正 さん プロフィール

  •  
防衛省OB太田述正さん: 防衛省OB太田述正の日本はアメリカの属国だ
ハンドル名防衛省OB太田述正 さん
ブログタイトル防衛省OB太田述正の日本はアメリカの属国だ
ブログURLhttp://blog.ohtan.net/
サイト紹介文安全保障を拒否して集団的自衛権を行使しない日本はアメリカの属国です
自由文http://www.ohtan.net/
http://www.ohtan.net/melmaga/
http://www.ohtan.net/board/
http://www.ohtan.net/video/
http://www.ohtan.net/socialmedia/
http://blog.ohtan.net/archives/50953944.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供698回 / 365日(平均13.4回/週) - 参加 2007/05/02 22:23

防衛省OB太田述正 さんのブログ記事

  • ロシアに振り回される米国(その8)
  • 太田述正コラム#8841(2017.1.8)<ロシアに振り回される米国(その8)>(2017.4.24公開) (10)h
    ttp://www.slate.com/articles/news_and_politics/cover_story/2017/01/how_vladimir_putin_engineered_russia_s_return_to_global_power.h
    tml (1月7日アクセス)より 「ロシア人達は、我々を変えることも顕著に弱体化することも
    できない」、とバラク・オバマは、彼の<昨年>12月16日の大統領としての記者会見の中で語った [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3321)
  • 太田述正コラム#9050(2017.4.23)<皆さんとディスカッション(続x3321)><太田>(ツイッターより) 「…北朝鮮…には、ソウルを攻撃できる迫撃砲が3000門はあるとみられ、その10分の1を使って砲撃を1時間加えるだけで、何千人もの犠牲者を出しかねない。そうした事態をもたらすことを、米国の大統領が望むとは思わない。」http://news.livedoor.com/article/detail/12970653/  こりゃ変。 迫撃砲にそんな射程はないhttp [続きを読む]
  • ロシアに振り回される米国(その7)
  • 太田述正コラム#8839(2017.1.7)<ロシアに振り回される米国(その7)>(2017.4.23公開)8 http://foreignpolicy.com/2016/12/23/the-kremlins-economic-grip-on-europe/ (12月24日アクセス)より 「・・・<現在でも、>過去10年間の平均では、・・・セルビア、ブルガリア、ラトヴィア、ハンガリー、スロヴァキア・・・におけるロシアの経済的占有率(footprint)は、(ハンガリーとスロヴァキアの諸ケースにける)約11% [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3320)
  • 太田述正コラム#9048(2017.4.22)<皆さんとディスカッション(続x3320)><太田>(ツイッターより) 「米国vs北朝鮮、本当に軍事衝突ならこうなる…」http://www.msn.com/ja-jp/money/other/%E7%B1%B3%E5%9B%BDvs%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%EF%BD%A4%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E8%A1%9D%E7%AA%81%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8B-%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%A [続きを読む]
  • ロシアに振り回される米国(その6)
  • 太田述正コラム#8837(2017.1.6)<ロシアに振り回される米国(その6)>(2017.4.22公開)6 http://foreignpolicy.com/2016/12/21/the-end-of-the-end-of-the-cold-war-russia-putin-trump-cyberattacks/ (12月23日アクセス)より 「25年前、欧米における政府の概念・・民主主義、自由諸市場、人権・・は、最も安定し、最も道徳的な統治形態(way)であること、が証明されたように見えた。 そして、欧米の政府の形態が新制 [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3319)
  • 太田述正コラム#9046(2017.4.21)<皆さんとディスカッション(続x3319)><太田>(ツイッターより) 訪日観光客が急増している折、親日ムード高揚中?↓ 「釜山少女像巡り韓国内の対立激化 反対派が横に元大統領像設置へ…」http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/20/2017042001097.html  空母機動部隊行方不明(?)事件といい、トランプ政権の素人性の問題というより、政権が代わると幹部が総入替に [続きを読む]
  • ロシアに振り回される米国(その5)
  • 太田述正コラム#8835(2017.1.5)<ロシアに振り回される米国(その5)>(2017.4.21公開)5 http://foreignpolicy.com/2016/12/23/the-russian-question-putin-trump-bush-obama-kissinger/ (12月24日アクセス)より 筆者は、あのニオール・ファーガソン(Niall Ferguson)です。 「その経済的重要性(significance)が小さくなったにもかかわらず、ロシアは、・・・より攻撃的(aggressive)になった。⇒ロシアは、タター [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3318)
  • 太田述正コラム#9044(2017.4.20)<皆さんとディスカッション(続x3318)><太田>(ツイッター
    より) 「米空母、朝鮮半島向かわずインド洋に移動 連絡ミスか…」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=
    20170419-35099993-cnn-int http://edition.cnn.com/2017/04/18/politics/carl-vinson-korea-trump/index.html  この話、見落と
    してたよ。 最高司令官トランプのいいころかげんさが米軍全体に伝染? でも、「今月末までに [続きを読む]
  • ロシアに振り回される米国(その4)
  • 太田述正コラム#8833(2017.1.4)<ロシアに振り回される米国(その4)>(2017.4.20公開) ケナンの同時代人であるポール・ニッツ(Paul Nitze)<(注2)(コラム#2534、3520)>は、米国の対ソ政策の形勢に主要な役割を演じた人物だが、戦略について、意思(will)と諸数(numbers)であると見て、軍事における優位とその世界中への諸配備によってソ連を圧倒すべきであると主張した。 (注2)ポール・ニッツェ=Paul Henry N [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3317)
  • 太田述正コラム#9042(2017.4.19)<皆さんとディスカッション(続x3317)><太田>(ツイッターより) 「…日本ワインとは国内で栽培されたブドウを100%使用して国内で醸造されたワイン。…国内で流通するワインのうち…割合は、まだ全体の3.7%だ。…特に日本固有品種のブドウ「甲州」を使った甲州ワインはこの5年で輸出量が20倍以上に。国際コンクールでも高い評価を得…ている。…」https://mainichi.jp/articles/20170418/ [続きを読む]
  • ロシアに振り回される米国(その3)
  • 太田述正コラム#8831(2017.1.3)<ロシアに振り回される米国(その3)>(2017.4.19公開)3 http://foreignpolicy.com/2016/12/22/the-birth-of-absurdistan/ (12月23日アクセス)より 「・・・Serhii Plokhy<の>『最後の帝国--ソ連の最後の日々(The Last Empire: The Final Days of the Soviet Union)』<という本がある。>・・・⇒前に記したことを思い出して欲しいのですが、清/中華民国/中共、が帝国である以上、 [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3316)
  • 太田述正コラム#9040(2017.4.18)<皆さんとディスカッション(続x3316)><太田>(ツイッターより) 「…憲法改正に「賛成」と答えた人は52・9%…憲法改正に賛成する人のうち、…憲法9条改正には「賛成」が56・3%、「反対」は38・4%。…民進党支持率、発足以来最低の6・6%」http://www.sankei.com/politics/news/170417/plt1704170031-n1.html http://www.sankei.com/politics/news/170417/plt1704170013-n1 [続きを読む]
  • 日進月歩の人間科学(続x38)
  • 太田述正コラム#8829(2017.1.2)<日進月歩の人間科学(続x38)>(2017.4.18公開)1 始めに 本日のディスカッションで予告した記事http://www.haaretz.com/science-and-health/.premium-1.762028?=&ts=_1483266061225(1月2日アクセス)に係るコラムです。2 匂いと人間 「・・・<実は、>人間の鼻は驚異的な諸能力を持つ信じられないほどの装置なのだ。・・・ もとより、ご承知のように、過去200年、いや、1000年にお [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3315)
  • 太田述正コラム#9038(2017.4.17)<皆さんとディスカッション(続x3315)><太田>(ツイッターより) 「…殺人件数は全体的に右肩下がりであり、日本全体としては安全な社会になっている… <また、>被疑者と被害者の間に面識がないのは1割強…に過ぎない。… ステレオタイプ<の犯人>認定ごっこ<をやってはダメ。>…」http://blogos.com/article/218401/  全くその通りだね。<UEOJe1uU>(「たった一人の反乱(避難 [続きを読む]
  • 米リベラル知識人の内省三(続)(その2)
  • 太田述正コラム#8827(2017.1.1)<米リベラル知識人の内省三(続)(その2)>(2017.4.17公開)2 ブルームの真意 (1)既主張部分 「・・・共感は、スポットライトのように働き、ここにいる現在の一人の個人に注意を集中させる。 これは正の諸効果を持ちうるが、近視眼的で不公正な道徳的諸行動に導きうる。 しかも、それは先入観の影響を受ける。 <実際、>実験室での諸研究や逸話的諸経験は、共感が生まれ出るのは我 [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3314)
  • 太田述正コラム#9036(2017.4.16)<皆さんとディスカッション(続x3314)><太田>(ツイッターより) 英国では今後20年間に3分の1の仕事がロボットで置き換えられることになるとさ。https://www.theguardian.com/technology/2017/apr/15/uk-government-urged-help-low-skilled-workers-replaced-robots  そうだとすれば、数の上だけでは日本は人口が減少して行っても総生産力は落ちないことになるが、ロボットじゃできない [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3313)
  • 太田述正コラム#9034(2017.4.15)<皆さんとディスカッション(続x3313)><太田>(ツイッターより) 「…中国の…メディアは「北朝鮮が6回目の核実験を強行すれば、中国は北朝鮮に提供している原油をストップさせる可能性がある」という趣旨のニュースを報じた。… このような…変化を引き出したのはトランプ式の強硬戦略だ。… 韓国としては戦争を阻止することも重要だが、北朝鮮の核とミサイルも必ず廃棄しなければなら [続きを読む]
  • ロシアに振り回される米国(その2)
  • 太田述正コラム#8823(2016.12.30)<ロシアに振り回される米国(その2)>(2017.4.15公開) (3)Dmitri Trenin:Ideology should not guide foreign policy (筆者は、カーネギー・モスクワ・センターのセンター所長で、かつてソ連とロシアの軍で1972年から93年まで勤務。)⇒全く紹介するに値する記述はありませんでした。(大田) (4)Nargis Kassenova:Russia can’t lead through imperialism. (筆者は、アルマトイ [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3312)
  • 太田述正コラム#9032(2017.4.14)<皆さんとディスカッション(続x3312)><太田>(ツイッターより) 「…トランプ米大統領が米軍によるシリアへのミサイル攻撃を中国の習近平(シージンピン)国家主席に伝えた際、習氏が10秒間沈黙した後、通訳に「もう一度言ってほしい」と聞き返していた…」http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%a2%e6%94%bb%e6%92%83%e4%bc%9d%e3%81%88%e3%82%89%e3%82%8c%e7%b [続きを読む]
  • ロシアに振り回される米国(その1)
  • 太田述正コラム#8821(2016.12.29)<ロシアに振り回される米国(その1)>(2017.4.14公開)1 始めに 米フォーリンポリシー誌電子版が、12月22〜24日の3日間にわたって、連続してロシアを取り上げたので、適宜、その内容の一部をご紹介し、私のコメントを付すことにしました。2 http://foreignpolicy.com/2016/12/22/the-unlearned-lessons-from-the-collapse-of-the-soviet-union/ (12月23日アクセス)より (1)Serhi [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3311)
  • 田述正コラム#9030(2017.4.13)<皆さんとディスカッション(続x3311)><太田>(ツイッターより) 「米ユナイテッド航空で…過剰予約…の航空機内から乗客の男性医師が強制的に降ろされた問題で、この医師がベトナム生まれの米国人と判明したことを受け、ベトナムで批判の声が拡大している。… 当初、この乗客は中国人とみられると報道された際には冷淡なコメントをするベトナム人もいた…」https://mainichi.jp/articles/2 [続きを読む]
  • 米リベラル知識人の内省三(その7)
  • 太田述正コラム#8819(2016.12.28)<米リベラル知識人の内省三(その7)>(2017.4.13公開) このシステムは、更に遡れば、我々の環境・・ヒトが晒されているところの、コンテンツ、教育、空気、及び、メッセージ群の世界・・の影響を受けている。・・・ 「一人の女性がある時私に、「事故で赤ん坊や子供が殺されたというニュースを聞くたびに、私は息を飲む。 しかし、アナウンサーが、それが[ベドウィンの町である]ラハト( [続きを読む]
  • 皆さんとディスカッション(続x3310)
  • 太田述正コラム#9028(2017.4.12)<皆さんとディスカッション(続x3310)><太田>(ツイッターより) 「ティラーソン米国務長官は9日、シリアへの攻撃には北朝鮮への警告があったと強調した。晩餐会でシリア攻撃を知らされた習主席は咄嗟の反応ができず肯定。隣には彼のブレイン王滬寧がいなかった。失点の影響は大きい。…」https://news.infoseek.co.jp/article/newsweek_E190556/  遠藤誉のおばちゃまだなと導入部を読ん [続きを読む]
  • 米リベラル知識人の内省三(その6)
  • 太田述正コラム#8817(2016.12.27)<米リベラル知識人の内省三(その6)>(2017.4.12公開) (3)イスラエルでの研究 その研究が載っているのがこの記事です。↓http://www.haaretz.com/israel-news/science/.premium-1.756727(12月8日アクセス) 「・・・<紹介するのは、>アラブ-ユダヤ諸関係と取り組むための史上初めての神経科学的研究だ。 それは、双方の側の頭の中における、共感諸メカニズムに紛争が及ぼしている [続きを読む]