ヒジハラ さん プロフィール

  •  
ヒジハラさん: Para Bellum
ハンドル名ヒジハラ さん
ブログタイトルPara Bellum
ブログURLhttp://murakumo1868.blog3.fc2.com/
サイト紹介文明治・大正の軍人・政治家の話を気楽にやってます。特に海軍と広瀬武夫がメイン。 たまに江戸時代。
自由文近代は維新から昭和に至る政治史全般、特に政軍関係。
海軍好きなので海軍の話題が多め。
軍人では広瀬武夫、政治家では伊藤博文、原敬、浜口雄幸が大好き。

たまに江戸時代の話。
町奉行等の政治機構や中期後期の知識人階層の繋がり、そして幕末。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/05/12 23:20

ヒジハラ さんのブログ記事

  • 読書つれづれ*『私の江戸-東京学』
  • 引き続いて読書感想。笑『私の江戸-東京学』30年ほど前の本。流し読みで読んだ程度だけれど、結構面白かったです。そうなんだと思ったことがちらほら…幡随院長兵衛と水野十郎左衛門が実は仲が良かったという話に、えっそうなの?(幡随院長兵衛…分かる?分かります?^^;)長兵衛は江戸城へ人足を紹介する口入業を営んでおり、旗本・水野との関係はそこから。吉原に遊びに行こうと長兵衛が水野邸に誘いに行った際、酔ってい [続きを読む]
  • 読書徒然
  • ダイバーシティの続きはサイトの方に載せようと思ったのですが、余りにブログに穴が開いてしまいそうなのでこちらで書こうと思い、書きかけてやっぱりサイトの方にしようと思い直した優柔不断。築地なの豊洲なのどっちなの(なんでや)さらっと書いて終わらせようと思っていたのですが、あら、と思うことが出てきたのですよ。いつものパターンですねそうですね。今ちょっと県内の遠方から本を取り寄せているので、また手が止まって [続きを読む]
  • 撒饌
  • 広瀬神社から撒饌を送っていただきました。毎年ありがとうございます。来年は行けると思うんです…(涙今年は軍神せんべいを頂いた!と思いきや…あらーん… 軍神せんべいじゃなくなっとるよ。武夫せんべいになっとる。中身は変わってなかった。笑せんべいの方にはばっちり軍神の文字が入っています。型が戦前のものだそうで、意匠を変えるのは流石に難しかろう。それはとにかく軍神せんべい、とっても久しぶりなのでおいしくいた [続きを読む]
  • Sweet Home
  • 本の返却の関係でダイバーシティの続きをそろそろ書かねば…と思った矢先に予約していた本がやって来るという罠。海兵17期、秋山真之と同期同郷の山路一善の娘さんの本を見つけましてね(有名な方のようでした)。『お母さんの愛は「心の学校」』(山路鎮子)読んでいたのですが、何という幸せ家族…山路のイメージとはかけ離れとるー!とりあえず山路が家でパパと呼ばれていたことに驚いたわ。確かに山本五十六の家でも、妻礼子 [続きを読む]
  • ノスタルジア
  • 肌寒いわー…皆さんのお住まいの所でも同じなのでしょうか。ジンジャーエール用にジンジャーシロップを作ったのですが、お湯で割って飲む羽目に。笑新生姜が出ている間にもう一回作ろうと思いつつ、青梅を買う。(あら…今年はブランデー梅酒を作るでえ。日曜日に仕込んだのですが、飲めるようになるまでにはまだ時間がかかるなあ。待つ楽しみもあるのだけれど、出来るだけ早く飲み始めたい。笑それはさておき、聞いてくれ!中野直 [続きを読む]
  • サイト更新 上村彦之丞と山本権兵衛(完)
  • ■近代 【 火焔燃ゆ 6-7/完 】6話と7話で、今回でこの連載は終了。「バトン」の改訂になりますが、かなり書き加えております。昨年書いた時は西郷隆盛→上村彦之丞→東郷吉太郎止まりでしたが、実はもうひとりおりましてね。ほんのさわりのみの紹介ですが、そちらはサイトでご覧いただければ。何年か前にテレビでも紹介されていた話なので、ご存知の方も多いかと思います。上村彦之丞と山本権兵衛がテーマということで、 [続きを読む]
  • 道頓堀
  • 道頓堀に行ってきた。用事があったのは難波だったのだけれど、なんとなくぶらぶら…いかにもーという感じ。ひっかけ橋でごわす。カールなくなったらここのおじさんリストラやなー(酷いこと言う…道頓堀の辺りは戦前、道頓堀5座と言いまして、芝居小屋が5つほどあったのですよ。現存しているのは松竹座と国立文楽劇場だけかな?五座のひとつに弁天座がありまして、下の写真で見ると道頓堀の奥の方に建っていた。座主が尼野氏で、 [続きを読む]
  • サイト更新 上村彦之丞と山本権兵衛(2)
  • サイト更新のおしらせです。■近代 【 火焔燃ゆ 4-5 】今回は4話と5話になります。題して山本権兵衛編。笑とはいえ半分ほどは上村彦之丞との話になります。4話の題「炯眼にして豪胆」は、山本に贈られた誄詞より拝借しました。山本権兵衛その人が同僚や後輩といった周囲からどう見られていたかについて触れています。兵学寮時代の後輩にあたる沢鑑之丞が、「人望があったが敵も多かった」と言っていて、これが山本を言い [続きを読む]
  • サイト* iOSの文字化け
  • 5/31【追記】下記文字化け、解消しました。確認しましたが、テキトーにしか抜き打ち検査しかしていないので、お気づきのページがあればお知らせください。すぐに対処します。以下自分の備忘録として(半年経ったら絶対忘れる。笑HTML5/CSS3への変換に伴い、文字コードもShift_JISからUTF-8へと変更。スタイルシートと各ページのソースもUTF-8へと書き換えたが、txtファイル保存時の文字コードがANSIになっていたことが原因。UTF- [続きを読む]
  • サイト更新 上村彦之丞と山本権兵衛
  • 現在クロームで歴史ページが文字化け中です。対処しておりますので、IE若しくはfirefoxでご覧ください。(こちらは問題なしすいません…何でだ…orz*********上記解消いたしました。エンコードを書き直して再アップしたら直った。駄目だった理由も直った理由もよく分からない…(え*********サイト更新のお知らせでっす。■近代 【 火焔燃ゆ 】5月を丸々費やした感がある(感ではなく事実である)上村彦之丞の話です。来る日も [続きを読む]
  • 徒然
  • ふざーいごめーん!上村さま中々終わらん…!ブログと両方するのは無理だし、あれこれ読んでいる内に寝落ちしちまうんだよ!(笑しかし流石に仕事中にうっかり上村さまの妄想するのはどうかと思う…病膏肓に入るとはこの事か…orzうーん、しかし上村さま本当にどんな人だったんだろうと思うわあ。一度お会いしたい…それがだめならせめてひと目遠くから眺めるだけでも(何があった)(広瀬はどうしたそういや上村が回想で辺見君の [続きを読む]
  • つれづれ
  • 皇国の興廃なうって見えて思わず笑ったんだけどよく見たら皇国の興廃を担うだった加藤友三郎の伝記小説。東郷吉太郎が蔚山沖海戦の批判じみたことを上村彦之丞に面と向かって言って(何たるつわもの)めっちゃ怒鳴られた話があるのだけれど、それをどこで見たのかがどうしても思い出せんのだー今書いてる事に関係あるかと言ったら別にないのだけど(ないんか)、気になって気になってしょうがない。探しても探しても出てこない。誰 [続きを読む]
  • サイト更新(近代*2)
  • サイト更新 2件近代:ふりさけ見れば春日なる近代:追い手に帆かけて前者は戦艦三笠の話です。話と言うか、これぞつれづれという感じですが、ブログに掲載した時よりは写真と文が少々増えております。ピシッとしてかっこいい向井弥一と艤装中の三笠を遠目からご覧下さい。笑。向井、私あなたの事をもっと知りたいわ…(広瀬はどうした後者は海軍の流し樽の話になります。お時間がありましたらどうぞお立ち寄りくださいませ。*奈 [続きを読む]
  • 準備中
  • 机の周りが荒れて参りました。山本信次郎の話の途中ですが違う山本の方が終わりません。信次郎さんの話は続きはWebでならぬ続きはサイトで、になりそう。ヘンな所で切れてすいません。同時進行で書いていた、昨年書いた上村彦之丞の話にちょっと、ちょっと手直しを加える積りがちょっとで終わらんくなってきた。摘み食いしすぎて何から得た情報か今では判然としないものが多く、書く時間よりも確認に時間がかかるってどういうこと [続きを読む]
  • ダイバーシティ(4)
  • 日露開戦後、山本は仮想水雷母艦日光丸の水雷長兼分隊長でした。何をしていたかと言うと、駆逐艦や水雷艦隊への魚雷等の供給、機雷の組立と補給という後方支援。当時の機雷組立は危険な作業で、原因不明の爆発で殉職する人も少なくなかったそうです。そんな機雷を沈置する将兵はしばしば戦功を立てるのですが、組立てる方はその功を認められることもないわけで。無いと困るのに、表には出てこない作業は認められにくい…山本の部下 [続きを読む]
  • 山路一善の本
  • 梅田に行ってきた。キタの方はここ数年で本当に激変しましたな。古本屋街が以前より便利な所に移動しており、更に駅チカになったので私にとっては大変キケンな場所に…吸い込まれるように入ってしまう^^;そして吸い込まれるように店に入った結果がこれである。山路一善だーと思って手に取る。『禅の応用』しか知らんかったわー山路は秋山真之と同郷で同期17期、山本権兵衛の娘婿になります。私としては山路は皮肉屋の印象が強 [続きを読む]
  • 軍歴証明到着
  • 軍歴証明がやってきました。香川県の方は申請してすぐ来ました。2月初旬ごろ。 複数枚に亘る原本。うわー凄いわこれ…所属部隊担当者が作成した書類の原本写しか [続きを読む]