レズビアンはりぃ〜♪ さん プロフィール

  •  
レズビアンはりぃ〜♪さん: レズビアンはりぃ〜♪の『時は金なり〜』
ハンドル名レズビアンはりぃ〜♪ さん
ブログタイトルレズビアンはりぃ〜♪の『時は金なり〜』
ブログURLhttps://ameblo.jp/lil-tiaki-lil/
サイト紹介文時は金なりと云うけれど、お金で買えない価値がある(^^)
自由文嫁さんとフレンチブルドッグ2ピキの4人家族。一緒になって10年目のアラフォーです。人生悔いなし!をモットーに日々向上!幸せは自分で手に入れるもの♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/05/14 17:03

レズビアンはりぃ〜♪ さんのブログ記事

  • 想いの整理整頓。。。その54
  • にほんブログ村 出口がない日々。あたしは子供で稼げない。Tちゃんもクタクタ。 寝たきりの人を、子供と片手のない障害者では運べないからもう、ばぁ〜ちゃんを病院に連れて行くことも出来ない。 母親はもちろん、母親の兄弟(ばぁ〜ちゃんの子供たち)親戚も皆見てみないふりをした。私たちには絶対に連絡するな、寄るな、近寄るな!って怖い雰囲気をかもし出してた。 このころは、母親を始め親戚も一番お金があった時期だ [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その53
  • にほんブログ村 ばぁ〜ちゃんは独り言が多くなり小学生の頃に幼児返りしているらしくその頃の話を、一人ブツブツ言っていた。 幼児返りって言葉、大人になった今は理解できるけどこの当時のあたしたちは、無知でばぁ〜ちゃんが宇宙にでも行ってしまった様な感覚。 自分で名前もわからない、お腹がすいてもそれを伝えられない。泣きわめき、異常を伝える。赤ちゃんのようでもあるし、宇宙の人でもある。 しかし、ちょっと汚い [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その52
  • にほんブログ村 この頃はTちゃんも精神的にピークだった。 世の中の貧困が解消された昭和60年代。バブルと呼ばれた時代に入ろうとしている中でド・貧困&痴呆の老人と子供の世話は本当に辛かったと思う。 あたしはあたしで、ヒマさえあれば空腹で泣いているばぁ〜ちゃんの好物と、必死に日々戦っているTちゃんの食料を万引きし続けた。 あたしには給食もあれば、仲間もいる。行動力もあるけど二人には何もないのだから・・ [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その51
  • にほんブログ村 病院代がかさみ食費に回すお金は、ほぼなくて卵すら買えなくなってきた。 当然、洋服なんて買えない。毎日、朝から晩まで制服姿で過ごしていた。 するとヤンキー仲間の一人が『私、3人姉妹だから要らない洋服がたくさんあるの、ぜひ着てくれない?』って沢山の洋服を持ってきてくれた。卵を茹でて持ってきてくれたり・・・ 仲間意識が強かったなぁ〜見返りを求めることなく(と、思ったあたしは甘いw 時 [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その50
  • にほんブログ村 カンパで入院費が払えたことにすっかり味をしめズブズブと不良少女の一員に。 仲間が万引きをする。主に洋服や化粧品。あたしも一緒に万引きをする。 | h・).。oO(なぜか一緒に万引きをしないと根性なしと袋叩きにされた一種の根性試しみたいなものだった あたしが万引きするのは主に『うなぎ』『おさしみ』絶対に食べ物(爆 『うなぎ』『おさしみ』は、ばぁ〜ちゃん『フライドチキン』『やきとりの缶詰 [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その49
  • にほんブログ村 ばぁ〜ちゃんの状態も完全に寝たきりになってしまった。 ある冬の事。ばぁ〜ちゃんが風邪をこじらせて入院した。栄養不足のせいもあるのかも? 入院費が支払えないとTちゃんが困っていた。なんとかしなきゃ。 牛乳屋さんと新聞屋さんに電話して働かせて欲しいと頼むが13歳じゃダメだと断られた。 この頃、不良仲間と良くつるんでいたので相談したら、カンパを回してくれた。思いのほかお金が集まりなん [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その48
  • にほんブログ村 中学に入ると自然に高校進学の話が出る。両親もいなく、食うに困っている貧困者が高校なんて行けるわけもない。 夢にすら思うこともバカバカしい まわりに心配する人も居ない。未来もない。13歳にしてお先は真っ暗。 自分で未来を創る事がまだわからなかったこの頃が一番不幸だったかもなぁ〜 昔から自分より弱いものにはまるで興味がなく自分より強いものに興味があった。 どうやってコイツを追い越そ [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その47
  • にほんブログ村 物事って?初めから100%負ける、出来ない!って自分で思ってしまったら、その時点で自分自身に負けていると思う。 相手と戦う前に、自分が自分に負けるなんて。自分に勝てない人が、果たして?物事に挑戦する意味がないのでは? 誰も信じなくて良い、自分だけは信じてみる。目の前にそびえる壁が、どんなに大きく、どんなに厚くても信念を持てば、超えられない壁は無いはず? 例え超えられなかったとしても [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その46
  • にほんブログ村 父親がいない・・・母親はどこに住んでいるのかわからず一緒に暮らしたこともない。両親と一緒に暮らしたことが無い。。。。 あまりに現実が辛くて幽体離脱しても現実は変わることがない。 学校でイジメられていることがTちゃんにバレてしまった。一番恐れていたこと・・・Tちゃんは泣きながら自分を責めた。 | T・).。oO(かわいそうに・・・毎日学校で、こんなにひどい目にあっていたの?なぜ言ってく [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その45
  • にほんブログ村 今までいじめられていても家族にバレるのは絶対に嫌だった。心配をさせてり、あたしの事で心を痛めてほしくなかった。毎日、なんとか穏便に過ごそうと反論、反撃を一切しなかった。 このイジメも、いつか飽きるだろう・・・いつかなくなるだろう・・・少しの望みをかけていた。誰が悪いわけではない。だけど、こんな現実を知られたら一生懸命に育ててくれているTちゃんやばぁ〜ちゃんに申し訳なくて・・・ [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その44
  • にほんブログ村 ある日、学校帰りにイジメの集団がいた。 いつものことなので悪口を言われたり、からかわれたりしてもスルー。 無反応のあたしにムカついたのかずっと後をつけてきてたらしい。あたしが家に入ってしばらくすると自宅に向かって、石を何個も投げ入れてきた。 | h・).。oO(イジメとは無関係の障害者のTちゃんと寝たきりのばぁ〜ちゃんが居るのに 台所のガラスが割れて寝ているばぁ〜ちゃんの顔に破片が飛 [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その43
  • にほんブログ村 ばぁ〜ちゃんは外に出るのが困難になったきたのか家に篭るようになった。 布団から、なかなかでない。一日喋りもしないで寝ている。そのうちに本当に寝たきりになってしまった。 下の世話が増えてしまいTちゃんも大変。Tちゃんは障害者で片手しか使えない。 あたしは中学生になった。相変わらずの貧困。入学する時に揃えるものを揃えるお金が無くてまた目立つ存在に。またまたいじめられる生活(トホホ [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その42
  • にほんブログ村 貧困ボロ家に似合わないご立派な仏壇を横目にばぁ〜ちゃんの痴呆は進んだ。 満腹という感覚が鈍っているのか?食べても食べても満腹にならない。 何度も食事の催促をしてさっき食べたでしょ?と言われるとこっそりと炊き立ての炊飯器を開けて手づかみでご飯を食べてみたり(火傷しても痛みに鈍いのが恐ろしい) ・トイレに行くのも間に合わなくなってきておもらしが増えてきた。 ・足元がおぼつかなくなり徘 [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その41
  • にほんブログ村 ある日、学校から帰宅するとTちゃんがものすごい勢いでばぁ〜ちゃんを怒っている。 よくよく見てみると?ばぁ〜ちゃんの部屋には、とてもとても大きな仏壇があった。 騙されたのか知らないけれど仏壇を購入してしまったらしい。それも、なんの断りもなくTちゃんの預金を全て使って キャンセルも出来ないらしくTちゃんの怒りはマックスに。ばぁ〜ちゃんを突き飛ばしたらよろけてしまって買ったばかりの仏 [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その40
  • にほんブログ村 ばぁ〜ちゃんの症状は、悪くなる一方でほぼ会話をしなくなった。 そのうちご飯を食べたあと、またご飯を催促するようになってきた。30分もするとご飯を催促す。 | ば・).。oO(ご飯はまだか? | T・).。oO(食べたでしょ? | ば・).。oO(まだ食べてないぞ? | T・).。oO(またぁ〜? 何を言っているのよ? そのうち、ばぁ〜ちゃんが隣の家に借金をしていることが判明。それも二千円くらいの金額をちょこち [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その39
  • にほんブログ村 モ〜のおじちゃんが保存が利く根菜類だけは持ってきてくれてた。 おかげで根菜類だけは困らずに済んだけど魚介やお肉などが食卓にあがる事はほぼなかった。 | h・).。oO(パチンコに使うお金を食卓に少しでも回して頂けたら・・・と、今は思うけど、子供の頃はわからなかった 食事のバランスどころではなく一日の栄養は、学校の給食頼りになっていった。 現代社会は、中年になってくると粗食が身体に良い [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その38
  • にほんブログ村 ばぁ〜ちゃんを病院に連れて行き即日入院、のはずが、身体拘束されるばぁ〜ちゃんを見ていられず自宅に連れて帰ったTちゃんとあたし。 家に帰ってすぐ、ばぁ〜ちゃんは眠りについた。あたしたちもクタクタだけど、本人はショックと絶望と不安で相当疲れたのだと思う。 これからどんな症状になるのか検討も付かないけど、改めてこの現実と向き合わなきゃいけないのだなぁ〜と思った。 夜になり、ばぁ〜ちゃん [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その37
  • にほんブログ村 東京都下に来て2年半。聞いたこともない地名に移転し心機一転、新たな会社に新入社員として入社してからすでに2年半・・・・ | h・).。oO(あっちゅう〜ま 自然に囲まれた生活に気持ちが落ち着いたのか?片意地を張らずに等身大で生きている。気持ち的に、とても楽になり穏やかな日々を過ごしている。 これから先の自分の人生、親との距離など色々と整理も出来てきた。前のあたしなら、ここまで過去を晒す [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その36
  • にほんブログ村 いつも生命に対して感謝するのはTちゃんを始め、様々な人に学ばせてもらっている影響が大きいのだと思う。常に真剣に、ピュアな心で生命と向き合っている人たちを目の前にして、あたしは下を向くことなく笑いあえるだろうか?小さなことでクヨクヨしてたり自分の我を我慢できなくて人とぶつかってしまったとき・・・ 仕事で壁にぶち当り、自暴自棄になり『辞めたいな』なんて安易に思ってしまった事もある。働 [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その35
  • にほんブログ村 ちょっと昔を思い出しながらの今の心境を・・・ 今から35年前ばぁ〜ちゃんの入院で身体拘束を初めて見ました。この頃は、子供だったこともありショックを受けてしまったけれど。。。 あれから縁あって色々な景色を見てきました。 障害者施設、精神病院の入院棟国立病院の小児科孤独死の現場などなど そこに流れている空気は『当たり前に』呼吸をしているような空気ではなく、ピリピリとした『当たり前とい [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その34
  • にほんブログ村 ベッドに拘束されているばぁ〜ちゃんの手足を縛っている包帯をほどいた、あたしとTちゃん。 当然、看護婦さんが飛んできて怒られた。でも・・・かわいそうで見ていられない。こんなの無理だよ、泣いているもん。。。 看護婦さんの罵声を背中で聞きながら一緒に連れて帰った。入院からたった半日で。 身体拘束 この当時、あたしは11歳で正直、大人の事情もわからずに感情だけで動いてしまった。 Tちゃ [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その33
  • にほんブログ村 今日からばぁ〜ちゃんが入院する。検査が終わったらそのまま病室に直行するらしいのでTちゃんとロビーで待っていた。 しばらく待つと入院の体制が整いました。と声をかけられたので病室に行ってみた。すると? ばぁ〜ちゃんがベッドに横たわっている。手首と足首がベッドの柵に包帯で縛られていた。動かしたり、どこかに行かないようにがんじがらめだ。 拘束が嫌なのだろう・・・縛られている手首を無理に動 [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その32
  • にほんブログ村 この当時、まわりに痴呆症の人がいなくて非常に情報が乏しかった。 一度でも聞いたことがあれば、この先の症状がどうなる?とか先がすこしでも見えるのだろうけど全く何もわからないのは凄く不安だった。 ばぁ〜ちゃんも、今までは自分のやりたいように生活してきたのに、いきなり行動制限?みたいにどこかに行こうとすれば止められるし監視下に置かれる日々。 ばぁ〜ちゃんは自分の思い通りにいかないのが [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その31
  • にほんブログ村 ばぁ〜ちゃんは血圧が高く2ヶ月に一度くらいのペースで医者に通っていた。 そういえば、最近は確かに口数が少ない。会話もなんだかおかしいような? ちょうど血圧の医者に行ったのでお医者さんに聞いてみると先生が質問をした。『住所』『名前』『年齢』 なんと住所が答えられない。嘘でしょ?名前は答えられたが、年齢も違っている。この時あたし11歳。 今から36年前にアルツハイマーなんて言葉もなく、 [続きを読む]
  • 想いの整理整頓。。。その30
  • にほんブログ村 兄貴が一人暮らしを始めてやっと平和が訪れるはずが? 母親の送金が遅れがちになってきた。毎月数百万を稼ぐ人が月に3万円の送金を遅らせる。 毎日電話で催促してもわざと?電話に出なかったり、送ると言って数日放置したり。家賃も払えず、居留守をすることを小学生で覚えた。 食べるものも買えず、閉店前のスーパーに駆け込みで入り、赤札の品を買う。ひとつのおかずを3人でわけあった。 Tちゃんもばぁ [続きを読む]