tomo爺 さん プロフィール

  •  
tomo爺さん: 四国発〜爺のジョンナラン川辺で
ハンドル名tomo爺 さん
ブログタイトル四国発〜爺のジョンナラン川辺で
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/anglers_house_01
サイト紹介文四国の川辺はシャングリラのハズでしたが、あえて今年はほぼ同意の?ジョンナラン川辺に変更。果たして、、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2007/05/18 14:55

tomo爺 さんのブログ記事

  • 6月18日マスターズ安田川
  • 今年も恒例の年中行事であるマスターズ参加者の顔ぶれも概ねいつも同じで高齢化社会を反映した参加者の大会ですまた、メインイベントのお楽しみ抽選会をやめて、参加賞に重きを置いてこれも、ゴールラインはみんなで手を繋いでみたいな今の社会状況をを反映したような仕組みなった感じですねー。ただ爺は抽選会で良い思いをしたことが無いのリベンジの機会を逃したことは悔いが残ります。マスターズ事務局様もう一度爺にチャンスを [続きを読む]
  • 6月1日 仁淀川解禁日
  • 今年の6月1日は仁淀川です。前日は物部でチョコット22匹取り込みその足で仁淀入り先ずは片岡下の川原に車を下ろして焚き火用の枯れたもうそう竹を2本切り出しましたかなり疲れましたがこれで焚き火をしながら明日の夜明けを待つことが出来ますあたりも暗くなって至福の時間が訪れますが、至福の時間はここまで、ここからは試練の時間が訪れ、朝3時半から行動するも釣果は厳しい結果になお、画像もスマホのカメラのレンズが曇 [続きを読む]
  • 5月25日物部川
  • 今日もいつもの仁尾島へ先客は一人今日もやりたい放題やけど、鮎のご機嫌はイマイチ小雨模様のこの天気が影響しているのかな?水温の上昇もなく午前中は9匹午後からはポインツを波立ちに絞ってどうにか27匹トータル36匹でした最大16センチ、まあ形は揃っていましたそして、鮎は沢山見えるので条件がよければ爆の期待が、、、、 [続きを読む]
  • 5月19日 物部川
  • 解禁日撃沈の物部川漁協の情報では遡上も芳しくなく今年は絶望的観測でした。が、その情報は嘘でした今日の物部川は鮎も沢山、底石も綺麗に磨かれて例年通りいや例年以上に鮎は居る雰囲気ですで、釣果は9時から16時までで最大21センチを含む50匹解禁日に掛かったような小鮎はほとんど掛からず全く解禁日とは違う川のようでした。春先から渇水が続いていたところに解禁日前の大雨で解禁日は鮎がどこかに逃げていたのでしょう [続きを読む]
  • 5月15日 物部川解禁
  • 今年もやってきました、ブログ更新の時期が?場所は例年通りの物部川の仁尾島これまた例年通りマチウとやらで前夜祭を開催してのお決まりのパターンで事が運んで竿を出したのが5時過ぎからしばらくして今年は初の鮎は14センチくらいの口掛かり6時までには小型ながら3匹このペースならまずまずかなと思ってましたが日が昇り気温水温も上がってくると当たりもピッタっと止まって沈黙タイムに突入しそのまま昼過ぎにジエンドでし [続きを読む]
  • 9/25 金○川で300匹超
  • 今日、金○川で約350匹の鮎を焼き、近隣の方に振る舞うイベントを開催しました。<主催>爺の釣りクラブも構成団体として名を連ねる「金○川ラ爺ーズ」 「金○川LOVERS」の行事として開催<経緯、目的など>身近の金○川に美味しい鮎が生育していることを、われわれクラブの会員が認○症になる前に流域の皆さんに認知していただくことと、鮎の放流事業に賛同し寄付でもいただければという下心もあったのですが、、、、。<運 [続きを読む]
  • 9/25 金○川で300匹超
  • 今日、金○川で約350匹の鮎を焼き、近隣の方に振る舞うイベントを開催しました。<主催>爺の釣りクラブも構成団体として名を連ねる「金○川ラ爺ーズ」 「金○川LOVERS」の行事として開催<経緯、目的など>身近の金○川に美味しい鮎が生育していることを、われわれクラブの会員が認○症になる前に流域の皆さんに認知していただくことと、鮎の放流事業に賛同し寄付でもいただければという下心もあったのですが、、、、。<運 [続きを読む]
  • 9月4日 有田川
  • 今日は和歌山県の有田川から、、 ペガサスセブンの大会に参加しました。ちなみに爺は鮎釣の師匠であるIさんとは初代のペガサスセブン機を通じ、三十数年前に知り合ったので、遠くの地で開催される大会とはいえ、何かご縁を感じる大会です。参加者はじょんならんtomo爺迷人、高橋祐次氏、島啓悟氏、井川弘二郎氏をらを含めて60名程度、相手にとって不足のないメンバーですが競う大会ではありません。抽選で二人一組のペアを [続きを読む]
  • 9月4日 有田川
  • 今日は和歌山県の有田川から、、 ペガサスセブンの大会に参加しました。ちなみに爺は鮎釣の師匠であるIさんとは初代のペガサスセブン機を通じ、三十数年前に知り合ったので、遠くの地で開催される大会とはいえ、何かご縁を感じる大会です。参加者はじょんならんtomo爺迷人、高橋祐次氏、島啓悟氏、井川弘二郎氏をらを含めて60名程度、相手にとって不足のないメンバーですが競う大会ではありません。抽選で二人一組のペアを [続きを読む]
  • 8月23日 吉野川
  •  今日もいつもの生コン瀬です。 10時川に下ります。先行者は約10人といったところですが、止まっている車のナンバーが、神戸、河内、静岡、福山、以前は町内の方ばかりでしたがすっかり鮎師の顔ぶれも様変わりしています。 大鮎が望める下流も竿が2本見えますからすでに一杯で入る余地は無さそうなので、車止めの前付近から始めます。午前中は11匹。 ゆっくりと休憩を取るのですが、なぜか爺より先に竿を出しているはず [続きを読む]
  • 8月23日 吉野川
  •  今日もいつもの生コン瀬です。 10時川に下ります。先行者は約10人といったところですが、止まっている車のナンバーが、神戸、河内、静岡、福山、以前は町内の方ばかりでしたがすっかり鮎師の顔ぶれも様変わりしています。 大鮎が望める下流も竿が2本見えますからすでに一杯で入る余地は無さそうなので、車止めの前付近から始めます。午前中は11匹。 ゆっくりと休憩を取るのですが、なぜか爺より先に竿を出しているはず [続きを読む]
  • 6月21日 支流しかないなー
  •  大雨警報です 釣りになる場所などなさそうですが、休みなのでフラフラ出かけてみました。午後からは雨も上がるそうなので支流に入れば何とかなりそうです 取り合えずこんな処に下りました ほんの薄い笹にごり、アメゴなら絶好のコンディションに見えます。 しかしここで大問題発生、日曜日にウエーダーを濡らしてしまいまだ乾いていなかったので、数年間納戸に眠っていたナイロンウエーダー持ってきましたが、履いたらソール [続きを読む]
  • 6月21日 支流しかないなー
  •  大雨警報です 釣りになる場所などなさそうですが、休みなのでフラフラ出かけてみました。午後からは雨も上がるそうなので支流に入れば何とかなりそうです 取り合えずこんな処に下りました ほんの薄い笹にごり、アメゴなら絶好のコンディションに見えます。 しかしここで大問題発生、日曜日にウエーダーを濡らしてしまいまだ乾いていなかったので、数年間納戸に眠っていたナイロンウエーダー持ってきましたが、履いたらソール [続きを読む]
  • 6月19日 安田川マスターズ
  • 今日はマスターズ予選です。予選通過で揖保川大会に参戦し、東○醤油で揖保の糸喰うぞー<ダイワ鮎マスターズ2016 四国地区大会結果>開催日: 2016年6月19日(日曜日)開催場所: 安田川(高知県天候: 曇りのち雨気温(水温): 24度(水温19.5度)参加人数: 151名(決定戦シード選手3名含む)レディス賞: 三木純子選手シニア賞: 平田忠幸選手で、結果は泣きの19位あと1匹でそうめん喰えた位置でした [続きを読む]
  • 6月19日 安田川マスターズ
  • 今日はマスターズ予選です。予選通過で揖保川大会に参戦し、東○醤油で揖保の糸喰うぞー<ダイワ鮎マスターズ2016 四国地区大会結果>開催日: 2016年6月19日(日曜日)開催場所: 安田川(高知県天候: 曇りのち雨気温(水温): 24度(水温19.5度)参加人数: 151名(決定戦シード選手3名含む)レディス賞: 三木純子選手シニア賞: 平田忠幸選手で、結果は泣きの19位あと1匹でそうめん喰えた位置でした [続きを読む]
  • 6月17日 水のきれいな放流河川で、、、
  •  6月も中盤となり放流河川の情報も入ってきた。 6月15日に解禁した四万十川上流の某梼原川でなんと100匹超えの釣果も。こんな情報を聞いてしまうと、、、、こ、これはもう放流河川に行くしかない、という気になってしまったので、今日はちょいと頑張って水のきれいな放流河川まで来てしまいました。 あまりにも水が綺麗なので岩の上で追う黄色い鮎がハッキリ見えます。一発で追ってはきませんでしたが、囮鮎と追いかけっ [続きを読む]
  • 6月17日 水のきれいな放流河川で、、、
  •  6月も中盤となり放流河川の情報も入ってきた。 6月15日に解禁した四万十川上流の某北川でなんと100匹超えの釣果も。こんな情報を聞いてしまうと、、、、こ、これはもう放流河川に行くしかない、という気になってしまったので、今日はちょいと頑張って水のきれいな放流河川まで来てしまいました。 あまりにも水が綺麗なので岩の上で追う黄色い鮎がハッキリ見えます。一発で追ってはきませんでしたが、囮鮎と追いかけっこ [続きを読む]
  • 6月10日 安田川
  •  梅雨の合間の良い天気、これはもお安田川に行くしかありません。とういことで安田川に着いたのが6時過ぎ。 7時過ぎにはバーク前(通称オーサンビュー)に下りました。 早くも蒸し暑い。水も良い感じなので、開始早々入れ掛かりのハズでしたが、これがどうしてウンともスンともいいません。一級ポイントなので徐々にオーサン(人のことは言えませんが)増えてきます。しかし爺も回りのオーサンも竿が曲がりません。10時頃までウ [続きを読む]
  • 6月10日 安田川
  •  梅雨の合間の良い天気、これはもお安田川に行くしかありません。とういことで安田川に着いたのが6時過ぎ。 7時過ぎにはバーク前(通称オーサンビュー)に下りました。 早くも蒸し暑い。水も良い感じなので、開始早々入れ掛かりのハズでしたが、これがどうしてウンともスンともいいません。一級ポイントなので徐々にオーサン(人のことは言えませんが)増えてきます。しかし爺も回りのオーサンも竿が曲がりません。10時頃までウ [続きを読む]
  • 5月3日 吉野川
  • ホームグランド吉野川の解禁です ココ最近あんまり芳しくない吉野川、果たして今年は? 例年当たり前のごとく芳しくない。そして漁協はなんら竿漁に関する対策をしない。硬直化した漁協の体質が見え見え。遊魚券を見に来ることも無いし、見にきたら文句の一つも言えるがそれも無い。そして鑑札の値段がとんでもなく高い。客観的にみても爺のポイント辺りなら竿漁ならタダでも良いと思うが1マンエンもする遊魚料金。鑑札を買う必 [続きを読む]
  • 6月1日 安田川解禁
  • 安田川の解禁日 安田の解禁日は昭和の香りがする頃に3回くらい来た事あるけれど、釣り人が多かったなー。お祭り騒ぎで、運動会みたいに昼ごろには奥さんが重箱に入ったお弁当を川原にデリバリー、昼間から宴会みたいな感にだったが、平成のいまどきそんな奥様も居ないし、ましてやそんなことを頼む怖いもの知らずの鮎師も、もう居ないでしょう。 まあ解禁日の人出は今も同じだと思うので、前日に入って場所取ですがその前に通り [続きを読む]
  • 6月1日 安田川解禁
  • 安田川の解禁日 安田の解禁日は昭和の香りがする頃に3回くらい来た事あるけれど、釣り人が多かったなー。お祭り騒ぎで、運動会みたいに昼ごろには奥さんが重箱に入ったお弁当を川原にデリバリー、昼間から宴会みたいな感にだったが、平成のいまどきそんな奥様も居ないし、ましてやそんなことを頼む怖いもの知らずの鮎師も、もう居ないでしょう。 まあ解禁日の人出は今も同じだと思うので、前日に入って場所取ですがその前に通り [続きを読む]
  • 物部川(4回目) 5月26日
  • さてさて今日も雨の中仁尾島に降ります。先客は無く爺一人いつも通り8時前から竿だし、オトリが替わるのは9時頃かなと思っていたら8時半にオトリが替わってボチボチ追加していきますが、解禁日に比べると型がやたらと良くなっています。ペースは遅いものの順調に引き舟の鮎を増やしていると事件が。仁尾島上手の中州に立って右岸側を狙っているとグルッと当たった鮎はギュインと瀬を切って右岸側から左岸側に猛烈走ります。これは [続きを読む]
  • 物部川(4回目) 5月26日
  • さてさて今日も雨の中仁尾島に降ります。先客は無く爺一人いつも通り8時前から竿だし、オトリが替わるのは9時頃かなと思っていたら8時半にオトリが替わってボチボチ追加していきますが、解禁日に比べると型がやたらと良くなっています。ペースは遅いものの順調に引き舟の鮎を増やしていると事件が。仁尾島上手の中州に立って右岸側を狙っているとグルッと当たった鮎はギュインと瀬を切って右岸側から左岸側に猛烈走ります。これは [続きを読む]
  • 5月24日 物部川
  • 今日も物部ですネコオトリ店でオトリを仕入れ下流に向かいます。先週のサンジュウダイは型がこまかったので今日は仁尾島かなと思っていたら、昨日ここで某名人が良型を抜いたという情報が回覧板(ライン)で回っていて7時過ぎなのに早くもこんな車が魔のXTがすでに停まっています。爺が川に下りたのは8時前。しかしなんのコンタクトも無く1時間以上音なしで、やっとオトリが替わったのが9時過ぎ。上に魔の御仁がハイペースで掛けて [続きを読む]