キング登山 さん プロフィール

  •  
キング登山さん: ココペリ的ココロ
ハンドル名キング登山 さん
ブログタイトルココペリ的ココロ
ブログURLhttp://k1ng.seesaa.net/
サイト紹介文酒と美食をこよなく愛する読書家バーテンダーの日常
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供653回 / 365日(平均12.5回/週) - 参加 2007/05/20 14:30

キング登山 さんのブログ記事

  • 弁護士が怖い!
  • ごね得のまかり通る不正義の国アメリカの訴訟亡国ぶりを解剖した真アメリカ論。アメリカの訴訟に係わる費用は国防費総額の3倍以上。弁護士総数90万人は米軍人170万人に次ぐ大勢力。弁護士にとって最も大切な才能は相手を丸め込む弁舌。常識や正義よりも金儲けを優先するアメリカの流儀を見抜き、覚悟をもって備えよ、と啓蒙する。(文春文庫)ビル・ゲイツ王国は訴訟で武装した要塞/アメリカでは弁護士をこけにするジョークが最も受 [続きを読む]
  • すべては感情が解決する!
  • すぐ怒ったり、何かとイライラしている人は、不快感情への耐性力(感情免疫力)が低いからだという。他人の感情に巻き込まれず、自分の感情もコントロールする心の整理法のヒントが伝授される。(青春文庫)どっちでもいい、は言わない/はりあわず肯定してみる/今まで放置していたモノと向き合ってみる/善は急げ/現実、事実、真実と向き合う/押してもダメなら引いてみる/信じてきたものから方向転換すべきときがある/いつもより [続きを読む]
  • 烏金
  • 因業な金貸し婆のもとにいながら、借金苦の市井の人々を知恵で救う浅吉。商売の知恵、ちびっこギャングの更正、恩を忘れないカラスたち・・・読みどころ満載。人助けばかりの浅吉に良いことが訪れる続編をぜひ読んでみたい。(光文社文庫)烏金は、明烏のカァで借り、夕方のカァで返すことからこう呼ばれる/幕府は盲人お救いの建前で高利貸を認めていて、それが座頭金/ [続きを読む]
  • 鶏団子の照り焼き
  • 鶏挽き肉250gに塩小1/3を入れよく混ぜる。長ネギ5cmくらいみじん切り、卵1コ、生姜少々、醤油小1/2、片栗粉大2を加えよく混ぜる。酒大1/2を加え、団子をつくり、熱湯で7〜分茹でる。軽く焼いて、醤油、みりん、酒各大1.5、砂糖大0.5を混ぜたタレをからめ煮詰める。 [続きを読む]
  • 夢の話
  • お客さんがメニューを見ながら「算数と英語で」とオーダー。ボクは迷わず赤ワインとグレンリベットを供していた。国語って言われたら何を出してたかな? 日本酒か山崎かな(^-^)本日のメニュー予告は、鶏団子、マカロニサラダなど。 [続きを読む]
  • サムライせんせい 1〜4
  • 幕末の獄中から現代日本へタイムスリップした武市半平太。現代文明に衝撃を受け、まわりに馴染めず困惑するも、武士の気概は揺るぎない。すでに現代に馴染んでいた竜馬、岡田以蔵も登場。タイムスリップしてきた者の苦悩と、係わる現代人の反応に、思考が刺激される。(リブレ出版)子供を見捨てる大人がおるか/男が無闇に泣くな/ [続きを読む]
  • 気にしない練習
  • 仏教的視点から、心穏やかに過ごすヒントを紹介する。自己肯定感、物事への関心、変化を楽しむ心を底流に、余計なものを捨てていこう。(知的生きかた文庫)父よ、言いたいことはハッキリ言え。母よ、言いたいをそのまま言うな/長男よ、嫌なら嫌と言いなさい。次男よ、嫌でも少しは我慢してやりなさい/年を取ることは、許せることが増えること/後悔の数だけ正直者に近づいていく/孤独はいいけど孤立はいかん/損得は経済以外で使 [続きを読む]
  • 下町呑んだくれグルメ道
  • B級グルメへのこだわり溢れるエッセイ集。「寺内貫太郎一家」の小料理屋で女将の篠ひろ子とカウンターで渋く飲み藤竜也と塩辛、中村主水とめざし、懐かしい。煮込みは森下の山利喜だな。ガーリックトーストと合うのだ。(河出文庫)クジラの肉には一級から四級まである/クジラは歯クジラと鬚クジラに分類され・・・鬚クジラの方が食用に適してる/ [続きを読む]
  • 帝国憲法の真実
  • 日本国憲法草案を作成したGHQ民政局局長の英語は、白洲次郎に見下されるほど酷かったらしい。だから、その直訳の日本国憲法前文が、極端に不自然だったんだ。憲法とは国体のこと。条文だけがすべてではない。歴史・文化・伝統に根差した議論こそ必要だ。死刑を前提としている無責任な日本の最高裁は、地球の重さ<人の命<日本国憲法<アメリカ占領軍、こう考えている。日本国憲法は、日本を敗戦国のままにしておく仕掛け。無制限 [続きを読む]
  • 球場三食 1
  • 1日3食すべてを球場で調達する、さすらいの観戦人。野球愛あふれる球場飯漫画。球場グルメに加え、野球蘊蓄も楽しい。神宮球場「ルウジャパン」のソーセージ・メガ盛り、西武ドーム「竹國うどん・そば」の手打ち武蔵野うどん、マツダスタジアム「むさし」の肉うどん、東京ドーム「肉の万世」のホームラン万かつサンド、食べたい!藤井寺球場編も収録。(講談社)東の浅草寺、西の葛井寺(ふじいでら)・・・藤井寺という地名の由来/ [続きを読む]
  • 俺物語!! 12〜13
  • ひねくれ田中の心を開かせた猛男。男相手の対人スキル高いな。父親の転勤でスペインにいった大和と猛男は遠恋。ぶれない漢っぷりの猛男と大和の恋の結末は感動の大団円を迎える。(集英社)本当にどうしようもなく悪い奴なんて、そんなにいねぇんだ、たぶん/ [続きを読む]
  • スイカの香り
  • 昼間、道ですれ違った女性からスイカの香り。お客さんに話したら、そういう香水があるとのこと。ちなみに、香水の濃度が高い順に、パルファム、オーデパルファム、オードトワレ、オーデコロンと言うそうです。パン、缶詰をいただいた。ありがと。本日のメニュー予告は、鶏大根煮など。 [続きを読む]
  • 爆発的進化論
  • 生命の変化は常に一定ではなく、爆発的な進歩を遂げる奇跡的な瞬間が存在した(カンブリア爆発)という。水の中でも肢は進化できる、恐竜が絶滅したというのはやめるべき、脳が小さくなるような進化もありうる等々、目からウロコの最新生物学講座。(新潮新書)ウナギは顎口類、ヤツメウナギは無顎類/カサガイの糸のような歯は、歯舌といって、磁鉄鉱という金属が使われている/オッカムのかみそり・・・いくつか仮説があるときには、 [続きを読む]