精神世界の鉄人 さん プロフィール

  •  
精神世界の鉄人さん: 精神世界の鉄人
ハンドル名精神世界の鉄人 さん
ブログタイトル精神世界の鉄人
ブログURLhttp://ameblo.jp/tomaatlas21/
サイト紹介文UFOやチャネリング、前世、ソウルメイト、霊魂など、著者の不思議な体験談です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供259回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2007/05/21 17:13

精神世界の鉄人 さんのブログ記事

  • 戦いを終わらせた日
  • 先日、近所の神社に、参拝に行きました。 現在の私は、あまり欲が無くなったのか、願い事も、だんだん少なってきて、自分の夢や願いよりも、 「世界が、このまま、平和でありますように!」 というような、社会全体に関する願掛けが、多くなっています。 参拝しながら、木の上で鳴いているセミ、それから、拝殿の中で、昼寝をしている猫ちゃんなどを見ながら、 「今、この平和を、壊してはいけない…」 と、強く思いました。 [続きを読む]
  • 第二次世界大戦の真相
  • ご存知のように、私は、現在、宇宙考古学的な視点から、古代文明を探索しています。 そして、全国でも、この内容のセミナーを開催しています。 今までに、たくさんの方が、受講されていますが、話を聴いた方たちは、気が付いたと思うのですが、古代文明は、現在の政治や経済に、とても大きな影響を与えているということです。 古代と現代は、完全に繋がっているのです。 すなわち、現代の国際情勢や軍事などの真相を知りたかったら [続きを読む]
  • 戦争を知らない子供たち
  • 明日は、「終戦記念日」ですね。 テレビでも、連日、「戦争」に関する特番をやっていますね。 観た方も、多いと思いますが、昨日は、池上彰さんの番組で、「特攻隊」について、特集を組んでいましたね。 あの番組を観ていたら、また、戦争についてのブログを書きたくなってきました。 現在、世界情勢が、また混乱しているようです。以前と違い、世界情勢は、日々、コロコロ変わっているようです。だから、常に、ニュースには、目 [続きを読む]
  • アセンションペンダントのオーラ写真
  • 「不思議なペンダント、アセンション」の話題です。新しい読者の方も、増えたようなので、再掲載させていただきます。このペンダントを紹介してから、10以上年になりますけど、いまだに身につけた方たちからの感動のメールが、届きます。このペンダントは、太陽エネルギーがエネルギー源らしいので、たまに、日光に当てるようにしてください。しばらく着けていると、効果を感じにくくなってきますが、少し身体が、慣れてきたせい [続きを読む]
  • 札幌セミナー 〜地球文明〜
  • 北海道の皆さん、お待たせしました〜! いよいよ、札幌でも、大人気のセミナー、「地球文明」を開催します。北海道では、この内容は、初めての開催になります。 北海道にお住いの方で、地球文明や宇宙考古学に、興味のある方、ぜひ、ご参加ください。 参加をご希望の方は、お早めに、私、トーマまで、メールくださいね。 <札幌セミナー 〜地球文明〜> 〇日時:2017年9月3日(日)13時45分(受付開始) 14時00 [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー エピローグ
  • 「九州プラネットツアー」を、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回のメインテーマは、「世界樹(扶桑樹)」だったのですが、これの魅力が、伝わったと思います。 これからは、国内は、モチロンですが、海外にも、これらの超巨木の痕跡を見に行きたいです。 今年中には、沖縄県の久米島にも、これの痕跡を見に行くつもりです。 火山など全くない、サンゴ礁でできた久米島にも、このような痕跡が残っている [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー 10 青島
  • 今回の九州の旅、最終地は、「青島」でした。 私は、今回の旅で、初めてこの島のことを知りました。日本国内でも、まだまだ知らない所、こんなにたくさんあったのですね。 この小島が、「青島」です。長い道を、歩いて島に向かいました。 ちなみに、この島を、空から撮影した航空写真です。 私には、この緑の部分が、「プロビデンスの目」に見えます。 歩いていて、周囲の海岸を見て驚きました。 「ウワー!」 「すっ、 [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー 9 鵜戸神宮
  • 「潮嶽神社」で、私たち5人は、いったん解散しました。 それから、原田さんと私の二人で、「鵜戸神宮」に向かいました。 とても暑い日で、シャツやズボンが、汗でベトベトになりました。 着きました。立派な石碑ですね。 「鵜戸神宮」と書かれていますね。 「鵜戸神宮」という名前の「鵜」は、「ウキペディア」によると、 「ウド」は、空(うつ)、洞(うろ)に通じる呼称で、内部が空洞になった場所を意味し、祭神名の [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー 8 隼人族
  • 7月27日(水)は、九州の旅の最終日でした。 宮崎市内のホテルに、原田さんという方が迎えに来てくれました。前日に、初めてお会いしたのに、翌日に、車で一日中案内してくれたのです。地元の方で、車を運転していただける方がいると、とても助かります。 原田さんは、私と同じ世代なので、話題も合って、とても楽しいドライブになりました。 車内では、「ゴダイゴ」のアルバムを聴きながら、いろいろな会話をしました。 「ガ [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー 7 西都原古墳群
  • 「大御神社」の後、「西都原古墳群」に向かいました。 もしかしたら、中学の頃の修学旅行の時に、こちらにも、立ち寄ったかもしれません。 記憶が、あいまいなのですが、もしもそうだったら、ここは、今回で2回目の訪問になります。 修学旅行の時には、お土産に、「埴輪」の人形を買いました。 私は、あの頃から、縄文時代や弥生時代などの、古代文明が好きだったのかもしれません。 「西都原古墳群」に着きました。 「西 [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー 6 大御神社
  • 宮崎県を訪問するのは、2回目です。 最初は、中学の頃の修学旅行でした。九州の長崎県から、佐賀県、大分県、宮崎県、鹿児島県を、往復の船旅を含めて、1週間の日程でした。 その時に、いくつかまわったのですが、どこをまわったのか、あまり覚えていません。 たしか、現在は、閉園したようですが、「宮崎サファリパーク」という所に、立ち寄ったと思います。 今回は、宇宙考古学など、いろいろ勉強した後の訪問だったので、とて [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー 5 高千穂
  • 宮崎県の高千穂にも行きました。 これまで、何度か行こうと思ったのですが、なぜかタイミングがあわずに、行けなくなることが、多かったのですが、今回、ようやく、念願が叶い、行くことができました。 やはり、全てのことは、完璧なタイミングで起こるのかもしれません。 今回は、「世界樹」のことを知った後だったので、「高千穂」という土地を、とても楽しむことができました。 延岡駅からバスに乗り、高千穂まで行きました [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー 4 伐株山
  • 7月23日(日)は、一日中、福岡市の博多で、私の主催した、「地球文明」のセミナーと懇親会でした。 夜遅くまで、いろいろなことを語り合いました。参加された皆さん、お疲れ様でした。 翌日の24日(月)は、博多のバスターミナルから西鉄バスで、大分県日田に向かいました。 途中で、友人のエナちゃんが、天神から乗ってきて、合流しました。 それから、朝倉インター口で降りると、金城さんが車で待っていてくれました。 金 [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー 3 芥屋の大門
  • 前回の世界樹の話、またまた大反響ですね〜。この話題は、何回書いても、たくさんの人の心に響くみたいです。 7月22日(土)は、午前中から、福岡県糸島市の筑前前原駅に向かいました。 駅前で、この日、いろいろ案内していただくことになった、びわっちさんたちが、車で迎えにきていただきました。 それから、皆でランチしました。 糸島で有名な料理旅館、「僧伽小野一秀庵」に行きました。なかなか予約も取りにくいお店だそ [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー 2 世界樹
  • 旅行記の本番に入る前に、予備知識として知っておいたほうがいい内容を、おさらいの意味で、再掲載しますね。 そのほうが、後の旅行記が、より楽しめると思うので。 子供の頃から、植物、特に樹木が好きでした。 大人になった今でも、神社などで、巨木があると、すぐに抱き着いたり、手で触れたりすることが、大好きです。 地球という星は、「惑星」ですね。 「惑星」とは、英語では、「planet」です。 これは、ある本で読んだ [続きを読む]
  • 九州プラネットツアー 1 人の輪
  • 先月、福岡でのセミナーの後、九州を旅行しました。とても楽しかったです。今回も、その時の体験を、旅行記としてまとめてみようと思います。 7月21日(金)の夕方から、東京の品川駅から、新幹線で博多駅に向かいました。 飛行機ではなく、新幹線にしたのは、この長い時間の間に、ゆっくり読書したくなったからです。 お気に入りの古代文明の本を、じっくりと熟読することができました。 宇宙考古学を、真剣に学び始めて、3 [続きを読む]
  • アセンションペンダントの体験談集
  • 新しい読者の方も、たくさん増えたので、また紹介させていただきます。「不思議なペンダント・アセンション」の話題です。このペンダントの体験談が、たくさん届いているのですが、その中から、掲載許可をいただいたものを、シェアさせていただきます。これは紹介して、もう10年になりますが、ずーっと静かなロングセラーを続けています。このペンダントに惚れ込んで、「このペンダントを、ぜひ、世界中に広げましょう!」と言っ [続きを読む]
  • 宝探し
  • 大好きなバシャールのメッセージを、また紹介しますね。 バシャールが、この世界のことを、面白い比喩で表現した話に、「宝探し」の話があります。これは、「バシャール」の本に、書いてあったのですが、私なりの味付けを加えて、紹介します。宇宙存在、バシャールによると、私たち肉体をもった人間は、ちょうど、潜水服を着ている、「潜水士」のような存在だそうです。海の上に船を停めて、海底まで潜水して、いろいろな作業をし [続きを読む]
  • 伊勢ヒストリーツアー エピローグ
  • 「伊勢ヒストリーツアー」、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回の旅行も、自分の一番ワクワクすることを、やっただけですが、結果として、最高に素晴らしい旅行記になりました。 現在は、こうやって、ワクワクしながら学んだことで、セミナーを開催したりして、いつのまにか、それが、仕事になっています。 そして、それで、十二分に生活もしています。 「大好きなことを仕事にする」 これは、実は、難しいこ [続きを読む]
  • 伊勢ヒストリーツアー 8 お蔭様
  • 伊勢の旅の最後は、「伊勢神宮」の「内宮」でした。 この日は、平日だったので、それほど人は、多くなかったです。 御祭神は、「天照大御神」と書かれています。 私は、この神様の正体も、「キリスト」だろうと推測しています。 「日の丸」が、掲げられていました。 日本の国旗である、「日の丸」の旗は、「円」と「長方形」の組み合わせですが、この二つは、「コンパス」と「定規」で描けますね。 実は、これも、「フリーメー [続きを読む]
  • 伊勢ヒストリーツアー 7 キリスト
  • 「イエス・キリスト」について、今までに書いたことを、簡単にまとめてみますね。 この歴史的なヒーローには、謎が多く、全てのことがわかるのは、まだまだ先かもしれません。 それでも、ここ数年は、ある程度のことが、わかってきています。 ある本で読んだのですが、実は、「猿田彦」という人物は、「イエス・キリスト」でもあったという説があるそうです。「猿田彦」という人物については、様々な説がありますが、話が長くな [続きを読む]
  • 伊勢ヒストリーツアー 6 設計者
  • 前回の話題の続きです。 映画、「メッセージ」の中に出てくる、「黒い半月型のUFO」が、このファミリーの父親である、「アヌ王」が、シェイプシフトした姿なんじゃないか?」 という話をしましたね。 実は、気が付いた方もいたと思いますが、この映画の中に、前述の二人の兄弟、「エンリル」と「エンキ」が出てくるのです。 このシーンです。 雲の中から、二体の宇宙人が姿を現しますね。 二体の「タコ坊主」みたいな宇宙人が [続きを読む]
  • 伊勢ヒストリーツアー 5 月の神様
  • 旅行記の続きです。 伊勢神宮の「外宮」の近くには、「月夜見宮」があります。 ここも、「豊受大神」が、祀られているようです。「イナンナ」ですね。 鳥居をくぐって、参道を進んでいきました。 ちょっと歩くと、すぐに拝殿がありました。ここでも参拝しました。 御祭神が、「月夜見尊」と書かれていますね。 これを、私の独特でユニークな解釈で、ひも解いてみましょう。 この名前は、私の頭の中では、すぐに、 「夜の [続きを読む]
  • 伊勢ヒストリーツアー 4 愛の国
  • 超古代文明の本を読んでいると、しばしば、「レムリア」や「ムー」、そして、「アトランティス」という文明が登場します。これらについては、たくさんの説があるのですが、文字による文献が少ないので、想像するしかないです。地球文明というのは、大まかな流れとして、「カジラル」→「レムリア」→「ムー」→「アトランティス」こういうかんじで、進んでいったようです。「カジラル」とう名前は、ほとんどの方が、聞いたことがな [続きを読む]
  • 伊勢ヒストリーツアー 3 豊穣の女神
  • 前回、「アヌンナキ」の宇宙人ファミリーの中の、「アヌ王」と呼ばれている、太古の地球における、最高位の王様の話をしましたね。 その続きの話も、再度、簡単に書いておきます。 このファミリーが、地球の歴史では、とても重要なのです。なぜなら、「人類創世」に、関わったからです。これも、シュメールの粘土板に描かれた、「アヌンナキ」のファミリーが、人間を創っている場面です。 この一族については、様々な説があ [続きを読む]