精神世界の鉄人 さん プロフィール

  •  
精神世界の鉄人さん: 精神世界の鉄人
ハンドル名精神世界の鉄人 さん
ブログタイトル精神世界の鉄人
ブログURLhttp://ameblo.jp/tomaatlas21/
サイト紹介文UFOやチャネリング、前世、ソウルメイト、霊魂など、著者の不思議な体験談です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2007/05/21 17:13

精神世界の鉄人 さんのブログ記事

  • 愛知シークレットツアー エピローグ
  • たくさんの感想メール、ありがとうございます。今回の旅も、大反響でしたね。 さて、私が、「大縣神社」を訪れた時、境内では、「梅まつり」というイベントをやっていました。 梅の花が、咲き乱れていました。最高に綺麗でした。 綺麗な花は、どんな人の心も癒しますね。 梅の花で、ピンクに染まった小路を、いろいろなことを考えながら、散歩しました [続きを読む]
  • 愛知シークレットツアー 9 日本人の起源
  • 「青塚古墳」には、実は、持ち主がいるという話を聞きました。 「大縣神社」が、その管理者であり、オーナーだというのです。 以前に紹介した、「男根信仰」で有名な「田縣神社」とは、セットになっているようです。 あちらに、「男性の生殖器」を模した岩があるように、こちらには、「女性の生殖器」を模した岩があるそうです。 この神社は、当初の予定にはなかった場所ですが、なんとなく、流れで行く [続きを読む]
  • 愛知シークレットツアー 8 桶
  • 前回の記事も、大反響でしたね。 たくさんのメールも、ありがとうございます。 いつものように、多すぎて、全員には返信できませんが、いろいろな貴重な情報にも、感謝します。 旅行記の続きです。 旅の最終日には、友人の女性、Nさんと、「青塚古墳史跡公園」にも行ってきました。公園の中に、古墳がある所です。 さっそく、記念撮影です。 大きいです。  [続きを読む]
  • 愛知シークレットツアー 7 魔法
  • 今回の旅行記も、大反響ですね。 ここからが、地球文明の歴史における、核心中の核心です。 「熱田神宮」の「こころの小路」を出て、帰り道、ふっと目に留まったのが、この塀でした。 同行のSさんが、 「ああ、これは、織田信長が関係していたものですよ」 こう言ったので、案内板を読んでみました。 「信長塀」というのですね。 信長が、「桶狭間の戦い [続きを読む]
  • 愛知シークレットツアー 6 クローン
  • 前回の続きの話です。 「熱田神宮」の参道を遠い抜け、鳥居もくぐりました。いよいよ、ここから、本丸に突入します。 拝殿で参拝した後に、記念撮影しました。 境内の地図を見ると、「一之御前神社」がありました。 同行してくれた、Sさんによると、この奥宮の横に、「古墳」があり、何やら、タダならぬ気配を、醸し出しているとのことでした。 「心の小径(こみち)」の [続きを読む]
  • 愛知シークレットツアー 5 不老不死
  • いよいよ、地球の歴史の奥の院に、一緒に入っていきましょう。 今までにも、たくさんの人が、この中に入ろうと、がんばったと思いますが、なかなか扉が開かなかったようです。 どうしてか? その扉を開く、「鍵」がなかったからです。 しかし、私たちは、ようやく、その扉を開く、「鍵」を手に入れたのです。それが、「宇宙考古学」という、「秘密の鍵」です。 昨日は、「宇宙元年」と言われ [続きを読む]
  • 愛知シークレットツアー 4 桃太郎の秘密
  • 「桃太郎」を知らない日本人は、いないと思います。そのくらい、昔も今も、日本中に普及していますね。 しかし、その真実について、知っている人は、ほとんどいないと思います。 今回は、その話を、宇宙考古学の視点から、読み解いてみようと思います。 ねんのために、もう一度書いておきますが、この学問は、宇宙的な視点から、考古学を、もう一度見直そうという試みです。&n [続きを読む]
  • 愛知シークレットツアー 3 アヌンナキ
  • 前回、「ゲル」と「ペル」の二つの宇宙人グループを紹介しましたが、地球を訪問した、宇宙人のグループは、他にも、たくさんいたようです。 その中でも、一番、地球の歴史に深く関わったのは、やはり、何度も紹介している、「アヌンナキ」の一族です。 詳しいことは、今回の旅行記では、省略しますが、この一族についても、簡単な説明だけはしておきます。 このグループは、どちらかというと、「ペル」、つま [続きを読む]
  • 愛知シークレットツアー 2 関ケ原の合戦
  • 以前にも書いたのですが、大切なことだと思うので、この機会に、もう一度再掲載しますね。 初めて読む方もいると思うので、これから先の旅行記の予備知識として、頭に入れておいてください。 そして、愛読者の方も、復習だと思って、もう一度読んでおいてください。 愛知県ではありませんが、お隣の岐阜県では、今から、400年以上前に、「関ケ原の合戦」がありました。 この合戦について、宇宙 [続きを読む]
  • 愛知シークレットツアー 1 愛+知恵=∞
  • 3月12日の名古屋セミナーも、大盛況で終了しました。参加された皆さん、お疲れ様でした。いつものように、懇親会でも、遅くまで語りましたね。 名古屋の懇親会でも、愛知県について、いくつか、宇宙考古学的な話をしたのですが、こちらの旅行記でも、書いておきます。 愛知県には、日本史だけでなく、人類史の秘密の鍵が、たくさん隠されていました。特に、セミナーの翌日から、数日間の愛知県内の旅で、それが [続きを読む]
  • ストレス
  • 昼間は、だいぶ暖かくなってきました。東京でも、もうすぐ桜が咲きますね。 以前に書いた記事を、再掲載させていただきます。 3月から4月は、学生も社会人も、今までの環境から新しい環境に移ったりして、新しい人生を歩み始める人も、多いと思います。 そんな環境の激変の最中には、もしかしたら、毎朝起きるのが、しんどくなてきている方も、多いのかもしれません。心や体が、不調になってい [続きを読む]
  • 福岡セミナー 〜セルフブランディング〜
  • 九州での旅行が終わったばかりですが、また来月、九州の福岡で、セミナーを開催することが、決まりました! 「セルフブランディング」のセミナーを、福岡で開催します!九州では、久しぶりの開催になると思います。受講をご希望の方は、お早目にお申込みください。再受講も、大歓迎です!ぜひ、復習してくださいね。 いろいろな方から、「目からウロコでした!」「世の中のカラクリが、よくわかりました!」「お金って、 [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー エピローグ
  • 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 たくさんのメールにも、感謝です。いつものように、多すぎて、全てには、返信できませんが、いろいろな貴重な情報も、勉強になります。 精神世界を勉強していて、気が付いたのですが、いわゆる、「見えないものが見える人」と、「そういうものが見えない人」に、わかります。 私自身は、どちらかと言えば、見えないほうなのですが、たまに見える時もあります [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 11 トンボ
  • 今回の旅は、私の今世での使命だったような気がします。それくらい、自分にしかできないようなことばかりでした。 私の父は、沖縄の人間ですが、父の父、つまり、父型の祖父は、戦前に、沖縄から南米のペルーに、移民として船で渡りました。 祖母は、その父を、沖縄から追いかけていき、そこで、結婚式を挙げたそうです。 そして、父は、ペルーで生まれました。 祖父母は、父が、6歳くらいの頃に [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 10 山の神殿
  • さて、前回、「海の神殿」の話をしましたが、その続きの話です。 私たちは、4名で、「黒髪山」という所に向かいました。 途中で、フェイスブックで知り合った、その近くに住んでいる方と、タイミングが合い、偶然にも、会うことができました。 この山も、たまたま、前日の懇親会で知り合った方から、勧められたのですが、なんとなく、行きたくなって、ここを目指す流れになりました。 本当に、今回の旅 [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 9 海の神殿
  • 九州を、車でドライブしていると、気候が、暖かいせいもあり、私の故郷の沖縄を思い出します。 やはり、海沿いの道の景色は、素晴らしいです。 どこかで聞いた話ですが、自分を、浄化したければ、海に行き、癒されたければ、山に行くといいそうです。 例えると、「海は垢すり」で、「山はパック」だそうです。(笑) 最初は、海に行って、それから、山に行くと [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 8 世界平和
  • 長崎市では、「平和公園」にも行きました。 中学の卒業旅行依頼だから、何年ぶりかな?35年ぶりの訪問かな? 「平和記念像」の前で、記念撮影しました。 この像の両脇に、これが、建っていました。「エンキ」のシンボルである、「ピラミッド」ですね。 そして、上にとまっているいる金色の鶴は、「キリスト」だと思います。 ここで、「世界平和」の祈りを捧 [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 7 人類が神になる日
  • 「宇宙考古学」は、純粋に楽しいので、やっていますが、私は、子供の頃から、好き嫌いが激しく、嫌いなことは、絶対にやらなかったし、好きなことは、とことんやりました。 だから、この趣味である、「宇宙考古学」も、思い入れは、半端じゃないです。仕事で稼いだ大半のお金、それから、膨大な時間を、これに費やしています。 こういうのを、「道楽」というのだと思いますが、こういう「道楽」を極めると、「ライフワー [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 6 人類創世
  • 前回の「古墳」の話の続きです。 佐賀県の「吉野ヶ里遺跡」に、立ち寄りました。 実は、ここは、あまり、期待していませんでした。 「昔の弥生時代の集落が、敷地内に、たくさん建っているんだろうな…」 くらいの感覚だったのです。 まさか、ここに、地球の文明史を、ひっくり返すほどの史実が、眠っているとは、まったく、予期していませんでした。 着きました。 住 [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 5 古墳の秘密
  • 3年くらいから、「古墳」の魅力に気が付き、それから、日本中の主要な所は、だいたいまわりました。しかし、考えてみたら、九州地方の古墳は、まわっていませんでした。 「古墳なんて、どこも、同じようなものだろう…」 と、思っていたのですが、ところが、どっこい、いろいろな古墳があるようなのです。 しかも、一般的には、「死者を埋葬するための墓」や「儀式をするための祭壇」だけしか、知られていま [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 4 設計者
  • 九州には、凄い秘密が、たくさんあります。 「どうして、今までに、誰も気づかなかったんだろう?」 今回、そう思ったものが、山ほどありました。 人間というのは、「視点」の違いで、全く別の世界が見えてきます。 たとえば、それまで、まったく目に入らなかったのに、自分が引っ越しを決めて、不動産屋さんを、まわるようになったら、街中に、たくさんの不動産屋さんがあったことに、初めて気が [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 3 邪馬台国
  • 「宗像大社」にも、ようやく行くことができました。ここも、初参拝でした。 鳥居には、「宗像神社」と書かれていました。 参道です。 拝殿です。 ここでも、参拝しました。いいエネルギーを感じました。 扉には、貫禄のある、「十六菊花紋」がありました。 宗像大社は、散在する三神社(辺津宮・中津宮・沖津宮)の総称だ [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 2 卑弥呼
  • 「大宰府天満宮」から歩いてすぐの所に、「九州国立博物館」があります。 そこで、特別展示されている、「宗像・沖ノ島と大和朝廷」を見学しに行きました。 ご存知のように、「邪馬台国」の「卑弥呼」の財宝が、八万点も見つかったと言われている特別な島です。 そういえば、3年くらい前から、「宇宙考古学」を本格的に学び始めて、いろいろな所に行きましたが、その旅のキッカケも、「卑弥呼」でした [続きを読む]
  • 九州ヒストリーツアー 1 ひな形
  • しばらく、九州旅行に行っていました。 いつものように、宇宙考古学の視点で眺めた、歴史探索の旅でした。 毎回、どこに行っても面白いのですが、九州旅行は、今までとは、また違った展開になりました。 もしかしたら、この旅が、一番面白かったかもしれません。 ご存知のように、昔から、 「日本は、世界のひな型である」 と、よく言われますね。 有名な地図です。日本列島が、世 [続きを読む]
  • アセンションペンダントの体験談集
  • 新しい読者の方も、たくさん増えたので、また紹介させていただきます。「不思議なペンダント・アセンション」の話題です。このペンダントの体験談が、たくさん届いているのですが、その中から、掲載許可をいただいたものを、シェアさせていただきます。これは紹介して、もうすぐ10年になりますが、ずーっと静かなロングセラーを続けています。このペンダントに惚れ込んで、「このペンダントを、ぜひ、世界中に広げましょう!」と [続きを読む]