you さん プロフィール

  •  
youさん: ベイトでいこう!
ハンドル名you さん
ブログタイトルベイトでいこう!
ブログURLhttp://beitodeikou.naturum.ne.jp/
サイト紹介文最近は長いのがお気に入り・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2007/05/22 18:39

you さんのブログ記事

  • 小休止
  • は〜全然釣れませんわ・・・。と、言う訳でご無沙汰しております。更新はしてませんが釣りにはしっかり行ってます。狙いはもちろんアレです。5月にイトウ、6月初旬にアカメとくればもうアレしかないですよね。そうです。本湖産ビワコオオナマズです。良いタイミングに当たったイトウ釣行。その後、運良く釣れてくれたアカメ。そして時期は丁度6月中旬。もうここで釣らないでいつ釣るの!って言う流れとタイミング。今までいわゆ [続きを読む]
  • 高知アカメの旅・・・衝撃再び?
  • 波音を聞きながらしばらく余韻に浸り、夜はこれからと言うタイミングだがここで早々に切り上げ宿に戻り一人祝杯を上げる。こう言う時に飲む酒は本当に美味い。翌朝・・・ゆっくり寝ようと思っていたが、歳のせいなのか早朝に目が覚めてしまい、とりあえず釣りにでも行くかって事で車に乗り込み海岸沿いを走る。狙いはエバ。穏やかなやサーフや小規模河川の河口でペンシルを投げると面白いようにバコバコ出る。アカメを狙うような釣 [続きを読む]
  • 高知アカメの旅・・・衝撃
  • AM7:00暑さと眩しさで目が覚めた。もう少し寝ていたかったのだが、夏至に近いこの時期の太陽は早朝から容赦無く照りつける。寝ぼけて一瞬今どこに居るのか認識出来なかったけど、すぐに昨晩釣れたアカメの事を思い出し心地よい現実に引き戻された。寝不足でダルいが気分はすこぶるいい。ひとまずコンビニで腹を満たし、あてもなく車を走らせながらさて今日はどうしたもんかと考える。昨晩の実績場所で竿を出すか、それとも・・ [続きを読む]
  • 高知アカメの旅2017・・・その時
  • 北海道から帰り、早速高知の準備。と、言ってもタックル、ルアーその他に迷いはなくリールの入念なメンテがメイン。一応全バラ可能な工具とオイル類は持って行くが出来る事ならそんな事に時間を取られたくない。後はリーダーを組み直し、フック交換を行い旅の準備は完了。高知に通い始めた頃から考えると迷いが少なくなった分荷物も減り準備に掛かる時間も激減した。どことなく適当に感じるがこれで十分。仕事を終えて夕方に京都を [続きを読む]
  • 本物のアカメ
  • 高知へ行ってきた。もちろんアカメ狙い。昨年の11月、念願のアカメを手にする事が出来たものの、正直僕の中では喜び以上にモヤモヤとくすぶっている感情があった。「あれをアカメと呼んでいいのか・・・」もちろんあと一歩の所まで迫りながらもどうしても釣り上げる事が出来なかったアカメなだけに、サイズ関係無しに嬉しさは当然あったけど、やはり心のどこかにずっと何かがつっかえてた。そして先日・・・そんなモヤモヤを完全 [続きを読む]
  • 感動の瞬間
  • 道北の旅から約2週間・・・未だ猿払ロスから抜け出せない日々。最近は旅の写真や動画を見返しては想い出に浸りつつ次の旅に向けての準備をぼちぼちとすすめております。この旅では沢山の楽しい出来事や感動の瞬間があったんですが今日はお二方の人生初イトウを釣り上げる感動の瞬間をご紹介。一人目はくろぼうさん。初日にイトウと出会う事が出来ず、今日こそは!と迎えた2日目の午後。僕の目の前でイトウ80オーバー。それまで [続きを読む]
  • 北の大地にイトウを求めて・・・旅の始まり
  • 帰りは稚内から千歳経由。乗り継ぎの都合上千歳で約4時間を過ごす事になる。本来ならここでいざ千歳観光でも、となるのだが我々が向かったのはまさかの釣具屋。ちょちょいとネットで調べちょちょいと電車に乗り込む。電車を降りてから約15分ほど歩くのだがわざわざ遠回りして川沿いを歩く所が釣人らしい。目的の釣具屋は少々品揃えには不満が残るが陳列されてるルアーは「いかにも」な感じで、ここが北の大地である事を再認識さ [続きを読む]
  • 北の大地にイトウを求めて・・・最後の時
  • 腹ごしらえを終え、それっぽいルアーも幾つか仕入れた所でいよいよこの旅の最後の釣りに向かう。日曜の夕方の時合と言う事で相当数の釣人が予測される事から早めに着いて釣り場を確保しなければならない。現地に着くとやはりかなりの数の釣人が至る所で竿を振っている。まだプライムタイムには早いがとりあえず正装して水辺に立つ。しかしながら意外と我々の入りたいポイントは不人気らしく、うまくうまい具合に空いている。恐らく [続きを読む]
  • 北の大地にイトウを求めて・・・事件発生!
  • そう言えば2日目・・・朝の時合が過ぎた後、コヒーブレイクを挟みちょいと上流域も見てみようと言う事になり、いかにも悪路走破性に優れてそうな名の車に乗り込んだ。折角ここまで来て一箇所だけで粘るのはもったいない。ちなみに僕の場合知らない地に釣りに出掛ける時は可能な限りgoogle mapでお散歩をしておく。おおまかな地形を頭に入れておく事で少ない時間を有効に使う事が出来るからだ。それが功を奏し迷わず川を散策。今 [続きを読む]
  • 北の大地にイトウを求めて・・・まさかの展開
  • 相変わらず爆風は収まる気配は無いがこの状況だとまだまだ釣れそう。アタリも途切れる事なくある。ただサイズが小さいのかなんなのか中々ガッツリ食って来ない。そうこうしてると僕の左側で釣っていたヒデちゃんが魚を掛けた模様。またもやイトウ。しかし残念ながら写真を撮る前にオートリリースになってしまったらしく想い出の初魚の写真が無いんだとか・・・これは無念・・・しかしやはり当たっているのはイトウに間違い無さそう [続きを読む]
  • 北の大地にイトウを求めて・・・遭遇
  • 準備を済ませていざポイントへ。実際に風を受けて見るとやっぱ大概な爆風でこんな時大人になれない男子が取る行動は一つ・・・ぴょーん!と跳ねるのだ。何がしたいのかって言うとお察しの通り。もしやジャンプしたら風に煽られて着地点が変わるんじゃないのかって言う童心。挙句の果てにジュディーオングのように羽を広げ出す50歳目前の大人も・・・。てな訳でぴょーん!ぴょーん!と跳ねながら釣り場へ向かうと丁度対岸に釣人発 [続きを読む]
  • 北の大地にイトウを求めて・・・出発
  • 旅の出発の日が近づくにつれ気になりだすのが現地の天気。2週間程前から確認していたのだが、予想通りほぼ毎日風速10m超の爆風が吹き荒れ、覚悟はしていたもののさすがに少々テンションが下がる。爆風対策的なルアーも幾つか見繕って準備をするもののはたして本当に釣りになるのか・・・そしていよいよ出発が間近に迫った前々日。希望的観測をあざ笑うかのように現地の風速は一気に上がり時間帯によっては20mを越える超爆風に [続きを読む]
  • 北の大地にイトウを求めて・・・プロローグ
  • 北海道は道北へ日本三大怪魚の一つに数えられるイトウに会いに行ってきた。先日も書いたけど幼い頃の僕の憧れの魚。この旅の経緯を先に書くと、今や秋の恒例行事となっている四季亭での集いが今年で10周年を迎えると言う事で、その記念にと計画された物。その四季亭での集いの出来事を仲間内だけが閲覧出来るようにしたblogがあるのだが、確かこの集いが5〜6周年を迎えたあたりでそのblogのプロフィール欄に「とりあえず10周 [続きを読む]
  • 子供の頃に思いを馳せた魚に会いに
  • ご無沙汰しております。只今の外気温まさかの28度・・・最近春服を着るタイミングが全くわかりません・・・。そんな訳で結局の所前回の九頭竜釣行を最後に今年の僕のサクラマスの季節は終り迎えました。毎年の事ではありますが代掻き、減水、そして真夏のような暑さに気持ちがついて行きませんでした。それにしても今年は二匹の立派なサクラマスに出会う事が出来、ほんとに運が良かったと思います。お陰でその後なーんも魚が釣れ [続きを読む]
  • 再び咲いた春の桜
  • 放射冷却も手伝って朝の冷え込みはそこそこだけど九頭竜の河原はもうすっかり春模様。水に入って感じる足先の感覚も3月あたりのそれとは全く違う。川の流れと鳥のさえずりに身を任せ、のんびりと竿を振るこの時間のなんと心地よい事か。そんな訳で再び九頭竜。そろそろシーズンも終盤を迎え、タイミング的に今年もこれで最後か、もしくはあと一回行けるかどうか・・・。そう思うとちょっと寂しくも感じるけどこれが九頭竜川のサク [続きを読む]
  • 前哨戦とかなんとかいいながら・・・
  • 目前に迫った鱸的絶対釣期。そのXデー前哨戦の帰りの道中、突然届いた「サクラサク」メール。マジでっか!おめでとうございまーす!なんて言ってたら先ほどまさかの本日二匹目の「サクラサク」メールが・・・社員A氏!おめでとうございます!!と、言う事でワタクシも九頭竜にしときゃーよかった〜と後悔中の午後の一時・・・。とまーそんな訳でワタクシは鱸狙いでいつもの海。数少ない過去の経験則からいわゆる「絶対釣期」的なタ [続きを読む]
  • 言い得て妙
  • 九頭竜今季5回目。今回もバイト一つなかったけどこの心地よさはなんでしょう。「サクラマスは一匹釣ってからが本番・・・」なんて言うらしいけど今はその意味が良くわかる。九頭竜川のサクラマスを狙い初めてから約4年が経つけど、正直昨年まぐれで釣れるまでの3年の間、ほぼ「釣りを楽しむ」なんて事はなかったと思う。確かに初めて九頭竜川を訪れた「あの日」は色んな意味で想い出深いけれど、それ以降あまりいい想い出が浮か [続きを読む]
  • 好感触
  • 九頭竜川今季4回目。解禁当初の吹雪の九頭竜とは打って変わり河原はすっかり春の暖かさ。昼前にはインナーもいらないくらい。思い起こせば3年前。九頭竜川のサクラマスを狙いに行こうと思ったきっかけが、偶然ネットで見つけた雪景色の中で竿を振る釣人の写真だった僕としては、正直冬の終わりに少々の寂しさを隠せないけれど、言わばここからが本格的なサクラマスの季節。昨年初めてサクラマスが釣れてくれた時の暖かさや匂いや [続きを読む]
  • 晩冬鱸
  • 突如咲いたサクラのお陰ですっかり忘れてましたがこちらも痺れた晩冬鱸。2月も後半ともなれば早春と呼ぶのかもしれないけれど、これまでの僕の春と言えば3月後半だったのでこれは紛れもない晩冬。僕の良く行く界隈ではやはり2月は釣れない季節らしく殆ど鱸狙いの釣人を見かける事はない。地元の釣人に話を聞いてもやはり2月はオフなんだとか。そんな訳で極寒の1〜2月は琵琶湖に行く事が多かったけどここ1〜2年はタイミング [続きを読む]
  • 微笑んでくれた女神
  • 幸運にも今年もまたサクラマスに出会う事が出来た。一匹釣ったら百匹釣ったも同然・・・とかなんとか言いながらも正直今度はいつ出会えるのかなってのが率直な気持ちだったので、まさかこんなに早くその時がやって来るとは自分でも驚きを隠せない。数が少ない上に万が一掛かったとしてもバラす確率も高くこうして手に出来たのはほんとに運が良かったと言う他ない。まさに「女神が微笑んでくれた」って言葉がぴったり。最初の一尾の [続きを読む]