you さん プロフィール

  •  
youさん: ベイトでいこう!
ハンドル名you さん
ブログタイトルベイトでいこう!
ブログURLhttp://beitodeikou.naturum.ne.jp/
サイト紹介文最近は長いのがお気に入り・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2007/05/22 18:39

you さんのブログ記事

  • 再び咲いた春の桜
  • 放射冷却も手伝って朝の冷え込みはそこそこだけど九頭竜の河原はもうすっかり春模様。水に入って感じる足先の感覚も3月あたりのそれとは全く違う。川の流れと鳥のさえずりに身を任せ、のんびりと竿を振るこの時間のなんと心地よい事か。そんな訳で再び九頭竜。そろそろシーズンも終盤を迎え、タイミング的に今年もこれで最後か、もしくはあと一回行けるかどうか・・・。そう思うとちょっと寂しくも感じるけどこれが九頭竜川のサク [続きを読む]
  • 前哨戦とかなんとかいいながら・・・
  • 目前に迫った鱸的絶対釣期。そのXデー前哨戦の帰りの道中、突然届いた「サクラサク」メール。マジでっか!おめでとうございまーす!なんて言ってたら先ほどまさかの本日二匹目の「サクラサク」メールが・・・社員A氏!おめでとうございます!!と、言う事でワタクシも九頭竜にしときゃーよかった〜と後悔中の午後の一時・・・。とまーそんな訳でワタクシは鱸狙いでいつもの海。数少ない過去の経験則からいわゆる「絶対釣期」的なタ [続きを読む]
  • 言い得て妙
  • 九頭竜今季5回目。今回もバイト一つなかったけどこの心地よさはなんでしょう。「サクラマスは一匹釣ってからが本番・・・」なんて言うらしいけど今はその意味が良くわかる。九頭竜川のサクラマスを狙い初めてから約4年が経つけど、正直昨年まぐれで釣れるまでの3年の間、ほぼ「釣りを楽しむ」なんて事はなかったと思う。確かに初めて九頭竜川を訪れた「あの日」は色んな意味で想い出深いけれど、それ以降あまりいい想い出が浮か [続きを読む]
  • 好感触
  • 九頭竜川今季4回目。解禁当初の吹雪の九頭竜とは打って変わり河原はすっかり春の暖かさ。昼前にはインナーもいらないくらい。思い起こせば3年前。九頭竜川のサクラマスを狙いに行こうと思ったきっかけが、偶然ネットで見つけた雪景色の中で竿を振る釣人の写真だった僕としては、正直冬の終わりに少々の寂しさを隠せないけれど、言わばここからが本格的なサクラマスの季節。昨年初めてサクラマスが釣れてくれた時の暖かさや匂いや [続きを読む]
  • 晩冬鱸
  • 突如咲いたサクラのお陰ですっかり忘れてましたがこちらも痺れた晩冬鱸。2月も後半ともなれば早春と呼ぶのかもしれないけれど、これまでの僕の春と言えば3月後半だったのでこれは紛れもない晩冬。僕の良く行く界隈ではやはり2月は釣れない季節らしく殆ど鱸狙いの釣人を見かける事はない。地元の釣人に話を聞いてもやはり2月はオフなんだとか。そんな訳で極寒の1〜2月は琵琶湖に行く事が多かったけどここ1〜2年はタイミング [続きを読む]
  • 微笑んでくれた女神
  • 幸運にも今年もまたサクラマスに出会う事が出来た。一匹釣ったら百匹釣ったも同然・・・とかなんとか言いながらも正直今度はいつ出会えるのかなってのが率直な気持ちだったので、まさかこんなに早くその時がやって来るとは自分でも驚きを隠せない。数が少ない上に万が一掛かったとしてもバラす確率も高くこうして手に出来たのはほんとに運が良かったと言う他ない。まさに「女神が微笑んでくれた」って言葉がぴったり。最初の一尾の [続きを読む]
  • サクラサク
  • 幸運にも今年もまたサクラマスに出会う事が出来た。一匹釣ったら百匹釣ったも同然・・・とかなんとか言いながらも正直今度はいつ出会えるのかなってのが率直な気持ちだったので、まさかこんなに早くその時がやって来るとは自分でも驚きを隠せない。数が少ない上に万が一掛かったとしてもバラす確率も高くこうして手に出来たのはほんとに運が良かったと言う他ない。まさに「女神が微笑んでくれた」って言葉がぴったり。最初の一尾の [続きを読む]
  • これが当たり前。
  • 今季2度目の九頭竜サクラマス釣行。前回はほぼ行楽チックな感じだったので適当に釣りしてたけど今回は真面目に。昨年釣れた状況から感じた事。居るんだけど食わない、だけど何かの拍子に突然口を使う・・・?川に遡ってからのサクラマスの食性には諸説あるけれど僕は食ってるんじゃないかと思ってる。海に居る時のようにフィッシュイーターとは行かないまでもあのライズを見てると食ってないとは思えない。前回の九頭竜川でもサク [続きを読む]
  • 完璧に狙ってみた
  • 月夜のフライデーナイト・・・。普段なら絶対行かない状況だけど今回は少なからず勝算あり。分厚い雪雲に、舞い落ちる雪が月明かりを隠しニュースを賑わす大雪の情報が釣り人を遠ざける。弱い西風。これは案外イケるかも。と、言う訳で雪が降ったらやっぱ行く。さすがにこんな夜に釣りをする馬鹿は僕一人。いやいやしかしほんと雪の琵琶湖は気持ちいい。深々と降る雪の中、黙々と竿を振っていると心が洗われるような気がするのは僕 [続きを読む]
  • 今年はこんなスタンスで。
  • 今年もいよいよ解禁となった九頭竜川のサクラマス。始めた当初・・・基本釣れない釣りであり、焦っても仕方がない事は重々承知していたんで気長にのんびり旅気分で行こうと思ってた。しかしながらのんびり旅気分とは言ってみたもののそこはまだまだ若気の至りの釣り人の事。どうしても釣りたい気持ちが大きくなってしまいどうしたもんかと右往左往。でも昨年奇跡の一尾を手にした事で、サクラマスとの付き合い方が少し変わったよう [続きを読む]
  • 丸飲み系。
  • 遅ればせながら琵琶湖新年一発目。すっかり出遅れた感がありますがなんとか僕にも釣れました。この夜は普段の僕なら行かない風予報だったんですが根拠のない釣れそうな予感が上回ってしまいました。風に関しては西風の予報だったので、あわよくば・・・ってのはあったんですが案の定あてにならず。現地は釣りずらい南よりからの向い風。真正面からの風ならばまーなんとかやりようはあるけれど竿を立てて構えたい僕にはまーまー辛い [続きを読む]
  • こんな釣りもたまにはいい。
  • 先週再び冬の日本海。前回の大雪警報真っ只中と違い今回は穏やかな予報。にもかからず途中から強めの風が吹き出して早々に寝るもそれでも久々にお気楽系に満足。今回はお連れさんが集魚灯を光らせるってんでそのおこぼれを頂く算段。釣りももちろん楽しいが、明かりに寄ってくる魚たちを眺めているだけでもかなり楽しい。まずは小さな魚の群れが集まってきてそれを狙って一回り大きなフィッシュイーターがやってくる。そしてその魚 [続きを読む]
  • 狙ってないと言えば嘘になる
  • 遅ればせながら明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します。さてさて、今年に入りどうもタイミングや間が悪くって中々釣りに行けなかったけどようやく昨晩初釣り。新年一発目と言えばいつも琵琶湖か日本海で迷うんだけど昨晩は気象状況から見て日本海一択。理由は強目な西風予報。さすがに琵琶湖は辛いけど、いつもの日本海は場所的に西風にはかなり強いんでそこそこ釣りになるんですよね。それと気分がなんと [続きを読む]
  • 最後もやはり雨
  • 12月の最終週。今年最後に狙いを定めたのは晩秋の大型鱸。潮周りも良く、気持ち的にも少しずつ上がって来てたタイミングではあったものの冷たい12月の雨には勝てず・・・早々にビアを飲んでしまい、今年最後の釣行予定は呆気なく終了・・・正直取るに足らない雨だったけど今の僕には少々キツかった。雨に祟られた今年の自分を象徴するかのような最後でした。で、結局の所11月の後半に釣ったこのシーバスが今年最後の魚となっ [続きを読む]
  • Light My Fire
  • どうもご無沙汰しております。そろそろ更新しとかないと冒頭に広告が出てしまうぜ!って事で久々に重い腰を上げてみました。今年最後の高知から帰ってからと言う物どうも釣り熱が上がらず、家でギター触ってる日が多いです。ちょっとした燃え尽き症候群でしょうか・・・??そんな中、昨晩は恒例の突発的忘年会。明日どう??みたいな。そんな急な展開にも関わらず皆さんお付き合い頂きまして嬉しい限りです。メンバーはいつものゴ [続きを読む]
  • I Love Kochi
  • アカメ狙いで遠方から高知遠征を繰り返す釣り人達がよく口にする「高知へ帰ってきた」って言葉。釣りをする為に来たとは言え、ここにいる間はここで生活をする訳でその日数が多ければ多い程やはりこの土地への愛着も沸いてくる。散々足を運んだ高知。今年、高知で過ごした総日数は軽く20日を超えてしまった。流石にここまで来ると高知に愛着を感じずには居られないしいつもの景色を見た瞬間にやはり「帰ってきたぜ!」ってなる。 [続きを読む]
  • 狙った訳じゃーないんだからね。
  • 先日は定期開催行事の京都初老の会で釣り。なんだけど、最近毎度の事ではありますが写真が一枚も無いんですわ〜と、言う訳で・・・スーパープロフェッショナルによる楽しい釣行記はコチラ!てへそんな訳で久々に琵琶湖・・・小鮎フィーバーで騒がしかった琵琶湖もそろそろ落ち着いたんじゃないかって事でのんびり系で。そしてその後はシーバスもやるぜ!的な・・・。ほんと釣りばっかしててゴメンなさ〜い。現地着は深夜2時。さす [続きを読む]
  • 秋本番
  • 久々に鱸。タイミングが良かったのかそこそこサイズが連発。いよいよいつもの日本海も秋本番に突入した模様。昨晩は狙った訳では無いけれど新月大潮。潮はともかく闇夜がいい。潮はともかく・・・と表現した通り、大潮だからと言っていい潮が走るかと言えばそうとも言えない。そのあたりが今一解らない所。潮位の高低といい海ってなんだか難しい。案の定大潮っぽいブッ飛んだ感は全く無いが程よい感じの効き加減。まずは表層系のミ [続きを読む]
  • 本当の始まり
  • タックルの準備を整えて後はタイミングを待つのみ。それまでもうひと寝入り。選んだルアーはアカメではド定番なこの2種。なんだかんだ色々試している中で結局このルアーに行き着いた。なるほどなって感じ。ちなみに水深のある場所では大型のクランクベイトやシャッド系がメイン。間違いでは無いにしろ当初は鱸を意識したルアー選択だったけど結局全く違うタイプのルアーに落ち着いたのはやはり鱸とは違うと感じてきたから。実績の [続きを読む]
  • 計画変更
  • 高知に通い始めた当初は釣りをするよりも車で移動する事の方が圧倒的に多かった。金と時間と労力を費やし、浦戸湾を何十周もし場所とタイミングを自分なりに絞り込んでいった。そんな時間を経てようやく釣りに専念するようになったのが今年の5月。色々見て回った中でとにかく魚に触れそうな確率が一番高いんじゃないかと感じた河川絡みでひとまず粘る事にした。実際過去に何度かのコンタクトも得ている。ただし自分が思う絶対的な [続きを読む]
  • 結局助けてくれたのは雨
  • やっとアカメを釣る事が出来た。ここまで結構な険しい道のりだったのでほんとにやっとこさって感じ。釣れてくれたアカメは、アカメと呼ぶにはおこがましいサイズだけどこの魚ほど大きさに関係は無しと思った魚は過去にない。しかしこれだけ釣るのに苦労した魚だけど魚とのコンタクトは意外に早く、またそれは複数回あった。何も出来ないままいとも簡単に伸された一回目。魚を掛けて、もう手が届きそうな所まで寄せたのに最後の最後 [続きを読む]