伊東香穂里 さん プロフィール

  •  
伊東香穂里さん: 少年天使
ハンドル名伊東香穂里 さん
ブログタイトル少年天使
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shounen_tenshi/
サイト紹介文Jules†ジュール代表、Bar†ジュールのオーナー 伊東香穂里「女性だけで創る透明で美しい少年世界」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2007/05/25 22:07

伊東香穂里 さんのブログ記事

  • カラオケ
  • 久しぶりぶりにカラオケに行きました。カラオケの有るお店で飲む事はあるけれど、歌う事を目的に行ったのは、どのくらい振りだろう?ハニトーに釣られて行ったんだけど(笑)3日も声を発する事が無かったので、声が出ないと言いつつ歌いました。褒められちゃった(笑)これも久しぶりの事なんだけれど、他人の言葉に感情を乗せて発する楽しさを思い出して、ゾクゾクしたわ。 [続きを読む]
  • 暇潰し
  • Twitterで、大学生くらいの子達の呟きを読んだ。病んでる系が多く、涙ながらに読んだ子のもあった(あれを創り物と思わない様にガチだと思って読んだのよ私は)かと思えば…多種多様。病んでる系の子達に一貫して思うのが、本当に20代なのか分からないけれど、振り幅が少ないと言う事。まぁ、自由表現の場だから、わざとなのかもだけれど。若いって良いよなぁ真っ直ぐで!って自分の若い頃を思い出し、あの選択肢の無さっぷりに困惑 [続きを読む]
  • 負傷中にツキ
  • 相変わらず、酔っ払ったせいで(?)左手の指を2本も負傷しまして、とても不便でございます(T^T)でもこれ、私が悪いのかなぁ?暇に任せて某DVDを観たけれど、どえらくつまらなくて、先週の夢心地な時間に戻りたいと思ってしまいました。人って何処か痛いとヤサグレルのかしら?すいません(×_×)気のせいか、細かい傷も沢山あるのよね。どうしたのかしら?思い出そうにも無理みたいなので諦めます。飲んでいて暴れていたら、すみませ [続きを読む]
  • 大根WORLD
  • 「世界の終わりはCメロを待ちながら」作・演 大根健一変わらず、秀逸な脚本にヤられる。私の一番キライな日常風景なのに、この作家には毎度ヤられる。キャストも、彼の世界観に馴染んできているよう。熟成期を迎えつつあるのか?安定の安心感。その先が観たいし、楽しみ。期待が大き過ぎ(私の中でね)今回は、あの方と共にお伺いしました。私も含め、20年ぶりくらいの再会。私とあの方の取り合わせは不思議以外のナニモノでも無か [続きを読む]
  • 古傷が痛むぜ
  • 体調が悪くなると、左足首が痛くなるんです。古傷が痛むってヤツですよ。任侠映画みたいに「古傷が痛むぜ」とかなら格好いいけれど、単純に痛いからっっ!。゜(゜´Д`゜)゜。もう3〜4年前の怪我のあとですよ。何故、あの某女子医大は、リハビリを教えてくれなかったのかしら?悔やまれるわ〜(T^T)雨ね…こんな日はベッドに潜り込んで、雨音をBGMにアイスを食べながら、窓のお外の雨粒を数えるの(*´-`)ポワン♪…って(笑)そんな [続きを読む]
  • season花
  • 劇団☆新幹線「髑髏城の七人season花」小栗旬バージョンです。多くは語りません。1年間で、花鳥風月とやりますので、1度は観た方がいいと思います。…とだけ書いておきます。蜷川幸雄没後1周忌 新宿バルト9「身毒丸」藤原竜也、白石加代子バージョンの上映です。6年程前に、大竹しのぶバージョンを観たのですが、納得が行かずにいた事柄の答え合わせが、やっと出来ました。白石さんの舞台を観る事が出来なかったのを心の底か [続きを読む]
  • 興奮
  • 「興奮」の土台に「安心」がある。とても不安定なものだからね。自己制御出来ない程ぶっ飛んで興奮する為には、時間が必要なんですよ。一旦、全解放して限界を知る。…全解放するまでが、また大変なんですけれど(笑)…そして何を信じるかですよ。一度信じたものには、安心感が生まれますから。うふふっ( *´艸`)興奮してきた(笑) [続きを読む]
  • 睡眠時間2時間での行動
  • 昨日の日中は、新宿中央公園で某お店のピクニックがあったので参加しました。暑かった〜(@_@)朝まで営業をして、飲み歩いてからの真夏日のお外は、さすがにキツかったわ(;^_^Aその後、これまた某お店のママのバースデーライブに行って来ました。ママ、お人形みたいで可愛かったなぁ♪楽しかった!今日はこれから劇団☆新幹線。小栗旬バージョンです。season風のキャストが発表になっていましたけれど、松山ケンイチかぁ…微妙だわ [続きを読む]
  • 悪夢の理由
  • 悪夢は見た方がいいんだって。夢の中で、いろいろ解決しているんだそうです。昨日は深酒をした後、眠る前にちゃんと食べたし、上記の事を聞いたからか、何時もより長めに眠れて普通に起きる事が出来ました。収束したのかしら?でもダルい…甘えかしら?夢も見ましたよ。何処かのお偉いさんの愛人になっていて(>_妙にリアルだったのは、昨日、はしご酒をした人が、社長と愛人だったからでしょうか… [続きを読む]
  • 眠りの時だけでも…
  • 沢山の時を経て今が或るから、伝えたい事が沢山或るのに、日々の感情に追われて儘ならないのです。日々を伝える事さえ今は難しい。複雑な感情が絡み合い苦しく、平穏を保つ為に、逃げ惑う時間が長いのです。穏やかに居たいと、穏やかに時間が過ぎて行きます様にと、うなされながら強制的に覚醒する目覚めの度に思うのです。どの様な夢を見ていたのか覚えてさえおらず、短時間で、常に飛び起きている数日間…眠ってしまった事に罪悪 [続きを読む]
  • 成熟
  • 安心感と幸福感。愛を超越した何か。掴み所の無い不思議な空気みたいに、私を包むものが確かに存在する。?これは、他が介在しないと、発生し無いものなのかしら?断片的に映像がフラッシュバックする。穏やかに、たゆたう様に流れて行く時間。甘えたり溺れたり覚醒したり…不思議な感覚 資質なのかしら?年月が年齢がそうさせるのかしら?…私には分からない。ただ年齢を重ねた事への喜びは実感しました。誰とも共有出来ない、私だ [続きを読む]
  • 成熟する前の…
  • 「誰かを殺したいと思った事はありますか?」何時かの誰かの質問。「ありますよ。愛し過ぎて、殺したいと思った事が」私、今でも、こういう恋愛出来ますよ。一度経験しているから、どうすれば此処までになれるのか知っているもの。恋愛中って、気が触れている状態なんですよね。相手を理解する為に(取り込む為に)一旦、自我を崩壊させて再構築するんですもの。「殺したい」という感情は、愛を突き詰めて行くと、自我を崩壊させた所 [続きを読む]
  • それだけで充分…
  • 壊れた心の一部が砕けてしまいました。もう、戻る事の無い砕けたカケラの山…せめてもと願っていたモノも、ただの石でした。願いも祈りも届かないのだと絶望していた時に、砕け散ったから現れた大切なモノに触れる事が出来ました。幸か不幸か分からないけれど、願っていた現実が此処にある。それだけで充分。 [続きを読む]
  • 空虚?
  • 殺したい…何を?誰を?他人なのか、自身なのか、感情なのか?こんなに空っぽな自分に会ったのは初めてです。こんなに空っぽになれるんだと驚いています。ここに愛する人は?角の無い、風船みたいな入れ物の中で、右往左往していた時が懐かしい。人間らしさとは何ですか?私に血肉を下さい。それが人間らしさなのでしょう?ならば…私は、まだ… [続きを読む]
  • 氷は紙じゃないのよ
  • 人の残酷さを知った日。感情が薄っぺらい紙になったかのよう。厚みが無いの。だからかなぁ、後悔するかもとか、罪悪感なんて感情が、欠片も無い。人は此処まで真っさらに非道な感情を持てるものなのかと疑問に思う。疑問は、ただそれだけで、本当に何も無い。綺麗な言い方をすれば「氷の心」なのかもしれない。自身でも恐ろしく思うくらい、複雑さなんて欠片も無い。この厚みの無い感情は、紙みたいなモノだから、あっという間に取 [続きを読む]
  • 余白†別紙
  • 自然に創られて行く十人十色の物語。昨日も辛かった(>_私が落書きを出来るのは、あと何枚なのかしら?「余白」が出来れば、戻って書き足す事が出来ますよね♪作るか?余白(笑)「別紙」も欲しいな。そしたら少しは、厚みが出るよね。得した気分ね( *´艸`)別紙…こんな事思ってると、某漫画のスタンド使いを思い出します(笑)あの絵好き。どうせ狂った世界にいるのなら、マトモな文章より落書きの方が楽しいよねぇ(((o(*゜∀゜*)o)) [続きを読む]
  • 蝉の詩
  • 劇団桟敷童子「蝉の詩」大好きな小劇場の劇団です。久しぶりに久しぶりな桟敷童子のお芝居を堪能させて頂きました。満足!板垣さんは、ホント素晴らしい女優さんです。女優さんが男らしい役をやって、あそこまで格好いいと思ったのは、どの位ぶりかしら?そしてキッチリ時間の中に生きていて、役をこなしているから、言葉の伝わり方が凄い!格好良かった〜♪椿組のカオリンも、あの空間と雰囲気に似合ってました。此処に出るって聞 [続きを読む]
  • 原色であれ!おもちゃ箱
  • 悲しみから、目を背けられない。ズキズキと突き刺さって、私を痛め付ける。この痛みが、恋しさから来る痛みなら素敵なのにね。表裏一体とは、よく言ったモノです。どちらも本当なのです。本音と建前。大人には必要な時もあります。感性を磨くなら物語の方が、私は好きです。だから物語と向き合う。長い長い私という物語にです。全てを詰め込んで抱えて行く物語は、どんな物語になるのかしら?沢山の色の挿絵に飾られた、おもちゃ箱 [続きを読む]
  • 二輪草
  • 「二輪草」江戸川乱歩の「孤島の鬼」からの抜粋で、天願大介脚本・演出。江戸川乱歩原作の物って、今まで観た作品全般に言えるのは、エロチックと言うよりは、グロく、生々しい。全く違う集団がやっても似たような雰囲気になるのは、時代背景と己の内に向かう内容が多いからかなぁ?と思いながらも、たまにはいいかなと…観ている時は重い感じるがするんだけれど、見終わった後の軽さも毎度なんですよね。あれ、何なのかな?今回の [続きを読む]
  • セツナイ
  • お店でいろいろあって、プライベートでもあって、いっぱいいっぱい泣いた。泣くと何で頭が痛くなって、目が腫れるのかなぁ…エリザベートになれたらいいのに運命に抵抗して、現世の愛を強く信じて生きる。闇の帝王を無視出来る強い力。私もそんな女性になれたらいいのに。ただこの物語の後半は、エリザベートが現世の愛に絶望して放浪するんですよね。ん〜駄目じゃんねぇ…あぁ、あの優しさに触れたい(エッチい事を考えた人アウト [続きを読む]
  • 明日火災にあったお酒を放出します
  • 明日、4/12(水)1年前の火災にあったお酒を放出します。自己責任でお願いします。未開封のボトルも数本あります。早い時間から、寮長†伊東がお店を開けます。希望は17時か18時から。ここの所、火災後の時みたいに、毎日泣いています。正直、自分でもしんどいです。こればかりは、年月しか解決してくれそうもないので、どうにもならないです…参った(_ _,)/~~消防車が近付いて来る音を聞いては、震えと涙が止まらず過呼吸気味にな [続きを読む]
  • 陽気とは裏腹
  • 気持ちが落ち過ぎてツラい…。一番助けて欲しい人に甘える事が出来ないから、どうにもならない。辛いなぁ…眠っていたい、ずっと… [続きを読む]