ヒロ さん プロフィール

  •  
ヒロさん: 今日も てくてく
ハンドル名ヒロ さん
ブログタイトル今日も てくてく
ブログURLhttp://urehazu.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文この不景気でかなり生活が苦しくなりました(涙)生活を立て直す為、まずは自己破産に挑戦です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 195日(平均1.1回/週) - 参加 2007/05/26 18:34

ヒロ さんのブログ記事

  • 7月21日 奥さんの3回忌
  • 本日、7月21日でお母さん(奥さん)が亡くなって2年が経ちます16日に家族でこじんまりと3回忌の法要を行いました。そして翌日17日にはお母さんのお友達や姉達家族が大勢来てくれてお母さんにお線香をあげてくれました2年も経ってしまいましたが、まだまだ毎日思い出しますこういった節目の時には沢山の方が来てくださってお母さんが皆から好かれていた事が良くわかります私は現在、未だに仕事していないし友達も少ないのでお客 [続きを読む]
  • 収納不足 棚を作ろう!
  • 7月になりましたもうそろそろ息子が団地に帰ってくると思うのだが、築40年を超える古い県営住宅なので部屋自体が狭く収納などありゃしない息子の荷物を持ってきたら荷物で寝る場所がなくなる上の写真のTVが載っている棚も、横の2つのケースも息子の物ここにスチール棚を置いていたのだが思いのほか物が入らないので取り払った仕方ない、棚を作ろうと言うことでたなを作成することにした上の写真のケースの横にある木材は棚作成用 [続きを読む]
  • 抗がん剤治療終了後 就職活動
  • 2016年8月一杯で抗がん剤治療が終わり検査でも異常なしなので傷病手当金も終了です入院中の1月31日で退職し、現在は無職就職活動をしなくてはなりません現在9月退職してから7ヶ月ほど経過しています失業保険はどうなのよ?通常、失業保険は退職の翌日から1年以内に貰い終えなければならないという原則がありますが、そこら辺は大丈夫失業してもすぐに就職できる状態に無い場合雇用保険(失業保険)の受給期間延長の手続きをすれば [続きを読む]
  • 小林麻央さん、お疲れ様でした
  • 市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが22日夜お亡くなりになりました34歳という若さ、小さな子供もいるのにさぞ無念だったことでしょうしかし海老蔵さん辛いでしょうね私も一昨年の7月に奥さんを亡くしたのでこういうことが起こると思い出してしまって悲しいですこんな事を言っては何ですが麻央さんは最後に”愛してる”と一言発して旅立ったらしいですがうちの奥さんとはろくに会話出来なかったので [続きを読む]
  • 抗がん剤治療再開〜終了
  • 入院中絶食期間が長く食べ物系のTV番組ばかり観ていて退院したら真っ先に食べたのがセブンドーナツでしたこのとき良くCMをやっていたので、退院したら全種類食べようと決めていましたそれはさておき、抗がん剤治療開始早々にインフルエンザにかかり延期になり完治後再開です抗がん剤の服用を始めて最初の頃は1週間に1度通院し検査次第に通院期間が延びて行き最後には1月に1回程度の通院で良くなりました心配していた副作用ですが、 [続きを読む]
  • S状結腸ガン手術 退院後抗がん剤治療開始
  • 2月12日に退院したわけだが、入院中、退院後の抗がん剤治療について説明を受けていた抗がん剤治療というと病院で注射とか点滴などのイメージがあったのだが私の場合は一応念のために行うからであろう、飲む抗がん剤でした自宅で飲むタイプなのでたまに通院するだけで良いこの飲むタイプの抗がん剤も何種類かあって私はティーエスワンと言う抗がん剤にしましたしました、 と言うのは3種類の飲む抗がん剤の中から選ぶように言われた [続きを読む]
  • S状結腸ガン手術術後 退院
  • S状結腸ガンの手術して1週間ちょっと経過やっと食事ができるこの時をどれほど待ちわびたことかが、しかし 運ばれてきた食事はおもゆ全く粒がありませんとても楽しみにしていたのにがっかりでも、何も無いよりは余程良い、ありがたく頂きましたそれから徐々に食事のレベルが良くなり2月7日 やっと普通の食事になりましたそしてこの日手術後の検査結果がでましたガンの進み具合は当初ステージⅣと言われていましたが、ステージⅢaと [続きを読む]
  • S状結腸癌術後 入院生活
  • 術後1日目の夜を何とか乗り越えた2日目から2人部屋に移された2日目になってからは痛みはあるが、我慢できないほどではなくなったこの日の夜は看護師さんを呼ぶことなく朝を迎えることができたしかし体中管だらけ、おしっこの管はもちろんわき腹にも太い管が刺さっていて管の先の袋には血のようなものが溜まっている鼻に入っていた管は抜いてもらえた3日目になって、看護師さんから動くようにと言われる動いたほうが回復が早ま [続きを読む]
  • S状結腸がん手術当日
  • 1月26日いよいよ手術の日がやって来ましたたしかお昼前くらいからだったと思いますお風呂に入って体をきれいに洗って準備OK手術着にきがえてストレッチャーで手術室へ向かいますまだ普通に歩けるのだが・・・手術室へ向かうとき孫達も来てくれてうれしかったなじぃじ頑張る!手術室に入って背中に何か刺された術後の痛み止め用みたいなことを言っていた腕にも刺された何か緊張する少し寒くて手足が冷え切っているのがわかる&rdqu [続きを読む]
  • 腸閉塞からのS状結腸ガン
  • 2016年1月14日に腸閉塞で入院になり3,4日は絶飲食だったその間は色々と検査の日々19日に検査結果やら今後の話がありました内視鏡の写真を見せてもらったが、見事に腸がふさがっている結論からいうとガンでした直腸の少し上、S状結腸ガンですステージ4と診断されました後から調べてみたが、ステージ4とはかなりガンが進んでいる状態のようですしかし転移はしていないと言う事ガンと言われたけど私が楽観的だからかどうか分からん [続きを読む]
  • 入院! 腸閉塞
  • 2016年1月14日、ちょっと大きめな病院へ行くお母さんが大学病院へ行く前に入院していた病院受付を済ませるが、紹介状がいるとか何とか面倒くさい最寄り病院へ電話して、紹介状を送ってもらうように依頼するほぼ2日寝てないし食事も取れていないけど、お腹が張って苦しくてそれどころではないいくらか待たされてレントゲンと内視鏡検査を行う内視鏡検査はお母さんが入院していた時お世話になった先生がやってくれる胃カメラは一度や [続きを読む]
  • 円満退職のはずが・・・
  • 11月に退職願いを提出しグループ長や部門長と話をし翌年の1月末での退職が決まったちょうど新しく人が入ったのでタイミングが良かった退職までにしっかりと引継ぎを行おう私の計画では1月末で退職しつぎの就職先はゆっくり探すつもりなので失業手当を貰う予定失業手当は3ヶ月経過しないと貰えないので3ヶ月間生活できるお金を貯めるそしてその間はパチスロ生活をする!お金はだいぶ貯まった3ヶ月間は余裕だパチスロの資金も出来つ [続きを読む]
  • 退職を決意
  • お母さん(奥さん)が亡くなって、香典のお返しやら色々な手続きなどで忙しい日が続いたが無事四十九日の法要も終え少し落ち着いたお母さんへの申し訳なさはずっと続いているが…一人暮らしにも慣れてきた9月25日給料日ですお母さんが扶養から外れて家族手当が無くなり給料は減ったこれまでも少ない給料だったのにさびしい事ださて、今月はいくら有るかと明細を開くと差引き支給額 124,343円はあ?!思わず声が出た [続きを読む]
  • 奥さんの告別式
  • 2015年7月21日1時7分  お母さんが亡くなったみんな泣いていたみんな悲しんだもちろん私もでも、これから告別式の準備をしていかなくてはならない喪主は私がすることになるだろうし悲しんでいる暇はなかった喪主をする人は通常 故人の一番近い人故人が亡くなって一番悲しむ人であるにもかかわらず告別式の準備や喪主など、忙しく行わなければならないのは悲しみを紛らわせる意味もあるのではないだろうかみんなICUから出て控え室 [続きを読む]
  • ごめんな、お母さん
  • もう意識は戻らないと伝えられそれでもこのまま治療を続けるか人工呼吸器を外すか2つの選択をせまられた身内達は私の考えに従うと言ってくれた悩んだ決められん・・・そして15時が過ぎた頃、先生から話が非常に危険な状態ですあと数時間しか持たないかも知れないICUを開放するからしっかり会ってあげてください・・・ともうこれまでなのか・・・身内達に伝える義理の姉が私に酷な選択をさせないようにしてくれたんじゃなと、泣 [続きを読む]
  • 術後 最後の呼び出し
  • お母さんの身体が悲鳴をあげている目に見えないような小さなモノによって臓器がむしばまれているそんなモノに負けたらおえん!この頃は面会に行ってもお母さんはいつも眠っている眠らされていると言ったほうがいいか?人工呼吸器も再び付けられてとても会話などできる状態ではないそれでも毎日会いに行って声をかけた頑張ろうな退院したらどこかゆっくり旅行に行こうな とか聞こえていたら良いのだけどな7月20日早朝息子から電話 [続きを読む]
  • 生体肝移植術後 容態急変
  • 真夜中に携帯が鳴る。大学病院から!電話にでると担当の先生。お母さんの容態が急変したとの事!移植手術が終わってからICUで毎日色々なデータをとり続けていて、これまですべて安定していたのだが、急変したのだ。急いで病院へ向かう。真夜中の道を思いっきりとばす。日中は4・50分かかる道のりを30分弱で到着。ICUに入ると担当の先生が色々と処置をしていてくれて、だいぶ落ち着いたようだ。良かった!感染症の一種だったかな? [続きを読む]
  • 生体肝移植術後 容態急変
  • 真夜中に携帯が鳴る。大学病院から!電話にでると担当の先生。お母さんの容態が急変したとの事!移植手術が終わってからICUで毎日色々なデータをとり続けていて、これまですべて安定していたのだが、急変したのだ。急いで病院へ向かう。真夜中の道を思いっきりとばす。日中は4・50分かかる道のりを30分弱で到着。ICUに入ると担当の先生が色々と処置をしていてくれて、だいぶ落ち着いたようだ。良かった!感染症の一種だったかな? [続きを読む]
  • 生体肝移植手術 術後
  • お母さんの生体部分肝移植は成功しました。14時間近くの大手術でした。成功して良かった!その夜私は病院に泊まったが、翌朝お母さんには会わなかった。やはり大きく胸を開く手術であるため、しばらくは麻酔の効いた状態であることと、拒絶反応を防ぐため免疫抑制剤を使用しているので感染症の心配がある。外部から菌を持ち込まないため、しばらくは面会は自粛しようと考えたためです。息子は術後一晩ICUに入り、翌朝一般病室へ移 [続きを読む]
  • 生体肝移植手術 術後
  • お母さんの生体部分肝移植は成功しました。14時間近くの大手術でした。成功して良かった!その夜私は病院に泊まったが、翌朝お母さんには会わなかった。やはり大きく胸を開く手術であるため、しばらくは麻酔の効いた状態であることと、拒絶反応を防ぐため免疫抑制剤を使用しているので感染症の心配がある。外部から菌を持ち込まないため、しばらくは面会は自粛しようと考えたためです。息子は術後一晩ICUに入り、翌朝一般病室へ移 [続きを読む]
  • 奥さんの生体肝移植当日
  • 2015年6月30日いよいよお母さんの生体肝移植手術が行われます。朝早く岡大病院へ。まず息子に会いに行く。よろしく頼むと少し会話してICU(集中治療室)へ。お母さんは昨夜からICUへ入っている。肝性脳症の影響でわけのわからない事を言うことが多かったが、この日は穏やかだった。いよいよじゃな!がんばろうな!ちょっと怖いなとは言っていたが、しっかり応援しとるからな!しっかり祈っとるから!と声をかけると、頼まぁよぉ〜 [続きを読む]
  • 奥さんの生体肝移植当日
  • 2015年6月30日いよいよお母さんの生体肝移植手術が行われます。朝早く岡大病院へ。まず息子に会いに行く。よろしく頼むと少し会話してICU(集中治療室)へ。お母さんは昨夜からICUへ入っている。肝性脳症の影響でわけのわからない事を言うことが多かったが、この日は穏やかだった。いよいよじゃな!がんばろうな!ちょっと怖いなとは言っていたが、しっかり応援しとるからな!しっかり祈っとるから!と声をかけると、頼まあよぉ〜 [続きを読む]
  • 奥さんの生体肝移植の準備
  • 2015年6月1日岡山大学病院へ転院。まずは内科へ入院し、ここで色々な検査を行いました。肝性脳症の影響であまり良くわかってない様な状態が多かったけど、毎日ではない。意識がしっかりしている時もある。そんな時は嬉しかった。ただ、毎日の検査で本人もだいぶまいっていました。食事ができない状態も続いていた。なので点滴で栄養分は補っていたが、やはり口から食べた方が良いので、少しでも食べてもらおうと、本人が欲しがる物 [続きを読む]
  • 奥さんの生体肝移植の準備
  • 2015年6月1日岡山大学病院へ転院。まずは内科へ入院し、ここで色々な検査を行いました。肝性脳症の影響であまり良くわかってない様な状態が多かったけど、毎日ではない。意識がしっかりしている時もある。そんな時は嬉しかった。ただ、毎日の検査で本人もだいぶまいっていました。食事ができない状態も続いていた。なので点滴で栄養分は補っていたが、やはり口から食べた方が良いので、少しでも食べてもらおうと、本人が欲しがる物 [続きを読む]
  • 大学病院へ転院
  • お母さんが入院してから、仕事帰りは毎日病院へ行った。もちろん土日も。最初いろいろあって、同じ病室の人達となじめず談話室の窓辺で泣いていた事もあった。そのうち皆とは仲良くなったのでその事は安心したのだが…。当初、お母さんは普通に歩けたし、すぐに退院できるだろうと思ってたけど、食欲が無いらしく、徐々に身体が弱っていった。ものを食べてもすぐに吐いてしまう。病院にいるのに何でこんなに身体が弱っていく [続きを読む]