形代楓 さん プロフィール

  •  
形代楓さん: うちでまったり映画でも観ませんか?
ハンドル名形代楓 さん
ブログタイトルうちでまったり映画でも観ませんか?
ブログURLhttp://mattari-cinema.entacafe.com/
サイト紹介文映画&DVDの感想をまったり述べるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2007/05/27 16:39

形代楓 さんのブログ記事

  • 【バイオハザード ザ・ファイナル】
  • アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。シネマトゥデイより。【バイオハザード】シリーズ完結となる本作。アリスやレッド・クイーンの正体や、アンブレラ社の目的が明かさ [続きを読む]
  • 【デスノート Light up the NEW world】
  • デスノートの力で多数の凶悪犯を破滅させた夜神月と、彼を追い詰めた天才Lの伝説のバトルから10年の歳月が経過。またしても死神がデスノートを下界にまき散らしたため、世界中が混乱していた。夜神総一郎が設立したデスノート対策本部は健在で、キラ事件を熟知する三島(東出昌大)をはじめとする特別チームが事態を注視しており……。シネマトゥデイより。映画版【デスノート】シリーズから10年後の世界を描いた作品。【デスノー [続きを読む]
  • 【のぞきめ】
  • テレビ局でアシスタントディレクターをしている三嶋彩乃(板野友美)は、ある青年の怪死事件を取材することに。異様な死に方をした青年の死を、彼の恋人は「“のぞきめ”の仕業だ」と発言。青年の大学のサークル仲間も山奥の合宿に行って以来、何者かにのぞかれているように感じており、のぞきめの悲劇が続いていた。そして、彩乃の身にものぞきめの恐怖が迫りくる。シネマトゥデイより。元AKBで神7とまで呼ばれた板野友美主演のホ [続きを読む]
  • 【秘湯心霊の旅 東伊豆編】
  • シリーズの他の作品に比べたら設定自体はマシなのかなと混乱する作品。相変わらず、オナニーと入浴だけなので、どうでもいいんですけどね。実際、ホラーとしては怖くないし、エロさだけで言えば、AV見た方がいいと思うので、どっちつかずだし。R-15なので、高校生が見れるセクシー女優の裸ってだけ。1話目は上司と不倫していらOLの羽月希。不倫がバレて、妻が気が触れて自殺。それを知った夫も会社を辞め、行方知れずに。必死に上 [続きを読む]
  • 【秘湯心霊の旅 鬼怒川編】
  • シリーズ途中ですが、メーカーがJVDからアースゲートに変わり、R-15になりました。と言っても、内容はほとんど変わりません。温泉入って、オナニーするだけです。1話目は春日野結衣が恋人のたかしと温泉地にある地蔵を見ていたら、何かが身体に入ってきた感覚を受け、意識を失ったらしい。携帯もなく、恋人も見つからないのに、何故か自分だけで温泉に入り出す主人公。憑依されたことでおかしな行動をとっているかのようですが、憑 [続きを読む]
  • 【秘湯心霊の旅 美熟女篇】
  • 前作でオナニーと入浴しかないのでオススメできないと書いておきながら、一応シリーズなので視聴。美女編よりも酷かったです。女優のスタイルは、こちらの方がいいような気がしますが。とりあえず、演出というか、色々と酷いんですよね。いわゆる素人のくせにダメ出しとかそんな話じゃなく。まず1話目。ルポライターの小森愛がダムのために沈んだ町の辺りを調査に行く話。人の気配を感じたり、何故か足が動かなくなります。それだ [続きを読む]
  • 【秘湯心霊の旅 美女篇】
  • セクシー女優が出演する再現映像っぽいオムニバス作品。ネタバレでどうこうなるレベルの作品ではないので、ネタバレあります。18禁ではないので、アダルトは借りられないけど、セクシー女優の裸は見たいという人くらいにしかおすすめはできません。と言っても、アダルトではないので絡みもないし、最高でもオナニーまでのイメージビデオみたいなものです。素晴らしいスタイルでもないから、そういう方面でもあんまりおすすめしませ [続きを読む]
  • 【アイアムアヒーロー】
  • 漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに [続きを読む]
  • 【コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド】
  • 直美(生駒里奈)とあゆみ(前田希美)は、呪いのおまじない“しあわせのサチコさん”のせいで怨霊がはびこる異空間に飛ばされ、多くの仲間を失いながらも何とか生還する。あれから半年、死んだ仲間たちを取り戻すべく、二人は再び天神小学校へ舞い戻る。しかし、そこにいた仲間たちは死の運命にとらわれていた……。シネマトゥデイより。今回のレビューは、前作を含め、ややネタバレを含みます。同名ホラーゲーム原作の続編。こう [続きを読む]
  • 【脳漿炸裂ガール】
  • 幼少時代からの憧れの聖アルテミス女学院に通う市位ハナ(柏木ひなた)がある日、教室で目覚めると、同じクラスの生徒たちと共におりに入っていた。そして彼女たちは考える間もなく、突然携帯電話を使った「黄金卵の就職活動」というサバイバルゲームに参加させられる。ハナは級友の稲沢はな(竹富聖花)と協力してゲームを勝ち抜いていき……。シネマトゥデイより。お嬢様学校に通っている主人公市位ハナは、面談の者以外帰るよう [続きを読む]
  • 【漫才ギャング】
  • コンビ結成10年目を迎える売れない漫才コンビでボケとネタ作りを担当する飛夫(佐藤隆太)は、相方から解散を告げられる。ヤケ酒を飲みトラブルに巻き込まれ留置場に入った彼は、そこで不良の龍平(上地雄輔)に出会う。龍平と少しずつ会話する中で、彼のツッコミの才能に気付いた飛夫がコンビ結成を申し込むと、意外にも龍平は承諾する。シネマトゥデイより。品川庄司の品川ヒロシの監督2作目。コンビを結成して10年、自分の笑い [続きを読む]
  • 【ライト/オフ】
  • 電気を消して暗闇になると現れるという不気味な何かに恐怖を抱く弟マーティン(ガブリエル・ベイトマン)を守るため、レベッカ(テリーサ・パーマー)は久々に実家に帰ってくる。二人はたくさんのライトを用意して夜を迎えるが、次々に明かりが消え暗闇からえたいの知れない何かが迫ってくる。狙われる理由もわからぬまま不安な時を過ごす中、レベッカの一家に隠された秘密が明らかになり……。シネマトゥデイより。オープニングで [続きを読む]
  • 【アンフレンデッド】
  • ある動画がネット上に公開されたことが原因で、ローラ・バーンズは自ら命を絶ってしまう。1年後、彼女の幼なじみと友人たちがSkypeで雑談していると、見知らぬアカウントが死んだローラとして話しかけてくる。やがてローラの死に隠されたうそがオンラインで暴露され、一つ明かされるたび、彼らのうちの1人が亡くなり……。シネマトゥデイより。【パラノーマル・アクティビティ】シリーズのジェイソン・ブラム製作の異色な作品。公 [続きを読む]
  • 【スクリーム・ガールズ~最後の絶叫~】
  • 田舎町スピアフィッシュのスーパーで働くコリーン(クローディア・リー)は、惨殺された女性の写真が職場の掲示板に貼られているのを見つける。警察に届けるが、信ぴょう性がないと相手にしてもらえない。一方、ロサンゼルスの写真家ピーター(カル・ペン)がインターネット上で同じ写真を発見し、その内容に刺激を受けてスピアフィッシュへと向かう。やがてコリーンと出会ったピーターは、彼女をモデルとしてスカウトする。その後 [続きを読む]
  • 【ザ・ボーイ~人形少年の館~】
  • 過去に別れを告げるべく新天地にやってきたグレタ(ローレン・コーハン)は、老夫婦と一緒に生活している8歳の少年の世話係のアルバイトをすることになる。ところが紹介されたのは子供の人形で、夫妻はブラームスと呼んでかわいがっていた。さらに人形の世話には、決して破ってはならない10のルールがあったが、グレタは老夫婦が旅行に出掛けた後、そのルールを無視してしまい……。シネマトゥデイより。人気のゾンビドラマ【ウォ [続きを読む]
  • 【エルサレム】
  • 1年前に兄が他界したサラ(ダニエル・ヤドリン)と友達のレイチェル(ヤエル・グロブグラス)は、ニューヨークからイスラエルへ旅行する。サラは飛行機の中で顔見知りになった人類学者のケヴィン(ヨン・トゥマルキン)に、エルサレムでは何度も死者が復活したと聞かされる。ところがその後、ケヴィンは病院に監禁されてしまう。その翌日の贖罪(しょくざい)の日、街中で爆発が起こり、サラたちは旧市街に隔離され……。シネマト [続きを読む]
  • 【死霊館 エンフィールド事件】
  • ロンドン北部に位置するエンフィールドで、4人の子供とシングルマザーの家族は、正体不明の音やひとりでに動く家具が襲ってくるなど説明のつかない数々の現象に悩まされていた。助けを求められた心霊研究家のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)は、一家を苦しめる恐怖の元凶を探るため彼らの家に向かう。幾多の事件を解決に導いた夫妻ですら、その家の邪悪な闇に危機感を抱き……。シネマトゥデイより [続きを読む]
  • 【貞子 vs 伽椰子】
  • 女子大生の有里(山本美月)は、あるビデオを再生する。それは、観た者に貞子から電話がかかってきて、2日後に死ぬという「呪いの動画」だった。一方、女子高生の鈴花(玉城ティナ)は引っ越し先の向かいにある「呪いの家」に入ってしまう。霊媒師の経蔵(安藤政信)は二つの呪いを解くために、呪いの動画の貞子と呪いの家に居る伽椰子を激突させようとするが……。シネマトゥデイより。エイプリルフール企画だった本作のプロモー [続きを読む]
  • 【鬼談百景】
  • 【残穢】に合わせてリリースされ、様々な監督が撮影した短編集。10話構成ですが、10人の監督でなく、6人で10話です。一応、【残穢】の作家の元に届いた手紙というていなので、各話の間に竹内結子の「こんな手紙が届いた」というセリフが流れますが、本人は登場しません。個人的にはそのセリフが、いまや文房具ソムリエとなった芸人だいたひかるの『どーでもいい歌』を思い出してしまい、徐々に笑いが込み上げてしまったのが残念で [続きを読む]
  • 【キングスマン】
  • ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、実はいかなる国の干渉も受けない屈指のエリートスパイ集団だった。ブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリー(コリン・ファース)もその一人で、日々極秘任務の遂行に務めていた。そんなある日、仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良少年エグジー(タロン・エガートン)をスカウトする。シネマトゥデイより。高級なスーツに身を包んだ紳士たちによるアクション系スパイ作品 [続きを読む]
  • 【ソーセージ・パーティー】
  • スーパーマーケット「ショップウェル」で、ソーセージのフランクは恋人であるパンのブレンダと結ばれホットドッグになることを夢見るなど、食材たちは人間に買われることを望んでいた。ある日、ついに一緒にカートに入れられ喜ぶフランクとブレンダだったが、アクシデントが発生し店に取り残されてしまう。一方、夢がかない購入された食材たちは……。シネマトゥデイより。誘われた段階でCGアニメなのに、エログロのB級と聞かされ [続きを読む]
  • 【プライベート・ライアン】
  • 1944年6月。ノルマンディ上陸作戦は成功に終わったものの、激戦に次ぐ激戦は多くの死傷者を出していた。そんな中、オマハビーチでの攻防を生き延びたミラー大尉に、落下傘兵ライアン二等兵を戦場から救出せよという命令が下された。彼には3人の兄がいたが、全員が死亡。兄弟全てを戦死させる訳に行かないと考えた軍上層部の決定であった。ミラーは中隊から7人の兵士を選び出し、生死も定かでないライアン二等兵を探すために戦場へ [続きを読む]
  • 【ゾンビーバー】
  • あるトラックに積まれた汚染廃棄物がトラブルによって、ビーバーの住む湖に落下。その近くにキャンプでやって来た仲良し女子3人組が楽しんでいると、それぞれの恋人や元彼ら男性たちが乱入し、一行は能天気に浮かれ騒ぐ。そんな折、浴室に凶暴なビーバーが現れ殴り殺すが、捨てたはずの死体が翌日見当たらず、逃げたような足跡が残っており……。シネマトゥデイより。リリース当時、スマッシュヒットしたゾンビになったビーバーが [続きを読む]