ikadoku さん プロフィール

  •  
ikadokuさん: 活かす読書
ハンドル名ikadoku さん
ブログタイトル活かす読書
ブログURLhttp://ikadoku.blog76.fc2.com/
サイト紹介文読んだ本を、どう活かすか? 週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供308回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2007/05/28 14:36

ikadoku さんのブログ記事

  • 数学的コミュニケーション入門
  • 数学的コミュニケーション入門 「なるほど」と言わせる数字・論理・話し方 (幻冬舎新書)posted with ヨメレバ深沢 真太郎 幻冬舎 2017-03-30AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★付箋数:25ビジネスパーソンにとって、最も大切な能力の1つは「コミュニケーション能力」です。では、コミュニケーション能力はどのように鍛えることができるのでしょうか?その1つの方法が「数学的」になることです。例えば、あなたが営業マ [続きを読む]
  • バッタを倒しにアフリカへ
  • バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)posted with ヨメレバ前野ウルド浩太郎 光文社 2017-05-17AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★付箋数:24最近は、滅多に使われることがなくなりましたが、「末は博士か大臣か」という言葉がありました。将来有望な子供や若者に対して、かつては、こう言ったものでした。しかし、「大臣」は昔とそれほど変わりませんが、「博士」を取り巻く環境は大きく変わりました。  「苦労の [続きを読む]
  • 記事投稿回数変更のお知らせ(6/19〜7/31)
  • いつも当グログを訪問いただき、誠にありがとうございます。6/19〜7/31までの約1ヶ月半の期間、記事を更新する回数および曜日を変更させていただきます。現状、1週間に6冊、月〜土まで毎日1冊の本を紹介しておりますが、諸事情があって、この期間は、週に2冊、土日のみの紹介とさせていただきます。また、7/29、7/30は記事の更新を休ませていただきます。8月になりましたら、今でのペースで記事を更新いたしますので、何卒よろしく [続きを読む]
  • 「伝わらない」がなくなる 数学的に考える力をつける本
  • 「伝わらない」がなくなる 数学的に考える力をつける本posted with ヨメレバ深沢 真太郎 講談社 2017-03-29AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★付箋数:25「数学」とは、何をする学問でしょうか?学生の頃に、数学でイヤな思いをした方は、「数学=計算」というイメージが思い浮かぶかもしれません。しかし、数学の本質は「計算」ではありません。なぜなら、計算することを学ぶだけなら、電卓やエクセルの使い方だけ知 [続きを読む]
  • データ分析の力 因果関係に迫る思考法
  • データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)posted with ヨメレバ伊藤 公一朗 光文社 2017-04-18AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★付箋数:26あなたは、アイスクリームを売る企業のマーケティング部に所属しています。ある年、今まで使っていなかったWEB広告を掲載してみると、前年に比べてアイスクリームの売上が40%上昇しました。この結果から、WEB広告を出したことにより、アイスクリームの売上が増えたと [続きを読む]
  • 超能力微生物
  • 超能力微生物 (文春新書)posted with ヨメレバ小泉 武夫 文藝春秋 2017-04-20AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:23  「微生物は神出鬼没の生命体である。  とうてい考えることのできない不可思議な  生命体である。人間界では想像できない、  怪しいほどの生命体である。  その大体の大きさは、1ミリメートルの  500分の1、いやそれ以下で1000分の1、  もっともっと小さくて1万分の1しかないのに [続きを読む]
  • リーダーの教養書
  • リーダーの教養書 (News Picks Book)posted with ヨメレバ出口 治明,楠木 建,猪瀬 直樹,岡島 悦子,中島 聡,大竹 文雄,長谷川 眞理子,森田 真生,大室 正志,岡本 裕一朗,上田 紀行 幻冬舎 2017-04-27AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:22なぜ、日本のエリートは、米国のエリートに勝てないのか?なぜ、日本のリーダーは、米国のリーダーに勝てないのか?NewsPicks編集長の佐々木紀彦さんは、その理由は両者の「教 [続きを読む]
  • イノベーターたちの日本史
  • イノベーターたちの日本史posted with ヨメレバ米倉 誠一郎 東洋経済新報社 2017-04-28AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★★付箋数:30  「本書は、明治から昭和初期にかけての  日本の近代を、 “創造的対応(creative   response)” の視点から描こうとしたもの  である。日本の近代は西欧先進国から  押し寄せる津波のような外生的挑戦や刺激に、  いかに創造的に対応していくかという  歴史だった [続きを読む]
  • 外資系投資銀行がやっている 最速のExcel
  • 外資系投資銀行がやっている 最速のExcelposted with ヨメレバ熊野 整 KADOKAWA 2017-04-28AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:21エクセルの「速さ」には、2種類あります。1つは、どのようにデータをまとめるかという「設計」に関する速さです。もう1つは、実際にデータを入力して、表やグラフにまとめるときの「作業」の速さ、つまり「テクニック」です。特に、チームでデータを集めて作業する場合は、いかに「 [続きを読む]
  • なぜ、残業はなくならないのか
  • なぜ、残業はなくならないのか(祥伝社新書)posted with ヨメレバ常見 陽平 祥伝社 2017-04-01AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:22  「 “日本企業の残業は、なぜなくならないのか”  あえて空気を読まずに回答しよう。  その答えは簡単だ。  残業は、合理的だからだ。  残業もまた、柔軟な働き方だからだ。  残業しなければならないように、労働社会が  設計されているからだ。(中略)  本書 [続きを読む]
  • 風俗嬢の見えない孤立
  • 風俗嬢の見えない孤立 (光文社新書)posted with ヨメレバ角間 惇一郎 光文社 2017-04-18AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:21本書は、風俗嬢の本当の悩み事と風俗業界の現状を知り、社会問題として、その解決法を考える本です。著者は、「夜の世界の課題解決」に取り組む一般社団法人GrowAsPeople(以下GAP)の代表理事の角間惇一郎さんです。角間さんは、大手ゼネコンで建築士として働いた後、2年間、性風俗店 [続きを読む]
  • カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座
  • カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座 (扶桑社新書)posted with ヨメレバ久坂部 羊 扶桑社 2017-04-30AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★付箋数:25非常にベタなタイトルですが、本当に人間の「カラダはすごい」と思える一冊です。  「私は現在、健診センターに非常勤で勤務する  かたわら、医療小説を書き、三足目のワラジ  として福祉系の大学で “医学概論” の講義を  しています。本書 [続きを読む]
  • 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?
  • 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質posted with ヨメレバ山本 一成 ダイヤモンド社 2017-05-11AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★付箋数:27私は、これまで人工知能に関する本を少なくとも20冊以上は読んできました。本書は、その中でもトップクラスで面白い本です。最先端の人工知能の仕組や将来性について、わかりやすく [続きを読む]
  • コスパ飯
  • コスパ飯 (新潮新書)posted with ヨメレバ成毛 眞 新潮社 2017-04-15AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:21日本マイクロソフトの社長だった時代から、国内はもちろん、世界中で「うまいもの」を食べ尽くしてきた成毛眞さん。どこで食べたものが、一番うまかったのか?成毛さんの答えは、国内の名店でも、美食の都と言われるサン・セバスチャンでミシュランの星を獲ったレストランでもありません。成毛さんが、一 [続きを読む]
  • 図解 見せれば即決! 資料作成術
  • 図解 見せれば即決! 資料作成術――3秒で決まるプレゼン資料、ビジネス資料はここが違うposted with ヨメレバ天野 暢子 ダイヤモンド社 2017-04-20AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:20人は無意識のうちに、見た目だけで、「良い・悪い」「好き・嫌い」を判断します。その判断までに必要な時間はわずか「3秒」。特に悪い・嫌いな場合は、3秒もかけずに、直感的にその印象を決めてしまいます。ビジネスで使う資料 [続きを読む]
  • 「損」を恐れるから失敗する
  • 「損」を恐れるから失敗する (PHP新書)posted with ヨメレバ和田 秀樹 PHP研究所 2017-04-15AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★付箋数:14あなたは、次のような場合、どうしますか? A あなたは、3000円の前売り券を買って、  劇場に来ました。ところが、鞄の中を  探しても前売り券が見つかりません。  前売り券をなくしてしまったようです。  あなたは、劇場のチケット売り場で  3000円の当日券を買いますか [続きを読む]
  • 友達以上、不倫未満
  • 友達以上、不倫未満 (朝日新書)posted with ヨメレバ秋山謙一郎 朝日新聞出版 2017-04-13AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:18  「友達以上、不倫未満――。  決して男女の関係は持たない。  法でつながり戸籍で結びついた  配偶者とは違い、つながるのは心、  結びつけるのは魂だけ。  だからこその関係は極めて不確実。  そのため配偶者よりも深い絆が紡げるという。  そんな精神的恋愛関係に [続きを読む]
  • 鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。
  • 鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。posted with ヨメレバ川上 和人 新潮社 2017-04-18AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★付箋数:24  「あなたには、鳥類学者の友人はおられる  だろうか。多くの方にとって、答えは  否だろう。原因の半分は、鳥類学者が  シャイで友達作りが下手だからだ。  残り半分は、人数が少ないからである。  日本鳥学会の会員数は約1200人。  『日本タレント名鑑』に載 [続きを読む]
  • 働けるうちは働きたい人のためのキャリアの教科書
  • 働けるうちは働きたい人のためのキャリアの教科書posted with ヨメレバ木村 勝 朝日新聞出版 2017-05-08AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:21あなたは、何歳まで働く予定ですか?平均寿命が延びて、いまや「人生90年時代」と言われています。そんな中で、ほとんどの会社の定年は60歳。そこから定年再雇用で働いたとしても、今の会社では65歳までしか働けないという方が多いと思います。これからの時代のシニアは [続きを読む]
  • スマホ廃人
  • スマホ廃人 (文春新書)posted with ヨメレバ石川 結貴 文藝春秋 2017-04-20AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:21今や、誰もが使うようになったスマートフォン。社会人でスマホを持っていない人は、かなりの少数派です。10代のスマホ普及率は9割を超え、シニアでも約半数が使うようになりました。何もなくても、いつも何となくスマホをいじっている人も多くなっています。SNSなどのコミュニケーションやゲームの [続きを読む]
  • 世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術
  • 世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術posted with ヨメレバ石川 三知 SBクリエイティブ 2017-04-28AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:23あなたは、次のように健康のことを考えて飲食に気を使っていませんか? ・余計な糖分は取りたくないので、ドリンクは  カロリーゼロを選ぶようにしている ・お腹を凹ますために、ご飯やパン、麺類など  糖質をとらないようにしている。 ・ダイエットのた [続きを読む]
  • たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書
  • たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書posted with ヨメレバ魚住 りえ 東洋経済新報社 2017-04-21AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★付箋数:24あなたは、次に挙げるような「聞き方」をしていませんか? 1. 話を「最後まで」聞かない 2. 自分の聞きたいようにしか聞いていない 3. 「相手が言いたいことが何か」を考えず、   「ズレた答え方」をしている 4. どんな話でも「自分の話」に   持 [続きを読む]
  • この自伝・評伝がすごい!
  • この自伝・評伝がすごい!posted with ヨメレバ成毛 眞 KADOKAWA 2017-04-20AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★付箋数:24最初の企画段階では、成毛眞さんが、「この人のこんなところを真似したい」をまとめるのがコンセプトでした。しかし、そんな本を書いても、「成毛さんが好きな人物のおまとめ」と言われてもつまらないと考え、企画内容を変えたそうです。  「そこで本書は “私が真似したいこんな人の  こんな [続きを読む]
  • 生物はウイルスが進化させた
  • 生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像 (ブルーバックス)posted with ヨメレバ武村 政春 講談社 2017-04-19AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:242003年に普通の「光学」顕微鏡でも見えるほどの巨大なウィルスが見つかりました。その名前は「ミミウィルス」と言います。見つかったと言うと、少し語弊があるかもしれません。ミミウィルスがこの世に存在することが認められたのは1992年、イギ [続きを読む]