ばんぱく さん プロフィール

  •  
ばんぱくさん: 〜続・釣れ釣れなるままに☆その日暮らし〜
ハンドル名ばんぱく さん
ブログタイトル〜続・釣れ釣れなるままに☆その日暮らし〜
ブログURLhttp://rapalafan7240.blog121.fc2.com/
サイト紹介文趣味のルアー釣りを中心として、自分が日頃思っている事を綴っていこうという趣旨のお気楽極楽ブログです
自由文趣味のルアー釣りを中心として、自分が日頃思っている事を徒然なるままに綴っていこうという趣旨のお気楽極楽ブログです(ここ最近は自分が所有しているルアー&マイタックル紹介ブログになりつつありますが…)。決して釣行記ブログオンリーではありませんのでお間違えなく・・・。リンク・コメント大歓迎です。アングラーの皆様、よろしくお願いします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2007/05/31 02:21

ばんぱく さんのブログ記事

  • 『あれから12年』
  • 本日、西暦2017年3月27日(月)を以って、『〜続・釣れ釣れなるままに★その日暮らし〜』は、遂に12年目を迎えました故あって、今ではすっかり月一連載状態になってしまっていますが、まあ、今は取り敢えず現状維持で仕方ないかなと個人的には割り切っています仕事や広告活動、義務感で続けている訳でも、ましてやコレで飯を喰っている訳でもありませんしね逆に当ブログが十年以上も続いていること事態が、ある意味奇跡みたいなも [続きを読む]
  • 『シマノ/'17 バスワンXT』
  • シマノのある意味良心?とも言うべき初心者向けスタンダード商品、エコノミーモデルのベイトキャスティングリール、『バスワンXT』が、6年ぶりにボディデザインを一新して、全面的なリニューアル(モデルチェンジ)を遂に果たしたようですシマノ曰く『人気のバスワンがデザインを一新。クラスを超えたスペックを誇るエントリーリールの新定番』『オールラウンドに使えるバーサタイル性と扱いやすさでエントリーリールの定番として [続きを読む]
  • 『ハルシオンシステム/ペニーサック140 MOKKA』
  • 遅ればせながら皆様新年明けましておめでとうございます(_ _)。今年も当ブログをよろしくお願いいたします(訳あってブログの更新頻度はかなり下がちゃっていますが・・・)さて、2017年になって一番最初に取り上げる記念すべきルアーは、昨年末に急逝した故・楠ノ瀬直樹氏が手掛けた名作ルアーの一つでもある『ハルシオンシステム/ペニーサック140 MOKKA』そのキャッチコピーは『ビッグフィッシュを獲るために生まれた、コノシロパ [続きを読む]
  • 『楠ノ瀬直樹氏、逝去』
  • えー、訃報というのは往々にして、ある日突然やってくるものですが、今回のニュースは正直少なからずショックを受けましたΣ(゚д゚lll)ガーン■楠ノ瀬 直樹さん 逝去 12/14http://www.halcyon.jp/■天才と呼ばれた孤高の釣り師・楠ノ瀬直樹の死に寄せてhttp://www.news-postseven.com/archives/20161217_476469.html楠ノ瀬直樹、享年56歳。ルアーフィッシングを嗜む自分と同世代のルアーアングラーであれば、一度くらいはその名を耳 [続きを読む]
  • 『リフト&フォール』
  • 今年も残りあと半月、毎日寒い日が続きますが、皆様如何お過ごしでせうか?さて、これからの冬の時期、琵琶湖水系などでは、主にバイブレーションやメタルバイブを用いて行われる事が多い、大遠投による『リフト&フォール』での釣りまあ、ジギンガーやエギンガーの皆様にとっては、『リフト&フォール』は正に基本中の基本、毎度お馴染みのテクニックかとその名の通り、水中に沈むタイプのルアーの使用を前提に、一旦ボトムまで沈 [続きを読む]
  • 『バークレイ/パワーベイト マイクロクローラー3インチ』
  • さて、今回は久々に『ソフトベイト』の名作的ルアーをご紹介個人的には、困った時の神頼み的なルアーの一つである『バークレイ/パワーベイト マイクロクローラー3インチ』全長3インチのミミズによく似た見た目をした、所謂『ストレートワーム』の一種ですね。『ソフトベイト』による様々なフィネスゲームの切り札として、愛用している方も多いのではないでせうか?因みに自分が愛用しているのは、現行の味と臭いが強烈なガルプ版 [続きを読む]
  • 『AVICULA(アヴィキュラ)/スネークチャーマー』
  • たしか今年の春頃に、ベリーのワゴンセールで購入した記憶がある『AVICULA(アヴィキュラ)/スネークチャーマー』ボディサイズ135mm、ウェイト設定23.3gと云うことで、一応ビッグベイトの範疇に入る、所謂ジョインテッドルアーの一種になるのでしょうかね基本的には、投げてのスローなタダ巻きでリアルなベイトフィッシュの姿を簡単に演出でき、多連結ジョインテッドルアーならではの艶かしいウィグルアクションで水中を泳ぎます [続きを読む]
  • 『ビッグベイトゲームの定義とは?』
  • えー、久々のブログ更新な訳ですが(´Д`υ))ポリポリ今は昔。琵琶湖水系を中心としてブームに火が付き、現在ではほぼそのスタイルが確立されつつある、バスフィッシングのビッグベイトゲームスタイルそのブームは、今ではシーバスフィッシングにも飛び火し、特に今頃の落ち鮎シーズンに於いては、敢えてビッグベイトゲームスタイルオンリーでランカーサイズ狙いに挑むシーバスアングラーも増え、また現在ではシーバス専用ビッグベ [続きを読む]
  • 『やっぱり駄目でしたね、2016年凱旋門賞(;´∀`)』
  • 今回は久々の競馬ネタということで☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ今年から日本で初めて、公式に海外レースの馬券が国内で購入できるということから、競馬ファンの間では何かと話題になっていた『2016年凱旋門賞』1969年のスピードシンボリの初挑戦からおよそ半世紀、日本からは今年の日本ダービー優勝馬である『マカヒキ』が3歳馬のアドバンテージを活かす形で果敢にチャレンジした訳ですが、結果は皆さん既に御存知の通り、大した見 [続きを読む]
  • 『デュオ/レアリスクランク M65 8A』
  • 先日、近所のベリーにたまたま中古品として入荷されており、前から一個欲しいなぁと思っていたので、悩むことなくワンコイン+消費税で即決で購入した『デュオ/レアリスクランク M65 8A』通称『王様』『ミラクルJIM』として有名な村田基氏が、世界中で最も売れているクランクベイトであろう『ボーマー/モデルA』を超える日本版モデルA+αを開発コンセプトとして監修に携わり、極めてベーシックかつ『世界基準モデル』を目指して [続きを読む]
  • 『危ないフック?ポイントローテティングフック』
  • 今回ネタとして取り上げるのは、画像のルアー(ボーマー/ファットフリーシャッド)ではなくて、付いているトレブルフックの方『ポイントローテティングフック』通称エクスキャリバーフック。プラドコから発売されていた、『エクスキャリバーシリーズ』の一部のルアー(ハードベイト)にデフォルトフックとして採用されていた、独特の形状をしたトレブルフックです [続きを読む]
  • 『メーカー不明/Cindy 65(シンディ65)』
  • 自分の記憶が確かならば、今から10年以上前に某釣具店のお買い得商品(ワンコイン以下だったような・・・)として購入した、安価なバイブレーションプラグ『メーカー不明/Cindy 65(シンディ65)』頑丈なソリッドボディ&平打ちワイヤースルー構造(鉄板リグ)を採用し、65ミリというコンパクトなボディサイズの割には、25グラムというややヘビー気味なメタルバイブ並みのウェイトを内蔵した、かなりSWゲームを意識した設計となって [続きを読む]
  • 『ニューコンセプトアラバマ系リグ、モービルリグ』
  • スピナーベイトによるボトムでのスローロールの釣りを、何とかアラバマ系リグで再現すべく、ボトムトレース専用+全体のコンパクト化&軽量化を基本コンセプトに開発された、『アラバマリグ』から派生した新機軸系ワイヤーリグ『レヴリミット/モービルリグ』従来の『アラバマリグ』と云えば、そのサイズによる空気抵抗とルアーの総重量故に、パワーのあるガチムチ系ヘビー級ロッドでないとキャスティングすらもままならない、ショ [続きを読む]
  • 『シマノ/マキラバ』
  • 今は昔、5年以上前に琵琶湖を発祥の地として、『ハネラバ』と共に一時期ブームとなった釣法『マキラバ』。その『マキラバ』に特化する形で、当時リリースされたのが今回紹介する『シマノ/マキラバ』従来のラバージグに、トレーラーとなるワームを保持するための『トレーラーキーパー(ハイエナキーパー)』に、フラッシングと波動によるアピール効果を持たせた、『脱着式ウィローリーフブレード』を追加した、ちょうどラバージグ [続きを読む]
  • 『気になるトレイ21』
  • 先日ネットを見ていて、何やら面白そうなちょっと気になるルアーフィッシング用NEWアイテムを発見!!『JINKAI(ジンカイ)/FREE STUCK TAIL』画像を見ても分かるように、ワームと同様の軟質樹脂素材で作られた、高いウィードレス効果を持つ、鰭状の脱着式ソフトウィードレスガードですね [続きを読む]
  • 『金属系ガイドリング』
  • 国産メーカーのルアーロッドには、何故か一向に採用されない『金属系ガイドリング』海外メーカーのルアーロッドに於いては、フェンウィックの一部のモデルやバークレイ等のルアーロッドに採用されている、ステンレス製ガイドリングの表面に硬質クロームメッキ処理を施した『ハ−ドクロミウムSS304』が比較的メジャーでしょうか?もっともその昔、日本でも十数年前には、一世を風靡した富士工業製のセラミックとメタルの複合素材に [続きを読む]
  • 『メーカー不明/アニキバイブ』
  • 今回紹介するのは、以前に一度取り上げていたつもりで、実は取り上げていなかった(;´∀`)という、ある意味キワモノ系ルアー『メーカー不明/アニキバイブ』そのインパクトのあるネーミング(アニキって何だよ・・・(;´Д`))と、リトルグレイかはたまたウルトラマンを彷彿とさせる独特の面構えと、値段の安さに釣られて、ついつい購入してしまった小型メタルバイブです(∩´∀`)∩ワーイ [続きを読む]
  • 『ビル・ルイス/ラトルトラップ(Rat-L-Trap)』
  • 今回紹介するのは当ブログでは二回目、おそらく世界でもっとも売れているであろうバイブレーションプラグ(リップレスクランクベイト)と思われる『ビル・ルイス/ラトルトラップ(Rat-L-Trap)』ジャラジャラ系ラトル音の代名詞的バイブレーションプラグ(リップレスクランクベイト)として広く知られ、デリバリーが開始されたのが1968年、何と今年で48年という半世紀近い歴史を誇るルアーでもあります(流石はルアーフィッシング [続きを読む]
  • 『T字型トレブルフック』
  • その昔、今から10年以上前にカツイチから発売されていた『デコイ/トレブルT-S21』。たしかフロントフック専用モデルという触れ込みの商品だったような記憶が・・・フック形状を一般的なY字型からT字型にすることで、ルアーをトゥイッチやジャークしている間に起こる、フロントボディへの真横からの突発的なショートバイトも逃さず獲れるように考えられた、フッキング率重視の特化型トレブルフックですね [続きを読む]
  • 『デュエル/ショートテイルロングキャスト66ミッド』
  • 日本を代表するバスアンクラーの一人、『田辺哲男(たなべのりお)』プロデュースによる、所謂ツウ好みなハードベイトの一つ『デュエル/ショートテイルロングキャスト66ミッド』デュエルが開発した硬質発泡系新素材『デュエルフォーム』をベースに、ラウンドタイプクランクとフラットサイドクランクを融合したバーサタイルクランクベイトとして開発され、発売当時はメディアでもそれなりに取り上げられていたような記憶が [続きを読む]
  • 『正にメンテナンス商法!!』
  • 最近、ルアーフィッシング関連のサイトや動画を見ていて気になった話近年、国内二大釣具メーカーが、特にボールベアリング周りへの高い防水性&耐久性を謳って、『水洗いのみでメンテ可能!!』とミドルクラス以上のスピニングリールに積極的に採用している新機構 『シマノ/コアプロテクト』 『ダイワ/マグシールド』現行のミドルクラス以上のスピニングリールのラインローラーは、今ではラインローラーとボールベアリングが一 [続きを読む]