ちゃろちゃん さん プロフィール

  •  
ちゃろちゃんさん: ちゃろちゃんねる
ハンドル名ちゃろちゃん さん
ブログタイトルちゃろちゃんねる
ブログURLhttp://chachachatabi.blog57.fc2.com/
サイト紹介文独断と偏見で(・∀・)イイ!と思った旅館やホテルに自腹で行ってその体験を書いてみるものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供613回 / 365日(平均11.8回/週) - 参加 2007/06/02 21:18

ちゃろちゃん さんのブログ記事

  • 祇園いわさ起その2(京都)
  • 大将とお弟子サンひとり、それに女将サンと3人でお店を切り盛りしていらっしゃいましたが、すばらしい連携プレイと申しましょうか、料理を饗すタイミングのすばらしさ。山ほど丁稚がいてもちっとも出て来ない店とかありますもんねw<八寸>↑美しい八寸。聞けば、大将、「丸山」出身だとか。さもありなん、納得です。↑ワケワケして頂きます('A`) [続きを読む]
  • 祇園いわさ起その1(京都)
  • ハイ、お昼の予約ですが、祇園南側の「三芳」を東に一本プーっと曲がって、「丸山」んとこをピャーっと東に曲がって、「阪川」の前にある「祇園いわさ起」サンでございます('A`)※プーっとか、ピャーってのは、私が知ってる京都人の道の説明の仕方としてはデフォなんですよw↑開業されて1年?経つか経たないくらい。なんかね、野生の勘で「ピンと来たらドンと行け!」で予約入れてみました。ぶっちゃけると、他の予約をキャンセルしたワケだがwおずお [続きを読む]
  • 祇園ちゃろ散歩その2
  • ハーイ、ワタシ、ヤサカシュラインチュカマルヤマパークニヤッテキマシタ('A`)オハナミドスエ。↑チャイガアイカワラズワラワラ、ハウメニィチャイピーポーワーゼァ?…ヴェリメニオオイドスエ。↑オゥ!オハナミショーロンポウドスエ。↑オゥ!オハナミアユノシオヤキドスエ。ソレニシテモ、ヤタイノウエガイチバンビュリフォーナチェリーブロッサムナスポットドスガナ。 [続きを読む]
  • 『うんこかん字ドリル』シリーズ 
  • ちゃろ文庫番外編でございます('A`)本つーかドリルだな。そういや、昔、オトナの脳トレのドリルみたいなの流行ったね。買ったけど、やらずに終了しましたがwそそ、このドリル…我が家、子どもなんていませんがこんなモノ買ってみましたw↑ま、仕事行く前に立ち寄ったセブンイレブンで見つけて、天啓を受けたと申しますかw残念ながら1年生と2年生しかなかったんで、3年生〜6年生の分、慌てて取り寄せましたw [続きを読む]
  • 祇園ちゃろ散歩その1
  • お昼は祇園南側にあるお店を予約してあるので、予約の時間の12:30までちゃろ散歩でございます('A`)とりあえず、A型…店の場所を確認しないと気が済まない。遅刻するとかなんざかっこ悪いwてなワケで祇園を徘徊する我々であります。↑春爛漫の白川はまたあとに譲って…↑四条通を渡って南側へ。 [続きを読む]
  • あれれ?@上品蓮台寺
  • 龍安寺から西大路、そして北大路を抜けて、繁華街と申しますか、お昼の予約を入れてある祇園に向かうっちゅーワケですが、どうせなら、行き掛け…上品蓮台寺に立ち寄ってみることにしたですよ。上品蓮台寺の記事はこちら('A`)この時の記事で、ピンク!ピンク!ピンク!まさにピンサロ!あ、いや、違った…ピンクの園だったのですよ。それを狙って行ってみたですが、こ、これがw龍安寺石庭もあの衝撃の差し色である1本の紅枝垂れがこともあろう [続きを読む]
  • あの衝撃の差し色が!@龍安寺
  • 法金剛院から仁和寺へ…ではなく、仁和寺の御室桜にはまだ早いので、龍安寺へ行って見ることにしたですよ。御室の桜はソメイヨシノが終わりかけか終わってからだね。龍安寺の春の記事はこちら('A`)いえね、龍安寺…あの、春の石庭の衝撃の差し色となっていた紅枝垂れなんですけどね…根腐れだか起こしちゃって、新たに木が植えられたそうで、それを見たくて行ってみたっちゅーワケ。↑ソメイヨシノ、バリ満開でございます('A`)↑ハイ、相変わらず人 [続きを読む]
  • 花の寺@法金剛院
  • 朝から降っていた雨も退蔵院で朝粥を頂いてたりなんかしてたうちに上がりました。てなワケで2軒目のお寺は妙心寺の近くにある法金剛院へ。春の法金剛院の記事はこちら('A`)↑花の参道。↑ひっそりとしていて好きなお寺。 [続きを読む]
  • ポンコツうへさま、朝粥をやらかす@阿じろ
  • そうなんですよ、早朝特別拝観…精進料理の朝粥を頂けるですよ。特別拝観の期間中、朝・昼・夜と「阿じろ」の精進料理のお膳を桜を眺めながらやれちゃうですよ。あ、秋もやってるですよ。んで、ですね、庭をやりながら、「大休庵」なる茶席だか広間に参りますですよ。↑ここざます('A`)そそ、ここの目の前の枝垂れ桜も超ステキ?↑トキワマンサクの花も濃いピンクで紅枝垂れのピンクっぷりとまた違って愛らしいですよ。↑苔とのコントラストが。゚+.(・∀ [続きを読む]
  • 春の早朝特別拝観@妙心寺 退蔵院 その2
  • んで、ですね、庭の方に周ります。↑この門、いつ見てもいいな。カワ(・∀・)イイ!!↑なんつってもここです。↑八分くらいでせうか。紅枝垂れは我が家にもあるんですけれど、満開になっちゃうと色が薄くなるのでこれくらいが一番の見頃かと。そそ、この後、朝粥を頂くんですけども、あたしゃ妙に味わって食べちゃってましてね…モタモタとw他の皆さん、そそくさと朝粥をやって、誰もいない状態のこの枝垂れのショットを撮るのに命賭けてました [続きを読む]
  • 春の早朝特別拝観@妙心寺 退蔵院 その1
  • そそ、朝も早から張り切って妙心寺に来たのには理由がある。退蔵院 春の早朝特別拝観 (`・ω・´)シャキーンなのである。別に「特別」じゃなくても良かったんだけども…実は、例の鹿奥サマと一緒に来るハズでしてね。そりゃ、アテンドするんだから、「特別」とか「限定」が大好きな鹿奥サマに喜んでもらおうなんて予約を入れて、入金しといたらば、あんた、鹿奥サマ、キャンセルやがなwwwwwあたしゃm9(^Д^)プギャーって感じwキャンセルは払い戻しな [続きを読む]
  • 早朝ちゃろ散歩@妙心寺
  • ハイハイ、またもや上洛シーズンてなワケでやって参りました、キヨトです、キヨト!↑雨だぜ、雨。関ヶ原のアタリでジャジャ降りで死ぬかとオモタ…っても寝てましたがwさて、超ハレ女と呼ばれるこの私とはいえども、雨は上がるのでせうか。↑インクラインのアタリも満開なのだが、なんせ雨…ま、気を取り直して行こうず、行こうず、妙心寺。↑ハイハイ、来ましたですよ。退蔵院の拝観時刻まで1時間ほどあったんで、境内を徘徊です。10万坪なんてふざけた寺域なんでね、 [続きを読む]
  • 道祖神巡り
  • 安曇野と来りゃ、道祖神なワケですよ。道祖神と来りゃ、安曇野ってなワケです。まぁ、村と申しますか、集落の辻に立っていて、災厄の侵入を防いだり、旅やら交通の安全の神さまでございますわね。とか、常世とあの世の結界の意味でも置かれていたりしますです。↑穂高神社の道祖神。↑このアタリは単体道祖神より双体道祖神の方が多いみたいですな。餅ついちゃったりしてカワ(・∀・)イイ!!↑翁と媼風ですな。 [続きを読む]
  • 【速報】うへさま、都の美味しものを堪能す【のつもり】
  • ハイ、桜見ただけではちっとも腹いっぱいになりません。いや、桜見すぎて違う意味で腹いっぱいだけどもねwま、こっち方面も相当腹いっぱいになったがなwそそ、今回はこんな感じのモノを食して参ったですよ('A`)↑生まれて初めて精進料理の朝粥のお膳を頂く。てか、今までバカにしてたんだけど、すんごく美味しかった。これはすばらしい!スゴイね!精進料理って。 [続きを読む]
  • 【速報】うへさま、花の都へ【でもない】
  • ハイ、カールビンソンやニミッツ打撃群が金日成生誕105周年のために張り切って朝鮮半島へお祝いに駆けつけている今日この頃ですが、わたいたちもお祝いがてら恒例の花の都へありをりはべりいまそがり。前日まで無慈悲な仕事にひぃーひぃー言いながらですね、その翌日から京都でヽ(´ー`)ノマターリと花見って…いやぁ、メリハリつきすぎだっちゅーのwまぁ、お天気にはちょいと恵まれませんでしたが、桜は近年稀に見るバッチタイミングでした。4月第1週をわ [続きを読む]
  • 風雲!穂高城その5(長野)
  • 風呂に入る前にすでに相当無慈悲なバブリーさにやられてお腹イパーイ(;´д`)トホホ…金に糸目を付けない建築というのはキライではないのだが、やっぱなんか品がなぁ…で、大黒サマが鎮座ましましてるお風呂には入れないから、この日は蔵のお風呂を貸し切りで使わせてくださるそうです、ハイ。オーナーさまに連れられてやって来ました蔵のお風呂('A`)↑そうそう、この上にこんな感じの隠れ家バースペースがあって、もういい… [続きを読む]
  • 風雲!穂高城その4(長野)
  • んで、まだまだ続くよ、無慈悲な館内ツアーwここからは某大手旅行代理店にいたというコンサルさまも参加して一同で無慈悲な館内をオーナーサマ自ら案内して頂く。↑ディテールに至るまで抜かりない無慈悲さ。↑ラウンジのようで、ここでおやき焼いたり酒呑んだりしてまったりするらしいわ。「光輪」ってやたらにそこらじゅうありますけども、ここの前のオーナーサマのバイク屋の屋号ださうです。 [続きを読む]
  • 風雲!穂高城その3(長野)
  • お昼を食べてだね、いよいよお風呂なのですが…朝、到着するなりスタッフのネエサンに「凍結で風呂が行かれてああでもないこうでもない」と。ガビーン!うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁあたしゃ、あのファンキーな風呂に入りたい一心で来たっちゅーの。そこで、引き下がるワケなかろう。「入れなくてもいいから、せめて写真だけでも撮らせてくださいっ!」(メ゚皿゚)フンガーとネエサンに恫喝に近い懇願をし、入浴前に館内ツアーが始 [続きを読む]
  • 風雲!穂高城その2(長野)
  • 我々が通されたのは2階の食事処の個室である。↑まさに( ゚д゚)ポカーン無慈悲だ、こいつぁ無慈悲だ。カネの掛け方が半端じゃねぇ(;゚д゚)ゴクリ…この食事処見てもそりゃわかる。↑柱一本にしても柾目の欅、自在鉤のごっつさ。釘隠しも…すげぇ。テーブルも椅子もみんな特注。 [続きを読む]
  • 風雲!穂高城その1(長野)
  • そそ、安曇野くんだりノコノコと出掛けて行ったのには、理由があるのだ。3月は例年のように取引先どもの無慈悲な鉄槌のような山ほどの仕事、春場所・WBC・センバツ・アジア最終予選…考えただけでも頭がおかしくなるくらいの忙しさ。だが、2月はちょっとしたヒマな時期…ちょっとでもヒマが出来れば、「どこか行きたい、風呂にでも入りたい」と絵に描いたような堕落した三流国である日帝の国家奴隷貧民の我々なのである。そんなある日、相方宣ひ [続きを読む]