kikouchi さん プロフィール

  •  
kikouchiさん: 蕎麦喰らいの雑記帳
ハンドル名kikouchi さん
ブログタイトル蕎麦喰らいの雑記帳
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kikouchi
サイト紹介文蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2007/06/08 20:55

kikouchi さんのブログ記事

  • 真壁逍遥  茨城県
  • 最初に真壁を訪れたのは、先の震災の前。真壁の多くの歴史的建造物が数百年の眠りのうちにもあるかと思われる時期であった。残念ながら、東日本大震災の被害は茨城県の古民家には大きく、ついには保存を諦めてしまった建物も数多くあるという。門構えの大きな... [続きを読む]
  • ポルク  上田市
  • 長野県上田市には、旧市街が残されている。今日の幅広の車ではそれなりの苦労を強いられる迷路の先に、目指すお店があった。お店の雰囲気はざっくばらん。学生の方が多いように感じた。ハンバーグ定食は、実にお買い得でカレーソースがひかる。この暖簾... [続きを読む]
  • 関興寺  南魚沼市上野
  • 上杉家とゆかりのあるこの禅寺を桜の散り際に訪れた。遠くの山は、まだ白い雪を抱いていた季節。花びらが散る姿を見て、名残の雪が降り出したのではと怪しむような日であった。本堂の大屋根から滑り降りた雪は相当な量が溜まっていたのか、石庭の一部に... [続きを読む]
  • ラム チョップ
  • かなり頻度は低いのだが、自分で料理したものを食べる日もある。ニンニクはみじん切りに。ローズマリーは乾燥のものをニンニクと一緒に切って、同じくらいの大きさになる。この頃は、ロゼに仕上げるのが目標となっている。ザクッと切っても血がにじまないロ... [続きを読む]
  • 割烹 初音  新潟県上越市
  • 高田の駅前にあり、食の質が高く、しかも一人でも気軽に入れるお店である。この日は、天婦羅定食にお造りが付く、松定食(ランチタイムには割引あり)を、注文した。お造りの、魚の味の確かなのにはびっくりした。天婦羅定食に付属するお刺身のはずが、その域... [続きを読む]
  • 山鉾巡行 祇園祭  京都
  • 祇園祭を見に行ってきました。京都全体が人出で大変ななか、陣取ったのは新町通りの一画。伝統的な町家が並ぶ道筋です。道の両側は見物客であふれていて、鉾の高いところしか見えません。特別のお計らいにより、二階から見物させていただきました。こ... [続きを読む]
  • 加地邸  葉山町
  • フランク ロイド ライトは世界的に有名な建築家である。その日本における有力な弟子は遠藤 新であった。ライトが日本を離れてから、帝国ホテルを完成させたのも彼である。遠藤 新が設計し、そのオリジナルの姿が残されている別荘が葉山町にあるという。その... [続きを読む]
  • 坊の上 なむいち  横浜市泉区
  • よい蕎麦の産地から6種類くらい玄蕎麦を仕入れて、毎日3種類を打つという、純粋蕎麦好きにぴったりのお店である。しかし、その分混雑し、待ち時間も長めになる。まずは揚げ蕎麦とお茶でゆっくりと。しかし、これくらいでは蕎麦は出てこない。続いて漬物で、... [続きを読む]
  • 子安そば 文の蔵  高山村
  • 信州高山村には、最近注目の蕎麦屋さんが開店した。こちらの「文の蔵」さんである。今回は2回目の訪問になるが、相変わらず繁盛していて駐車場に車を入れるのも一苦労。オニおろしそばを注文した。地元の蕎麦粉を使った蕎麦は完璧。香りも、味わいも素晴... [続きを読む]
  • 香港担々麺  伊太八 神楽坂
  • 香港の麺を語りながら、パリパリの海苔が付くのはまさしく日本風であろう。お店の場所も、いかにも日本文脈のラーメンを出しそうな神楽坂である。とは言いながら、運営しているのは中国人。日本ネギの切り方も、堂に行っている。焼き餃子も見事な味であった... [続きを読む]
  • 立ち食い寿司  飯田橋
  • 今や魚河岸日本一はチェーンになっているようだが、30年近く前に高島屋の裏で本当の立ち食いをした時の味が忘れられない。型破りかもしれ無いが、まずは旬の白魚。通常メニューには無いおすすめプレートへと目が行ってしまう。キリッとしたコハダ。口当たりも... [続きを読む]
  • 宇木の古代桜(3)  千歳桜
  • 樹齢850年のエドヒガン桜。この地域の一番の古木である。この日は青空は見られなかったが、千歳桜の満開に出会うことができた。桜の古木の前を通る道も、同じくらいの歴史があるように思う。高社山への信仰が古木を守り、それを巡る街道を維持してきたのだろう... [続きを読む]
  • 天婦羅定食  菊亭
  • 東京駅から地下を通って行けるお店だが、実は相当な歴史があるという。海老に、キスに、イカ。どれも、天婦羅に揚げる脱水作業により甘みが強くなる。もちろん、その味が出汁の効いた汁ではるかに生きた味わいになるのだが。れんこん、かぼちゃ、ピーマン。... [続きを読む]
  • すっぽん  宙山
  • 早春の頃に、神楽坂の料理屋さんにすっぽんを食べに行った。前菜はとても華やか。どうしてもアルコールは外せない。火に強い土鍋から、熱々のすっぽんをすくう。胃が火照るように暖まる。締めには雑炊。この滋味が堪らない。 [続きを読む]
  • 瓢寿司  新潟市
  • 新潟市の中心街には、いかにもという寿司屋さんがあるが、車で行くには多少不便である(そもそも、酒が飲めないから車で行くのは上手ではない)。左潟の花見のついでとなると、お店の前にバッチリ駐車場のあるこのお店が便利である。極上を注文したと記憶して... [続きを読む]
  • 赤塚・中原邸  新潟市
  • 中原邸は新潟市の西、左潟から歩いていける範囲にある。見事な邸なのだが、末裔の方が住まわれるようで、公開は春秋に限られる。館の規模がかなり大きいことがご理解いただけると思う。専用の人力車。かっこいいですね。庭の隅にある池は、それなりの... [続きを読む]
  • JICA  市ヶ谷本町
  • 海外協力隊の成果は見事だと感じる。根拠地となる建物より、世界中で展開している活動の方が、遥かに価値が高いだろう。そう言っても、根拠地はかつての造幣局の近くにあり、土地利用は効率的に行われるようになったと感じる。内部の食堂では、各国大使館お墨... [続きを読む]