Ravenclaw さん プロフィール

  •  
Ravenclawさん: カラスのBLOG
ハンドル名Ravenclaw さん
ブログタイトルカラスのBLOG
ブログURLhttp://ravenclaw.blog59.fc2.com/
サイト紹介文オヤジの徒然
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2007/06/09 18:31

Ravenclaw さんのブログ記事

  • J2 第19節 アビスパ 3-1 名古屋
  • HOMEレベルファイブスタジアム14分 0-1 シモビッチ(名古屋)71分 1-1 石津83分 2-1 城後91分 3-1 石津ここ10年で最高の試合!首位攻防戦、ホーム、1万3千人の観客、1点ビハインドから相手のレッドカードで数的優位に。石津の同点弾。そして城後の登場。その城後の逆転ゴール。さらに石津の追加弾。こたえられない試合でした。試合の質という点ではともかく、展開としてはこれ以上はない勝ち方。この1週間、いろいろな動画 [続きを読む]
  • W杯最終予選 イラク 1-1 日本
  • 久しぶりに代表の試合を見た。暑くて動けないせいだろうけど、非常に退屈な試合。開始間もなく、日本が先制した後、知らないあいだに寝てしまっていた。W杯出場をかけた真剣勝負なので、勝っていさえすれば、退屈だろうがなんだろうが関係ないけれども、ぶざまな形で追いつかれた後は、なすすべなし。なんだろうねこの試合。日本もイラクもテクニックはあるけれども、試合のレベルは、普段見慣れているJ2の試合とあまり変わらない [続きを読む]
  • Serenity(セレニティー)
  • ★★★★2005年119分ネットで視聴 英語字幕原題:Serenity邦題:セレニティー制作:米監督:ジョス・ウェドン出演   ネイサン・フィリオン  サマー・グロー日本で劇場公開されないとは残念な話だが、ネビュラ賞のベスト脚本賞を受賞するぐらいだから、一般客にはマニアックすぎると思われたのかもしれない。そんなに高い予算は使っていないはずだが、不思議に面白く、スペースオペラ映画の傑作のひとつにあげてもいいのではな [続きを読む]
  • The Wild Bunch(ワイルドバンチ)
  • ★★★★1969年145分ネットで視聴原題:The Wild Bunch邦題:ワイルドバンチ制作:米監督:サム・ペキンパー出演  ウィリアム・ホールデン アーネスト・ボーグナインいつもは英語字幕を観ながらネットで映画を見ているが、映画によっては、字幕に頼らず見ていることもある(ような気がする)。では字幕に頼らず見てみたらどうなるだろうと思い、西部劇の名画リストでは必ず上位にランキングするこの映画で試してみた。(もとも [続きを読む]
  • Arrival(メッセージ)
  • ★★★★2016年116分ネットで視聴 英語字幕原題:Arrival邦題:メッセージ制作:米監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演  エイミー・アダムス ジェレミー・レナー原題が「Arrival」なのに、邦題が「メッセージ」となっているのがおもしろい。原題のArrivalには、「到着」という意味のほかに、「出現、出生」という意味もある。映画を観た人なら、なるほどと思うだろうが、日本語でそのニュアンスを伝えのは難しい。邦題を考えた人 [続きを読む]
  • J2 第18節 アビスパ 0-0 千葉
  • AWAYフクダ電子アリーナ猛烈な砂ぼこりが舞って、画面で観ているこらちまで息苦しくなるような試合。千葉県全域で強風注意報が出されており、隣の草野球場の土が舞い込んできたらしい。水を巻いても効果がなかったようだ。関東ではよくあることらしいが、選手や観客にとってはかなり厳しい環境。ただ、試合終了前の決定機を見逃してもらえたのは、この砂埃のおかげかもしれないと思えば、そう恨むわけにもいかないか。(ネット上の [続きを読む]
  • J2 第17節 アビスパ 3-1 讃岐
  • HOMEレベルファイブスタジアム04分 1-0 ウェリントン12分 2-0 山瀬18分 2-1 原(讃岐)28分 3-1 岩下開始早々立て続けに2点を先制。と思ったら、PKを計上して1点差。(でもあの判定は厳しくないか?)別のシーン、岩下が異議でイエローカードをもらう。波乱含み。まだまだ何が起こるかわからない雰囲気。その岩下の3点目で一安心。といきたいところだが、そうはいかず、後半に入って何度も決定機を作られてしまう。GK杉山 [続きを読む]
  • Dog Day Afternoon
  • ★★★★★1975年125分ネットで視聴 英語字幕原題:Dog Day Afternoon邦題:狼たちの午後制作:米監督:シドニー・ルメット出演 アル・パチーノ ジョン・カザールそういえば、昔、「狼たちの午後」を映画館で見て、強烈な印象を受けたのだが、その主演がアル・パチーノだった。今見直してみても、非常に面白い。追い詰められたアル・パチーノのコミカルで神経症的な孤軍奮闘と、ジョン・カザールの不気味な存在感は色褪せない。 [続きを読む]
  • Heat
  • ★★★1995年171分ネットで視聴 英語字幕原題:Heat邦題:ヒート制作:米監督:マイケル・マン出演 アル・パチーノ ロバート・デ・ニーロだれ、この上手な俳優?渋いけど、コミカル。コミカルだけど重厚。敵役のロバート・デ・ニーロに負けない存在感、というか、ロバート・デ・ニーロを食っている。テレビで活躍している軽いノリお笑いタレントが、その演技力を見込まれて、映画俳優に抜擢されたのだろうか、とか思って見てい [続きを読む]
  • J2 第15節 アビスパ 5-0 金沢
  • AWAY石川県西部緑地公園陸上競技場 18分 1-0 ウェリントン24分 2-0 石津42分 3-0 ウェリントン73分 4-0 松田87分 5-0 松田海外出張の途中、香港空港で結果を知った。圧勝。石津の今季2点目。松田の今季初得点と2点目。そして、首位奪取。すばらしい結果。応援にいったサポーターが羨ましい。これで4連勝。しかも4試合連続無失点。得失点差+10の荒稼ぎ。今後の相手は、第16節 群馬第17節 讃岐第18節 千葉第19節 名 [続きを読む]
  • J2 第14節 アビスパ 3-0 湘南
  • AWAYShonan BMW スタジアム平塚45分 1-0 ジウシーニョ58分 2-0 三門87分 3-0 城後ウェリントンの激突の場面から見た。それまでは一方的に攻められていたらしい。そのあと岩下も相手選手に頭をぶつけられ、悶絶。ただ、アビスパの選手も湘南の選手も、このときに限らず、いろんな場面で握手をしたり肩を叩いたりしていて、険悪な雰囲気はなかった。ずっとフェアなやりとりだったのが意外といえば意外。この二チームは仲がいい [続きを読む]
  • J2 第16節 アビスパ 1-3 群馬
  • HOMEレベルファイブスタジアム14分 0-1 カンスイル(群馬)27分 0-2 高井(群馬)39分 0-3 高井(群馬)45分 1-3 ウェリントン首位と最下位の対戦とあって、前節に引き続き、大勝することも期待された試合。ところが前半で0-3。眼を疑う。レベスタに駆け付けたファンには災難のような試合となった。相手をナメすぎたのだろうか。首位から2位に転落。湘南、横浜FC、ヴェルディなど、上位陣がそろって負けてくれたのが唯一の [続きを読む]
  • J2 第13節 アビスパ 1-0 岡山
  • 89分 1-0 ウェリントンジウシーニョと坂田がやはりいい。これまで「剛」の攻撃だけだったのが、意外性のあるパス・ドリブルが加わり、「柔」の攻撃もできるようになった感じ。相手にとってみれば、アビスパの攻撃に、いやらしいさ、しつこさが出てきたということ。とはいえ、岩下のスーパーミドル、ウェリントンのバイシクル(10節ヴェルディ戦でもトライしていた。結構好きなのかも)など、攻撃を続けるが、なかなか入らない。 [続きを読む]
  • G. I. Jane
  • ★★1997年124分ネットで視聴 英語字幕原題:G. I. Jane邦題:G. I. ジェーン制作:米監督:リドリー・スコット出演 デミ・ムーア ヴィゴ・モーテンセン アン・バンクロフト女性が認められるためには、男性と同等の”肉体的・精神的”タフさが必要だ、というのがこの映画のメッセージだろうか。だとすると、その女性はすでに女性ではなく、男性なのではないだろうか。女性が男性化することによってのみ認知されるという考え方 [続きを読む]
  • J2 第12節 松本山雅 0-1 アビスパ
  • 22分 0-1 ウェリントン坂田、ジウシーニョが初先発。岩下も帰ってきた。坂田のスピードと老獪な動き、ジウシーニョの高い技術と広い視野からの確実なパスで、これまでになくボールが回る。アビスパらしくない動きだ。ぽっかり空いたゴール前のスペースから、ウェリントンが見事なシュートで先制。いつ2点目が入ってもおかしくない試合だったが、後半に入って守りに入ると、一方的に攻められてしまう。前半と後半で、どうしてこ [続きを読む]
  • Prometheus
  • ★★2012年123分ネットで視聴 英語字幕原題:Prometheus 邦題:プロメテウス制作:米監督:リドリー・スコット出演 ノオミ・ラパス シャーリーズ・セロン映画の中盤、洞窟の奥で、H.R.ギーガーのデザインによるさまざまな物体が登場するまでは、この映画がエイリアン・シリーズの一つだとは気がつかなかった。それほどこの映画は、シリーズ初期の頃にあった不気味さ、おどろおどろしさに欠けている。ホラー映画には、ある種の怨 [続きを読む]
  • Citizen Kane
  • ★★1941年119分ネットで視聴 英語字幕原題:Citizen Kane邦題:市民ケーン制作:米監督:オーソン・ウェルズ出演 オーソン・ウェルズ数ある映画リストの中で、いつもベスト5以内に入っている傑作中の傑作、というきわめて評価の高い映画だが、その理由は、この映画が数多くの革新的な技法をもたらしたので、映画監督や映画監督を目指す人や映画を教える人たち、そういった、いわば玄人の間でウケが非常にいいということではない [続きを読む]
  • J2 第11節 徳島 2-1 アビスパ
  • 20分 0-1 實藤24分 1-1 島屋(徳島)53分 2-1 内田(徳島)前節で首位のヴェルディを倒し、この試合でも先制点。ちょっと調子に乗り過ぎたのではないかと思う。自分たちはけっこう強いいんだと錯覚したのではないか。最初の失点シーンは、相手のドリブルを、ずるずる下がってシュートを決められる、かなり情けない形。こういう緩い守備はJ2でもなかなかみることができない。(その前にも一度同じようなシーンがあった)2点目 [続きを読む]
  • J2 第10節 アビスパ 1-0 東京ヴェルディ
  • 82分 1-0 ウェリントン今季初観戦。試合開始まで2時間ほど時間があったので、「天ぷらひらお」まで歩いていったら、ものすごく並んでいて、駐車場まではみ出していた。店に入るまで30分ぐらいかかっただろうか。照り返しで日焼けして、ぐったり。はじめて行って、美味しかったけど、試合のある日は、もっと早く行かなければ。戻ったのが試合開始30分前。スポンサーの(株)ピエトロの社長が亡くなったとのことで、黙祷などのセレ [続きを読む]
  • J2 第9節 水戸 1-1 アビスパ
  • 11分 1-0 林59分 1-1 ウェリントン(アビスパ)得点力があるとはいえないアビスパでは、先制されると苦しい。勝点1を獲れたことで、満足しなければなるまい。ウェリントンも、連携はだんだん良くなっているといっているし。なんと名古屋が山口に敗れ、首位陥落。松本山雅は、最下位近辺を低迷する京都と引き分け。湘南も大分に0-1で破れ、上位陣はのきなみ足踏状態。どのチームも、戦力の整備に苦労しているようだが、主力を怪 [続きを読む]
  • 厳しい戦い
  • なんと、松本山雅が熊本に、0-2で敗れてしまった。なので、アビスパの6位は変わらず。J2とは、難しいものだ。次節、4/22(土)は、アウェイで、現在13位の水戸戦。そこからの5連戦が厳しい。 第10節 4/29(土) 03位 東京ヴェルディ(レベスタ) 第11節 5/03(水) 04位 徳島 第12節 5/07(日) 07位 松本山雅 第13節 5/13(土) 16位 岡山(レベスタ) 第14節 5/17(水) 02位 湘南現在16位の岡山を除けば、 [続きを読む]