心理カイロプラクター さん プロフィール

  •  
心理カイロプラクターさん: 身体の痛みは心の悲鳴
ハンドル名心理カイロプラクター さん
ブログタイトル身体の痛みは心の悲鳴
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/spiritualbody/
サイト紹介文ストレスがどのように心と身体に影響を与えているのか、臨床経験の中で得られた解決のヒントを公開。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2007/06/13 10:13

心理カイロプラクター さんのブログ記事

  • 目的は何処にある
  • 様々な症状や状況になった原因をいくら探しても原因捜しは終わることはありません。原因が変わるだけで目的地を設置したナビの様に目的地に案内してくれるだけです。行先の設定がどうなっているかを知らないと、知らない間に希望もしない所へ連れて行ってくれ... [続きを読む]
  • 思考が原因を作っている
  • いくら原因を取り除いたとしてもその原因となった背景をそのままにしていたのでは、また同じことを繰り返すことになります。原因の背景のほとんどは思考や感情が等の意識が作り出しているものです。つまり潜在意識の中に原因を作り出した目的が隠されていま... [続きを読む]
  • 原因の背景
  • もしも手を切って痛い場合には、痛い原因は切ったという事によるものです。しかしその背景は、自分でリストカットをしたとすればその原因は何になるのでしょうか?交通事故を起こした場合にも交通事故の原因は、ハンドル操作のミスだとそれが原因となります。... [続きを読む]
  • 痛みの背景
  • 痛みの原因が分かればその原因を排除すれば痛みは無くなるという考え方です。ほとんどの場合、痛みの原因となる結果的な症状を取ることが大抵の治療法です。痛みの結果を取り去りますので痛みは軽減することが出来ます。身体のどこかを切って痛いような場合... [続きを読む]
  • 痛みの原因
  • 身体のどこかが痛くなった場合に多くの人たちはどうなっているのかを知りたくなってしまいます。痛いのには何かの原因があるという考え方が定着しているからです。結果には原因があるという考え方が主流なために身体が痛いのは身体が原因と考えるのが受け入れ... [続きを読む]
  • システムとしてみていない
  • 自分の所属組織しか見ていないとシステムとして機能することが出来ません。全体として機能する為には誰かがそのシステムとしての責任を持つ人が必要となります。責任者は、所属組織の責任だけではなく所属組織がシステム全体として機能出来るよう管理する人が... [続きを読む]
  • 連動して動いている
  • 脳が早く走りたいと思って足に命令したとしても足以外にも関連して機能するものもあります。足に命令したとしてもバランスを取るために手も必要になる場合もあります。その時、いちいち関連部署に指示命令を出していたのでは対応が間に合わないことも出てきま... [続きを読む]
  • 命令するだけ
  • 組織の上司には、大きく二種類が存在します。組織の上司と部署の上司です。組織の上司とは組織体のトップで人間に例えれば頭脳という事になります。一方部署の上司は各臓器のまとめ役という事になります。臓器の塊が部署であり、脳が人間という組織体のトッ... [続きを読む]
  • 責任と罰
  • 責任を取るという事は責めを負うという事であり、上手く行かない時には通常罰せられるという事です。一般的に責任を負わない上司は嫌われることになります。自分の責任を部下に背負わせてしまうという事です。多くの人が承認欲求が強いという事は、失敗して罰... [続きを読む]
  • 承認欲求
  • 承認欲求は誰にでもある訳ですがこの承認欲求により色々な問題が起きてきます。自分が何か行動しようとしている時に許可が必要になってしまうという事です。許可を得られるという事はその許可を出した人が責任を負うという事にもなります。言い換えれば許可... [続きを読む]
  • 個人差をどう扱うか
  • カウンセリングの治療効果の差は何処から来るのかといえば、個人差があるという事です。クライアントの育った環境やそれによってどのような思考をするのかが大きく違っているからです。個人差とは生まれ育った環境の違いによって大きく変動していまうという事... [続きを読む]
  • ストレスから始まる
  • 病気にしても事故にしてもほとんどの事の背景にはストレスが関係している訳ですが直接的な物というより間接的な影響を与えています。しかしここで問題となるのはストレスになる物やストレス源は人それぞれ異なるという事です。ある人にとってはとても楽しいこ... [続きを読む]
  • 長引くカウンセリング
  • 多くのカウンセリングは心理学がベースになっていますからまずはクライアントの分析という名の個人のタイプ別の分類が始まります。そして、この人の症状の原因はこれだなとなって説得が始まる訳です。一般的なカウンセリングの中には命式という概念はありま... [続きを読む]
  • 全てのスタート
  • 何人もクライアントを見ていると自分自身の命式を無視しているクライアントが多く、悩む時間や悩む量が大きく変わってきます。自分自身の命式ではない人生を生きている人が幸せになれるはずもないのはなんとなくわかるでしょう。人々が命式を無視して生きても... [続きを読む]
  • 命式を生きる
  • 命式を生きるという事は、自分の使命を全うしている証になる訳です。ですから占いが当たっていないという事は、自分の使命が果たされていないという事ですから、占いは見てもらったら終わりという物ではありません。人相や手相はその人の考え方や行動が変わっ... [続きを読む]
  • 占いは点数
  • 占いが当たっていると思えばそれはその占いの要素としてのそれぞれの点数が高いという訳です。つまり点数の高い占いの要素を生きているという事になります。その逆に当たっていないと感じる人は、命式を生かした生き方をしていないという事です。命式とはか... [続きを読む]
  • 占いが当たらない!
  • 良く何なに占いをやってみたら当たったとか当たらないとかで一喜一憂している人がいます。占いには、使命を知るための物と物事の善し悪しを占うもの形の善し悪しを占うものに大別されています。命・卜・相の三つの切り口が存在します。命を占うものには、占... [続きを読む]
  • 痛みのリセット
  • 身体恒常性の機能として良くても悪くてもその状態を維持しようという働きがありますから、痛みが慢性化した状態が標準として維持継続されてしまいます。身体の痛みを無視している人は、痛みが恒常的にあるという事でもあります。小さな痛みが常にベースにあり... [続きを読む]
  • 警報から避難勧告
  • 身体の痛みが出て来た時に適切な対応をしていれば大きな問題は起きませんが、無視すると身体の異常となって現れてきます。避難勧告は言ってみれば身体や心を避難させないといけないのに避難勧告を無視していると痛みが出てきます。避難勧告を無視して起きた... [続きを読む]
  • 警戒状態
  • 最近ゲリラ豪雨とかが多くなっていますが大雨注意報と大雨警報では緊張感が違います。注意状態を超えると警報状態になってしまう訳です。身体に傷みか出る場合それは、注意報から警報に変わっている状態と言ってよいでしょう。警報の前には注意報が発令され... [続きを読む]
  • ストレスが原因?
  • 器質的な異常が無くても身体は自らを守るために傷みを発するという反応を起こすことがあります。ストレスから自らの身体や心を守るために傷みを発するという手段を取る訳です。もしも、ストレスから自らの身体を守るために発せられている痛みだとしたら、改善... [続きを読む]
  • 身体の痛みとメッセージ
  • 身体のどこかが痛みがあるとまず間違いなく器質的な問題だと考える人が圧倒的に多い訳です。器質的な問題とは打撲であったり骨折てあったりするという事であり、見た目や検査ではっきりするものという事になります。ところが器質的に問題が無いと医学的には異... [続きを読む]
  • 相手の感覚は何か
  • ほとんどの人の場合、視覚を通じたコミュニケーションをしますからほとんど問題が起こりません。同様に視覚によって物事の認識をしている人はイメージが設計図になります。聴覚によって物事を認識する人は、視覚の補完として聴覚が使われています。音だけの... [続きを読む]