のじさん さん プロフィール

  •  
のじさんさん: のじさんの徒然草
ハンドル名のじさん さん
ブログタイトルのじさんの徒然草
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/nojiranchu
サイト紹介文毎日のニュースの感想、家庭菜園、田舎暮らしを紹介してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供677回 / 365日(平均13.0回/週) - 参加 2007/06/16 07:01

のじさん さんのブログ記事

  • 老後にこそ、楽しさを求めよう
  • 『人はこの世に楽しむ為に生れてきたのだ。楽しまないことはこの世の道理に背く。』これは「蘭学事始め」の著者で蘭学者でもある貝原益軒の「楽訓」の中で主張している言葉だ。彼は、70歳で現役を引退し、次の年から著述業を始めたという。そして81歳の時に「楽訓」で、人生を楽しむ意義と、楽しむ方法を書き上げた。彼は究極の「快楽主義者」であった。 私も若い時から「一度しかない人生だから楽しく生きたい」と考えてきた。振 [続きを読む]
  • 陸上界にもイノベーションが必要だ
  • 福島千里が短距離界初のプロ転向へ  転載元福島千里(ふくしま・ちさと)1988年(昭63)6月27日、北海道・幕別町生まれ。帯広南商高卒業後に北海道ハイテクAC入り。五輪3度、世界選手権4度出場。08年北京五輪で日本女子として56年ぶりに100メートルに出場した。100メートルで11秒21(日本記録)200メートルで22秒88(日本記録)166センチ、52キロ。『陸上女子短距離の福島千里(28)が [続きを読む]
  • 本当に楽しいこととは。
  • 私の住んでいる市内には小学校が12校ある。毎年学校対抗の綱引き大会が行われている。代表選手が集められ、朝や放課後に練習をする。ある小学校は2年続けて優勝していた。理由は、その小学校に熱心な先生がいたからである。その先生は市で雇われた補助教員であった。3年目の時、その先生は別の小学校に移動した。そこの学校は毎年最下位だった。理由は、指導担当の先生の考えが、大事なことは楽しく参加する事で、順位ではないとい [続きを読む]
  • 仕事に対する考え方のギャップ
  • 64歳になる同僚パートの信条は、仕事はきっちりやることである。人にケチをつけられるような仕事はしたくないと思っている。そのため、若いパートを見ていても、いい加減な仕事は、気になってしかたないようだ。 最近入社した37オの若者は、彼とはまったく違う考えを持っている。彼は、社員からやれと言われた事だけが仕事であると言う考えだ。 彼は運び屋をやっている。整備されたものがパレットに乗せられて、通路に運 [続きを読む]
  • 気になった芸人
  • 前から気になっている芸人がいる。鳥居みゆきとても美人で素敵な女性なのだが、とても変である。彼女の世界観にいつも撥ねつけられてしまう。画像元『鶏コスプレは、美しくも毒のある鳥居みゆきらしい作品となっている。鶏もも肉を食べているだけならお茶目で可愛らしいと思えるが、左手にある血のついた包丁が見る者に寒気を感じさせるのではないだろうか。 フォロワーからは「自分の足食べてる的な?」「自分食べてる? そ [続きを読む]
  • 8人の世界の富裕層とは
  • 世界人口の半分36億人分の総資産と同額の富、8人の富豪に集中※転載元                      AFP=時事 1/16(月) 13:01配信 『貧困撲滅に取り組む国際NGO「オックスファム(Oxfam)」は16日、世界人口のうち所得の低い半分に相当する36億人の資産額と、世界で最も裕福な富豪8人の資産額が同じだとする報告書を発表し、格差が「社会を分断する脅威」となるレベルにまで拡大していると警鐘を鳴 [続きを読む]
  • DMM亀山敬司会長の高卒者向け「DMMアカデミー」の創設
  • 高卒者向け「DMMアカデミー」の創設。『最初は社会貢献っぽい話から始まったんだけど、やっぱり「投資です」って言っておきたいかな。民間企業だからね。投資と思わないとやってられないところはある。 』亀山敬司会長顔出しNGのDMM亀山敬司会長――高卒者向け「DMMアカデミー」は、アメリカ大統領選がきっかけと聞きましたが?           質問者 湯浅誠 法政大学教授『トランプが勝ったのは、アメリカの格差の問題が大 [続きを読む]
  • 1000兆円の国債の意味
  • ユーチューブを見ていたら、武田邦彦(73歳)氏の日本の経済の大嘘と題した講演を見つけた。それを聞いて、前々から、よく解っていなかったことが、はっきりと理解できた。それは、日本の国債が1000兆円だと言うことの意味である。財務省も経済学者も日経新聞も、こぞって「国民の借金が1000兆円にも膨らんでいる」と言っている。そして、これが大嘘であると言うことである。国債とは、なにか?国がお金を集めるために出す借金の手形 [続きを読む]
  • スズメを捕まえた。
  • にわとりの大好きな孫のようなお客様が、畑のハウスに遊びに来た。最近、にわとり小屋にスズメが大勢で押し寄せてくる。にわとりが食べ散らかした餌を狙ってくるようだ。外で食べてるぶんには、気にも留めなかった。しかし、最近ではよほど腹を減らしているのか、にわとり小屋に侵入する。そこで、昨日はスズメの侵入しそうなところを塞いだ。しかし、敵もさる者、まったく恐れを知らないようだ。少し懲らしめてやろうと、スズメを [続きを読む]
  • 世界のトップレベルの企業が求める人材とは?
  • 米Googleの2016年におけるネット広告収入は578億ドルとなり、前年比で9%増加する見通し。※578億ドルは約6兆6,437億円。 今日は、インターネットと切っても切り離せない企業、Google。ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって1998年に創業された。まだ20年も経っていない。経営理念は「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」。 Googleの売上の殆どは広告収入なので、広告を出す [続きを読む]
  • 1月中旬の野菜の値段
  • 千葉県「スーパーマスダ」の野菜の値段 1月14日まだまだ、野菜が高い。先月の茨城県のスーパーの値段と比較してみると、やはり若干高いようである。               にんじん 1本68円 △              白菜 1/2個 190円 △         ブロッコリー 1個 158円             キャベツ  1個198円△             ネギ   2本198円 △             [続きを読む]
  • 人生と日本経済のライフサイクル
  • 人生のライフサイクルライフサイクル『商品が市場に投入されてから姿を消すまでの流れを表すもの。もともとは、人生の経過を円環に描いて説明したもので、商品を生物にたとえた表現。ライフサイクルは、「導入期」→「成長期」→「成熟期」→「衰退期」という4つの段階をたどる。また、成長期を「成長前期」と「成長後期」に分けたり、成熟期と衰退期の間に「飽和期」を加えるなど、5段階や6段階のサイクルに分類するケースもあ [続きを読む]
  • 河童の川流れ トランプ相場
  • ソロス氏が大損1100億円=「トランプ相場」で痛手―米紙  転載元時事通信 1/13(金) 5:50配信 『 【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は12日、米著名投資家ジョージ・ソロス氏(86)が、昨年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利して以降、大方の予想に反して大幅な株高となったことで10億ドル(約1100億円)近い損失を出したと報じた。  同紙によれば、ソロス氏は大統領選後に株価が下落 [続きを読む]
  • 派遣社員の男からの朗報
  • 仕事をしていると、先月まで私の部署でタグの読込作業をしていた派遣の男が嬉しそうな顔で走り寄ってきた。「この前お話していた二次面接が受かりました。」と。彼は37才になる。病院の経理をやっていたが、リストラされてしまったようだった。結婚しているが、子供はいない。繋ぎで派遣の仕事をやっていたようだ。今度も病院の事務の仕事で、産婦人科だと言う。将来は事務長候補として頑張って欲しいとの事だった。東京に有る派遣 [続きを読む]
  • ディープラーニングと特徴量
  • 『ディープラーニング』(Deep Learning、深層学習)。人工知能の分野で大きな注目を集めている技術。理解しようと思って、いろいろ調べてみた。が、ちと難しい。 先日TVで、スマホ等でピースと指をかざして写真を撮って、フェイスブックなどに投稿するのはやめましょうと言っていた。指紋認証が容易く行われ、悪用されると言う。 「科捜研の女」が好きで、時々観る。科捜研のスタッフが、事件現場の足跡や死体と容疑者 [続きを読む]
  • ロボットや人工知能に勝てる教育とは
  • 機械や人工知能にも奪われない3つのスキル  ※記事引用元『では、どのようなスキルを身につければこれからも人工知能等の機械に仕事を奪われないのであろうか。現在の企業内での仕事内容は、管理された組織の中で正しい答えに辿り着く為の正確な単純作業や、精密な作業が求められて来たタスクが多く存在する。 しかし、そのような仕事は上記のデータを見ても分かる通り、近い将来ほぼ確実に賃金の安い地域にアウトソースさ [続きを読む]
  • 時々円形脱毛症になる同僚
  • 私が勤めている会社に、66歳になる男がいる。週に2日から3日出てくるパートタイマーである。64歳の時からフルパートから現在のショートパートに切り替えた。理由は、稼ぎすぎると年金額が減額されるからである。この男、時々円形脱毛症を発症する。原因は、どうやらストレスのようだ。朝の勤務前と昼休みに、休憩場所で何人かでおしゃべりをする仲間だ。彼と一緒に入社した64歳の男と仲がいい。私とその二人は、結構気が合う仲間で [続きを読む]
  • 銚子駅伝 白山中優勝
  • 昨日、第68回中学対抗銚子半島一周駅伝(銚子駅伝)が行われた。千葉県の銚子半島で毎年この時期に行われる駅伝大会である。またしても、私たちの仲間の樋口監督が率いる白山中学校が優勝した。左の画像は、66回大会 2015年1月13日 白山中 加登拓真さんのゴール画像である。総合順位 優勝 我孫子市立白山中学校 準優勝 野田市立北部中学校 3位 我孫子市立久寺家中学校 4位 銚子市立第5中学校 6位 流山市立常磐松 [続きを読む]
  • ラメミックスからの選別個体の可能性
  • ラメミックスメダカが無事届いた。【丸玄】 ラメミックス 30匹 M4【川越めだか】■ミックスラメ幹之めだか20匹どちらも丁寧な梱包であり、プロもしくはセミプロの方の出品であった感じである。二口とも昨年の7月頃に生まれた若魚であった。色艶も良く、何よりも健康的に管理されて飼育された個体であった。現在人気の三色ラメメダカの元親を入手して繁殖販売しているだけあって、今までオークションで入手したものの中でも最高 [続きを読む]
  • 今年の株価と日本の経済はどうなるのか
  • タケシのTVタックルを見た。なにやら怪しげなエコノミクスが出ていた。彼の名前は武者陵司。「日経平均は4万円になる。」と言っていた。【相場】武者陵司「トランプノミクスは日本株の推進力に、2020年日経平均は4万円に達する」武者リサーチは、「論理一貫」「独立不羈」「歴史的国際的視野」をモットーに、経済と金融市場分析と中長期予想を目的とし、調査レポートなど情報サービスの提供を続けて参ります。さて、2chの評価 [続きを読む]
  • 再度ミックスラメめだかを購入した
  • 三色ラメ幹之メダカを作出しようと、調べたところ複雑な交配を繰り返した結果であり、簡単には交配しても作出が難しいことが分かった。と言うことは、購入したミックスラメの個体を交配して、選別することが一番いい方法だと考え、数で勝負することにした。そのため、もう少し個体数を増やすため、今日も1口競り落とした。【川越めだか】■ミックスラメ幹之めだか20匹■ 入札件数  12落札価格   3,300円出品者情報 super [続きを読む]
  • 三色ラメめだかのルーツを探る
  • めだかの古里 静楽庵/メダカ販売/すべてはオーロラ幹之から『こちらではオーロラ幹之の出現から始まった「ラメ幹之シリーズ」の作出経緯を系図としてご紹介しています。ここでご紹介しているのは主要のものです。できるだけ分かりやすくするため省略している品種も多数あります。青い矢印の中には何代も累代を重ねたものも多くあり、交配から6〜7代重ねた後に商品化したものも少なくありません。また累代だけでなく度重なる異種交 [続きを読む]