早井一之助 さん プロフィール

  •  
早井一之助さん: 岩沼物語
ハンドル名早井一之助 さん
ブログタイトル岩沼物語
ブログURLhttp://iwanuma.blog39.fc2.com/
サイト紹介文宮城県岩沼市のさまざまな情報をほぼ毎日発信するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2007/06/18 07:21

早井一之助 さんのブログ記事

  • 五間堀川 小さな堤防を歩く
  • 五間堀川の押分水門付近にできた、小さな堤防を歩いてきました。五間堀川が増水したとき、水がこの小さな堤防を超えて押分水門へ流れ、阿武隈川へ注ぐ仕組みです。この堤防は金網で補強されているので、水が少ないときは歩いても平気です。流れ着いたごみがものすごく多いのが玉にキズです。(上流から流れてきた膨大な量の土砂やごみが堆積し、そこがアシ原になっていたわけです)現時点では、押分水門の水位が五間堀川の水位より [続きを読む]
  • 宴の前のハナトピア岩沼
  • 桜が咲く前のハナトピア岩沼を訪れました。一番早く咲くカンヒザクラのつぼみはふくらんで赤くなり、他の桜のつぼみはまだ固いままでした。クロッカスは白と黄、アセビは白と薄紅と濃紅の花がそろって咲いていました。チューリップはまだ葉っぱだけ、牡丹は赤い芽を出していました。来月になると桜やチューリップが咲き、その後も順次様々な花が咲いて「宴の季節」を迎えます。 [続きを読む]
  • 寝台列車「カシオペア」@柴田町槻木
  • 昨日のお昼少し前、寝台列車「カシオペア」がやってくるというので、柴田町槻木の踏切付近で待ち構えました。鉄道ファン10人ほどが見守る前を、EF81機関車に牽引された「カシオペア」が、ゆっくりと走っていきました。定期運行されていた寝台特急「カシオペア」は昨年3月に終了し、その後は団体列車として使われています。 [続きを読む]
  • 岩沼海浜緑地公園北ブロック 震災後6年ぶりにオープン
  • 今日、東日本大震災後6年ぶりに、岩沼海浜緑地公園北ブロックが開園しました。(昨日は関係者向け公開、今日から一般公開です)野球場、テニスコート、多目的広場など震災前にあったものがほぼ元通りに復旧しました。芝生や樹木(クルメツツジなど)の養生中で、立ち入れない場所があります。震災前と変わったところは、以下の点です。・正門が東側(海側)から西側(内陸側)に移転し、看板が設置された。・駐車場が2ヶ所に増え、 [続きを読む]
  • 朝日山公園(3月24日) 樹木の伐採中に出てきたもの
  • 今日は、ときおり雪が舞う、季節がちょっと逆戻りしたような天気でした。朝日山公園で、宮城県中央森林組合による樹木の伐採が行われています。公園のほぼ全域で行われ、今日もチェーンソーの音が響き渡っていました。テニスコートのそばでは、コートの外へ飛んで行方不明になったボールがたくさん見つかりました。伐採されて見晴らしがよくなったところでは、カタクリの葉っぱが地表に顔を出していました。来月になると花が咲きま [続きを読む]
  • 岩沼市玉浦西の新しい信号機
  • 岩沼市玉浦西を走る県道125号線に、新しい信号機が設置されます。フーズガーデン玉浦食彩館と集団移転した住宅地の出入り口になる交差点に設置されます。県道を東西に走る交通量が多いため、県道に出ようとする車が交差点でずいぶん待たされることがよくあります。歩行者用の信号もあるので、横断歩道が交差点に描かれるでしょう。 [続きを読む]
  • 春めく七ツ堤ハイキングコースにて
  • 3月21日、気温が上昇して春本番の陽気になりました。七ツ堤ハイキングコースを上って、ため池のまわりを散策してきました。ため池にはカエルの卵が産みつけられ、越冬から目覚めたチョウが飛び交っていました。春になると真っ先に咲くアズマイチゲやネコヤナギの花が開いていました。写真は上から順に、ヤマアカガエルの卵(2枚)、キタテハ、アズマイチゲ(3枚)、アズマイチゲ、ネコヤナギ(2枚)、キブシのつぼみ(3枚)です。 [続きを読む]
  • 仙台国際空港(3月19日) 最新鋭旅客機とドクターヘリなど
  • 全日空の最新鋭旅客機、A320-200neoを見るために、仙台国際空港のターミナルへ出かけました。その他に、宮城県のドクターヘリやフジドリームのチャーター便も見ることができました。昨日アップしたアクセス鉄道は、旅客機のあとに撮影したものです。全日空(ANA)のA320-200neo(JA212A)がトーイングカーにプッシュバックされるところです。この機体は3月11日に路線デビューしたばかりで、今は成田〜仙台線のみに投入されています。 [続きを読む]
  • 仙台空港アクセス線 開業10周年
  • 3月18日、仙台空港アクセス鉄道が開業してから10周年を迎えました。途中、東日本大震災で被災し、存続の危機に立たされましたが、元通りに復旧して今に至りました。10周年を記念して、この3連休期間にグッズ販売など様々なイベントが行われています。SAT721系2両編成がラッピング車両になりました。アクセス鉄道のキャラクター「杜みなせ(鉄道むすめ)」などが描かれています。この動画は、仙台国際空港にある仙台空港駅を出発す [続きを読む]
  • 宮城県岩沼市の羊と風力発電所
  • 冬の寒さがすっかり緩んだ今日、二野倉地区で放牧されている羊を見物してきました。私の他にお客さんが何組か訪れ、エサの野菜を与えている人もいました。羊は前足を柵の上に乗せて、上半身を乗り出していました。放牧されている羊と、その向こうで稼働している風力発電所(風車)です。羊と風車の組み合わせは、「ヨーロッパの農村風景」を連想させます。 羊が放牧されている一帯は、仮称「岩沼伝説の森公園(岩沼レジェンドパー [続きを読む]
  • 朝日山公園(3月17日) 樹木の伐採中 その2
  • 朝日山公園で、宮城県中央森林組合による樹木の伐採が行われています。遊歩道のすぐそばなど、まわりからよく目立つ場所でも行われています。コナラやヤマザクラなどの広葉樹が伐採され、ところどころに山積みにされていました。これはいわゆる「里山の手入れ」で、「人間にとっては、見晴らしがよくなり歩きやすくなる」「樹木にとっては、幼木が新たに芽生えて世代交代が進む」などのメリットがあります。伐採された樹木の一部は [続きを読む]
  • グリーンピア岩沼 春のぼた雪 その2
  • グリーンピア岩沼の雪景色、昨日の続編です。芝生広場のまわりにある東屋やステージ、ソメイヨシノやクロマツに積もった雪の写真をアップします。ソメイヨシノの花芽はだいぶ膨らんできています。あと1ヶ月ほどで花が咲きます。枝に残った雪が白いヘビのように長く連なっているものが見られました。 [続きを読む]
  • グリーンピア岩沼 春のぼた雪
  • 昨日の未明から雨が降り出し、今日はそれが雪に変わって朝まで降り続きました。まとまった量の雨が降ったのは、昨年の12月以来のことでした。岩沼の平野部では雨が多く降って雪はほとんど積もりませんでしたが、山の上の方は樹木が積もった雪で白くなっていました。グリーンピア岩沼のホテル周辺では、湿ったぼた雪(牡丹雪)が5センチほど積もっていました。芝生広場のまわりを歩いて撮った雪景色の写真をアップします。雪が溶け [続きを読む]
  • 仙台国際空港 空港が拡張される
  • 仙台国際空港の西側に造成された、岩沼市下野郷の「中坪・荷揚場工業用地」。進出企業がなかなか出てこない間に、空港に面したところで格納庫などの工事が進んでいます。ここに造られているのは、空港の東側(海側)から順に、・宮城県防災ヘリコプターの活動拠点(格納庫など)・仙台市消防ヘリコプターの活動拠点(格納庫など)・仙台空港第三小型機格納庫・東邦航空東北事業所(ヘリコプターの格納庫など) 全てが完成すれば、 [続きを読む]
  • 719系 ダイヤ改正後も健在なり
  • 3月4日のダイヤ改正で、仙台近郊路線から姿を消すはずだった719系。しかし、新型車両の配備が遅れているため、719系の引退が少し先延ばしされました。仙台以北に1本、仙台以南に1本が投入され、短い区間を行ったり来たりしています。岩沼駅の5番線を出発する719系6両編成の東北本線下り普通列車です。 [続きを読む]
  • 分譲住宅地に咲く梅の花
  • (風邪を引いたのでブログ更新を休んでいました)線路の西側に広がっていた田んぼを埋め立てて作られたたけくまの分譲住宅地。埋め立ててから15年ほどで、3,000人ぐらいが暮らす街になりました。建物がまだ建っていない分譲地には、梅の木が植えられ、毎年春になると花が咲いていました。今は住宅や店舗がどんどん建ったため、梅の木は残り少なくなりました。残り少なくなった梅の木を訪ね、今年も咲いた花を撮影してきました。最 [続きを読む]
  • 日本製紙岩沼工場の引き込み貨物線 撮り直し
  • 日本製紙岩沼工場の引き込み線を走る貨物列車を久しぶりに見ました。7年以上前にアップした古い動画しかないので、改めて新しい動画をアップします。DD40ディーゼル機関車に牽引され、日本製紙岩沼工場の引き込み線から出てきて岩沼駅へ向かう貨物列車です。引き込み線の貨物列車は毎日2往復走っていて、岩沼駅から工場に向かうコンテナは全て空っぽ、工場から岩沼駅に向かうコンテナには製品が積まれています。引き込み線は全て徐 [続きを読む]
  • 平成29年 竹駒神社 初午大祭
  • 3月8日から14日まで、竹駒神社で初午大祭が行われています。今日は初日で、ときおり雪が舞う寒さの中でのスタートになりました。全国銘菓奉献祭(創作菓子はまだ展示されていない)、見頃を迎えた梅の花、植木市とクリスマスローズ、露店とハト、馬の像に奉納された菓子や餅・ニンジン、大幣(おおぬさ、お祓いで使う道具)などの写真をアップします。 [続きを読む]
  • 五間堀川と阿武隈川がつながる
  • 阿武隈川の押分水門付近で、「阿武隈川下流岩沼地区維持工事」が行われていました。五間堀川の水位が高くなったときに阿武隈川へ水が流れる場所を確保するため、水門付近の土砂を撤去し、水門の機能を維持する工事でした。かつては五間堀川の河川敷にヨシ(アシ)などが生えた草原が広がっていましたが、そこに堆積した土砂を草原ごと撤去しました。その結果、掘り下げられて低くなった場所に水が満たされ、五間堀川と阿武隈川が水 [続きを読む]
  • 寺島堤防の碑@宮城県岩沼市
  • 宮城県岩沼市寺島を流れる阿武隈川の堤防に、「寺島堤防の碑」が建てられました。3月4日、国土交通大臣などが出席して、記念式典が行われました。東日本大震災のとき、この堤防に避難した人たちは全員が助かっています。国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所 > 河川堤防が果たした役割http://www.thr.mlit.go.jp/sendai/kasen_kaigan/kasenfukkou/yakuwari.htmlこの石碑には、以下の文章が刻まれています。「2011年3月11日 [続きを読む]
  • 仙台国際空港(3月5日) 全日空の最新鋭旅客機
  • 仙台国際空港と成田空港を結ぶ全日空の路線に、1月下旬にデビューしたばかりの最新鋭旅客機、A320-200neo(JA211A)が使われています。neo は "new engine option" の略で、「新エンジン選択型」という意味です。旧来型のA320より燃費が20%ほど向上しています。A320-200neoは成田からの近距離国際線で使われ、その運用の合間をぬって仙台まで1往復しています。写真は動画から切り抜いたものです。 [続きを読む]
  • 朝日山公園(3月4日) 樹木の伐採中
  • 朝日山公園で、宮城県中央森林組合による樹木の伐採が行われています。コナラやヤマザクラなどの広葉樹が伐採され、ところどころに山積みにされていました。年輪を数えてみたら、中くらいの太さのもので50本前後、一番太いもので90本ぐらいありました。古い樹木は昭和の初め頃から、標準的な樹木は朝日山公園ができた頃から生えていることが分かりました。 [続きを読む]
  • 第6回 武隈の里 ひな人形まつり その2
  • 2月26日から3月30日まで、岩沼市内65ヶ所で、ひな人形まつりが行われています。お店や公共施設などに、ひな人形やつるし飾りが展示されています。つるし飾りは市民のみなさんが毎回事前に製作するので、よく観察すれば風変わりなものなどを発見することができます。今年は、「仙台宮城ひな街道めぐり」のパンフレットに岩沼の祭りが初めて掲載されました。岩沼市民図書館ポスターと一緒に撮影しておくと、「あの年はこんなイベント [続きを読む]
  • 五間堀川と蔵王連峰
  • 今日は風が弱めで雲がほとんどない春めいた天気で、岩沼市内から蔵王連峰が鮮明に見えました。どうやら天気が崩れる前の日がチャンスのようです。岩沼市内を流れる五間堀川を下り、蔵王連峰と絡めた写真を撮ってきました。志賀沢川との合流点では水門の設置工事が、その下流域では川幅を広げる工事が行われていました。 [続きを読む]