早井一之助 さん プロフィール

  •  
早井一之助さん: 岩沼物語
ハンドル名早井一之助 さん
ブログタイトル岩沼物語
ブログURLhttp://iwanuma.blog39.fc2.com/
サイト紹介文宮城県岩沼市のさまざまな情報をほぼ毎日発信するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2007/06/18 07:21

早井一之助 さんのブログ記事

  • 用水路沿いのヒガンバナ(2017年)
  • 岩沼市長岡、小川、梶橋地区を訪れ、用水路沿いに咲くヒガンバナを撮影してきました。今年は例年よりヒガンバナの開花が早く、彼岸の入りの今日はすでに花がくたびれ始めていました。花の咲き具合がまばらで、密集している場所が少なかったです。このあたりはほ場整備の真っ最中で、用水路の現状が変更されてヒガンバナが見られなくなる可能性があります。    人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking  [続きを読む]
  • ヒガンバナとウスバキトンボの群れ
  • 岩沼市志賀の県道沿いに、ヒガンバナの真っ赤な花で埋め尽くされる場所があります。今日は青空の下、ちょうど見頃を迎えていました。ヒガンバナの花の上を、ものすごい数のウスバキトンボが飛び交っていました。周囲を見渡してもトンボが集まっているのはここだけで、エサとなる小さな虫たちがたくさんいるからそれに釣られてトンボも集まってきたのでしょう。ウスバキトンボは夏から秋にかけて南から日本へ渡ってくるトンボで、俗 [続きを読む]
  • 朝日山公園(9月18日) 台風一過の風を避けて
  • 台風18号が東北地方を通過し、朝までは激しい雨、その後は強い風が吹き荒れました。交通機関が乱れるほどの風が吹き続ける中、朝日山公園を訪れました。風が比較的弱い、樹木に囲まれたため池のまわりに、トンボがたくさん集まっていました。ふだんは好き勝手な場所に止まっているトンボは、風が強いときは吹き飛ばされない場所を選んでいるようです。今回は、頭から腹の先まで真っ赤になるナツアカネがたくさん見られました。写真 [続きを読む]
  • トヨタのコンテナがなくなる?
  • 愛知県と岩手県の間を毎日2往復しているトヨタ自動車専用貨物列車「トヨタロングパスエクスプレス」。かつては"TOYOTA"とデカデカと描かれた専用コンテナがびっしりと搭載されていました。今では、専用コンテナの老朽化が進んで、日本通運のコンテナ "55 BIG ECO LINER 31"に順次置き換えられています。現時点で、トヨタと日本通運のコンテナが半分半分ぐらいになっています。このまま置き換えが進めば、トヨタのコンテナはなくな [続きを読む]
  • グリーンピア岩沼 ナラ枯れが目立つ
  • 秋になって涼しくなったグリーンピア岩沼を訪れました。今年の里山には、ナラ枯れしたコナラなどの樹木が目立っています。キクイムシが媒介する感染症で、まず葉っぱが枯れてそのあと樹木全体が死んでしまう、いわゆる「里山の荒廃」の一因となっている現象です。足元を見れば、アザミなどのキク科、ホトトギスの花が咲き、カエルが静かにたたずんでいました。平野部では「ツマグロヒョウモンだらけ」でうんざりするほどですが、山 [続きを読む]
  • チョウの異種間求愛行動
  • ラーメン店のお客さんでにぎわうハナトピア岩沼を、再び訪れました。花壇には先日と同様にマリーゴールドやサルビアが咲いていて、チョウが群がっていました。今年急激に増えたツマグロヒョウモンが数十頭も飛び交い、他のチョウは少数派でした。そんな中、珍しい「チョウの異種間求愛行動」を目撃しました。ミドリヒョウモン♂2頭が、ツマグロヒョウモン♀に求愛していました。生き物の世界では、異なる種類に求愛することはまれ [続きを読む]
  • 田んぼの電気柵とヒガンバナ
  • 田んぼのまわりでヒガンバナが咲き始めました。岩沼市三色吉、ハナトピア岩沼と金蛇水神社の中間にある田んぼを訪れました。ここでは、今年からイノシシ対策の電気柵が設置されました。田んぼの間をくねくねと流れる水路沿いに、今までと同じようにヒガンバナが咲き、チョウがやってきました。今までと異なるのは、人間がヒガンバナを見たいとき、電気柵に注意しなければいけないところです。最後の写真3枚は、橋の欄干に止まった [続きを読む]
  • むすび丸と牛政宗くん@全共宮城大会
  • 9月7日から11日まで、仙台市の夢メッセみやぎで、「第11回全国和牛能力共進会宮城大会」(全共宮城大会)が行われました。このイベントは、5年に一度開催される「和牛の祭典」で、全国から集まった和牛がその優秀性を競います。メインイベントである和牛の品評会の他、各都道府県・市町村や企業のPRコーナー、全国各地の和牛の試食コーナーなどが設けられ、敷地が広い夢メッセみやぎは多くの来場者で埋め尽くされていました。品評 [続きを読む]
  • 「水曜どうでしょう」キャラバン2017@宮城県岩沼市
  • 千年希望の丘・相野釜公園で、北海道テレビ放送の深夜番組「水曜どうでしょう」のキャラバンが行われました。本州11県をめぐるキャラバンで、宮城県の会場に岩沼市が選ばれました。11時からキャラバンが始まるのに、岩沼駅を出発するシャトルバスは6時半から。「会場のまわりには何もないのに、どうやって時間をつぶすのか」不思議に思っていました。会場では番組の限定グッズが販売され、買うためには整理券を手に入れる必要があ [続きを読む]
  • 阿武隈川河川敷のヒマワリ畑@宮城県亘理町(2017年)
  • 亘理町逢隈の阿武隈川河川敷に作られたヒマワリ畑を訪れました。文句なしの青空の下、見頃になったヒマワリを見物する人たちが大勢やってきました。ここにはヒマワリ5万本が植えられていて、通路を通って中に入ることもできます。すぐそばに常磐線の鉄橋があり、阿武隈川の向こうには岩沼市の千貫山や日本製紙岩沼工場が見えます。常磐線や日本製紙を背景にした場合、「花があっちを向いている」のが残念な点です。ヒマワリの花に [続きを読む]
  • 朝日山公園(9月8日) トンボの交尾
  • 朝まで降っていた雨が止み、昼間は快晴になりました。気温は上がったけれども、空気がからっとしていたので暑さはそれほど感じませんでした。朝日山公園を訪れ、ため池のまわりでトンボを観察してきました。4種類のトンボの交尾を見かけました。交尾中のトンボは「ハート型」を作ります。写真は上から順に、アオイトトンボの交尾(3枚)、アジアイトトンボの交尾、マユタテアカネの交尾(2枚)、シオカラトンボの交尾、リスアカネ [続きを読む]
  • 秋の田んぼにサギの群れ
  • 秋になって黄金色に色づいてきた田んぼに、白いサギの群れが訪れています。アマサギが数十羽の群れを作って、田んぼに住んでいる小さな生き物たちを食べています。その群れの中に、大きなサギ、ダイサギやチュウサギが混じっていることがあります。大きなサギは、その背の高さを活かして、見張りの役割を果たしているようです。写真は上から順に、アマサギの群れ(2枚)、ダイサギとチュウサギ、アマサギの群れとダイサギ・チュウ [続きを読む]
  • 山沿いの田んぼ ミズアオイとトンボ
  • 岩沼の山沿いにある田んぼは、イノシシなどけもの対策の電気柵で囲まれ、中に入りにくくなっています。とある田んぼにミズアオイが生えていて、その様子が道路から丸見えでした。その田んぼに近づいて、ミズアオイの花を撮影してきました。電気柵には様々な種類のトンボが止まっていたので、ついでにそちらもいただいてきました。写真は上から順に、ミズアオイ(6枚)、アキアカネ♂(2枚)、アキアカネ♀、ナツアカネ♂、マイコア [続きを読む]
  • 秋の初めの竹駒神社
  • 台風が去って風がおさまった昨日、竹駒神社を訪れました。台風が来るときに取り外した神社幟を、元通りに立てているところに出くわしました。総社宮と八幡神社に続いて、その隣りにある愛宕神社の屋根改修工事が始まっていました。境内では、夏の終わりに出てくるチョウ(ルリタテハ)や赤トンボをたくさん見ることができました。写真は上から順に、塗り替えたばかりの大鳥居、屋根改修工事中の愛宕神社(境内社)、神社幟を立てて [続きを読む]
  • 千年希望の丘のソバ畑
  • 昨日、千年希望の丘・二野倉公園に続いて相野釜公園を訪れました。今年新たにソバ畑が3ヶ所にできました。公園の西側、2号丘の近くに小さいソバ畑が2ヶ所、東側、1号丘の近くに大きいソバ畑が1ヶ所です。小さいソバ畑は形がいびつなので、かつてここにあった集落の2世帯分の敷地を転用したものと思われます。ソバの白い花が見事に咲きそろい、遠くから眺めると白いじゅうたんのように見えました。風が弱ければソバの花に群がる虫た [続きを読む]
  • 千年希望の丘のナデシコ
  • 6月10日、宮城農業高校の生徒たちが、千年希望の丘・二野倉公園にナデシコの苗を植えました。台風一過で快晴となった今日、「そろそろ花が咲くころだな」と思い、現地を訪れました。桜が植樹してある一帯に、カワラナデシコの花が咲いていました。ナデシコは桜の木を円で囲むように植えられていました。ナデシコを植えることによって、桜の落ち葉が失われずに腐葉土と化し、それが桜の成長を促します。今咲いているカワラナデシコ [続きを読む]
  • 2017年夏 36日連続の雨
  • 7月22日から8月26日にかけて、36日連続で雨が降りました。これは、観測史上最長の記録です。岩沼雨量観測所のデータから、36日分の降水量を抜粋しました。単位はミリ、0は1ミリ未満の雨を意味します。7/22  37/23   27/24   397/25  117/26   07/27   07/28  207/29  137/30   07/31   08/ 1  18/ 2  08/ 3  08/ 4  18/ 5  18/ 6  18/ 7  38/ 8  398/ 9   98/10  08/11   58/12 [続きを読む]
  • ハナトピア 人は麺 虫は花に集う
  • ハナトピア岩沼にラーメン店「麺組」がオープンしてから1ヶ月半が経過しました。お昼頃になると、ラーメンを食べる人々が続々と車でやってきて、駐車場が半分以上埋まります。人間は麺を目当てに集まり、虫は花の蜜を目当てに集まります。どちらにせよ、にぎやかなのはいいことです。これから秋にかけて、マリーゴールド、ブルーサルビア、アベリアの花がたくさんのチョウや蛾などを呼び寄せます。写真は上から順に、マリーゴール [続きを読む]
  • 朝日山公園(8月30日) 遊具広場のまわりで
  • 秋の晴天は数日しかもたず、またぐずついた天気に逆戻りです。朝日山公園を訪れ、雨が降ってくるまで遊具広場のまわりを散歩し、花や実などを探してきました。直線距離で200メートルほどの間に、いろいろなものが見つかりました。広場に植えられているアベリアの花には、チョウ、蛾、ハチなどがやってきます。写真は上から順に、タカサゴユリ、コバギボウシの群落(2枚)、ムクゲ、ヘクソカズラ(ヤイトバナ)、ツユクサ、ススキの [続きを読む]
  • 夏の宴の後 公園散歩
  • 3週間ぶりに、鍛冶スポーツ公園を訪れました。夏にたくさん飛び回っていたオオムラサキは姿を消し、やかましかったセミの死体をいくつか見つけました。公園のグラウンドにはバッタがたくさんいました。地面とそっくりな体色なので、動かないと発見しにくいです。夏の宴は終わり、これから秋がやってきます。チョウやトンボの仲間のメンバーが入れ替わる季節です。写真は上から順に、クモの糸にぶら下がったミンミンゼミの死体(2枚 [続きを読む]
  • コスモスに集まるチョウとハチ
  • 畑の一角に植えられたコスモスの花に、チョウやハチが群がっていました。一番多かったのはツマグロヒョウモンです。温暖化で分布が北上したこのチョウは、今では宮城県の普通種になりました。幼虫がスミレの仲間を野生種・園芸種問わず食べるため、都市部でも分布を広げる条件が整っています。写真は上から順に、アゲハチョウ(2枚)、ツマグロヒョウモン♀、ツマグロヒョウモン♂(3枚)、ツマグロヒョウモン♂2頭、ヒメアカタテ [続きを読む]
  • 平成29年 松島基地航空祭 その2
  • 昨日の続編で、航空自衛隊松島基地航空祭の動画をまとめてアップします。アップした順番は、プログラムの順番と一緒です。松島基地に所属する航空機によるオープニング飛行です。・松島救難隊 U-125×1機・第11飛行隊(ブルーインパルス) T-4×1機・第21飛行隊 T-4×1機・第21飛行隊 F-2B×3機合計6機による編隊飛行でした。格納庫で展示された女川町のダンボルギーニ(ダンボールで作ったランボルギーニ)とブルーインパルス [続きを読む]
  • 平成29年 松島基地航空祭
  • 震災前の2010年以来7年ぶりに、航空自衛隊松島基地の航空祭が行われました。「8月になってから昨日まで見たことがない」快晴の青空の下、数万人が来場し、プログラムは全て予定通り実施されました。駐車場が限定されていたため、遠方からの来場者はほとんどがJRを利用することとなり、臨時列車が増発されました。航空機の展示は、津波対策で4メートルほどかさ上げされた場所(エプロン)で行われました。かさ上げされた面積が小さ [続きを読む]
  • 仙台国際空港(8月25日) 日本航空の「ミニオンジェット」再び
  • 今日は雲が多いながらも青空が広がり、蒸し暑い一日になりました。少しでも涼しさを求め、仙台国際空港の展望デッキに出かけました。日本航空の特別塗装機、「ミニオンジェット」がやってきました。USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のアトラクションに登場するキャラクターを描いた機体を、着陸から離陸までじっくりと見物してきました。塗装のデザインは、機体の左右とも同じでした。    人気blogランキングへ FC [続きを読む]