てん さん プロフィール

  •  
てんさん: きょうの青葉山
ハンドル名てん さん
ブログタイトルきょうの青葉山
ブログURLhttp://aobaten.blog109.fc2.com/
サイト紹介文「杜の都」仙台・青葉山の自然情報を毎日更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/06/19 10:54

てん さんのブログ記事

  • コガネタケ(黄金茸)
  •    きょうは、大体晴れました(22.8〜31.8℃/南南東風)。  道端に、コガネタケ(カブラマツタケ科コガネタケ属)が生えていました。名の通り、黄金色のキノコが、ぽつんと二つ並んでいました。北半球に広く分布し、日本では夏〜秋、全国の山野の林地、草地、路傍等の地上に発生する腐生菌です。全体は黄金〜黄土色の粉に覆われ、傘は直径5-18?程で、粉の下の表皮は粉色より淡色。傘は半球型〜平開しますが、中心部は丸みは残 [続きを読む]
  • ミヤマカミキリ(深山髪切)
  •   きょうは、晴れ時々曇りました(22.0〜29.3℃/南東風)。  桜の木に、ミヤマカミキリ(カミキリムシ科)がいました。久し振りに見て、昔を思い出して捕まえようとすると、思いの外素早くて、あっと言う間に飛び去りました。北海道〜九州の、山地〜低地の森林等に生息する、体長34-57?の日本産カミキリムシ科最大種の一つで、褐色で、外皮が褐色の微毛で覆われ、前胸背板に横皺が入るのが特長です。成虫は、6-8月に出現し、コ [続きを読む]
  • ヤマユリ(山百合)
  •   きょうは、晴れ時々曇って、涼しい一日でした(20.3〜26.9℃/南東風)。  道沿いに、ヤマユリ(ユリ科)が咲いていました。行く所のあちこちに、白い大花がゆらゆらと、芳しい香りを放っていました。日本固有種で、本州の東北〜近畿の山地の林縁や草地に生育する、草丈1-1.5mの多年草です。茎は地下の鱗茎から出て、長さ10-15cmの披針形で短柄のある葉を付けます。7-8月、茎先に20?近い大きな花を1-10個程咲かせます。花は茎に [続きを読む]
  • ヒグラシ(日暮)
  •    きょうは曇り時々晴れて、後雨が降りました(23.1〜32.6℃/北西風)。  檜林で、ヒグラシ♂(セミ科)が鳴いていました。未だ蝉時雨までには成りませんが、あちこちから寂しげな声が、岩に木に沁みていました。中国等に広く分布し、日本では北海道南部〜奄美大島の広葉樹林や杉、桧林に生息する中型の蝉です。成虫は6-9月に出現し、名の通り、日暮れ等にカナカナ・・と鳴きます。体長は雄28-38mm、雌21-25mmで、褐色地に黒色と [続きを読む]
  • ハエドクソウ(蠅毒草)
  •    きょうは、良く晴れて暑くなりました(24.6〜31.2℃/南南西風)。   道端に、ハエドクソウ(ハエドクソウ科)が咲いていました。小さくて、余り見向きもされない花ですが、近寄れば気品高い、蘭そのものの様な清艶さがありました。北海道〜九州の他、朝鮮、中国、東シベリア、ヒマラヤ等の、山地の少し暗い林床に生育する、高さ30-70?の多年草です。葉は長さ7-10?、幅4-7?で質は薄く、荒い鋸歯のある広卵〜楕円形。基部 [続きを読む]
  • ヤブカンゾウ(薮萓草)
  •   きょうは、晴れ後曇りました(23.5〜32.7℃/南東風)。  草原に、ヤブカンゾウ(ワスレグサ科)が咲いていました。鮮やかな朱色の花が、草藪のあちこちで、炎の様に燃えていました。有史以前渡来の中国原産とも言われ、日本では北海道〜九州の日当たりの良い草地等に生育する、草丈50-100cmの多年草です。葉は根生し、長さ40-60cm幅3?前後の広線形。3倍体の為結実せず、根が紡錘状に膨らみ匍匐茎を出して増えます。茎上部で分 [続きを読む]
  • キカラスウリ(黄烏瓜)の花
  •   きょうは、晴れ時々曇りで、夜に雨が降りました(24.2〜31.7℃)。  河原のキカラスウリ(ウリ科)に、花が咲いていました。雄株の雄花でしたが、精細な切紙細工の様な白花が、川風に吹かれて震えていました。北海道(奥尻島)〜九州の山野の林縁や藪等に普通に生育する、雌雄異株の蔓性多年草です。葉の表面にはやや短毛があり、濃緑色で光沢があります。花期は7−9月頃で、萼花冠の裂片の先が広がり先端が長い糸状になる花 [続きを読む]
  • ヒメコウゾ(姫楮)の果実
  •   きょうは雨後曇って、後晴れました(23.2〜29.7℃/南風)。  道端7のヒメコウゾ(クワ科)に、実が生っていました。紅く瑞々しい、クリスタルの輝きがありましたが、口にすると、甘く美味しいのに毛が纏わり、やはりジャムかジュースの方が合っている様でした。本州〜九州の他、朝鮮、中国中南部の低山地の林縁等に生育する、樹高2-5m程の落葉低木です。雌雄同株。長さ5-15?の葉は歪んだ卵〜広卵形で、時に2-5片に深裂し、基部 [続きを読む]
  • ニイニイゼミ(にいにい蝉)
  •    きょうは曇lり時々晴れて、暑くなりました、(25.2〜33.0℃/西北西風)。   檜の小木に、ニイニイゼミ(セミ科)がいました。蝉時雨の主は?と探していると、ハッと目を見張る、何時もより青っぽく粋な、小さな蝉が鳴いていました。朝鮮、中国等に分布し、日本では北海道〜沖縄の低山地〜平地の明るい林内に生息する、体長20-24mm、翅端までは32-40mmのセミです。成虫は6-8月に出現し、体は小さく横幅があり、前翅は褐色の斑模 [続きを読む]
  • マダラアシナガバエ(斑足長蝿)
  •    きょうも、晴れて暑くなりました(22.5〜30.3℃/南南東風)。   道沿いに、マダラアシナガバエ(アシナガバエ科)がいました。何時もの様に、葉っぱの上をちょこちょこと、体を金緑に、美しく輝かせていました。北海道〜九州の山地〜低地の森林内や林縁の下草上等に生息する、体長5.5-6.5?の小さなハエです。成虫は5-9月に出現し、体は金緑色で、脚が長く、翅に黒褐色の斑紋があり、中央付近には白紋もあります。肉食で小型昆 [続きを読む]
  • ルリシジミ(瑠璃小灰蝶)
  •   きょうも、晴れて暑くなりました(22.8〜30.9℃/南南東風)。  沢に、ルリシジミ(シジミチョウ科)がいました。何頭もがキラキラと、瑠璃色の瞬きを見せながら飛び交っていましたが、砂地に降りると、美味しそうに給水していました。ユーラシアと北アフリカに分布し、日本では北海道〜沖縄の山地〜低地の明るい草地等に生息。前翅長12-19mmで、雄の翅の表面は名の通りの瑠璃色、雌は外縁部が黒褐色、裏面は白地に黒い斑点がある [続きを読む]
  • 七月観(視)察会
  •   きょうは、良く晴れて暑い観察会になりました(22.2〜33.0℃/南東風)。  近況報告や、コースの説明等があった後早速の出発です。直に、チラシでも紹介の、池に飛ぶ瑠璃色のオオルリボシヤンマや真赤なショウジョウトンボに出会って感嘆し、バタフライガーデンでは、イチモンジチョウやメスグロヒョウモンの♂、キタキチチョウ等を観察、ホタルブクロの鮮紫色にも感銘しました。森の入口では、ヒミズの死体や、シデムシ、キマ [続きを読む]
  • タンザワサカネラン(丹沢逆根蘭)
  •    きょうは良く晴れて、とても暑くなりました(21.3〜32.4℃/南南東風)。  林床にタンザワサカネラン(ラン科)が、今年もしっかり咲いていました。地味で不思議な形の蘭ですが、光が注ぐと飴色に輝いて、神々しささえ感じます。2007年に丹沢で発見され、2008年に新種として正式に認められた、草丈3-10?程の多年草で、現在確実に生育が確認されているのは、青葉山を含めて全国(=世界に)3ヶ所のみの超希少種です。環境省レッド [続きを読む]
  • ススホコリ(煤埃)
  • きょうは、晴れて暑くなりました(20.4〜30.6℃/南風)。 赤松の切株に、ススホコリ(モジホコリ科)と思われる粘菌が付いていました。鮮やか過ぎる黄色い物体が、枝や網、波になったり、離れたり固まったりしながら、実際、蠢いている様に見えました。この状態、成長した変形体が移動しながら、子実体を作っている最中なのでした。世界に広く分布し、日本では晩春〜秋、特に夏、腐木上等に発生する変形菌です。子実体は着合子嚢 [続きを読む]
  • カナブン(金蚊)
  •    きょうは、大体晴れました(19.6〜29.2℃/南風)。    樹液の木に、カナブン(コガネムシ科)がいました。他にアオカナブン、スジクワガタ等もいましたが、何と言ってもカナブンは、幹をぐるっと囲んで、美味しそうに汁を啜っていました。本州〜九州の他、朝鮮、中国等の、山地〜低地の雑木林内や周辺に広く生息する体長22-30?の黄金虫の仲間です。 成虫は6-8月に出現し、やや緑がかった銅色で、四角い頭部を持ち、緑〜銅色 [続きを読む]
  • ホトトギス(杜鵑)
  •    きょうは、雨後曇って、晩方から晴れました(20.4〜28.3℃/北風)。   尾根道で、ホトトギス(カッコウ目・カッコウ科)が鳴いていました。聞き慣れた「キョッキョッキョキョキョキョ」の鋭い声がどんどん近付いて来て、真上の枯松に止まると一声鳴いて、後は暫く、周りを見ながら静かにしていました。アフリカ東部、マダガスカル、インド〜中国南部に分布し(越冬)、アジアの個体群は初夏に中国北部、朝鮮等に渡来。日本に [続きを読む]
  • エゾアジサイ(蝦夷紫陽花)
  •    きょうは、雨が降ったり止んだりでした(21.3〜25.1℃/南南東風)。    道沿いに、エゾアジサイ(ユキノシタ科)が咲いていました。この梅雨時に、眩いばかりの青い花は、眼にも胸にも染み入る様でした。北海道〜九州に分布し、主に日本海側の深山の沢沿い等、やや湿った場所に生育する、高さ1-2mの落葉低木です。葉は、先の尖った楕円形で、粗い鋸歯があり対生し、葉柄は長さ2-5?、葉身は長さ10-20?。6-8月、青〜青淡色の小 [続きを読む]
  • ホタルブクロ(蛍袋)
  •    きょうは、一日雨が降ったり止んだりでした(22.6〜28.6℃/南西風)。   道端に、ホタルブクロ(キキョウ科)が咲いていました。雨に打たれてぽんぽんと、神風船の様に弾んでいました。北海道南部〜九州の他、朝鮮、中国等の山野に生育する、茎高40-80?の多年草です。全体に毛が生え、匍匐枝を横に出して増殖します。根出葉は卵状心形で長柄があり、茎葉は互生し、長卵形で先は尖ります。6-7月、淡紅紫色又は白色の花を下向 [続きを読む]
  • エナガ(柄長)の子供たち
  •    きょうは、晴れたり曇ったりで蒸し暑く、初の真夏日になりました(21.4〜31.9℃/西北西風)。   道沿いに、エナガ(エナガ科)がいました。4-5羽の群れが、くっついたり離れたり、プルプル、ピーピーとても騒がしく戯れていましたが、良く見れば色柄もぽやぽやと、巣立ったばりの子供達でした。ヨーロッパ〜中央アジア〜日本に広く分布し、主に明るい森に生息する留鳥又は漂鳥です。体長は14cm程ですが、名の通り、尾の長さ [続きを読む]
  • アワブキ(泡吹)
  •    きょうは、曇り時々晴れました((21.0〜29.6℃/北風)。   沢沿いのアワブキ(アワブキ科)に、花が咲いていました。枝々に樹氷の様な花序を立てていましたが、触れようとすると、はらはらと雪が舞いました。本州〜九州の他、朝鮮、中国等の山地の谷筋等に生育する、樹高10m程の落葉中高木です。樹皮は灰褐色で、若枝には褐色の伏毛があります。葉は互生して枝先に集まり、長さ8−25cmと大きく、20−27対の葉脈(側脈)が [続きを読む]
  • コムラサキ(小紫)
  •     きょうは、晴れ後曇って、小雨も降りましたた(18,7〜25.9℃/南南東風)。   川岸に、コムラサキ(タテハチョウ科)がいました。青紫の雄が、素早くひらひらひらひら飛んで、砂地に止まって給水したりしていましたが、写真を撮ろうとすると、あの輝きは何故か何処かに消えていました。東欧〜カスピ海と、モンゴル東部〜中国東北、ロシア沿海地方、朝鮮に分布し、北海道〜九州の山地〜低地の林内、河川敷等に生息する、前翅長 [続きを読む]
  • カジカガエル(河鹿蛙)
  •   きょうは、晴れたり曇ったりでした(16.3〜24.1℃/南東風)。  沢に、カジカガエル(アオガエル科)がいました。何処からコロコロ鳴いているのかと近寄ると、清水溢れる崖っぷちで、きょとんとした眼で見られました。本州〜九州の山地の渓流、湖やその周辺の森等に生息する、体長3.5-4.4cm(♂)、4.9-6.9mc(♀)の蛙です。日本固有種。体は扁平で岩の隙間等に隠れるのに適し、体色は灰褐色で、不規則な斑紋があり、岩上等では保護色 [続きを読む]
  • スミナガシ(墨流し)の幼虫
  •    きょうは、曇り後晴れました(18.5〜25.9℃/南東風)。   アワブキ(アワブキ科)に、スミナガシ(タテハチョウ科)の幼虫がいました。薄暗がりでも、近寄ると、中世の道化師の様な頭をくるくる振って、怒られました。本州〜沖縄の他、朝鮮、中国〜ヒマラヤに広く分布する、前翅長31-44?の森林性タテハチョウです。日本では3亜種に分類され、本土亜種の成虫は、年2回、5-8月に発生し、翅は青緑がかった灰黒色地に、白小紋が散 [続きを読む]
  • ゲンジボタル(源氏蛍)
  •   きょうは、晴れ後曇りました(16.4〜21.3℃/北北西風)。  沢沿いに、ゲンジボタル(ホタル科)がいました。幻想的な光が、闇の底から一つ又一つと浮び上がり、消えては又光りながら漂っていました(飛んでいる写真は撮れません;0;)。本州〜九州と周囲の島々の、水が綺麗な川に生息します。発光して他個体と交信し、雌雄が出会った後雌は川岸の苔の中に産卵、孵化した幼虫は直に水に入り、流れの緩い清流でカワニナを捕食しな [続きを読む]