saii さん プロフィール

  •  
saiiさん: 佐々木さんちの三男。
ハンドル名saii さん
ブログタイトル佐々木さんちの三男。
ブログURLhttp://ameblo.jp/player-saii
サイト紹介文役者・佐々木哲平が大成するまでの成り上がりストーリー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2007/06/20 12:39

saii さんのブログ記事

  • 盛岡南12 カクテルパーティ。
  • 【カクテルパーティ効果】カクテルパーティのように多くの人が雑談をしている中で、自分の名前や自分に関する情報だけを聞き取る音声の選択的聴取。詳しくは…何たらかんたら。。県民体育大会で先輩に惨敗を喫した翌日、応援団長の推薦とボクシング部主将の打診あったが…俺が導き出した答えはどっちもやらない!!そもそも高校生活においてに団体の長を兼任するなんてありえないだろ?!とゆーわけで応援団には「ボクシング部主 [続きを読む]
  • 盛岡南11 薔薇の花にあ青嵐薫り。
  • イバラのハナにカゼカオり時は過ぎ、高校二年の初夏。部活動・応援団共に世代交代の時期となっていた。何度も言うが応援団は応援委員会だからして、団長=委員長なわけで【生徒会選挙】に出馬しなければならない。この頃はとにかく人前に出るのが嫌で嫌で仕方なかった。しかも予め団内では時期団長が選ばれ、出来レースのように選挙に出る仕組み。前団長からずっと声がかかっていてどうにか回避できないか?と、考えている最中に [続きを読む]
  • 盛岡南⑩ 春繚乱の光清か。
  • 盛岡南高校は必ず部活動に在籍しなければならず、俺は仮入部を経てボクシング部の門をくぐっていた。しかし、応援団に入団させられたせいで、入部したてなのに毎日30分以上遅れての部活動参加となり、基礎練の大事な時期なのに周りの新入部員からは遅れをとっていた。なんなんだよ応援団って…5月、けっこう離れた場所に位置する郊外の球場で野球部の公式試合があり応援団が出動することとなった。当日はボクシング部を休み、慣れ [続きを読む]
  • ??一泊二日、専業ダディ。
  • 先週末は珍しく二連休…に合わせて、妻が出産後初のお仕事(ヘアメイク)に出かけた。しかも泊まりで…。 ■倅(せがれ)3ヶ月 体重5.5kg 首が座りそう□ダディ 37年と5ヶ月 体重64.7kg 目が座りそう 【一日目】5:00妻出発倅とダディ二人きりになる再び寝入る 7:00倅の泣き声で起こされるミルク100mlオムツ替え二人でキャッキャするダディ朝飯食べる 8:00眠いとグズられる3回 [続きを読む]
  • 盛岡南。⑨雄叫び高き青春譜
  • 「これからぁ!!応援歌練習をぉぉ!!!始めるぅぅぅ!!!!!!」悪夢再び…。応援団の一員となった俺はその日のうちから応援団練習に参加しなければならなかった。昼休み、弁当食ってる暇もなく、忌まわしのセンターガーデンにて太鼓やら団旗やらを準備して先輩方を迎える準備をする。センターガーデンとは三方を校舎に囲まれている…いわゆる中庭である。「ぜっっっっきょぅぅぅう!!!!!」間違えたら前に出る方式は全体 [続きを読む]
  • 盛岡南。⑧南昌東根美麗しく
  • 入学式直後からの地獄の応援歌練習が終わりを遂げ、やっと訪れた安堵の日。新学年・新学期と言えば何かと委員決めが行われる。佐々木は中学の頃、学級委員やら生徒会やらを率先してやっていたが、高校ではそんなことはせず一般生徒を満喫したいと思っていた。生徒会は生徒会で面白いんだけどね、中学とは規模(生徒数)も違うし…そんなそんな俺なんかがやらなくても誰かやりたい奴がやればいいだろう…くらいに思っていた。そん [続きを読む]
  • 盛岡南。⑦奥州陸奥武士
  • 岩手県立盛岡南高等学は1995年当時、県内では二番目に新しい公立高校だった。東北で初めて【体育科】が新設され、他に【普通科】【普通科体育コース】があった。県内外から推薦(入試)でスポーツのスペシャリスト達が集まり、県高総体で優勝旗を最低10本(10部と言えばいいのか?)は奪取してくるほど部活動が盛んな高校だった。俺は一般入試で普通科へ!いたって普通の新入生〜穏やかな高校生活を送る…はずだった?!入学直後 [続きを読む]
  • 盛岡南。⑥isとwas
  • 全国的にもあるのだろうか?【白ゆりテスト】一教科60点満点で五教科(英国数理社)総合300点満点の模擬テストである。岩手県の公立高校の受験にはこの300点満点が採用されている。今の時代はわからないが俺らの時代の【受験】といえば白ゆりテストだった。各高校に大体の合格点ボーダーラインがあり、志望校のそれを目指して中3の頃受験勉強をしたものだ。これまた今の時代は違うのだろうが1994年当時、盛岡一高 270点盛岡三高 2 [続きを読む]
  • 盛岡南。⑤りんごっこ
  • 手代森小学校から一番近い店…ワークマン!そんなふざけた地域でも全国に世界に誇れるものがある。あ、ちなみにてしろもりと読みます。サッカーU-23日本代表の手倉森(てぐらもり)監督とはちょっと違う(笑)手代森小学校は明治6(1873)年開校で今年で153年の歴史をもつらしいそんなに?!まぁ俺が通っていた約2〜30年前までは木造二階建のオンボロ木造校舎だったからなぁ…。木造校舎なのにさらに【旧校舎】と呼ばれる…もちろ [続きを読む]
  • 盛岡南。 ④松本商店とコンビニエンスストア
  • 実家から徒歩圏内にコンビニができる!心躍ったものだ。まぁ大分大人になってからの話なんだけどね。実家は国道396号から一本入った高台…を削った小さなニュータウン内にある。造成した当時はバリバリ都南村だったから区間調整地域ではなかったのかな?そこから歩いて2〜3分のところにある一番近い商店が、知る人ぞ知る【松本商店】である。松本商店はバス停の名前にもなってるし、街で飲んでタクシーで帰るときも運転手さんに言 [続きを読む]
  • 雨男の敗北。
  • いつもより早く蝉の声で目が覚めた。寝直したがすぐに起きてしまったのでテレビをつけ早朝のニュースを見ていた関東梅雨明けしたのか!!そーか、寝苦しい訳だ。。そういえば10日ほど前にアクアラインを通り、千葉山奥のバンガロー村でお泊まりをした(第28回よくわからない会)。都心でやるBBQより断然美味くて、格別に気持ちいい空間だった。虫たちの奏でる旋律は何重層にもなっており、森林たちの呼吸の中で仲間たちと一夜を過 [続きを読む]
  • 以上の方々から激励賞を頂いております。
  • ボクシングにおける【激励賞】とは、選手がリングインした時にリングアナから手渡される封筒(の束)のことです。一見、相撲の取組前に土俵上をグルグル回る旗…取組後に勝ち星の力士が頂戴する『懸賞金』と同じに見られますが、若干違う。どちらも企業・後援会などは出すことができますが、相撲では個人が懸賞金を出すことができません。ボクシングは個人で激励賞を出すことが可能です!別に知らない選手に対してだっていいんで [続きを読む]
  • 盛岡南。③4対396
  • 同じ旧・都南村でも北上川を隔てて西側の【4号線側】と、我が実家がある東側の【北上高地側(396号線側)】とでは何かと格差がある。4号線とは読んで字の如く、Route4(国道4号)である東京・日本橋から青森までを繋ぐ超一流の国道である。一方、北上高地は東北・奥羽山脈の太平洋側に平行するように連なる山地である。北東北を縦図にすると秋田←→岩手日 出 奥 北 北 太本 羽 羽 上 上 平海 山 山 平 高 洋    地 脈 [続きを読む]
  • 盛岡南。②さんさ踊り
  • 先日青森で行われた【東北六魂祭】。東北6県の代表的な夏祭りを一同に集めて開催される祭りで、3.11以降「東北地方太平洋沖地震」の鎮魂と復興を願い2011年より開催都市持ち回りで毎年行われている。東北三大祭り(青森・ねぶた祭)(秋田・竿燈まつり)(仙台・七夕まつり)は有名だよね。戦前からちゃんと確立していた【祭り】である。これに山形が加わると東北四大祭り+(山形・花笠まつり)になる…高度成長期にできたそうな。さら [続きを読む]
  • 盛岡南。前編
  • 先日、岩手県出身者と遭遇した。なんとなく身の上話になり話しておると…「へぇ俺も!珍しいね、岩手のどこ?」「盛岡です!」ここで盛岡と即答するヤツは大体【旧市内】の連中だ。同じ盛岡市内なのだが俺の出身地は【都南地区】と呼ばれる旧・都南村である。合併して吸収されたクチです(笑)しかーし、勘違いして欲しくないのは【平成の大合併】の産物ではないということ。平成の大合併は1999〜2010年に政府主導によって行われた [続きを読む]
  • 千秋楽の前にバザール。
  • 本日朗読劇の千秋楽〜!なのだが、今朝は早起きして岩本町ファミリーバザールへ出向いた。毎年春と秋の年2回、問屋街総出で開催している。佐々木が上京した20年近く前…実にはこの岩本町近くの演劇学校に通っていたのよその時は横目で通り過ぎていたバザールだったのだが、昨年知り合いから「とにかく安いから!」と促され…といっても安いにも限度があるだろう…と半ば半信半疑で出向いてみた。自分で書いといて難なんだが…半ば [続きを読む]
  • 新郎役。
  • 前回Facebookにアップした朗読劇稽古風景の画像についてなんですが…あのね、相手役の女優さんに腕組まれて小っ恥ずかしい顔ではありませんよ?!そーゆー役でそーゆー場面のショットです。【ケーキカット】という作品です。結婚式のお話ですね〜あたくし今回は新郎役でございます。朗読劇なのでバリバリの衣装とかないんですが…花婿です!!なのでそーゆー誤解を呼んでおります(笑)今回結婚式らしく生ピアノの音が入ります! [続きを読む]
  • マチネとソワレとにぎり飯。
  • 舞台用語(ミュージカル用語?)でマチネは昼公演、ソワレは夜公演なんだって。その間に休憩時間があってご飯を食べたり昼寝したりして夜公演に向けて体力回復をはかる。差し入れがあるときはみんなでそれをいただく。基本俺はにぎり飯を持参プラスしてスープ系をコンビニで買ったりする。昔は自分で作ってたんだけど、最近は妻が握ってくれる。ただそれだけなのに妙に俺は嬉しくて。一人暮らしの時の公演時なんて、家事が一切出 [続きを読む]
  • ノイズゲート小屋入り。
  • さて、昨日で舞台の稽古が終了し今日は小屋入り(劇場入り)です。今回は、舞台美術というか舞台アート?な仕様になっており、僕らはアートな空間の中でお芝居をするわけで…普通の舞台装置と違うので仕込みは何にも手出しができず。。なので楽屋作りして〜楽屋に篭っております衣装が決まったのでアップします。こんな感じ?さて、佐々木は何屋さんなんでしょう??台詞が少ないのに舞台上には常にいるんだよね。どれくらいいる [続きを読む]
  • 推定恋愛+ vol.2。
  • 今回のプロデューサーであり演出の千代將太とは去年の秋に出会った。10月に行われた佐々木脚本&出演の舞台を知り合い繋がりで観に来てくれていた。終演後の飲み屋で初めてグラスを傾けたわけだがどっかで見たことある…と思ったら、子役からやってる俳優さんでした(笑)詳しくはググってね。そんな千代將太に年明け飲みに誘われた。今時珍しい熱い漢で(笑)あたしゃその熱に感化されてその場で出演をOKしてしまったのさ。朗読劇 [続きを読む]
  • ノイズゲート。
  • 主催の福ちゃんとは顔見知り歴は長いのだが(7〜8年?)一緒に芝居をするのは今回が初めて。前々から酷く役者佐々木を気に入ってくれてたようで…今回口説きに口説かれ出演する流れになった。考えてみれば、いち役者で出演するの久々かも?作家でもなく演出でもなく企画でもなく…ただ単の役者佐々木です(笑)どう調理されるか俺も楽しみ〜今までの佐々木にはないテイストの舞台になること間違いなしです。ちょっと苦手で今まで [続きを読む]
  • 崖の下の佐々木家。
  • 先週末、長兄一家の引越しも無事に終わり東京へ戻る前に実家に立ち寄った。ゆっくり休めると思いきや…網戸の張り替えと蛍光灯の交換。パソコンデスクの購入と配線処理。外水道のホースを伸ばしたいとの要望でロングホースの購入と取り付け…うぇーい!長兄にとって末弟は何でも屋あるなら、父母にとっても三男は何でも屋であるわけだな。。日曜日の盛岡は綺麗に晴れ渡っており、北上川の向こうに岩手山がたたずむ姿がとても眩し [続きを読む]
  • 助言。
  • モデルや役者がやりたくて勤めていた銀行を辞めたという二十代前半の男の子と話す機会があった。何かアドバイスをください!って言われてもな…この歳で売れてないわけだから、俺なんか反面教師以外の何者でもなくて…なんでもいいんです!なにか!しばらく考えて出てきた答えは「いい女(嫁)を捕まえなさい」だった。なんでそこに行き着いたかは俺もよくわからん。でも一人じゃできないんだよなぁ…もう。。と、思ったりする。 [続きを読む]