季山 さん プロフィール

  •  
季山さん: 健康・シニア・老いのこと
ハンドル名季山 さん
ブログタイトル健康・シニア・老いのこと
ブログURLhttp://xn--n8jzuh29e87lqi3b.seesaa.net/
サイト紹介文健康・シニア・老いのことについて話して参ります。
自由文後半生を豊かに快適に暮らすためのヒントとなるような話をしてまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2007/07/01 12:46

季山 さんのブログ記事

  • 自然な気持ちで生きる
  • 自然な気持ちで生きることが健康の秘訣です。食べ物は少食にする。食を慎むこと。年齢に合ったものを出来るだけ食べるようにすること。足を丈夫にするために、毎日、部屋の中や外を出来るだけ歩くようにすること。睡眠も充分とること。どうでもいいことをくよくよ考えないことです。毎日を自然に、自分の年齢に合った、無理のない生活をする。年齢相応の暮らしをすることは大切です。 [続きを読む]
  • 良い言葉だけかけてあげる
  • 不思議なことですが、夫婦でも友だちでも、人間はその相手の思っている通りに、相手のふだん口にしている通りの人間になる傾向があるものです。だから、自分に対して悪いイメージを与えることをよく口にする人とはあまり付き合わないほうがいいし、自分も誰に対しても相手の人が心地よくなりうれしくなれるような言葉だけを選んで口にするようにしなければなりません。言葉や頭に描くイメージはとても強い力を持っているので、その [続きを読む]
  • オシャレをする
  • オシャレをする、あるいは気持ちよく身じまいをすることは、生きて行く上の、生き甲斐でもあります。ちょっと大げさに言うと、人としての義務でもあります。オシャレは自分のためにだけするのではなく、半分以上は、自分に接する人たちの目に、気持ちよく映るように、と思ってするのだからです。年をとって、家にいることが多くなると、身じまいに無頓着になってしまいオシャレなんか気にもとめなくなってしまいがちです。そうする [続きを読む]
  • 死は、幸、不幸という対象にはならない
  • 病気や事故が不幸と思っている人が多いかもしれませんが、それらは自分の魂の成長に、必要なこととして起こっているのです。よく、死ぬことを「不幸にあう」という人がいます。宝くじに当たる人がいて、当たらない人がいる。ふぐに当たる人がいて、当たらない人もいる。車に当たる人がいて、当たらない人がいる。当たる人、当たらない人を、「ついてる人」「ついてない人」、「幸運な人」「不運な人」と一般的に分けることができま [続きを読む]
  • 強く思っていることや心配していることは現実になる
  • 今、何か心配していることや悩みがあって、それがどうなるのか不安でたまらないのであれば、それを心配すればするほど現実になります。「人に対しての嫉妬、ねたみ、恨み、陥れようとする感情、悪口、噂」などは「マイナスの感情」だとわかっていても、「心配する」と言う行いもそれと同じだとわかっている人は、意外と少ないようです。誰かのためを思って心配したり、何かをうまくいかせるために心配するというのは、一見よいこと [続きを読む]
  • 初めは小さな悪いことで「お知らせ」が来ます
  • 大事なことを、どの時点で気づくことができるかは、人によって違います。日常生活のささいなことから気づく人もいれば、人生がひっくり返るような大きなことが起こらないと気づけない人もいます。たとえば、病気は、体や精神が無理をしている「お知らせ」です。大病をしてからようやく「体をいたわらなくてはいけない!自分の生活を見直さなくてはいけない!健康でなければなにもできない!」と気づく人と、「ちょっと体調が悪い」 [続きを読む]
  • 「足るを知る」心を持つ
  • お金は幸せを得るために不可欠な道具ですが、幸せを維持するにはお金との「距離感」が必要です。あなたが今、ぜいたくできる境遇にあるなら臆さずどんどんぜいたくすればいいでしょう。でも、何かの拍子にぜいたくができなくなっても、平然とその環境を愉しめる人間でありたいものです。夕食のおかずがステーキからメザシに変わっても、それをおいしいと思えるのが健全で理想的な金銭感覚です。一方で、ぜいたくできるのにしないの [続きを読む]
  • 真の幸福は現在感謝すること
  • 現在生きていられることを感謝することに心を振り向けましょう。するとそうした心がけそれ自体が、幸福を招いている原動力となるのです。自分のまわりには、自分の心の状態と全く同じことがやってくるものですから、現在の自分の状況に、「ありがたいなあ」と満足して心から感謝すると、また感謝できるような嬉しいことが現実にやってくるということです。感謝することは、結局は自分の幸せを増やしていることになります。自分の毎 [続きを読む]
  • 子供に感謝されたなら、親はもっと、してあげたくなる
  • 親子の関係というのは、神と人間の関係に似ています。親は子どもに無償で無限の愛情を注ぎます。しかし、何かをしたときに、子の側に「親が子にするのは当然だ」という態度が見えたとき、多くの親は悲しい思いをします。神は人に対し、ただひたすら与え続け、「してあげるだけ」の存在なのではないでしょうか。未熟な私たちにはそれがわからないだけかもしれません。神の目から見れば、私たち人間は、赤子、あるいは乳幼児です。ど [続きを読む]
  • 笑顔が笑顔を連れて来る
  • 「こんなに大変なことがあって苦労ばかりなのに、どうして感謝なんかできようか」と言う人がいますが、それは逆なのです。笑顔にならず、愚痴や泣き言ばかり言っているからそういう現象が次々に起こる、というのが宇宙の構造のようです。愚痴や泣き言の多い人ほど、面倒な現象に見舞われているようです。本人はそういう現象が多いから愚痴や泣き言を言っていると思っていますが、実際にはその逆で、愚痴や泣き言が多いから、そのよ [続きを読む]
  • 過去のすべてに感謝する
  • 人生は「ドミノ倒し」に似ています。ドミノ倒しのように、ひとつひとつの出来事が起きて「私」の人生が続いていき、最後のひとつがパタッと倒れて、一生を終えます。今、私たちがここに存在しているということは、後ろ(過去)のドミノがすべて順番に倒れてきたということです。もし、どれかひとつでも欠けていれば、今の「私」は存在していません。ドミノのひとつひとつがその時点での結果になっていると同時に、次のドミノを倒す [続きを読む]
  • 毅然として居ること
  • 肉体的苦痛や精神的苦悩は、なるべく人に洩らさぬこと・・・。人に病苦や不幸を漏らして慰めてもらおうという根性は、甘くて女々しいことだと心得ておくべきです。不満や愚痴も言えば言うほどその悪循環から抜け出せなくなるものです。この世は焦点を合わせるものが拡大し強調されます。決して悪いもの不安なことに焦点(意識)を合わせないことです。 [続きを読む]
  • 今を楽しめるから、将来も楽しめる
  • 将来に備えるのはいいでしょう、けれど貯蓄や倹約が過ぎると、生活から楽しみがすっかり消えてしまいます。これではせっかくの人生があまりにも味気ないものになってしまいます。いくら切り詰めて貯め込んでも、人生、どこで何があるかわかりません。貯め込んだお金を使う前に死んでしまったら、「何のために遊びもしないで・・・」と後悔するに決まっています。理想は、ほどほどに将来に備え、今もそれなりに楽しむことでしょう。 [続きを読む]
  • 自分のしたいことをすること
  • 自分をかわいがっていますか?子どもや夫(妻)を思うように、愛情をそそいでいますか?忙しいからと言って食事をおろそかにしたり、身のまわりのことを投げやりにしたりしていませんか?自分が一人でいるときにどれだけ自分に手をかけられるかは、自分を大切にしているかどうかのバロメーターです。ボサボサの髪をとかし、伸びていたツメの手入れをしましょう。そういうことをすればするほど、心の中は豊かになっていくはずです。 [続きを読む]
  • 定年後、お金を増やそうなどとは考えないこと
  • 人生とは無常なもの、先のことなど心配したところで、明日ポックリ逝くかもしれません。あるかどうかもわからない五年先、十年先のことを心配するより、今日を大事にしたほうがいいのです。幸福は山の頂にだけあるわけではありません。麓(ふもと)にだってちゃんとあります。だから、お金のある生活を羨み、我が身を嘆く必要などありません。お金というのは、あるならあるなりに、ないならないなりに付き合えば、それなりに幸せな [続きを読む]
  • 与える側の言葉を使いましょう
  • 運を良くしたいのなら、人に依存しないで自立していることが、大前提になります。依存から抜け出すときに、一番簡単なのは、「与える自分」になることです。もらうことよりも、あげることに意義を見出せるように意識を変えるのです。そのために、言葉づかいも変えましょう。今まで、「OOして欲しい」、「どうしてOOしてくれないの」と言ってばかりいた人はいませんか?そんな人は、今日から人を頼ることをやめましょう。寒い部 [続きを読む]
  • 言葉ひとつで人生が変わります
  • 言葉が私たちの生活に与える影響というのは、私たちが考えるよりもずっと大きいものです。誰に対して発した言葉でも、必ずその意味は言葉を使った本人に戻って(返って)きて、その人の生活に影響を与えます。自分がいい気分になれる言葉を使っていると、その言葉が耳から入ってくるために、心がポジティブになってツキを呼び込むのです。逆に、人の悪口を言ったり、噂話ばかりしたりしていると、「キライ」「ムカつく」「イヤだ」 [続きを読む]
  • 感謝できる人は幸せになれる
  • 人は、人から感謝されると嬉しくなる生き物です。このことを逆から考えると、こちらから誰かに感謝の言葉を伝えれば、私たちもその相手を幸せな気分にさせられることがわかります。「情けは人の為ならず」という諺にもあるように、人を喜ばせるとめぐりめぐって自分のもとに返ってくることは、昔からよく言われています。つまり、私たちも人に感謝の気持ちを伝えることで、最終的には自分自身が幸せになれるのです。自分の身に起き [続きを読む]
  • 人に施すことで心のバランスを取り戻す
  • 人間は自分のことばかり考えていると、不思議と身体はバランスを崩してしまうらしいのです。自分から、他人の方へ意識を向けていくと、つまり、利己主義から利他主義へと転換させていくと、心身のバランスがとれ、神経やホルモンのバランスが良くなり、自然治癒力が増してきて、病気も治ってしまいます。これは、言い換えれば、心にプラスのパワーをためたことの効果です。相手に喜びを与え、奉仕精神のある人ほど、病気になりにく [続きを読む]
  • ほめ上手な人にツキは集まる
  • 良い人間関係は、良いツキを運んできます。では、良い人間関係ってどんなものなのでしょうか。それは、自分の心をポジティブにしてくれるような人たちと付き合うということです。一緒にいて楽しいと思える人と付き合うことは、自分の運を良くするために、とても大切なことです。この人と仲良くなりたい、と思う人と仲良くなるためには、その人をほめることです。たいていの人はほめられるとうれしそうな顔をします。「あなたといる [続きを読む]
  • 状況は全て受け止め方次第で良い方に向かう
  • どんな出来事も、受け止め方次第で、どうにでも変ります。ツイている人は、必ずものごとの良い方を見ようとします。ときには驚くほど、都合の良いように考えられるものです。 人になんと言われてもいいのです。あなたは、あなたが一番ハッピーになれる受け止め方をしましょう。少しくらいこじつけたっていいのです。あなたがいつも笑顔でいられることが大事なのです。 ものごとを良く受け止めるクセがつくと、人生が楽しくなってき [続きを読む]
  • 人事を尽くして天命を待つ
  • 思うようにならないときは、余計な心配をせず、自然の流れに任せてみましょう。「天命」とは、天が決める自分には変えられない「命令」ではありません。私たちの物事がうまくいく方へ流れるように力を貸してくれる、見えない力のようなものです。その人のレベルにあった「天命」というパワーが力を貸してくれます。一生、悪い時期が続くことはありません。物事がうまくいかない時は、ごり押しして、作為的に手をまわして頑張る必要 [続きを読む]
  • 微笑みで不機嫌を追い出しましょう
  • ほほ笑みは気分がおだやかな時、心にゆとりがある時などに生じます。気分がムシャクシャしたりクサクサしたりして、機嫌が悪い時には生じません。ほほ笑みを無理してでも浮かべるように試していると、悪い機嫌が良くなってきます。ほほ笑みは、人と人との間の潤滑油です。交わすと自然になごやかな雰囲気が醸し出されます。「感じの悪いイヤな人だな」と思っても、ほほ笑んで接すると、案外、いい人だったという場合も少なくありま [続きを読む]
  • 凛とした気骨を持って生きましょう
  • ちっぽけな智、稚拙な情、つまらない意地は超越して、もっと円熟した精神の高みに登りましょう。事なかれ主義のような暮らし方はしないこと。平穏無事を最善とし、そのためなら何にでも妥協し同調し迎合する生活態度はとらないこと。いつもニコニコ、ヘラヘラばかりしてはいない。本来の自己というシャンとした気骨をもった個体の生き方を貫きましょう。 [続きを読む]
  • 一生を多忙のうちに終わるのは幸せか?
  • シニア期は二度とやってきません。この時期には悠々閑々、清遊逸楽すべきではないでしょうか。「いのち短し、恋せよ乙女」も実相でしょうが、「シニアも楽しめ」です。本当に働いて稼がないと食べていけないのか、生活を抜本的に検討・吟味すること。働くなら、その中に楽しい感じか、または社会や人の役に立っているなど満足感か、そのどちらかが含まれるものとすること。とはいえ、働かなくても済むなら、シニアは、手遅れになら [続きを読む]