最板好男 さん プロフィール

  •  
最板好男さん: バンクーバー「風車小屋便り」
ハンドル名最板好男 さん
ブログタイトルバンクーバー「風車小屋便り」
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/
サイト紹介文日本のマスコミで伝わりにくい現地の実態を体制に饗応せず報道
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供331回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2007/07/03 05:39

最板好男 さんのブログ記事

  • 清宮の母校・早実は彼のような多才人を育てる理想的高校
  • 「早実の清宮は文武両道のスーパースター」の続き https://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/64681104.html早実は1901年に大隈重信が創立したが、早大の付属校ではなく、別法人の系属校だ。かつては商業科もあり、「街の商店や自営業者の息子のほか、アジア出身で外国籍の生徒もいた。庶民的な学校だった」(早実OB)。タレントのテリー伊藤氏、音楽プロデューサーの小室哲哉氏、「ゾゾタウン」のスタートトゥデイ創業者の前 [続きを読む]
  • 早実の清宮は文武両道のスーパースター
  • プロもアマチュアも低迷が続く野球界。視聴率は巨人戦でも一けた台が常態化、高校野球もそれよりましと言え、対して変わりのない低落差だ。そんな中唯一の光明となっているのが清宮現象のようだ。荒木、斎藤と特大スターを出してきた早稲田実業高校が新たに生み出した稀代の選手が清宮という17歳の少年だ。だが早実はスポーツ選手がだれでもはいれるような低レベルの学校ではない。全国でも屈指の高い偏差値を誇る高校だ。ならば [続きを読む]
  • 加計学園事件での官僚の弁明テクニック解明
  • 「国連事務総長は安部首相にそんなことを語っていなかった」https://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/64678374.html  の続き文書(5)(「総理のご意向」)についても、ほぼ丸々文書(1)の書き方をコピペしてダブル否定している。内閣府はこの書き方はなかなか使えると思っているからだ。 文書(9)(「官邸の最高レベル」)についても、まず全員が文書を見たことがないと回答したという書き方を踏襲している。(1)、(5)、(9)と冒 [続きを読む]
  • 国連事務総長は安部首相にそんなことを語っていなかった
  • 「外務省は国連事務総長の言葉を意図的に誤訳して「共謀罪」への勧告を骨抜きにして日本に伝えた https://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/64677365.html」より続く一方、この一件を「外務省は完全に官邸に乗っ取られ、もはや崩壊寸前にある証拠」とみるのは前出の天木氏だ。「いやしくも外務省で外交に関わる人間が、国連や国際社会を相手にこれほどレベルの低い情報操作をやるなど、普通はプライドが許さない。外務省が官 [続きを読む]
  • 共謀罪成立に対する国連の是正勧告を安倍政権が無視した方法
  • 過日、自民・公明・日本維新により強引に成立した「共謀罪」法案(組織犯罪処罰法改正案)だが、周知のようにそれ以前にこの法の異常さを気付いた国連関係者団体より是正勧告が出ていた。しかし安倍政権はメディアを使ってこの問題を悪質に瞞着し、強行採決に踏み切った。以下その安倍政権の国連是正に対する瞞着方法を検証してみたい。 国連の人権理事会から任命された特別報告者、ジョセフ・カナタチ氏が、安倍首相宛ての「公開 [続きを読む]
  • この一週間のニュース・レビュー
  • 以下この一週間に起きた注目すべきニュースより国会で共謀罪法案を成立させる上で加計学園を「解決」することが官邸と警察の利益になったということだ。警察にはマスコミ(サツ回り)という強力な武器がある。共謀罪なんか使わなくても、警察は万引きや痴漢だけで地位ある人を社会的に葬れるのだ。アゴラ 池田 信夫 6・15 共謀罪制定を強行した国会騒動。加計学園問題や森友学園問題など様々な問題を抱える自公政権がここま [続きを読む]
  • 加計学園事件でNHKも安部政権を忖度(そんたく)していた
  • NHKニュースを見ている人ならば、その内容が時としてあまりにも偏向的で恣意的な感じを受けられている方も多いことだろう。何せ内外で深刻な事件が発生仕手いるようなときでも「世界が注目動物動画」とか食い意地(グルメ)の特集、はてはどうでもいいローカルな小さな祭りの報道とかが頻繁に報道されているからだ。この結果がかつてフランスのメディアに紹介された原発反対運動を一切報道しなかったというような偏頗な報道になっ [続きを読む]
  • 痴漢冤罪保険はここまであてにならない保険
  •  「痴漢冤罪になりそうになった時のベストな対応」 https://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/64670764.html の続きそれでは弁護士たちが痴漢冤罪になった時の最後の切り札もしくは最上の策と主張している俗称「痴漢冤罪保険」とはいったいどのようなものなのだろうか。以下は弁護士のウエブサイトに掲載されている同保険の説明より;特典1 痴漢冤罪ヘルプコール(無料)痴漢に間違われた場合、すぐに弁護士にヘルプコー [続きを読む]
  • 痴漢冤罪になりそうになった時のベストな対応
  • 当ブログではこれまで様々な観点から現在東京の電車内で多発する痴漢冤罪問題について考察してきた。ここでおさらいの意味をこめてこの問題に詳しい高崎俊弁護士による冤罪対処法とその注意点についての見解を見てみよう。「痴漢疑惑は非常に厄介で、最悪、逮捕・勾留された揚げ句の起訴も十分ありえます。起訴された場合は無罪を勝ち取るのはとても難しい。初動対応次第で、その後の展開が大きく変わる可能性があります」 身に覚 [続きを読む]
  • 日本がイラクに勝てなかった最大の要因は中東の笛
  • 昨日のサッカー・ワールドカップ予選の日本・イラク戦の引き分けという結果について、案の定、各種メディアおよび、それに篭絡された浅学菲才の自称サッカーファンの連中から日本代表および監督に対するバッシングが方々から出ている。しかるにそれらのほとんどは重要な点を見過ごしている。日本が終始優勢でありながら勝てなかった最大の理由は、イラク側の常軌を逸したようなラフプレーの連続であり、それらを看過してレッドはお [続きを読む]
  • 警察とTBSとの癒着問題 & 日本の教育委員会はここまで病んでいた
  • 「NHKが記者クラブで政府批判記者の取材妨害をしている現実」 https://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/64664949.htmlでは、マスコミと政治家の癒着についてみてきたが、今回は警察とマスコミの癒着について注目してみたい。 警察は、知られざる巨大権力である。警察庁は4万人の小さな役所だが、都道府県の警察本部には合計26万人の警察官がいる。合わせて30万人という規模は自衛隊を上回り、霞が関の中央官庁全体にほぼ匹 [続きを読む]
  • NHKが記者クラブで政府批判記者の取材妨害をしている現実
  •   「国連特別報告者の「メディア独立性」報告を無視したNHKや大手マスコミ」 https://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/64664041.htmlの続き基本リリースや、会見で大臣がどういうことを述べたかということ、つまりは当局が伝えたいことを伝えるのがお仕事です。間違ってもぼくのように防衛省が納税者に伝えたくないことをしつこく聞くことはしません。「大臣、沖縄の感情をどう思われますか」とか無難な情緒を聞いたりしま [続きを読む]
  • 国連特別報告者の「メディア独立性」報告を無視したNHKや大手マスコミ
  • 「安倍政権と大手マスコミとの癒着」 https://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/64663120.html の続き昨日の記事では、いかに日本の記者クラブが政権を忖度する集団であるかに踏み込んだが、本日は軍事ジャーナリストの第一人者である清谷 信一氏の記事を通して、さらに具体的に日本の記者クラブが政府の御用機関に成り下がり、健全なジャーナリズムとして機能していないかをみてみよう。記者クラブ加盟の新聞、テレビは情報 [続きを読む]
  • 安倍政権と大手マスコミとの癒着
  • 昨日の記事でふれた如く、安倍政権の外交は国益を損なう失態が多いわけだが、国内でも大手メディアと通じてやりたい放題の感がある。以下その実態より。加計学園の獣医学部新設に「総理のご意向」が働いたという話を文部科学省の前川喜平・前事務次官が明かしたところ、彼が「出会い系バー」に通っていたという話が出てきた。さらに準強姦事件で「安倍側近」の元TBS記者の逮捕状を警察が押さえたという話が出てきた。どっちも事件 [続きを読む]
  • 対韓と対米政策でわかる 日本の低レベルな外交力
  • 過日以下のニュースをみて日本の外務省にまた失望を感じた方も多かったことであろう。韓国の極左、文在寅(ムン・ジェイン)政権が本性を現した。2015年の慰安婦問題をめぐる日韓合意について、外務省報道官が1日、「合意を韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられないという現実を認め、韓日両国が共同で努力し、問題を賢く克服していくことを韓国政府は希望している」と言い放ったのだ。決着した問題を蒸し返し、国家間の合 [続きを読む]
  • ブログ創設12周年記念
  • 閲覧者の皆様2005年6月5日、つまり今からちょうど12年前の今日、当ブログは産声を上げました。開設当初ここまで長期間にわたって運営できるとは想像だにしていませんでしたが、寿命が短いといわれるSNSの中でかくも長く続けてこられたのもひとえに友達をはじめとする閲覧者の皆様のご愛顧の賜物ゆえここに衷心厚く御礼申し上げます。おかげさまをもって今では訪問者数も78万件近く、またコメント数も5万6千件を超え、 [続きを読む]
  • 山本太郎 国士無双の政治家 
  • 現在の日本の政治家の中で最も信頼できる政治家を一人上げろと言われたら、私は山本太郎氏を上げるだろう。本来なら小沢一郎といいたいところだが、官僚の策謀によるマスコミ大バッシングの後、篭絡されてしまった国民からかつてのような支持を集めるのが難儀なうえ、高齢ということもあり消去法でそのような選択をしている。山本太郎氏のプロフィールは以下のとおり2011年3月11日に発生した東日本大震災の後、4月より反原発活 [続きを読む]
  • 言いたいことが言えない人のためのブログ
  • 格差社会が日本でも成立しつつある(とはいえ72年前までの日本は今よりもずっと乖離ある格差社会だったが)。 こうした社会で注目されるのは経済弱者と呼ばれる人たちだが、格差における弱者とは社会のいたるところでも散見する。 それはただ単に経済分野にとどまらず、地位、教養、人脈、知識などありとあらゆる領域で当てはまるからだ。 さて今回その中でも取り上げてみたいのは表現力弱者という層についてだ。 [続きを読む]
  • 痴漢冤罪のため線路逃走がこれからもなくならない理由
  • [痴漢冤罪をでっちあげる女たちの手口] https://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/64654593.html の続きもちろん、駅員室に行って駅員や警察官から学校名や名前を聞かれても、堂々と生徒手帳を見せる。これで大人はすっかり女子高生たちの言うことを信じてしまう。大人は名門校の女子生徒には甘いのだ。そして警察も検察も裁判官も、そんな大人の信頼厚い女子高生たちが言うことを、「信頼できる第三者の証言」として取り扱う [続きを読む]
  • 痴漢冤罪をでっちあげる女たちの手口
  • 「弁護士が勧める痴漢冤罪対策は現実離れしている」 https://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/64653554.html でふれた如く、弁護士でさえ痴漢冤罪に対しては、弁護士を駅に呼ぶこと以外に有効な対処策を打ち出していない。しかしそれとてどこまで有効かはなはだ疑問だ(この点については明日の記事で検証する)。実際これまでマスコミに見解を述べてきた複数の弁護士ですら実際の対応を問われると「両手を何かに使っているよ [続きを読む]