ヒゲジジイ さん プロフィール

  •  
ヒゲジジイさん: 山口県下関市の漢方薬局『村田漢方堂薬局』の近況報告
ハンドル名ヒゲジジイ さん
ブログタイトル山口県下関市の漢方薬局『村田漢方堂薬局』の近況報告
ブログURLhttp://murata-kanpo.seesaa.net/
サイト紹介文頑固な慢性疾患やアトピーの漢方相談および悪性腫瘍・進行癌・ステージ4の各種転移癌の漢方サポート
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供214回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2007/07/08 16:33

ヒゲジジイ さんのブログ記事

  • 仕事上、パソコンは必須だが・・・
  • 2008年9月21日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ ブログやホームページの制作や更新にパソコンは必需品であることは言うまでもないが、日々の仕事では、村田漢方堂薬局の漢方利用者とのメール交信こそ、最も頻繁なので、職場だけでなく、自宅の各部屋に常備している。 使用しているのはもっぱらノートPCばかりで、中でも最も頻繁に使用するタイプは13.3インチで、しかも特筆すべきはここ数年以上、中古しか買わ [続きを読む]
  • 地獄の4日間が始まる
  • 2008年10月19日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ 今週は前後に連休を挟むので、その皺寄せで、恐らく地獄の4日間が待ち受けている。 見かけによらず、かなり神経を消耗し尽くす仕事だから、ますます無い頭を消耗して、週末には出し殻となることだろう。 実に因果な仕事である(苦笑。1日1回、今日も応援の をお願いします2009年10月19日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ [続きを読む]
  • タイミングが悪く、うっかりミスをやるところだった!
  • 2010年9月12日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母 午後2時半、ようやく発送業務も終わったところで、当日発送可能なギリギリの時間帯に、さらに電話とメール、それぞれで発送依頼が2件。慌ただしく伝票発行と荷造りの最中に、新規相談者があり、続いてさらにまた新規相談者が連続、入れ替わるように来られる。 これが予約制でないことの困った問題だが、予約制にすると、数十年来の常連さんたちが気軽に来れ [続きを読む]
  • 最近の新規相談者の半数以上は、まだ機が熟してないので、お断りせざるを得ない
  • 2009年9月10日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母 今年は明らかな傾向として、突然遠方から来られる人の中にも、あるいは県内の新規相談者の中にも、あるいはメールや電話で問い合わせる人の中にも、まだ機が熟してない人達が多い。 遠来者の中には、複雑な症状を抱えながらも一度来られただけで、ピントがしっかり合うまで通うつもりがなかった人達には、話が違うので、こちらでネットで調べて、適当と思われ [続きを読む]
  • 皆が心配して待ってくれていた
  • 2012年9月7日の茶トラのボクチン(8歳)とクロちゃん(2歳) posted by (C)ヒゲジジイ 6日の早朝近くまで、対サウジアラビアのサッカー観戦の間に、こってり系の豚骨ラーメンを満腹食べたのが影響して、日本の敗戦後に、腸管に溜まっていた内容物の排泄にトイレへ駆け込む。 スッキリした気分でトイレを出ると、いつもながら、3匹の猫ちゃんたちが、心配顔で戸口に並んで待ってくれていた。 明け方の、ほんの小さな出来事ながら [続きを読む]
  • どっちもどっち
  • 2009年8月29日病床の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母 ブログの更新を忘れていると、心配される人がほんの少数!おられるので敢えて書く本日の内容。 最近、大場大医師の書かれた癌関連の本を複数目を通しているが、癌治療否定であまりにも有名な近藤誠医師と真逆な内容。 それぞれ、どうしてこうも極端に走るのか!? と呆れ果てるばかり。 それぞれの言い分は、それぞれに半分は正しいが、半分は俄かには [続きを読む]
  • 遠志(オンジ)は、ほんとうに「中年以降の物忘れ」に有効か?
  • 2010年8月28日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ 昨今、各社から遠志(オンジ)エキス製剤が、第3類医薬品として、宣伝・販売されるようになったが、効能・効果に記されているように、中年期以降の物忘れの改善が得られるものだろうか? またまたヒゲジジイが水を差すようなブログを書いているなどと、顰蹙を買い兼ねないことは覚悟の上、敢えて疑問を呈するには理由がある。 数十年前に、一世を風靡した中草 [続きを読む]
  • 残念ながらお断りせざるを得ない典型的なお問合せの事例
  • 2010年8月24日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)【 年 代 】:50〜59歳の女性【 地 域 】:中国地方【 具体的なご職業 】:夜勤が週2日有り【 お問い合せ内容 】: 息子(2◎歳)は、2年前に、皮膚の異常(乾燥でかゆくなり、かきこわす)で皮膚科を受診し、ステロイドによる治療を約半年続けました。治っては悪化するの繰り [続きを読む]
  • 故張瓏英先生の著作物についてのご質問など
  • 2010年8月23日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)【 年 代 】:40〜49歳の女性【 地 域 】:近畿地方【 具体的なご職業 】:真宗僧侶【 お問い合せ内容 】: 漢方薬のことではないのですが・・ Amazonの張瓏英先生著『中医学基礎編』や『臨床中医学各論』の“茶トラのボクチン”名のレビューを書かれたのは、村田薬剤師さんで [続きを読む]
  • 乳癌の手術前後から漢方サポートを10〜15年以上、続けている人達
  • 2010年8月21日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母 本日も補充購入に来られた人のように、乳癌で手術後、すでに10年以上再発はみられず、大きな区切りを過ぎている人たちでも、漢方サポートの服用頻度は減っているとはいえ、根気よく継続されている人もおられる。 乳癌の漢方サポートを求めて来られた人達の中には、ヒゲジジイのように?かなりナイーブな人も多かったので、詳しい病期や手術内容を詳しく聞けなかった [続きを読む]
  • 手術前から漢方薬類で体調を整える人達
  • 2014年8月17日のスコちゃん(1歳半) posted by (C)ボクチンの母 手術前から漢方薬を利用される人が多い昨今だが、今月初旬にも、10時間に及ぶ手術で、輸血せずに済んで、術後の回復もすこぶる順調。 40代の若さとはいえ、1年半前に診断が下った時には既に肝臓などに転移がみられ、手術不能なはずだった。 抗がん剤と多種類の漢方サポートで、昨年末までには転移巣も原発巣もすべて消滅して、体調はすこぶる順調だったが、い [続きを読む]
  • 唐辛子関連食品の過食が続いて
  • 2009年8月17日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母 お盆の連休前には、毎年決まったように、一時帰郷した人達が、西洋医学で治らなくなっているご両親達の漢方相談の問い合わせがあるが、今年もすべてお断りした。本人自身の強い意志と意欲と理解力のある条件が揃わないだけに、到底お受けすることはできない。 ましてや、昨今、仕事量が増え過ぎないように抑制気味なので、たまの一時帰郷時の人達には付き合っ [続きを読む]
  • 牛黄製剤だけでは体力・気力がもたなくなっていたので
  • 2009年7月4日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母 昨今の猛暑に、多くの人達が、各種の牛黄製剤で救われていると感謝される毎日だが、当のヒゲジジイは、とうとう牛黄製剤だけでは、体力・気力がもたなくなっていた。 昨年までの心身ともにハードな日々に、とうとう今年になって体力的にもたなくなって、数十年来継続している高濃度の牛黄製剤を1日3〜4回の服用でも、限界を感じ始めていた。 そこで、ステー [続きを読む]
  • 進行癌や転移癌による疼痛に対する漢方薬や中草薬類の軽減効果
  • 2010年7月24日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母 皆がみな、というわけではないけれども、これまでの経験では十中八九は実現できている。 先日書いた乳癌の疼痛に関してもそうだが、本年相談を受けた大腸癌やスキルス胃癌による転移巣の疼痛の人達も、軽度の疼痛レベルだったからか、比較的即効だった。 かといって、特別な痛み止めの漢方薬を使うわけではない。 少しでも病巣が小さくなることを目指した配合である [続きを読む]
  • タバコばかり敵視される世の中だが、酒類はどうなのよっ!
  • 2010年7月22日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母 副題は『新規の転移癌漢方サポート相談中に疲れて、途中に「ちょっと一服」に呆れられ』とすべき、本日のブログ。 先日は、 昨年、肺に転移が多発していた人が、抗癌剤治療に多種類の漢方サポートを加えて、CTではすべて消滅して以来、今日に至るも画像上はまったく再発はみられないものの、腫瘍マーカーだけが徐々に上がっているので、自分のことは棚に上げ [続きを読む]