ときはいろ さん プロフィール

  •  
ときはいろさん: ときはいろ(トキワイロ)
ハンドル名ときはいろ さん
ブログタイトルときはいろ(トキワイロ)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tokiwairo
サイト紹介文築80年越の古家と大好きな庭での夫との二人暮らしを綴る。
自由文庭の草むしり、手縫いと手編みの小物作り、田舎風洋菓子作りをこよなく愛する。こだわりを捨てず、こだわり過ぎず、自分らしさを大切に…つまりマイペース。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2007/07/12 00:19

ときはいろ さんのブログ記事

  • スイカ
  • やっぱりね夏はスイカ、食べたいねってことで今年も1本だけ植えた黒小玉スイカ枯れそうになったりなかなか実がつかなかったりカラスにつつかれやしないか何かわからんけど動物に持っていかれはしないかそしていつ収穫したらいいのかいろいろあっ... [続きを読む]
  • 7月のウィステリア
  • 昨日は学生時代の友人たちと女子会(+夫)懐かしい話や近況報告楽しい時間に元気をもらい今日は朝から張り切ってお寺の大掃除へすっきりきれいになったお寺の境内に時季外れの藤の花蒸し暑い中でも涼やかに凛としてこの花母校の校章のモチーフあ... [続きを読む]
  • 大人の夕涼み・昔家編
  • 夕方になってもなかなか涼しくならない暑い暑い日北側の部屋にお膳を並べて冷酒で一献うすいえんどうと高野豆腐の冷たい茶碗蒸しにしょうがをきかせた出汁のジュレをのせてつるんといただきますがちっとも涼しくはない田舎の昔家が夏涼しいなんて... [続きを読む]
  • 文月の水無月
  • 連日の水無月最初に作ったのはいつものキビ砂糖入りで茶色くてそれはそれでいいかと思ったのだけどやっぱり白いのが食べたくなったのと小豆の蜜煮が余ってたのとちょっと配合と蒸し時間の違うレシピも試してみたくなってもう一回白玉粉と葛粉と小麦粉... [続きを読む]
  • 糠漬けさえあれば
  • 炊き立てごはんに糠漬けとお味噌汁毎年ダメにしてしまう糠床だが懲りずにまた新しい糠床を育てていくのも楽しいものだ袋を開けるたびに発酵の具合を香りで確認するのはわくわくするジップロック袋で水分少なめにしておけば閉じた袋をやさしく上下に返... [続きを読む]
  • 朝のスープ
  • いんげん、玉ねぎ、じゃがいも、大根、うすいえんどう、畑の野菜にベーコンを少し入れて味付けはハーブソルトと甘酒を少しそれぞれの野菜が味を出し合うやさしいスープパセリを浮かべてトーストとごはんにお味噌汁、のようにパンにスープ、を作ったら... [続きを読む]
  • 旧友来ル2 〜贅沢ランチ開宴〜
  • たくさんの包みを持って来てくれた友、二人三人で手際よく食卓に並べていくところからもう楽しくてわ〜!おいしそ〜!!まずはおもたせもののできたてほやほやほんのりあったかいお豆腐と湯葉にほっこり癒されこれまたおもたせもののお肉は鉄... [続きを読む]
  • 旧友来ル
  • 5年ぶりに来てくれることになった旧友畑の野菜でお昼ごはんを、と考えるあったあった5年前の献立メモ同じ月、同じ日に来てくれることにびっくりそしておんなじような献立を考えていた自分にあらららら収穫できる野菜が同じとはいえ成長してないわぁ〜... [続きを読む]
  • 5月のバラ・板塀の奥へ
  • アイスバーグ(氷山)別名はシュネーヴィッチェン(白雪姫)この白、この花びらの質感、葉の深い緑美しさと力強さ感じる白いバラアイスバーグ(左)よりもどーんと構えるツクシイバラ接ぎ木のハマナスの台木から伸びた枝を挿し木したものさすが台木に... [続きを読む]
  • 赤い実のジャム
  • そもそも甘いジャムが苦手になったのは子供の頃に食べたイチゴジャムもしくはジャムパンが原因なんじゃないかと思うただただ甘くて苺はどこへいったんだ・・・という感じで時は流れ低糖のジャムやコンフィチュールなるオシャレなものも登場透明感ある美し... [続きを読む]
  • 苺のマフィンとタルト再び
  • タルトに焼き込んだ苺がとってもおいしかったのでマフィンにも入れてみる苺フレーバーの紅茶が残ってたのも入れちゃおうほんのりあったかいマフィンはふわふわで苺のあま〜い香りでおいしい!うれしいことに今年は苺が豊作のようならばもう一回焼き込... [続きを読む]
  • イチゴ狩り
  • 無花果の木の下草の中からイチゴを探す草がイチゴを鳥から守り敷きワラのかわりに土除けにもなるだから、わざとなんですよ草ボーボーは・・・そんな訳でうっかりイチゴを踏んずけないように手はあっち、足はこっちと時に這いつくばりながら草むらをご... [続きを読む]
  • 忖度
  • 忖度、聞きなれない言葉だったが一時は流行語大賞になるのでは?と思うくらいよく耳にした「言われなくても察する、相手の気持ちを慮る」喜んでもらおうと気を利かせたつもりでもその曖昧さが時に人を煩わせ時に人を謀る人のこころに正解はない... [続きを読む]
  • 恋の季節
  • シロちゃんはべっぴんさんではないけど天真爛漫っていうのか縁側のカーテンを開けても気持ち良さそうに寝てるのですそんなシロちゃんを「起こさないでね」という感じでカーテンを開けた私の目をじっと見上げるのがチャイロちゃんなかなかハンサムで... [続きを読む]
  • サラダが嬉しい季節
  • 新玉ねぎにレタスいろいろまだポツポツとスティックブロッコリーに待ってました、豆!絹さやとスナップエンドウさっと茹でてあつあつをつまみ食いこれこれ!ほんとはこれが一番おいしいの!!新玉ねぎをスライスしてディルと酢を少々味付けはそれだ... [続きを読む]
  • 初夏の畑
  • 八十八夜も過ぎた畑じゃがいも、ソラマメ、玉ねぎ、エンドウ豆、レタス、葉ごぼう、大根などなど収穫するものはすくないけれどにぎやかになってきたやっと芽が出たにんじんにオカヒジキ小さな蕾がついてきたボイセンベリー冬を越え新芽を伸ばすハーブた... [続きを読む]
  • 豆の花盛り
  • ウスイエンドウとキヌサヤつるが伸びてこんがらがってしまった赤い花をたどってキヌサヤを先に収穫せねば!スナップエンドウは別のところに植えておいてよかった今年のソラマメはまだ背の低いうちから咲き出したので小さめかもしれないあ、そういや間... [続きを読む]