leesaito さん プロフィール

  •  
leesaitoさん: 美人薄命
ハンドル名leesaito さん
ブログタイトル美人薄命
ブログURLhttp://ameblo.jp/leesaito
サイト紹介文美は一瞬。それが命。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2007/07/12 09:56

leesaito さんのブログ記事

  • ジャイアントパンダ
  • ジャイアントパンダパンダの桜浜&桃浜最近、このパンダという動物に興味を注がれてきた。きっかけは近所の美人キャバ嬢がこの動物が好きだという単純な理由で。どれどれ、どんな動物だっけ?と何気に検索。この和歌山にある動物園の子供パンダが異常な可愛らしさを発揮している。この可愛らしさ、尋常ではない。この動くぬいぐるみの素朴な行動に可愛いというものかは何か?を改めて教えられた。この小動物の動きを見て、「可愛い [続きを読む]
  • シネマキネビュラ
  • シネマキネビュラシネマキネビュラ ライブ版YouTubeサーフィンをしていて温故知新シリーズに出会った。前にも、ちわきまゆみのレビューは書いたが、結構時間が経過されたので再び。エレクトリックロックというジャンルかどうかわからないが、シンセとカッティングギター、そして柔らかい女性ボーカル。ボーカルはスタイルがよく、キャッチーなメロディー。この曲を今のスタイルのいい女の子がカバーしてもまた売れるであろう。誰 [続きを読む]
  • Li-sa-X
  • Li-sa-X若干、12歳のプロギタリスト。YouTubeでは数々の素人ギタリストが自慢の腕前を世界に発信している。その中で日本の普通の女の子がギターを弾き倒しているのがこれ。ギターの方が大きいのではと心配をよそに、難解なフレーズを小さな手で奏でている姿は、運動会で我が子を見守る感覚に近い。一生懸命さと時々カメラ目線のあどけない可愛らしさが、彼女を応援したくなる。ヤングギターのインタビューでは「私は、練習して難 [続きを読む]
  • If There Is No Heaven
  • If There Is No Heaven2月8日の日本公演を観て以来、サトリーアーニの熱が冷めない。アルバムを聴き続けて行くと、こんないい曲もあったりと、新しい発見がある。タイトルの意味と音を想像させると新しい音楽を聴く感覚になる。この音はこのイメージであろうか?と。最近はテクニカル的には猛者も数多くいる。でも、心に届くフレーズはあまり聞かない。ランダムな音の羅列のような。音の数は確かにある、だけどそれがどうした?何 [続きを読む]
  • KaNaDe03
  • KaNaDe03久しぶりにKaNaDeのホームページを見ると、買おうと思っていたKaNaDe01wideが生産終了となり、ヴァージョンアップの商品KaNaDe03があった。説明をよく読むと既存のKaNaDe01を持ってる人は工賃4000円の追加でKaNaDe03にヴァージョンアップできる内容があった。早速、問い合わせてみると、KaNaDe01を送って頂けたら加工してKaNaDe03にするとのことであり、受け取り時に代引きで、工賃と送料費を払うとのことだった。早速、送 [続きを読む]
  • 不二咲凛
  • 不二咲凛神奈川県出身、26歳。今週の週刊プレイボーイに彼女のグラビアがあった。今週号は僕好みのおっぱい姉ちゃんのグラビアがあり、いつのまにか定価も400円となった投資を回収できる内容になっている。初期の感想は西村知美が巨乳になり戻ってきた印象がある。素人モデルなので、支持によりまたグラビアがあるかもと期待させる逸材ではある。週刊プレイボーイも読者になりうん十年の歳月が流れたが、こういったお色気姉ち [続きを読む]
  • 浅川梨奈
  • 浅川梨奈埼玉県出身、17歳。最近、写真集が発売された。驚きの17歳。完成された女性美に単純に息を飲む。身長は158cmと普通の女子高生だが、水着を着せると圧巻のボディが露わになる。胸に目が行くのは当然だが、ウェストラインの完成度にも、「なんじゃ、こりゃ!」となる。女性でないからわからないが、このくびれは普通に生活して勝手にくびれていくものであろうか?ほんと末恐ろしい女子高生である。完成形買おうかな? [続きを読む]
  • RaMu
  • RaMu埼玉県出身、19歳。期待のグラドル。ボーイッシュな雰囲気はあるが、水着を着せると映える。映像、写真は膨張して見えるので、実際はかなり細い。この類い稀なボディを持っていることに対し本人が気がつかないとこに、グラドルとしての魅力がある。もちろん、多少、自分はスタイルはいいと思っているであろうが、その思いの数十倍価値があることに気づいていない。雑誌の付録のDVDを見たが、「明るい」この底抜けの「明るさ [続きを読む]
  • joe satriani live
  • joe satriani live昨日、20年ぶりくらいで中野サンプラザに行き、ギタリスト、ジョー・サトリアーニのコンサートに行ってきた。ここではパットベネター、ナイトレンジャーなんかを観た覚えがある。四半世紀も前の記憶を呼び覚まし、現体験と追記する形となったが、古くなったとはいえ、立派なコンサートホールであった、中野サンプラザは。ほとんどぶっつけ本番で行くライブも今回は、ブルーレイを見直し、どの曲を演るのかと下 [続きを読む]
  • 2017全豪オープン終焉
  • フェデラーの復活優勝で終わった全豪オープン。久しぶりのグランドスラムとあり、見ごたえがあった。やはり、地球人最強テニスプレイヤーが集まる大会であり、その優勝賞金、規模、選手の顔ぶれなど、テニスの醍醐味を味わえる大会であると改めて感じた。日本の錦織も善戦したが、復活フェデラーの鋭角サーブとラケットタッチに沈んだ。第1セットを調子の上がらないフェデラーに食いつく錦織で、楽に第1セットを奪えるかと思いき [続きを読む]
  • 比嘉愛未
  • 比嘉愛未沖縄県出身、30歳。WOWOWのドラマ「本日は、お日柄もよく」で彼女を、ほぼ初めて知った。「お見事」としか言いようのない、まさにカモシカの脚線美に卒倒した。これほどまでに圧倒されたのは長澤まさみの脚以来か。長澤まさみの脚には健康的な長い脚線美があり、彼女の脚には、隙のない造形美的な脚線美がある。どちらも官能的ではあるが、より芸術的なのは彼女の脚のような気がする。この一時的なパニック美も何度も見 [続きを読む]
  • 錦織、ブリスベン優勝逃す!
  • ブリスベン国際 2016錦織がディミトロフを破り、今年のツアー初優勝を飾った。2回戦では若手ドナルドソンの追撃を振り切り、3回戦では母国開催トンプソンを全く寄せつけず撃破し準決勝では片手バックハンドの猛者ワウリンカを退いた。2回戦での苦戦が錦織の今回の強さを発揮する一つのきっかけになった。その怪我の功名のおかげで、精神的に緊張感を持ち、ナンバー4のワウリンカを僅差で寄り切った。ディミトロフも勢いのある [続きを読む]
  • 迎春、錦織辛勝
  • ブリスベン国際錦織が2017年、最初の試合を勝利でスタートした。105位の新人ドナルドソン相手に余裕で勝てるのかと見ていた。第1セット、4セット連取でこれは6−0圧勝になるかなと、若手の新人にトップ選手の洗礼を浴びせるのかと思いきや、第5ゲーム、30−0からの3ポイント目で流れが全く変わってしまった。まさかの6ゲーム連取され、第1セットを落としてしまう。リオ・オリンピックのナダルの第2セットに似ている。 [続きを読む]
  • 911テロ 15年目の真実
  • 911テロ/15年目の真実 【アメリカ1%寡頭権力】の狂ったシナリオ 《完ぺきだった世界洗脳》.../ヒカルランド¥1,999Amazon.co.jp2016年9月11日に行われたヒカルランドの講演を書籍として出された渾身作。911テロがアメリカの自作自演であることはだいぶ前に知っていたが、衝突した飛行機が窓のない軍用機で、ハイジャックされた一般の飛行機はどこに行った謎が明かされていた。また刺客(評論家)のそれぞれの見解切れ味もよく、 [続きを読む]
  • BABYMETAL 東京ドーム公演
  • BABYMETAL 東京ドーム公演9月に行われたBABYMETALの東京ドーム公演が昨日、WOWOWで放送された。翌日のブラックナイトは実際に現場に足を運んだので、その完成度を確認したが、この初日のレッドナイトは見てないのでどんなライブ風景に仕上がっているか、胸を躍らせた。結論から言うと、近年、これを超えるライブ映像はないのではないかというくらい素晴らしい内容になっている。超絶、絶景、ありえないと陳腐な形容詞しか思い浮か [続きを読む]
  • 馬場ふみか
  • 馬場ふみか新潟市出身、21歳。写真集が最近、発売された。ほとんど、衝動買いに近いものであったが、このところのグラビアアイドルでは三役クラスではある。天然の美肌色白が映える。基本、水着が多いので女性美サイン曲線を堪能したい方にはいいだろう。なかなかの作品に仕上がっている。馬場ふみかファースト写真集 色っぽょ/集英社¥2,484Amazon.co.jp [続きを読む]
  • 泉里香
  • 泉里香京都府出身、28歳。モデルからグラビアに展開できる希少な存在。鈴木ちなみの衝撃と同じものが彼女にはある。名前をうる覚えであったが、今日のヤングジャンプのグラビアで知名度を確実にした。僕の中では。馬場ふみか、石川恋、浅川梨奈などの新鋭グラビアアイドルを超える逸材かもしれない。久しぶりに衝撃。ヤングジャンプ 2016年 12/8 号 [雑誌]/集英社¥330Amazon.co.jpRIKA/角川春樹事務所¥1,512Amazon.co.jp [続きを読む]
  • The Day You Died
  • The Day You Died2008年の日本公演の模様だから8年前の映像となる。ライブは生の人間のエネルギー噴射であるから、それがオーディエンスを巻き込んで昇華すると凄いものになる時がある。駄作ライブと渾身ライブとその時によって同じアーチストでもあるかと思う。このライブは後者の方である。とにかく元気に凶暴になりたくなる自分が湧きあがってくる。このライブ映像から。たまにはいいのでは。タイランツ・オブ・ザ・ライジング [続きを読む]
  • 現代用語の基礎知識
  • 現代用語の基礎知識 大字版2017/自由国民社¥3,996Amazon.co.jp休みに本屋へ出かけた。オーディオ関連の本を購入するためであったが、何気に店内を徘徊していると二人の老夫婦がこの本を買おうか買うまいかという内容を小耳に挟んだ。毎年、この季節に発行されているのは気づいていたが、あえて買おうという衝動は起きなかった。同じ形態に「知恵蔵」というものもあったが今は廃刊か?内田樹氏が日本語のエキスパートの出現を待つ [続きを読む]
  • 祝 トランプ大統領
  • アメリカ大統領がトランプに決まった。勝って欲しいと切に願っていたが、実際のとこ、勝つのは難しいと思っていた。日本の茶番選挙と違って開票1%で当選確実となることもなく永遠と開票速報を追った。ヤフーが同時通訳付きのリアルタイムの映像を流してくれたおかげで、仕事に関わらず、それを見続けた。世界の潮流が変わる超重大選挙で、普段の仕事なんてどうでもいい、その日に限っては。副島隆彦の言う予言が現実となった。東 [続きを読む]
  • ヒラリーを逮捕、投獄せよ
  • 【送料無料】 ヒラリーを逮捕、投獄せよ Lock Her Up! / 副島隆彦 【単行本】¥1,620楽天副島隆彦の緊急著書。アメリカの大統領選挙がいよいよ開始される。市会議員、県会議員、国会議員の選挙より興味がある。何としてもトランプに勝ってもらわないと非常に困る。ほんと、ヒラリーは婆さんの仮面をしたとんでもねぇテロリストだな。いや、イスラム原理主義者の武装集団より酷い。 ISIS(イスラム国)のスポンサーは誰なの [続きを読む]
  • BUCK-TICK
  • BUCK-TICKWOWOWで彼らのライブ映像が流れていた。初期のアルバムは4枚くらい持っていたと思う。それからバクチクとは遠ざかっていた。時々、CD屋で活動していたのは知っていたが、デビューから30年、メンバーチェンジもなく現役でいることに驚嘆する。櫻井のボーカルと歌詞、そして今井のギターとソングライティング。二人の天才がいたから、存続も可能であったのであろう。調べたら彼らは50代であり、その風化する顔と肉体を [続きを読む]
  • 北川景子
  • 北川景子神戸市出身、30歳。WOWOWのドラマ「ヒポクラテスの誓い」に彼女が女医として登場。詳細は知らなかったため、やたら解剖シーンがあり、臓器そのものが苦手な僕はどうも見ていられない。おっかなびっくり見ていると、死体解剖からの推理ドラマで、次第に深みにはまっていった。そこに登場する彼女がやはり当たり前に綺麗に見える。きっと、彼女の顔形成パターンが美人の部類に相当するのだろうと勝手に分析してみたが、そ [続きを読む]