あくえりあす さん プロフィール

  •  
あくえりあすさん: あくえりあすの水草水槽ギャラリ〜&亀
ハンドル名あくえりあす さん
ブログタイトルあくえりあすの水草水槽ギャラリ〜&亀
ブログURLhttp://aquariusn.exblog.jp/
サイト紹介文ネイチャーアクアリウム、世界水草レイアウトコンテスト、カメとレオパの繁殖
自由文亀とレオパの繁殖とネイチャーアクアリウムで世界水草レイアウトコンテスト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2007/07/13 20:42

あくえりあす さんのブログ記事

  • ヒメハコヨコクビガメ初孵化
  • 5月29日30度設定のヒメハコの卵タッパーを見ると6個の中1個だけ開いているのを発見。他の卵を見ていてキャンドリングでまだ孵化は先だと思ったので驚く。取り出して別容器に入れる。発見から翌日の5月30日卵から出ている。ヘソも吸収が進んでいる。-----------上とは別のタッパーでは、29日に他のタッパーを見るとこちらも開いていたが様子がおかしい。右の卵から頭は飛び出ているのだが今にも死にそうだった。蓋を開けて様 [続きを読む]
  • ミツユビハコガメ・オレンジ雌の産卵3クラッチ目
  • 6月6日、オレンジスポット雌の産卵日数的にもそろそろなのでコンテナに移動。日中はライトがついているのですが、朝から何時間、日が当たったというので体内時計があるみたいです。夕方、薄暗いコンテナに移動させるとすぐに掘りはじめました。埋め戻しているのでどいてもらって掘ります。小ぶりな卵5個でした。バーミキュライトで。4月28日7個5月18日4個6月6日5個小ぶりな卵なので小さい子が生まれて世話が大変なパター [続きを読む]
  • ミツユビハコガメ黄スポット雌3クラッチ目
  • 連夜の産卵です。黄色スポット雌、この雌動きがだいぶ前から産みそうな動きをしていてコンテナに入れても産まず、産む産む詐欺かよ。結局2クラッチ目からの日数予想通りに産卵。6月5日3クラッチ目産卵。4個産みました。良い卵は産んですぐキャンドリングすると黄身が沈んでいるのがわかるね。今年の産卵結果4月27日3個5月15日5個6月5日4個去年は5月12日に1クラッチ目5個6月1日に2クラッチ目3個6月24日に3クラッチ [続きを読む]
  • ミツユビハコガメ・大雌の産卵3クラッチ目
  • 6月2日夕方に大雌の動きが変わったのでコンテナへ移動。夜中に見ると埋め戻しの最中。掘り出すと大き目な卵が3個。3クラッチで終了なので最後はいつも少ない。タッパーへ移動。うちでやる下処理は、掘り出した卵を流水で洗い、ヌメリも落とす。(産みたての卵のみ)キッチンペーパーでよく水気を拭き取り乾かす。キャンドリングで卵の黄身の位置を確認。有精卵なら下に沈んでいるので、沈んだ方を下にして卵の表面に鉛筆で日付を [続きを読む]
  • ヒョウモントカゲモドキ孵化
  • A−2、W&Yマックスノー♀×スーパーギャラクシー♂3/30→6/1孵化マックスノーエクリプス-----B-1スノーディアボロ♀×W&Yマックスノーエクリプス3/31→6/1孵化謎の白------A−1W&Yスーパーマックスノー尾切れ♀×スパーギャラクシー♂4/2→6/4孵化スーパーマックスノー真っ黒ですね、成長するにしたがってスポットが現れます。手足が黒いので、エクリプスは入ってない。そしてこの色からしてW&Yも入ってない。 [続きを読む]
  • 成長したハラガケガメ、&孵化
  • 亀友さんに渡ったうちのハラガケガメです。この前、御自宅に見に行ったところ、凄いことになっていました。半年前、生まれたてのベビーで黒豆だったのがこのように変貌。いやはや、凄いことになっております。頭部の柄、甲羅の放射柄とまさにパーフェクト。まさにアルティメットクラウディウス親は網目模様のレティクレート雌、スポット雄、頭部の模様が母親にそっくりです。甲羅は父親似です。同じ親から取った子で家でキープして [続きを読む]
  • ミツユビハコガメ黄スポット雌2クラッチ目
  • 昨日から怪しい動きをしていた黄スポット雌。夕方の水替え後もバタバタしていたのでコンテナに移動。予定日より2日前に産卵しました。早まったのは飼育温度が高かったため卵形成が早まったとみられる。9時に見ると埋め戻していたので取り出して掘ります。またしても大き目な卵5個ありました。前回の1クラッチ目が24-25度設定でTSD雄狙いですでに発生確認しているので、今回は雌設定で30℃で行きます。ハッチライトが無くなった [続きを読む]
  • キボシヌマガメ成長
  • 去年生まれのヨーロッパポンドタートル。(ウクライナ産親)急成長なのとちびっ子なのやら白い奴。一番大きな♀細かい放射柄になってます。中、白の面積が多い一番ちびっ子で尾切れ。これでも雄ってわかるもんだね。一番最後に孵化した上の子のとは別の親雌が唯一有精卵だった卵一個から生まれた、成長が遅い。雄だからっていうのもあるのかも?先日、別の個体で里子に出したところに見に行ったら悠々泳ぎ回っていて成長早くて大きく [続きを読む]
  • ミツユビハコガメ産卵・無地雌
  • 5月11日の夜にミツユビハコガメ・無地雌の産卵がありました。この雌は今回初めての産卵。特徴は甲羅や皮膚に模様が入らない無地で地味なタイプ。10センチぐらいでうちにきて2年育成し2回冬眠を経験した。体重も500gを越え今年うんでくれるかなと期待をしていたところだ。仔の予定は無班で顔だけベタ赤になるのを生みだしたいところ。11日夕方動きが怪しくなってきたので土コンテナに移動。初めての産卵なのでしばらくウロウロして [続きを読む]
  • ハラガケガメ、ジャガーの子孵化
  • 11月25日「ジャガー雌」産卵の卵、3匹目が5月9日に孵化しました。手の爪で割った?ちょっと剥いた。キャンドリングで黄色っぽいものが見えたら飛び出てこないようにここまで開けないほうがいいです。もし卵黄があるなら呼吸確保の窓だけ開けて放置。10日には殻から出て床材に潜っていました、ヘソがまだなのでしばらく放置。------------前回のジャガーの子2匹は、まだ無班ですが甲羅に少し放射の兆しが・・・。 [続きを読む]
  • ハナナガドロガメ孵化
  • ハナナガドロガメは2014年9月から雄1雌2のトリオで飼い始めています。最初の2年は繁殖せず、大きい雌が凶暴化して雄や雌にもダメージ。これはいけないと隔離して飼っていた。小雌が初めて卵を産んだのは2015年秋で無精卵が続いた。そこで大雌を出して、別の雌を導入。初めて有精卵になったのは2016年4/22の産卵の卵→7/29に孵化している。以後有精卵が続く。おとなしい雌だったので雄との協調性も良く産卵を続けている。容器はコ [続きを読む]
  • ヨツメイシガメ産卵その2号
  • ヨツメイシガメのもう一匹の雌。触診で卵はあるのは判るがなかなか産んでくれない。卵詰まりかと心配していた矢先。水中に転がっていました。前回観たときは2時間前だったので最長2時間水中にあった。透けて見える黄身。前回の1号♀の産んだ卵は一カ月過ぎても変化無し。表面にカビが生えてきたので無精卵ということで廃棄。最初に成功した時は、殻は白く艶消し。黄身が下半分に沈む、こんなんだったので今回もダメそうです。2年続 [続きを読む]
  • サラドロガメ北部個体群、春の産卵。
  • 前回が2月28日なので、今季終了かと思っていたが4月中旬から触診で卵が有るの発見。5クラッチ目になるのか。5月7日の晩の消灯前に陸地で穴掘っている雌を発見。小さな照明だけにして薄暗くして放置。翌日取り出した。6個ありました。ハッチライトはこれで最後です。欠品?廃盤?みたいで入らないようだね。レオパの孵化材はバーミキュライトを使用してます。1対1だと水分多すぎなので、水1に対してバーミキュライト0.7の割合。混ぜ [続きを読む]
  • サーモンスノーコーン産卵しました
  • 2014年11月からコーンスネークのベビーの雌雄を飼い始める。品種は「サーモンスノー」ストロベリーハイポ+アネリ+アメラニの3重コンボベビーの頃の雄ベビーの頃の雌月日は流れ2016年10月にアダルトサイズになりました。そして冬眠に入ります。雄雌10月から餌を抜き、じょじょに温度をさげて冬眠に入る。5-10度で2月まで置き、その後徐々に温めていきました。--------2月中旬に温室内に取り入れて3月から餌を与え始め [続きを読む]