あくえりあす さん プロフィール

  •  
あくえりあすさん: あくえりあすの水草水槽ギャラリ〜&亀
ハンドル名あくえりあす さん
ブログタイトルあくえりあすの水草水槽ギャラリ〜&亀
ブログURLhttp://aquariusn.exblog.jp/
サイト紹介文ネイチャーアクアリウム、世界水草レイアウトコンテスト、カメとレオパの繁殖
自由文亀とレオパの繁殖とネイチャーアクアリウムで世界水草レイアウトコンテスト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2007/07/13 20:42

あくえりあす さんのブログ記事

  • ミツユビハコガメ・大雌の産卵
  • 同じ日に冬眠明けし、同じように雄と掛けたので産卵時期も同じというわけで、今回は大雌の産卵です。4月29日夕方になり大雌の動きが怪しくなってきたので土コンテナへ移動した。30分も経たずに掘りはじめました。2時間後見に行くと埋め戻している最中でした。前足はうごかさず踏ん張って固定して、後ろ足で掘り出した土を掻き集めて踏み固めていきます。器用なもので何所に埋めたのかわからなくします。コンテナの蓋をとっても [続きを読む]
  • ミツユビハコガメ産卵・オレンジスポット雌
  • 昨日に続いてミツユビハコガメの産卵です。4月28日今回はオレンジスポット雌の産卵がありました。この雌が今季一番最初に触感で抱卵を確認した。お腹の中も卵でいっぱいだったのでこれは数産むぞと思った。2日前、506g↓産卵後466g28日、朝からの餌やりでは食っていました。夕方水替え後、ランプを消す。この時、室内や他の水槽からの光だけ。動きが活発になってきた。PM6時、産卵場所に移す。(なぜこのタイミングかと言えば、 [続きを読む]
  • ミツユビハコガメ産卵・黄色スポット雌
  • 前回記事で冬眠から起こしたミツユビ達をトマト温室内で少し温めて起こしました。その後亀温室内に取り込みもう一段階上の温度に慣らします。20℃位で配合飼料を与えてみますが食べるのと食べないものがいます。そしてコンテナに♂♀入れて交配スタート。余り温度が高くないので活性は今一つ。バスキングライト50wをクリップ付きソケットで中の片側につけて温度をあげます。交尾している日が3月30日ぐらいです。下の画像は別の雌 [続きを読む]
  • ハラガケガメ孵化
  • ハラガケガメ孵化4月25日、11月19日産卵のレティクラ3クラッチ目の卵から顔が出ていました。今年レティクラの卵はやっとこさの2匹目、孵化数が少ないです。横に「レオ」と後書きしたのは間違い。過去ログ調べたらレティクの卵でした。----------------去年の子のギャラリー網目柄のレティクラの子ーーーーーーーーーーー同親からの子ですが、別タイプもいます。環境で色が変化するタイプで黒感受性前者が白地に黒班ならこちらは [続きを読む]
  • ヒメハコヨコクビ産卵
  • 時系列順に・・・2015年 11月にアダルト・トリオを入手前の飼い主の所で2015年の夏に産卵したとの情報あり。2015年から2016年温室内の気温が低い所でクーリングさせてみた。初夏になり、ウォータータブで外飼い。夏、夏に産卵とのことなので期待したが産卵はなかった。クーリングが足りなかったようだ。夏を越え秋に気温の低下とともに食欲はなくなり動かなくなる。水温が10度になったころを見計らって室内の暗室で冬眠。仕様は、 [続きを読む]
  • ヨツメイシガメ産卵
  • 2016年、夏から外飼いで11月までそのまま飼育。11月より冬眠用の容器に入れる。ミズゴケと水10センチの深さでコンテナボックスの中に入れた。温度変化の少ない室内にて保管。たまに確認や水替えを定期的に行う。2月1日、冬眠解除、ミズゴケコンテナから出して温室内に移動。14℃ぐらいで10日ぐらい過ごした。2月中旬亀温室へ移動、ランチュウFPR桶に移動。室温22℃水温17℃位。亀飼料を与えだす。3月中旬、雌がバスキングをし始 [続きを読む]
  • ハラガケガメ孵化
  • 3月24日、インキュベーターの中のタッパーを開けてみるとこの状態なんかヤバい、ぐったりしているようだ。まだヘソも大きいので別容器に入れ替えておく。11月25日、第三の雌「ジャガー」の産卵の卵が初孵化。今までにない組み合わせの子になります。あと2個ありますが中は全然成長していないのそのままにしておく。そして隣のタッパーを開けたら大参事レティクラ11月19日の4個4つの卵から頭が飛び出した状態で死んでいました。まだ [続きを読む]
  • ミツユビハコガメ2015.2016CB
  • 成長記録2015CBの一番最初に孵化した子以下3個体は黄色スポット雌からの子雄親は赤黒。典型的なよくあるミツユビハコガメの雌の模様。もしかすると赤黒雄の前に同居していた雄の遅延受精かも?--------------------2015CBの2クラッチ目推定♀黒地に黄色スポット。---------------------------2015の2クラッチ目その2雄確定黒地に赤後脚の爪も長く曲がってきました。ベビー時の最初は黄色のスポットだったが成長するのつれ派手 [続きを読む]
  • ハラガケガメ孵化今期一号
  • 3月5日卵の換気のためタッパーを開けて中見たらすでに孵化して腹も塞がっていました。この卵はレティクラの9月28に取れた卵。まだ左に1個控えています。今期の卵は不調でなかなか発生してくれず、腐っていく卵多数。何故こうなったかの予測は産み始めたときまだ夏といってもよい水温気温も28℃位。そこへ産んだ卵を15度という低温にさらして保管したことがいけなかったのかもしれない。急激に冷やされ胚死亡という結果だったのかも [続きを読む]
  • ハラガケガメ三連オール産卵5クラッチ目
  • 2月11日午後ハラガケガメ新雌が産卵。5クラッチ目今までなかなか名前が思い浮かったが「ジャガー」さんということにしましょう。この雌は前回12月31日の産卵だったので、予定では30日後に産むと予想していたがなかなか産まず40日かかった。今シーズン初めての産卵なのでもう産卵は終わったかと思ったので産んでよかった。まだまたいけるかな?5個ありました。卵の殻も今までと比べると良さそうです。先のクラッチで温めたものから [続きを読む]
  • サラドロガメ北部個体群、3クラッチ目産卵。
  • 1月13日、水槽に異変が・・・、いつもはこんなに泥で濁っていないのだが・・・。これは、雄が雌を追いかけまわして泥を巻き上げている。雄は雌の前の縁甲板を噛みつき動きを留めようとしてます。何故このような行動を突然起こすかと言えば、交尾のタイミングが来たということですね。つまりは、産卵し終わりなんらかのフェロモン的な何かを察知した雄が交尾を迫ります。砂場を掘ってみますとありましたね。良質な殻の卵が8個。2か [続きを読む]
  • ハラガケガメ三連オール産卵4クラッチ目
  • 12月31日ハラガケガメ新雌の産卵。そろそろ産むのではと前日に体重を量っていて482g産んだ後450g。6個でしたが、なんか歪な卵が有ります。4クラッチ目いまだ新雌の卵から有精卵が取れない・・・。即交尾-----------------1月12日朝上陸しているレオパード雌発見。下半身が砂にまみれているのは腰を落として産んでいた証拠。4クラッチ目卵はあったけど5個と少ないうえに。過カルシウム卵。去年も同じようなことがあったのだがまた [続きを読む]
  • ハラガケガメ産卵レティクラ4クラッチ目
  • 連日の産卵です。昨日はレオパードで今日はレティクラ雌。昨日産卵場の足し水で整地しときました。12月16日朝、産んでいる形跡があるので掘る。7個ありました。サイズは小さめですね。ちょっと過カルシウムの気がある。連日で雄は交尾です。今日は雄の所に入れました。連日なので精子が薄くなっているかもしれないので、明日はレオパードで明々後日はもう一度レティクラに掛けよう。セットして15度のインキュベーターへ。このよ [続きを読む]
  • ハラガケガメ産卵レオパードヘッド3クラッチ目
  • 前回記事の続き、通販で冷凍ザリガニを入手してあげてみたら食べます。水温も低めなので2日に1回、画像のようなサイズのを1匹与える。配合飼料は与えるのを控えて、カメプロス沈下を少量与えた。それから約ひと月。12月15日。朝、餌やりのついでにそろそろ産むころかな、砂場の水分は大丈夫かな?と、掘ってないのを確認し水を追加して模様を付けて踏み固めておいた。昼、見ると砂地が変わっているので掘る。餌が功を奏したのか出 [続きを読む]
  • サラドロガメ北部個体群、2クラッチ目産卵。
  • 12月5日、朝の水替えと給餌していたら、陸地で今まさに産卵中のサラドロガメの雌。しっかり腰を落として産んでいるようです。しばらくすると埋め戻しを始めた。昼に掘り出しました。出る出る9個。タッパー1つに9個は多いので4+5で分けました。このあと15度のインキュベーターで冷やします。そして2か月置きましてから、25℃で保温のと29℃で保温で分けます。低めが雄予定のTSDになります。--------育ったやつ2年前に孵化 [続きを読む]
  • 2016CBミツユビハコガメ・キープ個体
  • とんぶり市にて完売しました今年生まれのミツユビハコガメベビー。---------------------カテゴーリーが別なので今年生まれのベビーまとめの記事がこちら。↓----------------------雌親が3匹なのでそれぞれ1匹を残しました。大雌2クラッチ目TSD♀予定同腹兄弟よりも色が薄かったのをチョイス、黒い放射柄が目立つヒマワリのような模様になった。ミツユビハコガメは成長すると甲羅が単調な色彩になってしまうので今だけだと思 [続きを読む]
  • ハラガケガメ新雌3クラッチ目産卵
  • 11月25日、新雌の砂地が変わっていたので掘ると産卵してありました。5個。体の大きさに比べて正常な数です。卵の殻の質も前回よりも良くなっている気がします。同日、雌を雄の水槽に入れて交尾します。2時間もすれば、終わっているので雌を元の水槽へ戻します。そして翌日にもう一回交尾して、次のクラッチを目指します。今現在の水槽の水温は22-24℃ぐらいで低め管理。秋が来ていると実感させ続けることがクラッチ数を伸ば [続きを読む]
  • ハラガケガメ産卵、レティクラ・レオパードヘッド。
  • 朝温室に行きいつものように水替えと餌やりをしていると砂場に上陸しているレオパードヘッド雌の姿があった。産んでいるのかと思ったが周りがうるさいので産まずに水中に戻っていた。下の階の、レティクラの砂場を見ると変化があったので掘ると卵があった。すでに水中に居る雌卵1個割れていました。殻が薄いかな?7個回収11月19日レティクラ3クラッチ目そしてすぐに交配させます。--------------さてその日の昼一緒にしてあっ [続きを読む]
  • サラドロガメ北部個体群、産卵。
  • 10月30日夕方、亀のガラス温室を製作している横で、サラドロガメの雌が陸地に上がり砂を後ろ足で埋め戻しているところを発見。初め見たときは横でガチャガチャやっていたから産まずに水中に戻ったかなとおもったが、掘ってみたらありました。洗ってセット。7個でした。ちょっと前に触診した時は感触なかったので、ハコガメとかとは位置が違うのだろう。温室内を冷やし始めたので、今季のスタートは遅くなってしまいましたが、よ [続きを読む]
  • サラドロガメ北部個体群・孵化
  • サラドロガメ北部個体群の、5月26日発見。6個あれから、常温~保温管理して3個発生が進み。3個初期のうちに発生停止。9月24日一つの卵から孵化する。それから1ヶ月。10月24日、ようやく残り2個の卵が開きましたというか、顔の前の殻を取って呼吸スタートさせた。卵内部に爪跡か卵嘴による薄膜が削れたところがあったのと黄身も吸収してそうだったので。できてます。 [続きを読む]
  • ハラガケガメ三連オール産卵
  • 10月23日、朝温室に行くと上陸の跡があったので掘ってみる。産んだのは「レティクラ」5個ありました。2クラッチ目形と量安定しています。そして雄と交配。これだけでは終わりません。そのすぐ隣で新雌が産卵中。昨日も上陸した形跡があったが産んでなかったので、砂地に水撒いて湿り気を与えました。読みはあたりのようで。前回1個だけで心配でしたが、2クラッチ目4個産みました。しかし形質が安定していません。長細いのや [続きを読む]