緑家 さん プロフィール

  •  
緑家さん: 新・緑家のリースリング日記
ハンドル名緑家 さん
ブログタイトル新・緑家のリースリング日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/jpgruenhaus
サイト紹介文ドイツのリースリングを中心に、日々飲んだワインの(非常に偏った)感想を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2007/07/15 22:35

緑家 さんのブログ記事

  • 早くも食事酒の趣
  • 今夜は鰹のカルパッチョとシーチキンのトマトソースパスタ、という事で軽めのジルヴァーナーを選択。もちろんフランケン産。ルドルフ・マイ醸造所の2015年産レッツシュタット・ジルヴァーナー・トロッケン。まぁ赤身白身を問わず「魚」に対する相性という点に於いては基本的にリースリングよりもジルヴァーナーの方に一日の長があるんだよね、実際。 淡白な白身魚を除けば、魚にリースリングをキッチリ合わせるにはある程度熟 [続きを読む]
  • 今頃開けてるフォム・シーファー
  • 仕入れの関係で開けるのが随分遅くなってしまった。モーゼルはアンスガー・クリュッセラート醸造所の2015年産リースリング・トロッケン「フォム・シーファー」。トリッテンハイマー・アルテルヒェン(Trittenheimer Altaerchen)とミュルハイマー・ゾンネンライ(Muelheimer Sonnenlay)という2つの異なる畑からの収穫で造られたベーシックな辛口リースリングである。 スクリューキャップ。僅かに緑色がかったレモンイ [続きを読む]
  • 久しぶりに淡路島へ
  • 約2年ぶりに渡る明石海峡大橋。快晴とまではいかないが、そこそこ天候に恵まれての久しぶりの家族旅行。 10日ほど前に慌しく決めた事もあってさすがに週末は叶わず、日曜宿泊の月曜帰りで辛うじて目的の宿をゲット。それでも日曜日の観光スポットはどこも人でいっぱい。(当たり前)予め目をつけていた地元の人気食堂で、昼間から「食」を満喫しようという目論見がはずれたのは無論のこと何処へ行っても車や人の列に嫌 [続きを読む]
  • 引っ掛かるところが無く単調
  • まぁ半世紀以上も生きてりゃ色々ある訳で今まで我が身に降りかかった事が無かった方が不思議なぐらい、巷にはありふれた事態に見舞われこれもまたある種の人生修業なのかと思わず天を仰ぎたくなる心境の半日であった。 半ばヤケ酒気味に今夜開けるのはアールのジャン・シュトッデン醸造所、2012年産シュペートブルグンダー「JS」。代替わりしてからエティケットも随分スッキリ、と言うかすっかり味気無くなってしまったなぁ. [続きを読む]
  • 久々に目の覚めるような
  • 今夜はドクター・ビュルクリン・ヴォルフ醸造所の2015年産ヴァッヘンハイマー・リースリングを。去年の6月に2015年産のグーツヴァインを開けて以来だから、随分とブランクを作ってしまったものだ。本当はコンスタントに飲みたい造り手なのだが、調達ルートの問題、飲む側の酒量低下や健康の問題、あと、あまりにもいろいろ手を広げ過ぎた結果、消費ペースがそれに追い付かないという問題、等々。 それはさて置き、早くも新し [続きを読む]
  • クナウス第3の赤?
  • 先日の京都でのメーカーズディナーでは何故かこれがラインナップから外れていたので改めて自宅でじっくりと向き合ってみることにする。ヴュルテムベルクはクナウス醸造所の2014年産シュペートブルグンダー・トロッケン「S」。ここでの詳しい栽培比率は知らないが、レンベルガー、トロリンガーに次ぐ第3の赤ワイン品種ってところだろうか。 因みにヴュルテムベルクで栽培されている赤ワイン品種の上位3傑はトロリンガー、シュ [続きを読む]
  • 俄然ミネラリッシュに変貌
  • 約3ヵ月ぶりにルドルフ・マイ醸造所のリースリングを。VDPオルツヴァイン(村名格)の2015年産レッツシュタット・リースリング・トロッケン。今夜は近所の生餃子持ち帰り専門店で買って来た餃子を焼いての晩酌、所謂「餃子ワイン」ってことで。 スクリューキャップ。微かに緑がかったレモンイエロー。閉じ始めているのか大人しめの果実香とほんのり鉱物の香り。スワーリングするとペトロール香が若干開く。 口当た [続きを読む]
  • 久しぶりのウンゲホイヤー
  • 三十年戦争の時代、1620年にまでその起源を遡るハインリッヒ・シュピンドラー醸造所は以来13世代に亘って、プファルツはワイン街道のフォルスト村に於いてワイン造りに携わって来た。ハンス・シュピンドラー氏は現在、フロイントシュトゥック、イェズイーテンガルテン、キルヘンシュトゥック、ペヒシュタイン、ウンゲホイヤーなどフォルストのトップクラスの畑をはじめ近隣のルッパーツベルクやダイデスハイムなどにも合わせて16ha [続きを読む]
  • 早くも飲み頃感
  • 今夜は頂き物の鴨のスモークがメインなので、ちょっとしっかりめの赤を。北バーデンはゼーガー醸造所の2012年産ハイデルベルガー・ヘレンベルク・(ブラウアー)シュペートブルグンダー・トロッケン「S」。 外観は若干透明感に欠ける、少し黒みがかったルビー。香りはコーヒーやなめし革、ブラックチェリー、香木などを想起させるもの。どっしりと充実した果実味は旨味充分。酸は果実味の後ろに控えているがそこそこボ [続きを読む]
  • 例年よりマッタリ
  • 早いもので2月も今日でおしまい。悲喜交々、いや、良い事なんて殆ど無かったなぁ...出るはタメ息ばかり也。「齢五十にして天命を知る」。まぁ半ば諦観の境地で泰然自若を装うが如くの日々である。 そんな暮らしに於ける一抹の清涼剤が晩酌の友。リースリングばかり開けてないで今夜はジルヴァーナーでもいってみよう。ホルスト・ザウアー醸造所の2015年産エッシェルンドルファー・ルンプ・ジルヴァーナー「S」トロッケン。 [続きを読む]
  • 小難しい事は上の方でやってくれ
  • 今日は2時間ほどかけて剪定やら枝の誘引やら、庭のリースリングの手入れをしてくたびれた...なんて書いたら何だか大層に聞こえるが、「リースリングの木」と言ってもたったの2本だけのこと。本職の人には鼻で笑われるだろうが、素人が慣れない事を我流で「ああでもないこうでもない」とやるもんだからそりゃ時間もかかろうし疲れもしよう。それにしても今年は虫食いのせいで切り落とさざるを得ない枝が多くなかなか思い通りの樹 [続きを読む]
  • たまには甘口でも
  • 今夜はお好み焼きに合わせて甘口のヘレンベルクを。2015年産マキシミン・グリュンホイザー・ヘレンベルク・リースリング・カビネット。粉モンには半辛口より寧ろもうちょっと残糖のある、甘口の軽いリースリングが良く合うのである。もちろん酸は必須。 スクリューキャップ。緑がかった明るいレモンイエロー。香りは総じて鉱物的だが、嗅ぎ慣れた焦げ臭いシーファー香ではなく、少し小石を擦り合わせたような鉱物香でゴ [続きを読む]
  • ブールのダイデスハイマー
  • さすがに2月も下旬ともなると日差しも春めいて、近隣の梅の花も見頃を迎えているが気温の方はまだまだ低く、日が陰ったり風が強かったりすればたちどころに真冬の如くである。こんな夜は温かいおでんで温まるのが最高...と言っても、相棒は相も変わらず冷えたリースリングなのだが。久しぶりに開けるフォン・ブール醸造所のオルツヴァイン、2015年産ダイデスハイマー・リースリング・トロッケン。 スクリューキャッ [続きを読む]
  • 京都にてクナウスの会
  • 出不精の極致みたいな宅飲み専科が、珍しく京都まで遠征してワイン会に参加して来た。東京のドイツワイン専門店「ヴァインベルク」さんと、京都市にあるフランス料理「野村松花堂」さん共催によるヴュルテムベルクはシュトゥットガルト近郊から、醸造家アンドレアス・クナウスさんを迎えてのワイン会。所謂メーカーズディナーってやつですな。お馴染み相棒のF氏と2人で片道2時間強...やっぱ京都は寒かった。 クナウ [続きを読む]
  • やっぱり白っぽい赤
  • 残り物の赤ではちょっと量的に足りなさそうだったので、ボックスボイテルの新しいボトルを開けた。シュティヒ醸造所の2014年産ビュルクシュタッター・ツェントグラーフェンベルク・シュペートブルグンダー。昨年9月に開けた際は少々薄造りな感じがして、まだ開けるのが早かったか?なんて思っていたのでもう一度。むろんそれから5ヵ月ぐらい置いたからって、まだまだ全然早飲みなのには違いないのだけれども。 スクリュ [続きを読む]
  • 別にめでたくもないけれど
  • 時間の経つのは早いもので、また無為に1年を過ごしてしまった...そんなちょっと後ろめたさにも似た気分で開けるのは、マキシミン・グリュンハウスの2015年産アプツベルク。あれこれいろんな産地の、いろんな生産者のリースリングを飲むのは楽しいけれど今も昔も自分にとって等身大のワインと言えばコレなんだよね。人生山あり谷あり、何があってもいつも傍らにはこの緑のボトルがあってくれる(ちょっと大袈裟)。 [続きを読む]
  • シュピンドラーのソーヴィニョン
  • 外で食事する際、「リースリングは無くてもソーヴィニョン・ブランなら置いてある」という店は少なくない。まぁ最近は外飲みする機会なんて滅多に無いけれど、そんな時この品種にはよくお世話になったものである。その名残りで、たまにソーヴィニョン・ブランを無性に飲みたくなる時がある。勿論ここで言うソーヴィニョンとはロワール産のそれではなく、スクリューキャップを捻って開けるようなニュージーランド産のモノである。&n [続きを読む]
  • 最初の1杯目が華
  • 稼業が所謂オフシーズン期間にあるので、勤務中にもかかわらず時々ヒマでボーッとしている時間がある。そんな時は勉強でもすりゃ良いんだけど、どうも気が乗らないと言うかヤル気が全然起きずささやかな幸せと言うか何と言うか、今夜開けるワインを何にしようかあれこれ考えてニヤニヤしていたりする。完全にアル中の兆候だな、こりゃ。 昔なら今後の予定を立てたり将来設計を考えたり、漠然としていても先になんとなく明るい [続きを読む]
  • 出始めると続くんです
  • 今夜は久しぶりにモーゼル中流のマルティン・ミュレン醸造所のリースリングを。2015年産クレーファー・パラディース・リースリング・カビネット・トロッケン。この辺の畑については飲んだ経験も知識もほとんど無いのでよく知らないのだが青・赤混合の石がちのシーファー土壌で、朝から晩まで陽の降り注ぐ南向きのかなりシビアな斜面の畑だそうな。 緑がかった明るいレモンイエロー。非常に細かい気泡がグラス壁に少量付 [続きを読む]
  • キュヴェ違いが幸い
  • 昨夏ワイン調達ルートの1本が突如ダメになり、特にプファルツ産リースリングの入手に支障を来たしている。おかげでバッサーマン・ヨルダン醸造所の2015年産なんて、春にグーツヴァインを1本飲んだきりで止まっていて年末にプファルツ産を纏めて仕入れる際、それをすっかり忘れてて、間抜けな事にまた同じ物を頼んでしまった。届いた箱を開けてボトルを手に取ってから、「あれ、ひょっとしてこれ前に飲んだヤツとちゃうか?」と。 [続きを読む]
  • 意外に半辛口的
  • 寒波だか何だか知らないが、とにかく風が強くてメチャ寒くなってきた。身体の芯から冷えるような感じで、こんな日は熱燗が欲しくなるものだが、生憎今夜も冷えたリースリングで。シュロス・リーザー醸造所の2015年産リースリング・カビネット・トロッケン。畑名が付いていないので、醸造所が所有するあちこちの畑の区画からの収穫をブレンドしたものなのだろう。 スクリューキャップ。少し緑色がかったレモンイエロー。グラス [続きを読む]
  • シェイクしたろか
  • 今夜は鰹のタタキに合わせてブルピノを。旬でもない今頃になんで鰹?って、冷凍モノだから旬なんて関係ないんだよ。釣って加工してすぐ冷凍。そうすりゃヒスチジンがヒスタミンに変化する事もなく、1年中旬みたいなもんだ。(`ε´) それはさて置き、自宅でブルゴーニュを開けるのは実に久しぶり。 恥ずかしながら、一時ブルゴーニュにも手を出し始めたものの入口からちょっと入ったあたりでそのバブリーさと入手の大変 [続きを読む]
  • 似て非なるお向かいさん
  • 家の中が何かとバタバタしてたり、途中からこっちが風邪ひいてしまったりして結局8日間もノンアルコール生活を送る羽目になってしまった。でも大したもので、これだけ飲んでないと休肝明けに軽いワインをたった3杯でも結構ヘロヘロになるもんだよね。久しぶりのカルトホイザーホーフ醸造所、2015年産リースリング・クヴァリテーツヴァイン・トロッケン。 少し黄金色がかったレモンイエロー。注いだグラス壁には細かい気 [続きを読む]
  • 自分だけで開けるのもちょっと...
  • 久しぶりにこの道の先輩が帰阪されたので、毎度お馴染みのフレンチにて2人ワイン会を。今夜のラインナップはこんな面々。 メインはケラー醸造所のグローセス・ゲヴェクス(GG)。来たるべき宴に備えて去年の春からお預かりしてあったボトル。フランクフルトにお住いのweingau先輩に敬意を表して(?)、その前後にラインガウ産を2本添えたという恰好。まずは再会を祝して古酒で乾杯。 1464年に設立されたと [続きを読む]
  • 頑張ってるねぇ
  • 明日プチワイン会があるので今夜は残り物で済ませようと思ったがそれだけでは足りそうもなかったので新しいボトルを開けることにした。マキシミン・グリュンハウスの2015年産グーツヴァイン・トロッケン。この750mlボトル入りのベーシックなリースリングを開けるのは昨年8月、9月に次いで3本目。同名のリッター瓶入りのグーツヴァイン(Nr.18)とはキュヴェ違いである。 スクリューキャップ。軽く緑色がかった明るいレ [続きを読む]