中薗 博章 さん プロフィール

  •  
中薗 博章さん: 中薗総合労務事務所
ハンドル名中薗 博章 さん
ブログタイトル中薗総合労務事務所
ブログURLhttp://nakazono-office.net
サイト紹介文売上高二桁成長を続ける開業11年目の元大手経営コンサルタント社労士@尼崎のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2007/07/23 19:55

中薗 博章 さんのブログ記事

  • 雇用の曲がり角!?
  • 【ニュース&コメント】ここ最近、人手不足感が強まる一方で、無人化や省人化の動きが加速しているようです。まずは、その辺が顕著に表れている記事を2つご紹介してみたいと思います。そして、今後の雇用環境に最も影響を及ぼしそうなのが次の記事です。つまり、人手不足の中で販売力を維持しようと採用に躍起となるあまり、人件費(賃金)が上昇の一途を辿る一方で、物は売れていないというのです。売上高が伸びない中で、人件費 [続きを読む]
  • ザ・熱中症対策
  • ニュース&コメント今年の夏は「スーパー猛暑」との話があります。もうすぐして梅雨が明けると、いよいよ夏本番を迎えますが、気をつけなければならないのが「熱中症」です。色々な対策は取られていることとは思いますが、厚生労働省から次のようなリーフレットが出ていますので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。heatstroke01WBGT値については、以下がより詳しく書かれています。heatstroke02弊所のお客様の工場などでもそうです [続きを読む]
  • トラック運転手の働き方改革
  • ニュース&コメント今日は、「トラック運転手の労働時間等」に関する記事を取り上げてみました。昨今、ヤマト運輸の未払い残業代の支払い以来、何かと脚光を浴びているこの問題ですが、私的にも運送会社様からの新規受注があったりして、非常に関心の高いテーマです。まず注目すべきは、トラック運転手の 待機時間 について、この7月から記録することが義務化されるとのトピックです。さらには、大手の佐川急便では、週休3日制を [続きを読む]
  • 不法就労とは?
  • ニュース&コメント今日は、「不法就労」に関する記事を取り上げました。もともと兵庫労働局から委嘱を受けて「外国人雇用管理アドバイザー」を務めさせて頂いた経験があるので、個人的に関心の高いテーマではあったのですが、なかなか取り上げる機会がなく、ようやく叶いました。「不法就労」という言葉は、皆さんも時々耳にすることはあるかも知れませんが、その詳しい内容となると、「外国人が違法に働くこと??」っといった感 [続きを読む]
  • 米国の雇用情勢は今?
  • ニュース&コメント今日は、久しぶりに海外、とりわけ「アメリカの雇用情勢」に関する記事を取り上げてみました。このブログでもリニューアル前は、時どき海外関連の記事について言及していたのですが、リニューアル後は約2年半ほど経って初となります。それもそのはず、国内では働き方改革に関する記事が連日のように世間を賑わせている状況ですので、とても海外のトピックまで取り上げる暇がなかったのです・・・。で、本題のア [続きを読む]
  • 働き方改革の内容とは?
  • ニュース&コメント平成29年3月28日に「働き方改革実行計画」が公表されましたが、その内容を見ると、キーワードが多いせいか、部分的にはなんとなくわかっていても、全体像はあまりご存じないという方が多数いらっしゃるように思われます。「同一労働=同一賃金」、「長時間労働の是正」、「勤務間インターバル」、「テレワーク」etc・・・。そこで今日は、改めて全体像がわかりやすくまとめられている内閣府の資料を取り上げて [続きを読む]
  • 生産性upで助成金が割増!
  • ニュース&コメント既に2017年4月から実施されていますが、企業における生産性向上の取組みを支援するため、生産性を6%以上向上させた企業が労働関係助成金(一部)を利用する場合に、その助成額又は助成率が割増しされます。厚生労働省によると、今後、労働力人口の減少が見込まれる中で経済成長を図っていくためには、個々の労働者が生み出す付加価値(生産性)を高めていくことが不可欠で、そうした取組みを後押ししていこう [続きを読む]
  • ポイント制賞与の導入
  • ニュース&コメントシャープが、この冬から賞与をポイント制に刷新するとのことです。シャープといえば、鴻海精密工業の傘下に入りましたが、同社出身の戴正呉社長は、報酬制度に「信賞必罰」の考え方を採り入れ、2017年度の賞与は成果に応じて年1〜8ヶ月分を支給するとしているとのことです。ちょうど、あるお客様のところで人事制度の改定をお手伝いしており、そこでポイント制賞与への刷新を提案しているので、この記事に大変 [続きを読む]
  • 両立支援等助成金(H29)
  • ニュース&コメント今日は、「両立支援等助成金」を取り上げました。本日付の日本経済新聞で、以下の記事が掲載されていました。『厚生労働省は育児や介護で離職した従業員の再雇用を進める企業を支援する。離職者を再雇用してから半年以上雇い続ければ、中小企業であれば1人あたり最大年48万円までの助成金を企業に支給する。』とのことですが、詳細は下記④になります。20170405さて、この助成金も毎年のように変更されています [続きを読む]
  • キャリアアップ助成金変更
  • ニュース&コメント平成29年4月1日から、キャリアアップ助成金が次のように変更されました!これまでの3コースが8コースに変わりました。正社員化コースについて、正規雇用労働者に「多様な正社員(勤務地・職務限定・短時間正社員)」が含まれることとされ、多様な正社員へ転換した場合の助成額が増額されました。人材育成コースについて、中長期的キャリア形成訓練の様式が一般職業訓練と統合され、1年度1事業所あたりの支 [続きを読む]
  • 雇用保険料率引き下げへ
  • ニュース&コメント平成29年3月31日に「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が国会で成立し、平成29年4月1日から平成30年3月31日までの雇用保険料率は、以下の通り引き下げられることとなりました。20170401今回の雇用保険料率引き下げの背景には、失業率が改善し、雇用保険の財政状況等を勘案しての措置とのことです。失業率に関しては、次の報道もありました。要するに、失業者への給付が減っているので、その分の財源とな [続きを読む]
  • キャリア形成助成金が変更
  • ニュース&コメント厚生労働省HPにおいて【重要なお知らせ】ということで、平成29年4月1日からキャリア形成促進助成金の制度導入コースの助成メニューが一部廃止される予定との告知がなされています。以下、同HPからの引用です。キャリア形成促進助成金【重要なお知らせ】(1)平成29年4月1日から以下の制度導入コースの助成メニューが廃止予定です。教育訓練・職業能力評価制度「事業主団体助成制度」のうち「教育訓練・職業 [続きを読む]
  • 是正勧告の実態は!?
  • ニュース&コメント厚生労働省より平成28年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果が公表されました。今回の重点監督は、長時間の過重労働による過労死等に関する労災請求のあった事業場や、若者の「使い捨て」が疑われる事業場など、労働基準関係法令の違反が疑われる7,014事業場に対して集中的に実施され、結果は、4,711事業場(全体の67.2%)で労働基準関係法令違反があり、そのうち2,773 事業場(39.5%)で違法 [続きを読む]
  • 勤務間インターバルに助成
  • ニュース&コメント働き方改革、長時間労働是正の流れの中で取り上げられることが多くなっているのが「勤務間インターバル」です。「勤務間インターバル」とは、終業から次の始業までの休息時間を確保する制度・ルールのことですが、厚生労働省によると、これに取り組む企業等に対して、助成金を支給するとのことですので、この機会にぜひ同省ホームページでの発表内容(ポイント)を確認しておきましょう!職場意識改善助成金(勤 [続きを読む]
  • 巨額の未払残業代を支給
  • ニュース&コメント昨今、サービス残業の問題は、企業にとって最重要課題の一つとなっていますが、このほど宅配便最大手のヤマト運輸は、未払い残業代を調査したうえで支給に乗り出す模様です。まずは、業界を取り巻く環境について、順に追ってみました。https://t.co/fNLQBnf8dr— 中薗総合労務事務所 (@nakazono_office) 2017年3月3日↓https://t.co/nBhJUVQ805— 中薗総合労務事務所 (@nakazono_office) 2017年3月3日 [続きを読む]
  • 謹賀新年2017
  • ニュース&コメント新年あけましておめでとうございます昨年も多くの皆様にお世話になり、お陰様で11年目のスタートを切ることができます。こちら ↓ が、弊所の 2017年版年賀状 となります。さて、今日から新たな1年がスタートするわけですが、弊所では2017年のテーマを 変化 と定めました。超変革という程ではないにせよ、その背景にはそれなりの想いがあります。一つには、お客様のニーズが多様化する中で、色々な法令改正もあ [続きを読む]
  • 雇用保険法が改正
  • ニュース&コメント平成29年1月1日から雇用保険法が改正施行されます。時を同じくして「育児・介護休業法」、「男女雇用機会均等法」が改正施行されますが、実務上これらと共に注意が必要となってきますので、この機会にぜひ確認しておいて下さい。改正内容については、厚生労働省のパンフレットにまとめられていますので、こちらを押さえておかれるとよいでしょう。要するに、注意が必要なのは65歳以上の方も適用対象になるところ [続きを読む]
  • 育児・介護休業法が改正
  • ニュース&コメント育児・介護休業法が、平成28年3月に改正され、一部を除き、平成29年1月1日から施行されます。改正内容のポイントは、下表(厚生労働省資料を引用)の通りです。介護休業は、93日を3回まで分割して取得することが可能になり、また介護休暇、子の看護休暇は、これまで法律上は1日単位での取得が前提とされていましたが、これからは半日単位での取得が可能になるとのことです。これらの休業や休暇に対しては、事業 [続きを読む]
  • 社会保険労務士合格発表48
  • ニュース&コメント今年の社会保険労務士試験の合格発表が昨日(平成28年11月11日)行われました。合格発表のトピックは、このブログでも毎年取り上げてきましたので、今年も見てみたいと思います。報道関係者各位第48回社会保険労務士試験の合格者発表〜39,972人が受験、合格率は4.4%〜厚生労働省では、第48回社会保険労務士試験の合格者を決定しましたので、公表します。今回の試験は、8月28日に全国19都道府県の会場で実施しま [続きを読む]
  • 助成金の拡充情報
  • ニュース&コメント先日、平成28年度第二次補正予算が成立し、厚生労働省の雇用関係助成金においては、次の内容が盛り込まれることとなりましたので見ておきましょう!保育関連事業主に対する職場定着支援助成金の拡充保育事業主による「魅力ある職場づくり」のための雇用管理改善の取組について、助成の拡充を行う。介護離職防止支援助成金(仮称)仕事と介護の両立に資する職場環境整備に加え、労働者の円滑な介護休業の取得・職 [続きを読む]
  • 配偶者控除の行方は?
  • ニュース&コメント今日は、2017年度税制改正において「配偶者控除の廃止」が検討されていましたが、見送る方針となったとのです。https://t.co/GhenVbI8U8— 中薗総合労務事務所 (@nakazono_office) 2016年10月6日昨今、「働き方改革」の一環として、いわゆる「103万円の壁」を壊すべく、これまで長らく続いてきた「配偶者控除」を廃止し、共働き世帯にも適用する「夫婦控除」を創設しようとの議論がありました。その行方は [続きを読む]
  • 9/23 研修講師終了報告
  • 近況などこんにちは特定社会保険労務士の中薗です。今回も恐縮ですが、「ニュース&コメント」はお休みし、9月23日(金)に開催された「兵庫県社会保険労務士会 第2回尼崎支部研修会」での講師が無事に終了しましたのでご報告させて頂きます。(ちなみに、写真はレジメの表紙に使ったものです。)タイトルは、企業規模に見合った賃金制度の定め方〜基本的な考え方から実践例まで、ポイントを徹底解説〜で、当日は次のような内容、 [続きを読む]
  • 「創業塾」のご案内
  • 近況などこんにちは特定社会保険労務士の中薗です。久しぶりのブログ更新となりますが、本日は「ニュース&コメント」のコーナーはお休みし、11月12日(土)から5回シリーズで開催される 創業塾(主催:尼崎商工会議所・尼崎市・兵庫県商工会議所連合会) への出講が決まりましたのでご案内させて頂きます。* 画像を すると、リーフレット(pdf)をダウンロードできます。当初は、私もよく理解できていなかったのですが、 [続きを読む]
  • 女性活躍推進法とは
  • ニュース&コメント女性の職場における活躍を推進する「女性活躍推進法(女性の職場生活における活躍の推進に関する法律)」が成立し、平成28年4月1日から301人以上の労働者を雇用する事業主に次の取組みが義務化されているのをご存知でしたでしょうか・・・。自社の女性の活躍状況の把握・課題分析行動計画の策定・届出情報公表 など下記は概要ですが、画像を するとPDFをダウンロードして頂けます。(出所:厚生労働省) [続きを読む]
  • 最低賃金24円引き上げ?
  • ニュース&コメント厚生労働省の中央最低賃金審議会は、2016年度の最低賃金の目安を全国平均で時給24円引き上げ、822円とする方針を固めた模様で、実行されれば引き上げ幅は過去最大となるようです。【日本経済新聞】→ https://t.co/648hnkhxnH— 中薗総合労務事務所 (@nakazono_office) 2016年7月26日【日本経済新聞】→ https://t.co/KIFItREg4N— 中薗総合労務事務所 (@nakazono_office) 2016年7月28日過去最大の引 [続きを読む]