水土壌汚染研究部会 さん プロフィール

  •  
水土壌汚染研究部会さん: ATCエコビズネス交流会水土壌汚染研究部会
ハンドル名水土壌汚染研究部会 さん
ブログタイトルATCエコビズネス交流会水土壌汚染研究部会
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/atcmdk
サイト紹介文大阪ATCグリーンエコプラザで土壌汚染のことを勉強しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2007/07/29 12:35

水土壌汚染研究部会 さんのブログ記事

  • [転載]豊洲追加対策案を提示 業者反発、議論に入れず
  • http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017051801001823.html 豊洲市場の土壌汚染対策を検討する「専門家会議」は18日、東京都中央区の築地市場内で開いた会合で、地下水から揮発した有害物質を遮るための追加工事案を示した。ただ、傍聴した市場業者が強く反発し、議論には入れなかった。 都の地下水モニタリング調査で、4月に採取した水から環境基準の最大100倍の有害物質ベンゼンが再び検出されたことも公表。他に環境 [続きを読む]
  • 参議院環境委員会で土壌汚染対策法改正案が審議予定
  • 平成29年度4月11日参議院環境委員会土壌汚染対策法改正案が審議ハタ平成29年3月3日 水・土壌この記事を印刷 土壌汚染対策法の一部を改正する法律案の閣議決定について「土壌汚染対策法の一部を改正する法律案」が本日3月3日(金)に閣議決定されましたので、お知らせします。本法律案は第193回国会に提出する予定です。 1.法改正の背景(1)土壌汚染対策法(平成14年法律第53号)については、平成 [続きを読む]
  • [転載]アユタヤ日本人町
  • アユタヤ日本人町 アユタヤ日本人町の跡の碑アユタヤ日本人町(アユタヤにほんじんまち)は、14世紀中ごろから18世紀頃までアユタヤにあった日本人町。15世紀後半から16世紀初頭までアユタヤ王朝下、軍事力と貿易による利潤を背景に政治的に力を持つようになった。当時のアユタヤ中心地をチャオプラヤー川沿いに南に下った東岸にあり、西岸のポルトガル人街とは相対の位置にあった。南北約570メートル、230メー [続きを読む]
  • [転載]アユタヤ日本人町
  • アユタヤ日本人町 アユタヤ日本人町の跡の碑アユタヤ日本人町(アユタヤにほんじんまち)は、14世紀中ごろから18世紀頃までアユタヤにあった日本人町。15世紀後半から16世紀初頭までアユタヤ王朝下、軍事力と貿易による利潤を背景に政治的に力を持つようになった。当時のアユタヤ中心地をチャオプラヤー川沿いに南に下った東岸にあり、西岸のポルトガル人街とは相対の位置にあった。南北約570メートル、230メー [続きを読む]
  • [転載]日台関係史
  • 日台関係史 日本台湾在外公館日台関係交流協会台北事務所台北駐日経済文化代表処日台関係史(にったいかんけいし)では、日本と台湾の関係の歴史について概略する。日本統治時代以前(- 1895年) 日本では、戦国時代から江戸時代初期にかけての台湾を「高山国」、「高砂国」と称し、そのいずれもが「タカサグン」からの転訛という。これは、商船の出入した西南岸の打狗山(現・高雄市)が訛ったものと思われる [続きを読む]
  • [転載]日台関係史
  • 日台関係史 日本台湾在外公館日台関係交流協会台北事務所台北駐日経済文化代表処日台関係史(にったいかんけいし)では、日本と台湾の関係の歴史について概略する。日本統治時代以前(- 1895年) 日本では、戦国時代から江戸時代初期にかけての台湾を「高山国」、「高砂国」と称し、そのいずれもが「タカサグン」からの転訛という。これは、商船の出入した西南岸の打狗山(現・高雄市)が訛ったものと思われる [続きを読む]
  • [転載]琉球政府が尖閣切手
  • 竹富島 貴宝館 蔵「尖閣諸島」切手 日本への返還直前の1972年4月14日、沖縄で郵便事業を行っていた琉球郵政庁は記念切手「海洋シリーズ」第3集「海鳥と海と島」を発行したが、これは尖閣諸島の南小島でアホウドリ[43]が羽根を休める風景を描いたものだという。これは琉球郵政庁が切手を発行権限があるうちに、尖閣は沖縄の島であることを主張する切手を残すためであった。 公式には切手の題目は「海鳥」と題されているが、これ [続きを読む]
  • [転載]琉球政府が尖閣切手
  • 竹富島 貴宝館 蔵「尖閣諸島」切手 日本への返還直前の1972年4月14日、沖縄で郵便事業を行っていた琉球郵政庁は記念切手「海洋シリーズ」第3集「海鳥と海と島」を発行したが、これは尖閣諸島の南小島でアホウドリ[43]が羽根を休める風景を描いたものだという。これは琉球郵政庁が切手を発行権限があるうちに、尖閣は沖縄の島であることを主張する切手を残すためであった。 公式には切手の題目は「海鳥」と題されているが、これ [続きを読む]