kou_shino さん プロフィール

  •  
kou_shinoさん: 自然の写真帖
ハンドル名kou_shino さん
ブログタイトル自然の写真帖
ブログURLhttp://hobbit.exblog.jp
サイト紹介文デジカメで撮り歩いた、自然風景や生き物などの写真帖。ファーブルフォトの顕微鏡写真も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2007/07/29 21:54

kou_shino さんのブログ記事

  • 滋賀県 雪野山散策
  • 3月20日、春分の日に雪野山を歩いてきました。近江八幡駅からバスで羽田西へ。羽田西のバス停横に、羽田神社があったので少し寄り道。神社拝殿前にある、東近江保護樹木、ツバキ科のモッコク。樹高16.0m、幹周213? 推定樹齢130年。東近江市最大のモッコクとの事。境内にはクスノキも羽田神社から雪野山歴史公園へ。途中の電柱にいたのは、ムクドリかな。田んぼの畦には、シロバナタンポポが咲いています。雪野山歴史公園に入り [続きを読む]
  • 大阪府 高槻 里山・古道コース
  • 膝の痛みも出なくなったので、久しぶりに出かけました。阪急高槻市駅からバスで磐手橋下車。ぶらぶら歩いて、春日神社を目指します。バスを降りた辺りから、新名神高速道路関係の工事が広範囲で行われているので、ルート確認が必要です。田畑にいたヒヨドリ。羽を怪我しているのか、少ししか飛べない感じ。畑の野菜をついばんでいました。この日の天気は良くて、スズメも元気。細い川にはホオジロが。春日神社によった後、桧尾川沿 [続きを読む]
  • 今まで出会った猫たち8
  • 膝の具合が完治しない状態ですが、歩き始めようかと思った矢先に、知り合いの訃報が飛び込んできて、今度は心が折れました。なので、今回もネコちゃんです。2008年に出会った、山田池公園にいたニャンコ達。山田池公園には、猫が多かった。三毛もいろいろ、これも三毛あれも三毛こちらは和泉市のニャンコ。大和三山を歩いた時にいたニャンコ。どこかの神社にいたニャンコ。こちらは音羽山観音寺の梵鐘下にいたニャンコ。そして京都 [続きを読む]
  • 今まで出会った猫たち7
  • まだ膝の調子がよくないので、今までであった猫たちの続き。2007年から2008年頃に出会ったネコたち。場所は忘れましたが、公園にいた黒い子猫達。白猫に甘える黒い子猫。たぶん親子かな。白い毛並みの猫から真っ黒な子猫が生まれるんですね。次は、桂川河川敷にいたニャンコ達。桂川河川敷には捨て猫が多く、この子は草を食べています。顔はキツイですが、人懐こいニャンコ。人から食べ物もらう事が多いのでしょう。こちらは好奇心 [続きを読む]
  • 今まで出会った猫たち6
  • 山の辺の道を歩き終わった時、膝に少し痛みが出ました。以前も、痛くなったことがありましたが事前に治ったので、そのうち治るだろうと思っていました。しばらく出歩くのを控えてみたら、だんだん痛みが少なくなってきたので、もう大丈夫と思ったんですが。急に痛みが強くなってきて、とうとう歩行が困難になり、慌てて病院に行く事に。そういうワケで、しばらく静養することとなりました。何故痛みが出たのか、原因はよくわかりま [続きを読む]
  • 奈良県 山の辺の道3 石上神宮〜桜井駅
  • 11月6日に山の辺の道の続き、石上神宮から近鉄桜井駅まで歩いてきました。近鉄天理駅から、天理教の神殿の前を通り、石上神宮へ。2005年に石上神宮から、山の辺の道を歩いていますが、石上神宮の記憶が全くありません。境内にニワトリがいたら、記憶に残ると思うのですが、当時は写真も撮ってません。石上神宮の公式サイトによると、境内のニワトリは40年前に奉納され、現在約30羽いるらしい。約って、正確な数は判らないのかな。 [続きを読む]
  • 奈良県 山の辺の道2 山村町〜石上神宮
  • 10月30日に山の辺の道の続き、山村町から石上神宮を歩いてきました。山村町のバス停から前回の続きへ。道沿いに生えていた、アオツヅラフジ。ブドウのような姿ですが毒があります。峠を過ぎた所に生えていたクサギ。毒々しい色に見えますが、木の実を食べる野鳥には魅力的な色彩らしい。意味ありげな時計がある正暦寺への分岐にいたニャンコ。車道から畦道に入った所に咲いていた花はソバかな。オオハナアブが飛び回っていました。 [続きを読む]
  • 奈良県 山の辺の道1 奈良公園〜山村町
  • 10月23日に奈良県の山の辺の道、奈良公園から円照寺を歩いてきました。山の辺の道は大神神社(櫻井)から石上神宮(天理)までかと思っていたら、春日大社(奈良公園)まであるようです。関西の古道や街道は、断層沿いに作られる事が多いらしい。理由は、断層部分は地面が割れた訳ですから雨などで浸食しやすい。長い年月をかけて浸食が進めば、周囲に比べ直線的で起伏の少ない地形になる傾向が多くなります。よって、人が移動する [続きを読む]
  • 京都西山 西山古道 粘菌アメーバとカエンタケ
  • 10月2日に西山古道を歩いてきました。善峯寺でバスを降り、西山古道の入り口へ。道沿いの彼岸花はもう終わっていました。川から出てきたサワガニ。冬眠の準備かな。古道入り口から山道へ。朽木に生える、ホウキタケの仲間。粘菌の仲間も。ツノホコリの仲間でしょうか。古道を歩いていると、シダ植物ウラジロの群生地。ウラジロは、お正月の注連飾りや鏡餅に使用されている、お馴染みのシダ植物。スギ林が続く道で、一本のスギの幹 [続きを読む]
  • 石川県 金沢市 大桑貝殻橋
  • 少しというか、かなり遅くなりましたが、金沢市滞在3日目、最終日です。前日金沢南部丘陵歴史夢街道の「山科の大桑層化石産地と甌穴」が期待外れだったので、大桑層が見ることができるといわれる犀川が流れる大桑地域へ行きました。金沢駅前からバスに乗り、大桑層の名前の由来となる大桑で下車。大桑は、金沢市郊外といった感じの場所で、大きなショッピングモールが幾つかありますが、バスで行くにはやや不便な所です。大桑層( [続きを読む]
  • 石川県 金沢南部丘陵歴史夢街道
  • 金沢2日目は、金沢南部丘陵歴史夢街道という、新しく整備された丘陵沿いの散策コースを歩いてきました。金沢駅前からバスで、野田山墓地近くで下車。出発点は、金沢藩主前田家代々の墓地がある野田山墓地ですが、入り口がよくわからず、歩いていると大乗寺に到着。前田家代々の墓地は諦めて、大乗寺の静かな境内を拝見し、大乗寺丘陵公園へ。大乗寺丘陵公園に、金沢南部丘陵歴史夢街道の案内板があります。空は青空、今日も暑そう [続きを読む]
  • 石川県 内灘砂丘の日没
  • お盆休み前に風邪をひき、寝込んでしまいました。盆休み前の病院へ行けたので良かったですが、一日遅れれば、病院に行くのが一週間遅れる所。夏に風邪をひいたのは初めて、外気が暑いので、治ったのか治っていないのかよくわからない今日この頃。石川県の続きです。ホテルで汗を流し、2時間ほどまどろんだ後、夕方5時頃再び出かけました。駅前から地下に降り北陸鉄道浅野川線北鉄金沢駅へ。地下の駅改札があるホールは広く、何も [続きを読む]
  • 石川県 金沢城公園と兼六園
  • 7月末に休みが取れたので、2泊3日で石川県金沢市へ行ってきました。白山に3回程登ったことがあるので、金沢駅に来たことはあるのですが、通過するだけで駅周辺は全く知りません。1日目は、京都駅から特急サンダーバードで2時間ちょっと、ホテルのチェックインまで時間があるので、とりあえず観光名所の金沢城公園と兼六園へ。駅前にバスターミナルがあり、かなり多くのバスが出入りしています。兼六園へのシャトルバスに乗り、 [続きを読む]
  • 大阪府 高槻市 粘菌林道散策
  • 7月18日の海の日に高槻市の北部林道コースを歩きに行きました。JR高槻駅からバスで山の中の空谷橋へ、バス停横に林道の入り口があります。車止めのゲートを越えて林道を進むと、道沿いに獣の頭蓋骨が!いきなり、骨です。鹿の頭蓋骨かな?舗装された林道ですが、湿気があり、路肩に朽ちた倒木が転がっています。倒木を見ると、粘菌の子実体を見つけました。シロウツボホコリのようです。次に見つけたのは、ウツボホコリか。でも、 [続きを読む]
  • 大阪府 竜田古道 高井田から龍田大社へ
  • 7月10日に竜田古道をあるいてきました。竜田古道は、大阪柏原市の高井田から、竜田越奈良街道も辿りながら奈良の龍田大社へ続く道ですが、すべて舗装道路です。歩き始めは、以前歩いた山麓史跡コースと同じで、ブドウ畑を見ながら進みます。分岐を東へ進み、やや湿気を感じる坂道を上ります。道沿いの朽木に付いていた、粘菌の仲間、ウツボホコリ。こちらは、ベニバナボロギクの上にいたエダナナフシのオス。葉っぱの上にいたので [続きを読む]
  • 大阪府 堺市 鉢ヶ峯ウォーキングコース
  • 7月3日に、ネットで見つけた泉北のウォーキングコースを歩いてきました。南海泉北高速鉄道の栂・美木多駅からウォーキングコースに入ります。コースは、歩道用と自転車用に分かれ、車道と交差することなく幾つかの公園をつなぎます。最初の公園に咲いていたハナハマセンブリ。ネジバナも一輪咲いていましたが、かなり小さい。フラフラとチョウたちも飛んでいます。こちらは、マグロヒョウモン。公園の少し起伏のある所へ行こうと [続きを読む]
  • 滋賀県 高島市 畑の棚田
  • 5月22日に滋賀県高島市の畑の棚田を歩いてきました。2008年8月以来、2回目の訪問です。JR近江高島駅からバスで、畑へ。棚田オーナー制度で、田植えをしに来ている人達もいました。周囲を比良山系で囲まれた棚田の入り口に案内板があります。それによると、畑は、縄文時代から人が住み始め、室町時代には集落が形成されたと考えられるらしい。集落のあちこちで見かけたマーガレットが咲いていています。花で、昆虫を待つハナグモ [続きを読む]
  • 奈良県 御所市 巨樹巡り
  • ブログを更新しようと、パソコンを立ち上げ、少し目を離していたら、勝手にWindows10のアップグレードが始まっていました。前から、アップグレードのウィンドウが出ては消していたのですが、ついに強硬手段にでたようです。元に戻すのも面倒で、とりあえず動いているようなので、このままにしておこうか、と思う今日この頃。5月4日に奈良県御所市へ巨樹巡りに行ってきました。御所駅から柳田川沿いに進み、葛城川への合流地点を北 [続きを読む]
  • 兵庫県 龍野市 鶏籠山から的場山へ
  • 5月1日に兵庫県龍野市の、鶏籠山と的場山を歩いてきました。姫路駅から単線の姫新線に乗り換え、本竜野下車。龍野市は、「あかとんぼの歌」と「うすくち醤油」とそうめん「揖保乃糸」が有名らしい。駅前から歩き出すと、龍野橋の手前で遭遇した、ヒヨドリの水浴び。ヒガシマルの醤油工場を横目に、揖保川に架かる龍野橋を渡ると、龍野城の城下町に入ります。下川原商店街に入ると、古い町並みが続きます。商店街に飛び交うツバメ [続きを読む]
  • 滋賀県 八幡山散策 百々神社から日牟禮八幡宮へ
  • 4月17日の日曜日に、滋賀県近江八幡の八幡山を歩いてきました。JR近江八幡駅からバスで、ユースホステル前下車。少し歩いて、百々神社の横が登山口。百々神社から日牟禮八幡宮までの縦走コースです。百々神社は「ももじんじゃ」と読むらしい。山道をしばらく登ると、オオイワカガミが咲いていました。湖南地方の里山でよく見かける植物です。白花のオオイワカガミ。さらに進むと、オオイワカガミとショウジョウバカマの群落地、と [続きを読む]
  • 大阪府 高槻市原から摂津峡散策
  • 4月2日の土曜日に高槻市の原から摂津峡を歩いてきました。JR高槻駅からバスで原大橋で下車。芥川上流沿いの道をぶらぶらと歩きます。やがて、スサノオノミコトを祭神とする、八坂神社へ。境内には地元の方が多くいて、春祭歩射神事(大蛇祭)の準備が行われていました。境内奥にあった高槻の古木「ツブラジイ」幹内が朽ちていて、幹も途中で切られていますが、新たな枝も伸びていました。拝殿前で咲いていたのは、ハクモクレンか [続きを読む]
  • 奈良県 奥明日香散策
  • 3月の連休に、奈良県の奥明日香を歩いてきました。飛鳥駅前のコンビニが無くなっていたので、地元の野菜などを販売している「あすか夢販売所」に寄り、古代米の巻き寿司と稲荷の弁当を購入。今回も、近鉄飛鳥駅から歩いて高松塚古墳方面へぶらぶら。田んぼ道のカンサイタンポポに、ミツバチが来ています。ミツバチには、限定訪花性という習性があり、同じ種類の花に集まります。植物の受粉に都合がいいこの習性によって、特定の花 [続きを読む]
  • 大阪府 万代池から住吉大社へ
  • 2月7日に大阪の万代池から住吉大社を歩いてきました。南海高野線の帝塚山駅で下車、西には帝塚山古墳があります。東へ少し歩き、路面電車が走る道路を渡ると、周囲700mの万代池を囲む、住宅街の静かな公園へ。池の真ん中に小さな島があり、アオサギやカモの姿が見られます。カラスも多い。池のほとりで遊ぶスズメ。ヒドリガモの群れもいました。小魚を食べるシロサギ。島の近くで水が跳ねる音がするので、魚が跳ねているのかな、 [続きを読む]
  • 京都府 男山 石清水八幡宮
  • 1月17日に八幡市男山の石清水八幡宮へ行ってきました。「男山」は、山の名前なのか、地名の名前なのか、イマイチよくわかりませんが、山頂には鳩ヶ峰(142.5m)という名前があるらしい。地形的には、生駒山山系の最北部で、木津川、桂川、宇治川の合流点の横にあり、川をはさんだ北側に天王山があります。最寄の京阪八幡市駅は、嵐山から木津まで続くウォーキングコース(自転車道)と、琵琶湖(唐橋)から大阪湾までの淀川完歩コ [続きを読む]