jbopper さん プロフィール

  •  
jbopperさん: 秋川ライフ
ハンドル名jbopper さん
ブログタイトル秋川ライフ
ブログURLhttp://akigawalife.naturum.ne.jp/
サイト紹介文都会の喧騒を離れ、秋川のほとりにお引越し。フライフィッシングとDIYのフライ装備も紹介します。
自由文都会の喧騒を離れ、秋川のほとりに引っ越してスローライフ。そして始めたフライフィッシング。最近は子供らも川遊びには付き合ってくれず、週末はひとり渓魚との出会いを求めて秋川渓谷を彷徨っています。DIYで工夫のフライ装備も紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2007/08/03 00:06

jbopper さんのブログ記事

  • まあだだよ…(イワナの渓へ)
  • <2017.3.25 某渓流、晴のち曇、気温0〜5℃、渇水4℃>まだ厳しいとは知りつつも、標高1000mを越えるイワナの渓へ、最近弱くなったと感じる足腰強化も兼ねて行ってみます。8時過ぎ、入渓。イワナの渓に入る前に、まずは本流で本日のタックルをチェックします。あの岩の上にフライラインを置いて、バイオストライクを2つ付けたダブルマーカーシステムで、赤尻キジニンフを緩やかな流れに沈めると、マーカーがグイっと引き込まれます [続きを読む]
  • 春分の養沢
  • <SOSフライを咥えるヤマメ!><養沢毛鉤専用釣場、晴のち曇、3〜14℃、渇水7℃>連休3日目は、今年初めて養沢へ。8時前いつものように蕎麦屋さんそばの駐車場に車を停め、松葉あたりまで下流に戻ってから入渓。ドライフライを結びます。時々反応はあるものの全く本気度が伝わらない…気温はまだ肌寒く、渇水の流れも相当冷たい。でも、ドライフライにこだわり続けます。2時間後、釣れない状況に危機感が募り出して、やっと沈める [続きを読む]
  • 一尾の価値
  • 昨日は、ホームリバーで15時頃まで遊びましたが、きつかった〜!朝はガイドは凍るし、おかしな先行者*は見つけるし。* この先行者、追いついたはずなのに、どこにも見当たりません…(汗)午後になって気温も上がり、活性が上がったのか、やっと反応が出て来て、ロングキャストでゲットした一尾。つい1週間前は、大〜きなニジマス。私にとって、1尾の価値は変わりません。(笑)先週土曜日のビデオもできたので、上げておきます。 [続きを読む]
  • ロッキーフォードでレインボー?(2日目)
  • <2017.3.12 曇り、2~8℃、渇水気味、水温11℃>米国遠征釣行(?)2日目の日曜日、時差ボケの私が、朝起きるとベッドわきの時計は3時半…前日疲れて9時半にはベッドに入ったので、結構寝てるじゃんと思いきや、こちら、米国では、日曜日の朝2時にサマータイムに突入…つまり、時計を1時間進めるわけで、なんとホテルのデジタル時計はこれに対応していたのでした。(無理してでも、もっと寝るべきだった…)それはそれで良いとして [続きを読む]
  • ロッキーフォードでレインボー!(初日)
  • 渓流シーズンが始まったばかりなのに、実は先週から海外出張中です。悔しいので、パックロッドを携えて、週末は、ワシントン州の中部にあるロッキーフォード・クリークを訪れることにしました。(最近フライフィッシャーでも紹介されていましたが、私は昨年も…記事はこちら。)土曜日の朝、移動。一泊して、1日半分くらいは釣りをしようという目論見です。<2017.3.11 曇り時々雨、気温8~10℃、水温12℃>山を越えるときは、まだ [続きを読む]
  • ホームで(本)入魂?
  • <某渓流、曇り時々晴れ、4〜10℃、渇水6℃>一昨日釣りをして、まだ濡れているウェーディングシューズとオフに組み上げたバンブーロッドを車に積んで、今期2度目の渓流釣りです。さあ、入魂なるか?…って、全然釣れません…(汗)冷たい渇水状態で渓魚たちがほとんど見当たりません。8時に入渓してから、行けども行けども反応すらない…先行者が居るようでもないし、一昨日の高活性は何だったんでしょう?(前夜の雨は大きかった [続きを読む]
  • 解禁はゆっくり浮かべて!
  • <某渓流、曇のち雨、気温3〜5℃、渇水気味、水温6℃>たまたまスケジュールにぽっかり穴が開き、それなら休んじゃえって…(爆)昨夜は結構な雨が降っていて心配でしたが、朝6時半に起きると止んでいました!サッサと準備してGO!… 8時過ぎ入渓。久々の渓に心が躍ります。フライは、クロカワゲラを意識したブラックボディのダウンウィング付パラシュート#16。(色とサイズは違いますが、こちらのフライのバリエーションです。) [続きを読む]
  • ご近所にトラウト湖出現!?
  • 家から車で15分の場所に新しい管釣りができたのは、去年の10月下旬… その名も「FISH UP 秋川湖」。まあ、私のブログのタイトルがタイトルですので、一度は行かなけれならないとは思っていたのですが、オープン当初から、あまり評判がよろしくないようです。でも、食わず嫌いはいけません。行ってきましたよ!8時半に着いて、6時間券3800円を購入。釣券には 14時40分と記載してくれました。まあ、釣りを始めるまでに準備に10分位 [続きを読む]
  • Season of You (Original Music Video)
  • <早春の渓:2年ほど前の奈良子釣りセンター釣行から…>私の釣行ビデオのオープニングとエンディングに使っている生ギター音源… 実は私のオリジナル楽曲なのです。その昔、結構やっていたんですよね。ドラムやベース、キーボードなどを打ち込んで、それに生ギターとボーカルの弾き語りを多重録音したりして…そう、実は、あの生ギターはイントロ…、ちゃんと歌があるんです。お恥ずかしいのですが、当時の音源を使って、イント [続きを読む]
  • 早速実釣テスト(笑)
  • バレンタインデーの火曜日、お休みをいただき、バンブーロッドの実釣テストに…(笑)<荏油仕上げでリフレッシュしたネットも一緒に…>ポイントカードのスタンプが満杯だった奈良子釣りセンターです。ちょっと遅めの朝9時15分到着。9時半釣り開始。まずはC&Rエリアのすぐ下流で、本日の魚達のご機嫌を伺いつつ、軽くウォーミングアップしてから、自然渓流エリアを釣り上がります。ロッドの感触を確かめながら、やる気のあるニジ [続きを読む]
  • Payne 98 テーパーロッド完成!
  • やっと終わりました、バンブーロッドの組み立て作業。そもそものきっかけは、昨年お気に入りの A&F Favoriteバンブーロッドのティップセクションを折ってしまったことです。もう1本、予備のティップはあるのですが、若干短いし、アクションが全く違っていて、イマイチしっくりこないのです。安いロッドだったし、普段使いにはちょうど良かったのに…それにティップを折ってしまった経験で、高価なバンブーロッドを普段から使うのも [続きを読む]
  • ハンドクラフト展 2017
  • 昨日昼休みの時間を使って、つるやさんのハンドクラフト展を覗いてきましたよ。展示は12時スタートで、私が行ったのは13時頃。既に人で一杯でした。業界有名人もいたり、溢れんばかりのバンブーロッド。展示品はどれも、造り手のこだわりが詰まった逸品ばかり。見てるだけでも楽しかったけれども、掘り出し物を探すのも良いですよね。(特に展示開始直後でしたし…)短い時間での戦利品は、SLCのキャップ(半額)、Capsさんが古い [続きを読む]
  • 色々手作業…
  • 今週末は管釣りにも行かず、色々手を動かしてました…次男坊ネットのお手入れ開始。3兄弟ネットで一番使う、次男坊ネットも4シーズン過ぎれば傷だらけ… リリースネットを取って、サンディングして現在塗装中。綺麗に復活させて、解禁に臨まなきゃ!そして、相変わらずロッドのラッピング作業中。結局、ロッドラッピングは、例のツールは使わずに手巻きしています(汗)。やっぱり、タイイングで慣れたボビンホルダーの方が使い勝 [続きを読む]
  • ロッドパーツが揃いました
  • やっと、待っていたコルクグリップ(リールシート一体型)が届いたので、今日は、穴を拡げて装着しました。ニッケルシルバーの金具も昨夜の内に艶消しブラックに着色しておきました。結局、塗膜の薄いシリコンカラースプレーで全部やり直しました。試行錯誤の上、磨き上げた金属に色を定着させるのが大変で、最後はスプレー塗装に頼ることになってしまいました…(汗)。各種ガイド、スレッド、フックキーパーなども揃ったので、い [続きを読む]
  • フライボックスと言えば…
  • フライボックスと言えば、これでしょ…!アルミのお弁当箱じゃなくて…(笑)<「Silmalloy」は表面加工の名称らしいです>「Wheatley(ホイットレー)」のフライボックスです。サイズ(概寸)は、小さ目の縦12.4cm、横9cm、厚さ2.5cm。ミッドサイズというのでしょうか?私はこのサイズが好きです。ホイットレーフライボックスは、英国フライフィッシングを代表する歴史あるブランド品のひとつで、ファンも多いと思います。特に古 [続きを読む]
  • ロッドパーツの疑似いぶし加工(Bluing)
  • 実は私、竹竿のブランクをとっても安くオークションサイトで入手しまして、組み立てようとは思っているのですが、パーツがまだ揃っておりません。という訳で、本格的な作業はまだ始めていませんが、その代り、色々こだわりの準備をということで、先日もラッピング用のツールとかを作ったりしていたわけです。<ストリッピングガイドを付け直して、飾り巻きの練習>さて、このロッドブランク、有名なビンテージロッドのテーパーを使 [続きを読む]
  • お手製ラッピングツール
  • ある日の夕方、ふとスケッチしてみた…ロッドラッピングを助けるためのツールです。昨年、フライロッドのラッピングを試みて感じたのですが均一で適当な力を掛けながらのラッピングは手巻きでは中々難しいのです。そこで、せめて圧を掛ける部分だけでも自動化したいという考えから、デザインを考えてみました。※ ロッドビルディングに関しては全くの素人ですので  的外れな部分も多々あるかとは思いますが…(汗)早速、パーツ [続きを読む]
  • 奈良子で初釣り
  • <2017.1.7 晴れ、−2〜7℃、渇水気味の水温6℃>連休初日の土曜日、初釣りに行ってきました。例年より遅いタイミング(笑)ですが、奈良子釣りセンターです。朝のドライブ中、車内表示の外気温はずっと零下だった中、8時過ぎ到着。8時半釣り開始です。寒いけど大丈夫、今日もしっかり防寒対策。・ 上半身(下から):Tシャツ、長袖の薄手フリースインナー、  フランネルのフィッシングシャツ、薄手のセーター、そして、  綿入 [続きを読む]
  • 弱ったティペットにご用心
  • 皆さま、明けましておめでとうございます!今年も、このブログでは、釣りや川で感じた「気付き・思い」やフライフィッシングにかかわる情報をご紹介していきたいと思っています。もしよろしければ、引き続き、この釣り〇鹿ブログにお付き合いください ♪さてさて、もう昨年の話になってしまいましたが、納竿のために恒例の「うらたん」に行ってきました。ただ、今年は年末色々ありまして、最後の最後大晦日の単独釣行となりました [続きを読む]
  • 寝坊したけど釣りに行く…
  • <2016.12.24 恩方ます釣場 晴れ、気温6〜11℃、平水>連休中日の24日、すっかり朝寝坊。外はすっきり晴れてます。遅めの朝食を済ませ、9時半に出発!遅いスタートなので、久々に近場の北浅川恩方ます釣場。八王子、陣馬街道沿い、里川の雰囲気です。<こちらの写真は、午後3時半頃のものです>10時半から釣り開始。どこでも釣っていいと言われて、上流部から始めます。餌釣りの人たちが捕り残した魚を狙います。管理の方に言えば [続きを読む]
  • 寒い朝、フロントガラスに…
  • 寒い冬の朝、屋外駐車の私の車は霜や氷に覆われてしまいますが、その対策にと、こんなことをやってみました。 <左はご近所の車、右が同日の私の車>はい、フロントガラスにカバーを掛けるだけです。防水の布をフロントガラスの大きさに合わせて適当にカットして、マグネットとワイパーで固定しています。 <防水の布というのがミソ!>これだけで効果抜群!難は、強風では飛んじゃう可能性があること…(汗)現在、改良策を画策 [続きを読む]
  • 年間「1000本安打」達成か?!
  • 野球ではなく、もちろん釣りの話題です。(笑)野球で「安打」は「ヒット」。釣りの場合「ヒット」だと魚が乗っただけですね(汗)。もちろん、今回は釣り上げた魚の数のお話です。以前から近隣釣行のシーズンデータ分析を紹介していますが、実は、私、2008年から管釣りも含めたすべての釣行データを表計算ソフトで記録しています。その内容は、いつ、どこで、何を何尾釣ったかといったものです。今年は、イチローの通算安打記録と [続きを読む]
  • スイッチロッドで楽々フィッシング
  • 昨日の土曜日は、久々にスイッチロッドを携えて、近場の奥多摩フィッシングセンターへ。バックが取れなくて、人があまり入らない右岸は、まさにこのタックル向け。周りにも迷惑掛かりませんしね。※ 釣り場によっては、レギュレーションで長いロッドを禁止している  場所もあります。それぞれの釣り場のルールに従いましょう。以前スイッチロッドとアンブッシュラインのコンビネーションのレビューっぽい記事を書いたのですが、 [続きを読む]
  • 再び雪の鹿留へ
  • <2016.11.26 FISH ON! 鹿留、晴/曇、−1~3℃、水温8℃>週末、どこに行こうかと思っていたら、木曜日にまさかの雪… 雪渓の管釣りと言えば、思い浮かべるのは鹿留。今年1月末に残雪の中良い釣りをしたし、その前も雪の中釣りをした記憶が…(過去記事は、こちら と こちら。)凍てつくラスト1kmのドライブを替えたてのスタッドレスタイヤで難なく乗り切り、8時頃到着。受付を済ませ、更に上の駐車場に車を停めて、支度を済ませ [続きを読む]
  • 紅葉散る養沢へ…
  • 1ヶ月ほど前に「〆」たはずの養沢毛鉤専用釣場ですが、ちょっと遊びに行ってきました。現在、下流域の一部区間限定で、週休2日で営業しています。<紅葉は終盤戦、落ち葉モードという感じでした>釣りの方は、ずっと沈めて釣ってみましたが、相当厳しくインジケーターには、ほとんど当たりが出ない状態…でも、実際には魚たちは口を使っているようで、水中が見える場所でよ〜く観察してみると、すぐそばをフライが通った時だけ、ち [続きを読む]