うまっち さん プロフィール

  •  
うまっちさん: マンホール博物館
ハンドル名うまっち さん
ブログタイトルマンホール博物館
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/suzuran401
サイト紹介文全国各地のマンホールを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/08/05 19:44

うまっち さんのブログ記事

  • 【宮城県】白石市のマンホール 2
  • 2016年9月17日(土)撮影白石市のマンホールこのマンホールは、白石城と白石市の市章をデザインしています。白石城が前年にデザインされていて迫力ありますね!白石市の豆知識市章昭和29年4月、市制施行にあたり公募の中から選定し、同年10月に制定しました。丸輪の黒釣り鐘の中に白の字が入っています。黒釣り鐘は、白石城主片倉公の軍旗、外円は合併町村が丸く収まるよう、白は白石市を表現しています。市の木<ブナ>昭和53年 [続きを読む]
  • 【山形県】南陽市のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影南陽市のマンホールこのマンホールは、中央に市章、その周りに市の花「菊」、一番外側に市の木「さくら」をデザインしています。南陽市の豆知識概要南陽市は昭和42年4月1日に、当時の赤湯町・宮内町・和郷村の2町1村が合併し、山形県内で13番目の一番若い市として誕生しました。新しくできた市の名前をどうするかについて様々な意見が出されましたが、「南陽」は当時の県知事、故安孫子藤吉氏よりいただい [続きを読む]
  • 【新潟県】岩船郡関川村のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影関川村のマンホール新潟県初のマンホールです。これで北海道から近畿まで撮る事ができました。残り9県!全国制覇に向けて頑張ります!このマンホールは、いわなが描かれています。関川村は面積は約300km²に6000人弱の村です。この大きさは千葉市(約272km²)より大きい面積。千葉市は人口約95万人の町ですから、関川村の大きさ・人口がどれほどのものかよくわかると思います。関川村の豆知識概要 [続きを読む]
  • 【山形県】西置賜郡小国町のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影小国町のマンホールこのマンホールは、中心から上部に飯豊山、中心から下部に町民の花「オオヤマザクラ」をデザインしています。小国町の豆知識概要小国町は、山形県の西南端にあり、新潟県との県境に位置し、両県の県庁所在地である山形市と新潟市のほぼ中間地点(それぞれ約80キロメートル)にあります。 市民の木<ブナ>昭和47年制定ブナは、雪のまだ消えないうちに青葉が茂り、おう盛な生命力を見せる [続きを読む]
  • 【山形県】西置賜郡飯豊町のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影飯豊町のマンホール飯豊町と書いて、“いいでまち”と読みます。このマンホールは、一面に町の花「ゆり」をデザインしています。飯豊町の豆知識概要飯豊町は、山形県の南西部に位置し、東は米沢市および川西町、西は小国町、南は福島県喜多方市、北は長井市にそれぞれ隣接しています。町の北東部は、白川の水と肥沃な耕地を利用した農業地帯で良質米を生産し、丘陵地は肉牛の産地でもあります。町の南部は [続きを読む]
  • 【岩手県】花巻市(旧花巻市)のマンホール 
  • 2016年8月15日(月)撮影旧花巻市のマンホールこのマンホールは、中央に旧市章を、その周りに花巻まつりのししおどりと旧市の花「キク」をデザインしたものです。そして旧市の花「キク」の外側に描かれているのは、現在の市の花「ハヤチネウスユキソウ」です。このデザインを決める時に未来を見据えて2つの花を描いていたのですかね?旧花巻市は、2006年(平成18年)1月1日に稗貫郡石鳥谷町、大迫町、和賀郡東和町と合併して今の [続きを読む]
  • 【山形県】東根市マンホール 
  • 2016年8月12日(金)撮影東根市のマンホールこのマンホールは、中央に市章を、その周りを市の花「さくらんぼ」をデザインしています。さくらんぼ「佐藤錦」は、ここ東根市で昭和3年、佐藤栄助翁が生み出したそうです。東根市の豆知識由来大昔、村山盆地の真ん中に「藻が湖(もがうみ)」という大きな湖があり、この湖の東に連なる奥羽山脈の麓に最も早く拓けたところを東根と呼び、この地名が付けられたといわれています。なお、東 [続きを読む]
  • 【山形県】村山市のマンホール 
  • 2016年8月12日(金)撮影村山市のマンホールこのマンホールは、中央に市章を、上半分に市の花「バラ」を下半分に市の祭りである「むらやま徳内祭り」で特徴的な鳴子、大太鼓に提灯をデザインしたものです。村山市の豆知識市章昭和30年8月25日公告市章は片仮名のムの一字を図案化し、市の融和と発展を端的に表現したものです。市の木<アカマツ> 昭和54年11月1日公告市制施行25周年を記念した「市の木」と「市の花」の制定にあた [続きを読む]
  • 【秋田県】秋田市のマンホール 2 
  • 2016年7月30日(土)撮影秋田市のマンホールこのマンホールは、中央に秋田市の市章、そのまわりにフキの葉をデザインしたものです。フキの葉は、秋田音頭に謡われています。秋田市の豆知識市の概要秋田市は、秋田県のほぼ中央に位置し、日本海に面しています。市の東部には出羽山地があり、南部を雄物川、そして市街地を旭川が流れる、水と緑豊かな美しい街です。秋田市の街の歴史は、慶長7年(1602)にはじまります。関ケ原の戦い [続きを読む]
  • 【秋田県】秋田市のマンホール 
  • 2016年7月30日(土)撮影秋田市のマンホールあけましておめでとうございます。旧年中は訪問いただきましてありがとうございました。今年も宜しくお願いします。このマンホールは、中央に市章を、その周りに竿燈祭りの竿燈をデザインしたものです。残念ながらまだ竿燈まつりは見たことがありません。一度は見てみたいですね。秋田市の豆知識市の概要秋田市は、秋田県のほぼ中央に位置し、日本海に面しています。市の東部には出羽山 [続きを読む]
  • 【秋田県】由利本荘市(旧岩城町)のマンホール 
  • 2016年7月29日(金)撮影旧岩城町のマンホールこのマンホールは、中央にロケットとそのまわりにハマナスをデザインしています。ロケットの中央に描かれているマークは岩城町の町章です。岩城町には日本で最初のロケット発射実験場がありました。岩城町は、2005年(平成17年)3月22日に本荘市と由利郡7町(岩城町のほか、矢島町・由利町・西目町・鳥海町・東由利町・大内町)が合併してできました。 [続きを読む]
  • 【山形県】飽海郡遊佐町のマンホール 
  • 2016年7月29日(金)撮影遊佐町のマンホールメリークリスマス!みなさん、いかがお過ごしですか?今年はクリスマスっぽいマンホールは見つける事ができませんでした。。。このマンホールは、鳥海山と町の花「チョウカイフスマ」をデザインしています。遊佐町の豆知識町の木<クロマツ> 日本三大砂漠のひとつである西山一帯に、風砂から住民を守るために植林した。大地に根をおろし、四季を通じて緑をたたえ、風雪に耐え人々を守 [続きを読む]
  • 【秋田県】にかほ市のマンホール 
  • 2016年7月29日(金)撮影にかほ市のマンホールこのマンホールは、旧仁賀保町の花「ミズバショウ」、旧金浦町の花「フクジュソウ」、そして旧象潟町の花「ねむの花」と日本海の風景をデザインしたものです。にかほ市は、平成17年10月に上記3町が合併してできました。にかほ市の豆知識概要仁賀保町、金浦町、象潟町の三町が合併し、平成17年10月1日に誕生したのが「にかほ市」です。秋田県南西部に位置し、南に鳥海山、西に日本海を [続きを読む]
  • 【山形県】酒田市(旧酒田市)のマンホール 
  • 2016年7月29日(金)撮影旧酒田市のマンホールこのマンホールは、前回アップしたマンホールとデザインは一緒なんですが、帆の部分に描かれている市章が旧酒田市のものです。別々の場所で撮ったものなんですが、まさか市章が新旧違うものとは、その時は気がつきませんでした。現在の酒田市は、2005年(平成17年)11月1日に、旧酒田市と飽海郡八幡町・松山町・平田町が合併してできました。 [続きを読む]
  • 【山形県】酒田市のマンホール 
  • 2016年7月29日(金)撮影酒田市のマンホールこのマンホールは、日本最古級の木造六角灯台と帆に市章を描いている千石船をデザインしたものです。酒田市の豆知識市章新「酒田市」の頭文字「S」を骨格として、日本海を表す青と、庄内平野・鳥海山を表す緑の空間の中で、最上川の流れに見立てた4本の波(1市3町)が未来に向けて羽ばたく様をデザインしています。市の木<ケヤキ> 酒田市は、平成17年11月の合併により面積が大幅に拡 [続きを読む]
  • 【山形県】鶴岡市のマンホール 2
  • 2016年7月29日(金)撮影鶴岡市のマンホール鶴岡市2つ目のマンホールです。このマンホールは、大山地区で開催される大山犬祭りの山車をデザインしたものです。大山犬祭りは椙尾神社の例大祭のひとつで五穀豊穣を祈る祭りです。鶴岡市の豆知識市の木<ブナ> 平成18年10月1日制定出羽三山から朝日連峰に至るブナの広葉原生林の樹海は、広大な山麓(さんろく)から山腹にかけてはい上がり、山脈の力強いうねりをくまなく覆い、空気 [続きを読む]
  • 【山形県】鶴岡市のマンホール
  • 2016年7月29日(金)撮影鶴岡市のマンホールこのマンホールは、市の花「サクラ」と市章の「鶴」、そして鶴岡公園にある大宝館(郷土人物資料館)をデザインしたものです。ホームページによると、鶴岡市には12地区で違う12種類のデザインマンホールがあるようです。1つの市でここまで地区ごとにデザインをわけているところも無いと思います。鶴岡市の豆知識市の木<ブナ> 平成18年10月1日制定出羽三山から朝日連峰に至るブナの広 [続きを読む]
  • 【宮城県】登米市(旧中田町)のマンホール
  • 2016年7月22日(金)撮影旧中田町のマンホールこのマンホールは、中央にこれでもか!というくらいの大きさの旧中田町の町章と旧町の木「ウメ」をデザインしたものです。登米市は、2005年4月1日に迫町を含む登米郡の全町(登米町、東和町、迫町、豊里町、米山町、石越町、南方町)と本吉郡津山町が合併して誕生しました。 [続きを読む]