うまっち さん プロフィール

  •  
うまっちさん: マンホール博物館
ハンドル名うまっち さん
ブログタイトルマンホール博物館
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/suzuran401
サイト紹介文全国各地のマンホールを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2007/08/05 19:44

うまっち さんのブログ記事

  • 【青森県】青森市のマンホール 2
  • 2016年10月25日(火)撮影青森市のマンホールこのマンホールは、ねぶたの武者絵をデザインしたものです。青森市の豆知識市章平成17年4月27日制定青森を象徴するため、青の字を模擬したもので、円は青の字の月を意味し、星の七つの突角は、青の字の月を除いた部分で北斗七星になぞらえ、本市は本州の北端である意を図案化したものです。市の木<あおもりとどまつ>平成17年4月27日指定アオモリの名が木の名前として採用されているの [続きを読む]
  • 【兵庫県】尼崎市のマンホール 3
  • 2016年10月21日(金)撮影尼崎市のマンホールこのマンホールは、尼崎市政100周年を記念して作成されたものです。中央に薄くデザインされているのは市章です。尼崎市の豆知識市章工都を表す「工」と「アマガサキ」の「ア」「マ」を図案化したもの。はじめは中央両脇の丸印がなかったが、昭和11年小田村との合併の際、丸印を加え、現在の市章となりました。市の木<くハナミズキ>平成3年3月の尼崎市公園緑地審議会からの答申により [続きを読む]
  • 【東京都】 東大和市のマンホール  3
  • 2016年10月16日(日)撮影東大和市のマンホールこのマンホールは、村山下貯水池の取水塔と市の花「ツツジ」をデザインしたものです。取水塔は東村山市のマンホールにもデザインされており、実はそれと勘違いしていて、このマンホールをアップし損ねていました。東大和市の豆知識由来東大和の名称の由来は、大正8年11月の村制施行時に、それまで政争が盛んであった芋窪、蔵敷、奈良橋、高木、狭山、清水の6か村が大いに和して一つに [続きを読む]
  • 【東京都】東大和市のマンホール  3
  • 2016年10月16日(日)撮影東大和市のマンホールこのマンホールは、村山下貯水池の取水塔と市の花「ツツジ」をデザインしたものです。取水塔は東村山市のマンホールにもデザインされており、実はそれと勘違いしていて、このマンホールをアップし損ねていました。東大和市の豆知識由来東大和の名称の由来は、大正8年11月の村制施行時に、それまで政争が盛んであった芋窪、蔵敷、奈良橋、高木、狭山、清水の6か村が大いに和して一つに [続きを読む]
  • 【宮城県】白石市のマンホール 2
  • 2016年9月17日(土)撮影白石市のマンホールこのマンホールは、白石城と白石市の市章をデザインしています。白石城が前年にデザインされていて迫力ありますね!白石市の豆知識市章昭和29年4月、市制施行にあたり公募の中から選定し、同年10月に制定しました。丸輪の黒釣り鐘の中に白の字が入っています。黒釣り鐘は、白石城主片倉公の軍旗、外円は合併町村が丸く収まるよう、白は白石市を表現しています。市の木<ブナ>昭和53年 [続きを読む]
  • 【宮城県】白石市のマンホール 2
  • 2016年9月17日(土)撮影白石市のマンホールこのマンホールは、白石城と白石市の市章をデザインしています。白石城が前年にデザインされていて迫力ありますね!白石市の豆知識市章昭和29年4月、市制施行にあたり公募の中から選定し、同年10月に制定しました。丸輪の黒釣り鐘の中に白の字が入っています。黒釣り鐘は、白石城主片倉公の軍旗、外円は合併町村が丸く収まるよう、白は白石市を表現しています。市の木<ブナ>昭和53年 [続きを読む]
  • 【山形県】南陽市のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影南陽市のマンホールこのマンホールは、中央に市章、その周りに市の花「菊」、一番外側に市の木「さくら」をデザインしています。南陽市の豆知識概要南陽市は昭和42年4月1日に、当時の赤湯町・宮内町・和郷村の2町1村が合併し、山形県内で13番目の一番若い市として誕生しました。新しくできた市の名前をどうするかについて様々な意見が出されましたが、「南陽」は当時の県知事、故安孫子藤吉氏よりいただい [続きを読む]
  • 【山形県】南陽市のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影南陽市のマンホールこのマンホールは、中央に市章、その周りに市の花「菊」、一番外側に市の木「さくら」をデザインしています。南陽市の豆知識概要南陽市は昭和42年4月1日に、当時の赤湯町・宮内町・和郷村の2町1村が合併し、山形県内で13番目の一番若い市として誕生しました。新しくできた市の名前をどうするかについて様々な意見が出されましたが、「南陽」は当時の県知事、故安孫子藤吉氏よりいただい [続きを読む]
  • 【新潟県】岩船郡関川村のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影関川村のマンホール新潟県初のマンホールです。これで北海道から近畿まで撮る事ができました。残り9県!全国制覇に向けて頑張ります!このマンホールは、いわなが描かれています。関川村は面積は約300km²に6000人弱の村です。この大きさは千葉市(約272km²)より大きい面積。千葉市は人口約95万人の町ですから、関川村の大きさ・人口がどれほどのものかよくわかると思います。関川村の豆知識概要 [続きを読む]
  • 【新潟県】岩船郡関川村のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影関川村のマンホール新潟県初のマンホールです。これで北海道から近畿まで撮る事ができました。残り9県!全国制覇に向けて頑張ります!このマンホールは、いわなが描かれています。関川村は面積は約300km²に6000人弱の村です。この大きさは千葉市(約272km²)より大きい面積。千葉市は人口約95万人の町ですから、関川村の大きさ・人口がどれほどのものかよくわかると思います。関川村の豆知識概要 [続きを読む]
  • 【山形県】西置賜郡小国町のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影小国町のマンホールこのマンホールは、中心から上部に飯豊山、中心から下部に町民の花「オオヤマザクラ」をデザインしています。小国町の豆知識概要小国町は、山形県の西南端にあり、新潟県との県境に位置し、両県の県庁所在地である山形市と新潟市のほぼ中間地点(それぞれ約80キロメートル)にあります。 市民の木<ブナ>昭和47年制定ブナは、雪のまだ消えないうちに青葉が茂り、おう盛な生命力を見せる [続きを読む]
  • 【山形県】西置賜郡小国町のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影小国町のマンホールこのマンホールは、中心から上部に飯豊山、中心から下部に町民の花「オオヤマザクラ」をデザインしています。小国町の豆知識概要小国町は、山形県の西南端にあり、新潟県との県境に位置し、両県の県庁所在地である山形市と新潟市のほぼ中間地点(それぞれ約80キロメートル)にあります。 市民の木<ブナ>昭和47年制定ブナは、雪のまだ消えないうちに青葉が茂り、おう盛な生命力を見せる [続きを読む]
  • 【山形県】西置賜郡飯豊町のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影飯豊町のマンホール飯豊町と書いて、“いいでまち”と読みます。このマンホールは、一面に町の花「ゆり」をデザインしています。飯豊町の豆知識概要飯豊町は、山形県の南西部に位置し、東は米沢市および川西町、西は小国町、南は福島県喜多方市、北は長井市にそれぞれ隣接しています。町の北東部は、白川の水と肥沃な耕地を利用した農業地帯で良質米を生産し、丘陵地は肉牛の産地でもあります。町の南部は [続きを読む]
  • 【山形県】西置賜郡飯豊町のマンホール
  • 2016年9月17日(土)撮影飯豊町のマンホール飯豊町と書いて、“いいでまち”と読みます。このマンホールは、一面に町の花「ゆり」をデザインしています。飯豊町の豆知識概要飯豊町は、山形県の南西部に位置し、東は米沢市および川西町、西は小国町、南は福島県喜多方市、北は長井市にそれぞれ隣接しています。町の北東部は、白川の水と肥沃な耕地を利用した農業地帯で良質米を生産し、丘陵地は肉牛の産地でもあります。町の南部は [続きを読む]
  • 【岩手県】花巻市(旧花巻市)のマンホール 
  • 2016年8月15日(月)撮影旧花巻市のマンホールこのマンホールは、中央に旧市章を、その周りに花巻まつりのししおどりと旧市の花「キク」をデザインしたものです。そして旧市の花「キク」の外側に描かれているのは、現在の市の花「ハヤチネウスユキソウ」です。このデザインを決める時に未来を見据えて2つの花を描いていたのですかね?旧花巻市は、2006年(平成18年)1月1日に稗貫郡石鳥谷町、大迫町、和賀郡東和町と合併して今の [続きを読む]
  • 【岩手県】花巻市(旧花巻市)のマンホール 
  • 2016年8月15日(月)撮影旧花巻市のマンホールこのマンホールは、中央に旧市章を、その周りに花巻まつりのししおどりと旧市の花「キク」をデザインしたものです。そして旧市の花「キク」の外側に描かれているのは、現在の市の花「ハヤチネウスユキソウ」です。このデザインを決める時に未来を見据えて2つの花を描いていたのですかね?旧花巻市は、2006年(平成18年)1月1日に稗貫郡石鳥谷町、大迫町、和賀郡東和町と合併して今の [続きを読む]
  • 【山形県】東根市マンホール 
  • 2016年8月12日(金)撮影東根市のマンホールこのマンホールは、中央に市章を、その周りを市の花「さくらんぼ」をデザインしています。さくらんぼ「佐藤錦」は、ここ東根市で昭和3年、佐藤栄助翁が生み出したそうです。東根市の豆知識由来大昔、村山盆地の真ん中に「藻が湖(もがうみ)」という大きな湖があり、この湖の東に連なる奥羽山脈の麓に最も早く拓けたところを東根と呼び、この地名が付けられたといわれています。なお、東 [続きを読む]
  • 【山形県】東根市マンホール 
  • 2016年8月12日(金)撮影東根市のマンホールこのマンホールは、中央に市章を、その周りを市の花「さくらんぼ」をデザインしています。さくらんぼ「佐藤錦」は、ここ東根市で昭和3年、佐藤栄助翁が生み出したそうです。東根市の豆知識由来大昔、村山盆地の真ん中に「藻が湖(もがうみ)」という大きな湖があり、この湖の東に連なる奥羽山脈の麓に最も早く拓けたところを東根と呼び、この地名が付けられたといわれています。なお、東 [続きを読む]